アメブロ 検索 ブログ内。 アメブロ記事内の縮小画像ではなく元画像(縮小前)のURLを知る方法

アメブロ(Ameba)では集客できない本当の理由

アメブロ 検索 ブログ内

アメブロの記事数は膨大、検察は必須 アメブロの記事数はとても多く、その中で自分の読みたい記事を見つけるのは至難の業かもしれません。 そんなときはアメブロのAmeba検索がとても便利に使えます。 Ameba検索・見つける Ameba検索は2018年9月26日にリニューアルされました。 リニューアルされて検索窓に検索履歴が表示されたり検索ワードの予測候補がでたりするようになっています。 大きく変わったのは検索結果のカテゴリ表示がタブ選択になったことと、カテゴリ分けが減っています。 そしてプロフィール検索ができなくなったことです。 ブログ全体検索 アメブロのトップページやマイページの検索窓から検索を行うと以下のカテゴリで検索結果が表示されます。 ハッシュタグの検索結果はリニューアルにより表示されなくなっています。 (他にも検索内容によって表示されないカテゴリもあります。 すべて• 芸能人・有名人• 一般ブログ• Amebaニュース これらの検索結果の上位2件程度が表示されそれ以下は「もっと見る」をクリックするとみることができます。 ブログ記事については検索結果は10件まで一度に表示されます。 表示件数の指定もできます。 特にブログ記事検索が使いやすいと思います。 キーワードを2~3個程度スペースを開けて入力し検索するとそのキーワードを全て含む記事が表示されます。 上位に来るのは新しい記事でアクセス数が多い物の順で表示されるようです。 下位に行くほど古くなります。 よって古い記事を検索したい場合はかなり難しくなります。 今のところ効果的な古い記事の調べ方はわかりません。 検索ワードを4個以上入れると検索結果が変わってきます。 指定するキーワードは3個までがいいと思います。 ブログ内検索 各ブログの中の検索窓で検索を行うと、そのブログ内の記事検索ができます。 検索結果は新しい記事から表示する「新着順」と人気記事から表示する「人気順」が選択することができます。 探している記事のブログがわかっている場合は便利な機能です。 プロフィール検索 これはリニューアルで無くなったようです。 見つけることができません。 似たような代替え機能として通常の記事検索後「もっと見る」を押した後に「検索結果を絞り込む」というものが選べます。 そこに「ブロガーで絞り込む」という機能があるのでブログを絞って検索ができるようになります。 ここにブロガーのIDを入力して検索するようです。 IDは通常アメブロではURLになっていますが、普通は知りませんので検索としては使えないと思います。 もともと使えるか微妙だったプロフィール検索なので使えなくても影響は少ないかと思います。 ちなみにブログ名を入力して検索しても何も出てきません。 アプリでの検索 上記はPCで検索する場合です。 アプリを使って検索する場合はアプリ画面の一番下の3つのメニューの真ん中にある「見つける」が検索になっています。 見つけるを押すと「おすすめ」や「ジャンル」がでてきますが、一番上に検索窓があるのでここでブログを検索することができます。 検索結果はほぼ同じですが、人気記事と最新記事で分けて結果が表示されます。 アプリではハッシュタグの検索結果は表示されます。 プロフィール検索はアプリでもできないようです。 今のところその機能を見つけることが出来ません。 リニューアル 2018年9月のリニューアルで使えなくなった機能があるので、それを使っていた人にとっては困るかもしれません。 それ以外の人にとっては使いやすくなったと思われます。 PCでのハッシュタグ検索はハッシュタグ一覧のページにハッシュタグ検索窓があるのでそこから検索可能です。

次の

アメブロでも最低限やっておきたい、7つのSEO対策ポイントはコレ!

