重ね重ね申し訳ありません。。 「重ね重ね」意味・使い方まとめ|お礼/お詫び/お願い/メール

「重ねてお詫び申し上げます」の例文を解説!文末の使用文例も紹介

重ね重ね申し訳ありません。

「重ね重ね」には複数の似たニュアンスの行為について言い表す意味合いがあり、ビジネスの場でよく使われる言葉になります。 お礼やお詫び、お願いなど、ビジネスの場で良く使われる言葉になりますので、例文を見ながら使い方をしっかりマスターしていきましょう。 特に「重ね重ね」については使われる場が限られる敬語表現でありながら、非常に使われる機会が多い言葉になります。 そのためその使い方をしっかり知っておくことでビジネスパーソンとしてワンステージ上に上がることができると言えるでしょう。 しかしながら、その使い方はシーンごとに理解する必要がある言葉になります。 「重ね重ね」の使い方については複数の物事について触れていなければ特に使う言葉ではないのですが、やはりビジネスは色々な物事が複雑に絡み合い、またプロジェクト等も当初の想定になかった事象が起きることは必須になりますので、この言葉の出番は多そうですね。 お礼やお詫び、あるいはお願いなど、そういった物事が続いてしまう場合は当然相手に対して度々依頼をしてしまい、申し訳がないという心理が働きますので、そういった状況下で使う言葉になります。 「重ね重ね」はビジネスで円滑にコミュニケーションを取るための言葉になります。 もしもこの言葉を使わずに同じような物事を1つ1つ「こちらお願いします」「こちらもお願いします」と依頼をしていたら、先方としても決していい気持ちではないでしょう。 そういった状況下での気遣いを示す言葉が「重ね重ね」になるのです。 「重ね重ね」が意味する複数の、連続した物事の依頼に対してビジネスを円滑に進めるためのコミュニケーションツールとしての使い方をここから文例も交えてしっかり見ていきたいと思います。 その中でも「重ね重ねありがとうございます」は非常によく使われる言葉になります。 しかし何故ここで「重ね重ね」を使うのでしょうか。 そもそもただ「ありがとうございます」と伝えても感謝の気持ちは十分に通じるのではないかと思ってしまいがちです。 この場合の「重ね重ねありがとうございます」には、「前回も今回も、いつもありがとうございます」という気持ちが込められています。 そのため、こういった場合には「重ね重ね」を使った方がさらに感謝の気持ちが相手に伝わりコミュニケーションがより良い形で取れるため、「重ね重ねありがとうございます」を使うのです。 「ありがとうございます」という言葉は決して形骸的に使われる言葉ではなく、気持ちを込めて使う言葉になります。 そういった心からのお礼の意味合いを込めて、この場合は敢えて「重ね重ねありがとうございます」という言い回しを使うのです。 こういった言葉遣いをしていくことが、ビジネスを円滑に進めるコツになります。 「重ね重ね申し訳ございません」「重ね重ね申し訳ありません」という言い方になります。 これもお礼を伝える際と同じで、直近で何かお詫びをし、今回もそんなに時期を空けずにお詫びをしなければならない場合に使う言葉になります。 私自身も「申し訳ございません」という表現を使うことはあるのですが、日本語としては「申し訳ありません」が正となります。 感謝の気持ちを伝えることはいいことですが、こういったお詫びの件で「重ね重ね」という表現を使うシチュエーションは極力避けたいものですね。 ただし、そういったシチュエーションになってしまった場合は「重ね重ね」を使いつつ、心からの謝罪をすべきでしょう。 重ね重ねお詫び申し上げます 「重ね重ね申し訳ありません」をさらに畏まった言い回しにする表現として「重ね重ねお詫び申し上げます」という言い回しもあります。 両方の言葉は使い方も一緒で、意味もまったく同じになります。 しかしながら「重ね重ねお詫び申し上げます」の方が、ビジネスの場ではより丁重な響きとなります。 お礼を伝える時のシチュエーションに倣えば「重ね重ねお詫び申し上げます」はメールのみに留めるべきかもしれないのですが、お詫びの場合はお礼の場合と違いより丁重であるニュアンスが伝わった方が相手の心象はよくなりますので、「重ね重ねお詫び申し上げます」は口頭で伝えても非常に有効な言葉であるといえるでしょう。 「本当に申し訳ありませんでした。 重ね重ねお詫び申し上げます」というような言い方をすれば、あなたの相手へのお詫びの気持ちはしっかり伝わることでしょう。 「重ね重ねお詫び申し上げます」はメールでも口頭でも両方使えるということを、認識しておいてください。 