深町泰志。 <Nトク!>アラート解除で「ステップ3」へ・ネットカフェなどで再開準備進む TBSテレビ【Nスタ】|JCCテレビすべて

「高田馬場ゲーセンミカド」オープン10周年記念トークイベントのお知らせ!:ゲーセンミカドのブロマガ:ゲーセンミカド(ミカドブロマガ編集班)

深町泰志

氏名 金山 泰志(かなやま やすゆき) 専任講師 自己紹介(出身地・出身校・学生時代の思い出・休日の過ごし方等) 神奈川県横浜市出身です。 大学(横浜市立大学)で恩師(古川隆久先生)に出会い、歴史を学ぶ楽しさを知ったことで今があります。 専門・研究分野 専門は、日本近現代史・メディア史。 大学院以降、「近代日本における民衆の中国観」をテーマに研究を行ってきました。 最近は、明治期の政治家や知識人について研究を進めています。 学びの紹介 主に「日本近現代史」に関わる科目を担当しています。 同朋大学文学部は文化史に力を入れているのが特徴です。 「日本文化史(思想史)」「地域文化論」などの講義も担当しています。 2年生後期から所属することになるゼミ(基礎演習、日本史演習)では、学生の皆さんが各々興味のあるテーマを自由に選択し、卒業論文執筆に向けて日々研究を進めています。 学生・受験生に一言 私は、大学4年間であまり勉強してこなかったことが、今でも心残りです。 一方で、部活(テニス部)で汗を流したり、一生の友達と出会えたことなど、素敵な思い出も残っています。 卒業後に悔いのない充実した大学生活を送ってください。 (単著)『明治期日本における民衆の中国観』(芙蓉書房、2014年)• (共著)『歴史を社会に活かす』(東京大学出版会、2017年)• (単著)「日清戦争前後の児童雑誌に見る日本の中国観」(『史学雑誌』120巻11号、2011年11月)• (単著)「明治期の講談に見る都市一般民衆の中国観」(『日本歴史』742号、2010年3月)など.

次の

<Nトク!>アラート解除で「ステップ3」へ・ネットカフェなどで再開準備進む TBSテレビ【Nスタ】|JCCテレビすべて

深町泰志

東京・品川区「コミックバスターTHE ROOM 五反田西口店」を取材。 店内には入荷したままの本、新刊コーナーには4月・3月の雑誌が並んでいる。 八熊謙太朗店長は「ステップ3に移行するまで休業要請に従うという方針だったのでやむを得ず休んでいた」「消毒後に陳列する」と話す。 東京アラート解除でステップ3に移行、インターネットカフェは休業要請が解除される見通し。 東京都・小池百合子知事は「医療体制の整備の具合等を専門の先生が判断したうえで判断する」と説明。 ステップ3に移行後、カラオケ店・パチンコ店・遊園地などの休業要請が緩和され、居酒屋などは午前0時まで営業可能となる。 東京・新宿区高田馬場のゲームセンター「ゲーセン ミカド」を取材。 今日は店内清掃、ゲーム機の消毒作業を実施。 営業再開後は入場し制限や換気を徹底するという。 深町泰志運営本部長は「本当にうれしい。 即開けたい」と話す。 街の声。 都庁、東京・新橋の映像。

次の

東京アラート解除“突然”ステップ3…ゲーセン、ドタバタ再開 間仕切り設置間に合わず― スポニチ Sponichi Annex 社会

深町泰志

新型コロナウイルス感染症による休業要請を段階的に緩和する東京都のロードマップがステップ3に移行した12日、対象となるゲームセンター「高田馬場ゲーセン ミカド」(新宿区)が営業を再開した。 4月8日から臨時休業を続けていた。 ステップ3移行への決定は11日。 準備期間がなく店側は前日から夜を徹して作業。 小池百合子知事の都知事選出馬表明に合わせたパフォーマンスに振り回された形となった。 開店時間の午前10時に池田稔店長(45)が「これよりお店を開けたいと思います。 出禁解除です!」と宣言。 政府の緊急事態宣言を受けて臨時休業を決めた4月7日に「おまえら全員出禁」と来店自粛を呼び掛けてから閉めていたシャッターが上がり、マスク姿の常連客らが次々と入店した。 相模原市在住の男性会社員(35)は「2カ月ぶりに来たが、プレーするために投入する100円玉硬貨の重みは現場でないと味わえない」と声を弾ませた。 コロナ対策として店頭に消毒器を置き、来店客にマスク着用を義務づけた。 換気は、太陽の光がゲーム画面に映り込まないように開ける窓を太陽の位置によって変更するなど工夫した。 運営本部長の深町泰志さん(46)は「約2カ月間は長かった。 お客さんにこうしてまた遊んでいただけるのがうれしい」と喜びをかみしめた。 再開に向けては、小池氏の出馬表明に合わせたかのように突然ステップ3へ移行したことで、従業員は振り回された格好となった。 東京アラート解除と同時にステップ3に移行したことに関して「2日前(10日)にそのような情報が出てきて慌てた」と苦笑い。 休業中に清掃やメンテナンスを着々と進めていたものの、11日は従業員が約220台のゲーム台に電気を通して動作確認するなど夜通し作業。 ゲーム台に設置する間仕切りは発注済みだが、再開には間に合わなかった。 深町さんは「東京アラートの解除でステップ3に移行するという明確な指針があれば、もう少し余裕を持って準備を進められた」と話し「第2波が来ることは考えたくないが、今後は事業者に少しでも早く知らせてもらえるようにしてほしい」と注文をつけた。

次の