パン セクシャル 意味。 バイセクシャル(両性愛)とパンセクシャル(全性愛)

「パンセクシャル」「アライ」って知ってる?LGBT以外にも知っておくべき、たくさんの性指向

パン セクシャル 意味

男性も女性も好きになった経験がある人は、自分はバイセクシャルなのだと考えることが多いですよね。 しかし、そうした中にも、実はパンセクシャルである人がいます。 そこで、バイセクシャルと比較した上で、パンセクシャルの簡単診断テストを作成しました。 【1】パンセクシャルとは? バイセクシャルとの違い パンセクシュアル 全性愛者 とは「全て」のセクシュアリティ、つまりあらゆる性や性的指向の人を愛する人のことです。 バイセクシュアルと並べて話されることが多いですが、バイは「両方」という意味で、「女性」と「男性」の「両方」の性別を愛する人のことを指します。 一方で、パンセクシュアルは「全て」のセクシュアリティを愛する人なので、女性と男性のみならず、その二つに分けられないあらゆるセクシュアリティの人も愛します。 男女に分けられない人としてよく挙げられるのは、トランスジェンダーや第三の性を自認している人などです。 つまり一言で言うと「セクシュアリティ関係なく人を愛する」のがパンセクシュアルです。 【2】パンセクシュアル診断5つ 男女に分けられない人と恋愛する機会がなかった人は特に、自分がバイセクシャルなのか、パンセクシャルなのかわかりにくいですよね。 そこで、 バイセクシャルとの違いを意識しつつ、パンセクシャルに有り勝ちな特徴を5つご紹介します。 1 男性、女性、それら以外の性 あり方 の人を好きになったことがある セクシュアリティは多様化していて、性別にとらわれない様々あり方があることも認められていっています。 そんな中で、男女に分けることができない人を好きになることもあるでしょう。 トランスジェンダーを含め、様々な理由で与えられた、男性、女性の区分を自分に当てはめることに疑問を持っている人を好きになったことがある人はパンセクシュアルであると言えます。 2 両性を好きになり、それら以外の人でも好きになる可能性はある 男性も女性も好きになったことがあるイコール、バイ?と思うかもしれません。 しかし、「バイ」という言葉は「男性」と「女性」しか含まない概念です。 しかし世の中にはその二つには分けられない人もいますね。 そんな人と出会ったことがない、今のところ好きになったことはない人でも、出会ったときに好きになる可能性はあるかもしれないと感じる人はバイというよりパンセクシュアルです。 3 自分をバイだと思っているが、男性、女性の区切りにしっくりこない 自分はバイセクシュアルだと思っている人の中にも、実はパンセクシュアルの人はいるのです。 これは言葉の定義の問題が大きく、客観的に見てわかる部分よりも自分の認識の仕方が大きく関わってきます。 「自分はバイだけれど、そもそも好きになる人の性別を気にしていない」「バイという言葉では、好きになった相手を男性、女性で分けていることになることから違和感を感じる」と思う人はバイではなくパンセクシュアルかもしれません。 トランスジェンダーや第三の性などあらゆるあり方の人々を取りこぼさずに性的指向を示せる言葉として「パンセクシュアル」が好んで使われることもあります。 4 人を好きになるときにセクシュアリティをあまり気にしない 自分が過去に誰を好きになったかに関わらず、「そもそも人を好きになるときに性別ってそんなに大切?」と考える人もいるでしょう。 「あまり人を性別でカテゴライズしない」という傾向はパンセクシュアルの特徴の一つです。 相手を性別というフィルターを通してではなく、その人が持つ別の要素を重視したり、「 属性がどうであれ その人はその人だ」と相手をそのまま捉える姿勢を持っている人はパンセクシュアルかもしれません。 5 今まで好きになった人を男性、女性で分けるのは違う気がする 自分の性的指向について考えるときに必ず「今まで誰を好きになったか」を考えると思いますが、そのとき性別で仕分けすることに違和感を感じる人はパンセクシュアルの素質があります。 「あの人は女性だった」と振り返ったとき、その判断はどうやって下しているのでしょうか。 身体的に女性だったから?社会的に女性だったから?「女性的」な振る舞いをしていたから? パンセクシュアルは、「性別でそんなに簡単に人を分けることができるのだろうか」と思っている人も多く、だからこそ自分は「全ての人」を愛する可能性があると思うのです。 【3】まとめ 「パンセクシュアル」という言葉には、「世の中には様々な人がいる」「もし素敵な人に出会ったら、相手がどんな属性かは関係ない」という受容と愛が含まれています。 パンセクシュアルじゃなくても、これを機に「性別」ってなんなんだろう、と少しでも考えてもらえると嬉しいです。