アメブロ 検索 ブログ内

アメブロの記事数は膨大、検察は必須 アメブロの記事数はとても多く、その中で自分の読みたい記事を見つけるのは至難の業かもしれません。 そんなときはアメブロのAmeba検索がとても便利に使えます。 Ameba検索・見つける Ameba検索は2018年9月26日にリニューアルされました。 リニューアルされて検索窓に検索履歴が表示されたり検索ワードの予測候補がでたりするようになっています。 大きく変わったのは検索結果のカテゴリ表示がタブ選択になったことと、カテゴリ分けが減っています。 そしてプロフィール検索ができなくなったことです。 ブログ全体検索 アメブロのトップページやマイページの検索窓から検索を行うと以下のカテゴリで検索結果が表示されます。 ハッシュタグの検索結果はリニューアルにより表示されなくなっています。 (他にも検索内容によって表示されないカテゴリもあります。 すべて• 芸能人・有名人• 一般ブログ• Amebaニュース これらの検索結果の上位2件程度が表示されそれ以下は「もっと見る」をクリックするとみることができます。 ブログ記事については検索結果は10件まで一度に表示されます。 表示件数の指定もできます。 特にブログ記事検索が使いやすいと思います。 キーワードを2~3個程度スペースを開けて入力し検索するとそのキーワードを全て含む記事が表示されます。 上位に来るのは新しい記事でアクセス数が多い物の順で表示されるようです。 下位に行くほど古くなります。 よって古い記事を検索したい場合はかなり難しくなります。 今のところ効果的な古い記事の調べ方はわかりません。 検索ワードを4個以上入れると検索結果が変わってきます。 指定するキーワードは3個までがいいと思います。 ブログ内検索 各ブログの中の検索窓で検索を行うと、そのブログ内の記事検索ができます。 検索結果は新しい記事から表示する「新着順」と人気記事から表示する「人気順」が選択することができます。 探している記事のブログがわかっている場合は便利な機能です。 プロフィール検索 これはリニューアルで無くなったようです。 見つけることができません。 似たような代替え機能として通常の記事検索後「もっと見る」を押した後に「検索結果を絞り込む」というものが選べます。 そこに「ブロガーで絞り込む」という機能があるのでブログを絞って検索ができるようになります。 ここにブロガーのIDを入力して検索するようです。 IDは通常アメブロではURLになっていますが、普通は知りませんので検索としては使えないと思います。 もともと使えるか微妙だったプロフィール検索なので使えなくても影響は少ないかと思います。 ちなみにブログ名を入力して検索しても何も出てきません。 アプリでの検索 上記はPCで検索する場合です。 アプリを使って検索する場合はアプリ画面の一番下の3つのメニューの真ん中にある「見つける」が検索になっています。 見つけるを押すと「おすすめ」や「ジャンル」がでてきますが、一番上に検索窓があるのでここでブログを検索することができます。 検索結果はほぼ同じですが、人気記事と最新記事で分けて結果が表示されます。 アプリではハッシュタグの検索結果は表示されます。 プロフィール検索はアプリでもできないようです。 今のところその機能を見つけることが出来ません。 リニューアル 2018年9月のリニューアルで使えなくなった機能があるので、それを使っていた人にとっては困るかもしれません。 それ以外の人にとっては使いやすくなったと思われます。 PCでのハッシュタグ検索はハッシュタグ一覧のページにハッシュタグ検索窓があるのでそこから検索可能です。