次の

バイセクシャル(両性愛)とパンセクシャル(全性愛)

パン セクシャル 意味

自分と全く同じ人間はいません。 「みんな違ってみんないい」はたくさんの人が知っていることです。 しかし、それを本当に実践できる人は少ないのかもしれません。 まずは、「みんな」がどんな違いを持っているのでしょうか? LGBTは知っている? LGBTという言葉を知っている、あるいは、その意味をよく知っているという方もいるでしょう。 L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダーのことです。 これらは一般的に知られている、セクシャルマイノリティかと思います。 もしこれも知らないという場合には、ぜひしっかりと覚えておきましょう。 中には「男と女以外はみんなニューハーフ」なんて思っている人もいます。 そうした誤解は、ただ「悪意はない。 知らないだけ」でもLGBTの方を傷つけてしまうかもしれませんね。 性指向は実に多様 ストレートの人からすれば、LGBTの人であっても「その他」でひとくくりかもしれません。 しかし本当のところを言えば「みんな違ってみんないい」なのです。 つまり人の性指向を、ストレート、L、G、B、Tだけに分けることすら難しいのです。 実際にはそれぞれがそれぞれの性指向を持っています。 カテゴリーに分けるというよりは、グラデーションのように違いがあると思っていた方が正しいのかもしれません。 他にも知っておきたい、LGBT以外の性指向 そのグラデーションの中のいくつかを見てみましょう。 人口の1%は存在するとされており、英語ではAsexual、日本語では無性愛者、そのほかAセク、Ace(エース)と言われたりもします。 性的関心だけではなく、男性にも女性にも、恋愛感情をほとんど、あるいは全く抱かない人を指します。 アロマンティック・アセクシャルとも言いますが、人が嫌いということではありません。 人と精神的につながりたいという欲求を持つことも当然あります。 しかし恋愛的な感情を持っていないし、プラトニックな関係で満足できます。 性欲が強くもないけれど、ゼロというわけでもないというところを言うようです。 性欲の向かう先は同性や異性など何でもあり得ます。 しかし深い絆で結ばれたごく少数の相手に対して(恋愛や友情)のみ、性的欲求を抱きます。 逆に言えば、その絆がなければ人に対して性的欲求は抱きません。 深い絆ですでに結ばれた相手に対してのみ、恋愛感情を抱くことができます。 両想いになる必要がなく、お付き合いをすることに抵抗がある人も、ない人もいます。 バイセクシャルと同じように思えるかもしれませんが、バイセクシャルは「恋愛対象が男か女か」です。 これに対してパンセクシャルは、上記のように「男か女か、そのどちらでもない人も全部」という意味になります。 それ以外のジェンダーに対しては性的欲求や、恋愛感情を抱きません。 しかし性的関心は抱かず、プラトニックな関係を求めます。 シスジェンダーというのは、生まれたときの体の性別と心の性別が一致している人のことです。 しかしクィアという言葉は、元々は風変りなどの意味の言葉で、昔はゲイへの蔑称でもありました。 そのため、この言葉に対して不快感を抱く人もいます。 たくさんの分類!細かすぎる? こうした分類であっても、一部のものにすぎません。 中には、「それただの個人差だよね」「それって当たり前じゃないの?」と思うものもあると思います。 ですからこれまで分類してしまうのか?と違和感を持つ人もいるでしょう。 こうした分類分けは、はっきり決まっていないところがあります。 むしろ分けようとすることが難しいかもしれません。 例えば日本では「ノンセクシャル」という言葉が使われていて、これがアセクシャルの意味と近いようです。 当事者がどの意味の分類分けを使っているのか、共通認識を確認してからお話しした方がよいのかもしれませんね。 「ALLY」=アライ セクシャルマイノリティの人たちは、「自分はなんだかおかしい」「「なんで人と違うの?」と感じてきた人が多くいます。 あなたがストレートで、「自分はセクシャルマイノリティの人に対しても、リベラルで、フレンドリーだ」と思っているとします。 しかし、性に対する悩みを持ちながら育ってきた方々は、人に対して大きく言えば敵対心を持っているでしょう。 そこでLGBTの方々への支援を表明することになるのが「アライ(ALLY)」です。 レインボーのロゴマークなどと一緒に見たことがあるでしょうか?こうした目印を持っているのが、1つの支援になります。 こうした細かい違いを覚える必要はないと思います。 ただ、自分が普通だと思っている性的・恋愛的欲求以外に、たくさんの形があることを知っている必要はあります。 知っていれば「相手はどうなのか?」と考えることができます。 相手のことをよく考えるために知っておくべきことなのですね。 参考: Photo by: ).

次の

全性愛

パン セクシャル 意味

1:パンセクシャルの意味、知っていますか? 異性にも同性にも性的な欲求をもつ両性愛者として知られている「バイセクシャル」と近いセクシャルマイノリティのひとつに、「パンセクシャル」というものがあります。 今回、『MENJOY』では、20〜30代の男女373名に独自のアンケート調査を実施。 結果は以下の通りです。 2:パンセクシャルとバイセクシャルの違い3つ (1)恋愛対象が男性・女性以外にも向くか バイセクシャルは男性も女性も恋愛対象とするマイノリティです。 それに加えて、例えばXジェンダー(出生時に割り当てられた女性・男性の性別のいずれでもないという性別の立場をとる人々)やトランスジェンダー(出生時に割り当てられた女性・男性という性別とは違う状態にある人々)、さらにオカマや女装家といった、男性・女性でくくれない人たちも好きになるのがパンセクシャルです。 逆に言えば、バイセクシャルは、男性・女性でくくれない人に対しては、恋愛感情が向かないということになります。 (2)性的対象が男性・女性以外にも向くか 男性・女性以外に性的指向が向くかも、バイセクシャルとパンセクシャルとの判別のポイントになっています。 パンセクシャルは恋愛感情だけでなく、性的志向も男性と女性だけでなく、それ以外の性にもあるとされてます。 しかし、実際にマイノリティの人たちに話を聞いていると、必ずしも恋愛指向と性的指向は一致していないようです。 (3)相手を性別のくくりで見ていないか つまり、パンセクシャルは全人類を好きになりえるということ。 相手のことを男性か、女性かというように見ておらず、ひとりの人間、個ととして受け止め、その人の性的特徴や性自認などは、あくまで個性のひとつだと捉えていることが多いようです。 3:パンセクシャルな人の特徴3つ (1)男性・女性でくくれない人に惹かれたことがある ごく普通の日常を送っていると、なかなか会えないかもしれませんが、マイノリティの人たちが集まるオフ会によく行く人であれば、こうした人たちに会うこともあると思います。 また、異性恋愛でも言えるように、必ず出会ったXジェンダーなどを好きになる……というわけではないため、バイセクシャルを自認している人も、実はパンセクシャルである可能性があります。 したがって、パンセクシャルはあくまで結果論であり、男性・女性でくくれない人に対して恋愛感情や性的欲求をもったことがあるということになります。 (2)ジェンダーバイアスを嫌う 先ほども、相手を男性か、女性かという括りで見ていないことに触れました。 相手の特徴を個性として捉えるため、「男らしさ」「女らしさ」というジェンダーバイアスを嫌う人や、また、そこまでで強い嫌悪感はなくとも、言動に気を遣う人が大半です。 例えば、「男性の方が筋肉量が多いから女性の荷物を持ってあげる」など、科学的な根拠がある場合にはすんなり受け入れられるものの、「男性だから女性には奢る」といった考え方にはモヤモヤしがちなようです。 (3)マイノリティを尊重する パンセクシャルは男性・女性でくくれない性の人も恋愛対象・性的欲求の対象となり得るため、「全性愛」という言い方もできます。 