次の

アメブロやFC2ブログが検索で出てこないのはなぜ?ブログ初心者のSEO対策

アメブロ 検索 ブログ内

これで自分のブログが表示していれば問題なくインデックスされています。 表示されなければインデックスされていません。 記事内リンク インデックスされていないとき 新しく作られたブログはまだ存在感が薄いため、クローラーがなかなか周ってきてくれません。 なので検索エンジンに今すぐインデックスさせたいのであれば、こちらから検索エンジンにブログの存在をアピールしましょう。 また、設定を変にいじっていたり、スパム判定されている場合はすぐに対処しましょう。 検索エンジンにブログを登録する 検索エンジンにインデックスさせるために、ウェブサイト(ブログ)を作成したことを検索エンジンにお知らせ(登録)しておきましょう。 トップページの URL を入力するだけの簡単な作業です。 ちなみに Yahoo!のウェブサイト登録サービス「Yahoo サイトエクスプローラー」は、2011年にサービス終了していますが、Google に登録しておけば Yahoo!の方は問題ありません。 ping 送信先を設定する ブログの ping 設定をしておけば、記事を更新したときに検索エンジンに素早くお知らせすることができます。 クローラーがサイト全体を見回り易くするサイトマップがあると検索エンジンに認識されやすいです。 Fetch as Google を使えば、クローラー最適化の効果を高めるサポートが受けられます。 no index にはなっていませんか? アメブロやFC2ブログなどの無料ブログで「no index」になることはあまりないと思いますが、この状態になってしまうと検索に引っかからなくなります。 アメブロでは、スマートフォン用のアプリ、Simplog から投稿した場合は設定していなくても no index になってしまうので注意してください。 no index になっているか確認する方法は以下の通りです。 まずインデックスされているか確認したいページを開き、何もない部分で「右クリック」します。 で、ページのソースを表示させます。 何やら難しそうな文字列がたくさん表示されましたら、meta name という部分を探してみましょう。 スパム判定はされていませんか? ツールを使って記事を投稿していたり、内容の薄いアフィリエイト記事ばかり書いていると検索エンジンからペナルティーを受けている可能性があります。 その確認と解除の再審査は ですることができます。 インデックスされているけど検索キーワードでは出ないとき 検索エンジンにインデックスはされているみたいだけど、普通の文字で検索しても出てこない場合は、 そのキーワードで上位表示させるブログの力がないということです。 例えばブログタイトルをそのまま検索窓に入力しても自分のブログが 出てこない場合は、ブログタイトルの付け方に問題があると言えます。 自分の狙っているキーワードを入力しても出てこない場合は、ブログの力とコンテンツ 記事内容 がまだまだ足りていないということです。 ブログタイトルに問題がある場合 ブログタイトルにオリジナリティがなかったり簡単すぎる場合は、ブログタイトルをそのまま検索窓に入力しても自分のブログが出てこない可能性があります。 例えば Google や YouTube、ニコニコ動画など、他にはないオリジナルのサイトタイトルをつけていれば、そのサイトの名前(ブログタイトル)を検索すれば1番上に表示されます。 極端な話、意味不明な文字列のブログタイトルにして、そのタイトル名で検索すれば出てくるというわけです。 ブログタイトルを複雑なものにすれば検索で上位表示されやすいというわけではありませんが、自分のブログのタイトルを検索しても出てこない場合はこのような状況になっているのかもしれません。 ブログの力が弱い場合 ブログタイトルをそのまま検索するのではなく、狙っているキーワードで検索しても上位表示されない場合は、まだまだブログの力が足りません。 例えば「自動車保険の比較ブログ」など簡単過ぎるブログタイトルにしてしまうと、「自動車保険 比較」という検索ボリュームの多いキーワードに近いため、そのキーワードを狙ったサイトに押し潰されてしまいます。 検索エンジンは、 検索キーワードに対してユーザー(検索者)が満足できるウェブページを上位から順に並べていくので、他のサイトの方が、自動車保険を比較して検討しやすいサイトなのであれば、自分のブログは上位表示されません。 いくら自分のブログが自動車保険の比較ブログというタイトルであっても、「自動車保険 比較」で検索してくるユーザーが満足できるブログでなければ上位に表示させることはできないというわけです。 コンテンツが弱い場合 記事はたくさん書いているけど狙ったキーワードで上位表示できない場合は、コンテンツ(記事内容)に問題があるかもしれません。 検索エンジンは、 検索キーワードに対し情報量の多いページを上位表示させる傾向があり、狙うキーワードにもよりますが、情報量の少ないウェブサイトはなかなか上位表示されないんですね。 文字数を多くすれば良いというわけではありませんが、検索キーワードに対しての「答え」を多く含んだ記事を書けると良いですね。 あとがき この記事に書かれていることは、検索エンジンで上位表示するという SEO の初歩的な内容です。 ライバルが多い検索ボリュームのあるキーワードを狙うには、まだまだ知っておくべきことはたくさんあります。 今はまだブログを作成して間もないかもしれませんが、これから記事を書いていき狙ったキーワードで上位表示をしたいのであれば、SEO のことを更に調べてみてください。

次の