言葉のとおり、すべての人間を対象とするマイノリティであるからこそ、性自認が一致していないトランスジェンダーやゲイセクシャル、レズビアンなど、その他のセクシャルマイノリティについても、それを「個性」として受け止めている人が大半です。 4:パンセクシャルあるある3つ (1)Xジェンダーも合わせて自認している人が多い 不思議と、SNSを見ていると、パンセクシャルとXジェンダーというふたつ以上のマイノリティを自認している人がけっこうな数います。 筆者は男性・女性どちらの性自認でもないと感じるXジェンダー(無性)なのですが、確かに、自分自身を男性とも女性とも見ていないので、他者を男性・女性として見ないことが多いパンセクシャルと似た性質を感じます。 男子・女性と半分ずつの性自認だと感じる中性や、両方であるという両性も、もしかしたら戸籍上の性が男性・女性しかないからこその考えなのかもしれません。 (2)それぞれの恋愛スタイルに合わせがち 例えば交際対象をひとりに縛らず、複数人の人を等しく愛するポリアモリーなどは、多くの人にとって理解されづらいマイノリティです。 また、恋愛をするなら性関係ありき……と思っている場合には、性的行為を望まないことの多いアセクシャルやノンセクシャルを受け入れがたいと思うかもしれません。 パンセクシャルの間でも許容範囲は異なりますが、こういった人たちの考えを受け止め、それぞれの恋愛スタイルを尊重して交際する人が多いです。 (3)言葉や漢字の表記に敏感 全員ではないものの、例えば「女々しい」「結婚」などの言葉に敏感になる人はパンセクシャルに多いようです。 「女々しい」という言葉は男性にしか使わないことがほとんど。 なので、そもそも「男なら泣くべきでない」「男は頼り甲斐があるものだ」というバイアスに嫌悪する人は多いのですが、それに「女」という字を用いて「女のようだ」というニュアンスがあることに疑問を覚えることがあるようです。 また「結婚」という文字も、「女」という文字しか入っていない点で、相応しいものなのかと気になることがあります。 5:パンセクシャルを英語で言うと?パンセクシャルを表す旗とは? 英語でパンセクシャルは、そのまま「Pansexual」と表現します。 また、横に三色、上から順にピンク、黄色、水色で構成された旗でパンセクシャルを表します。 6:まとめ バイセクシャルだと思っていても、ある日突然、自分がパンセクシャルだと気づくこともあるかもしれません。 性自認や恋愛指向、性的指向は必ずしも生涯において一貫しているわけではないため、マイノリティが変わることはあります。 なのでそれは特別なことでもないと考えていいのではないかと筆者は考えています。 この記事を書いたライター 青木 エイミー A. Aoki 日本とカナダ人のハーフ。 「アセクシャル」ゆえに恋愛がよくわからず、脳科学や心理学から、恋愛を研究。 その経験を生かして、現在は恋愛やオトナ系記事のWEBライターとして活動中。 また、「遺伝子レベルで惹かれた」としか言えないひと目ボレをきっかけに、LGBTQの彼氏と婚約中。

次の