ある程度気心が知れた取引先に対してはこちらの「重ね重ねのお願いで申し訳ありませんが」という使い方の方が良いでしょう。 恐縮という言葉は相手も恐縮させてしまいます。 使い方としては「昨日はお忙しい中、修理のご対応をいただきまして、誠にありがとうございました。 重ね重ねのお願いで申し訳ありませんが、コピー機も修理が必要になりましたので、本日もご来社いただけましたらありがたいです」といった形になります。 「重ね重ね恐縮ですが」よりも少しフォーマルさが薄れています。 特に先述した通り「重ね重ね」はその言葉の前後の繋ぎ方が非常に重要になります。 ・先週はお忙しい中わざわざご来社いただきありがとうございました。 重ね重ねのご依頼で恐れ入りますが、折り入ってお話がございますので今週どこかでお会い致したく存じます。 お時間のご調整をいただけましたら幸いでございます。 ・昨日は資料のご送付をいただきましてありがとうございました。 重ね重ねのご依頼で恐れ入りますが、明日までにお願いしていた資料を本日中にいただけましたら幸いでございます。 期日調整の可否をお手すきの際にご教示いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ここでの注意は「お願いできないでしょうか」という言い方ではなく「幸いでございます」「致したく存じます」「お願い申し上げます」という表現を使い、メールでは依頼をします。 せっかく「重ね重ね」を使っても前後の文章にフォーマルな感じがないと、台無しになってしまう虞があります。 ・重ね重ねの確認となりますが、明日のミーティングは日本時間の午後6時からでよろしいでしょうか。 時差がございますので、念のための確認でございます。 ・昨日はお忙しいところありがとうございました。 重ね重ねの確認となりますが、昨日の議事録は〇〇様の方で作成していただき、ご共有いただけるという流れでよろしいでしょうか。 お手すきの際にご教示いただけましたら幸いでございます。 「重ね重ねの確認となりますが」を使う場合は、相手に対して再度確認をしてしまって申し訳ないという気持ちを示すこと、また再度確認をしなければならない根拠を付け加える必要があります。 その背景がなければ「重ね重ね」を使っても、その言葉に込められているこちらの誠意が伝わり辛くなってしますので注意が必要です。 「重ね重ね」その他の使い方は? 重ね重ねになりますが 「重ね重ね」の類語には「再度」もあります。 「重ね重ね」という言葉はお詫びやお願い、御礼に対しての枕詞として使われることが多いですが、「再度」は非常に汎用性の高い言葉になります。 ただし意味は通じても相手に敬意が伝わる言葉でない部分を勘案すると、使えるシーンでは「重ね重ね」を使った方が良いでしょう。 〇お忙しい中重ね重ねのご来社をいただき、心よりお礼申し上げます。 上記の場合は決して失礼には当たらないのですが、相手に対しての敬意は「重ね重ね」の方が断然伝わりやすいことは上記文例でお分かりいただけるかと思います。 「重ね重ね」を活用してビジネスを有利に進めよう 「重ね重ね」は相手に対する敬意と、相手方と円滑にビジネスを進めようという姿勢が垣間見える表現になります。 類語も紹介しましたが、使える限りは「重ね重ね」を使った方が、相手とのコミュニケーションは円滑になりそうですね。 「重ね重ね」を駆使して、相手方とより良いリレーションシップを構築していきましょう。

次の

「恐れ入りますが」と「申し訳ございませんが」の意味の違いと使用例

重ね重ね申し訳ありません。

このような場で「重ね重ね」を用いると、夫婦の離別や死別が続くことを連想するため、縁起が悪いと言われています。 「お願い」「ご依頼」「説明」のような名詞の前では「重ね重ねの~」という言い方になります。 「重ね重ね」を頻繁に使うことで、相手に誠意が感じられないと受け取られ、逆効果になることがあるので注意しましょう。 「重ね重ね」の類語 次のような言葉がありますが、「重ね重ね」とは微妙にニュアンスが異なるのでそのまま置き換えられない言葉もあります。 重ねて 「重ね重ね」は「重ねて」を繰り返した言葉なので、「重ね重ね」とほぼ同様に使用できます。 かえすがえす 「かえすがえす残念だ」など、過去の出来事について、悔やむ気持ちを表わすので、少しニュアンスが異なります。 重々(じゅうじゅう) 「重々承知の上で」など、「十分に」、「よくよく」の意味で使われることが多い言葉です。 度々 「何度も繰り返して」、「しばしば」の意味で、「重ね重ね」を繰り返しの意味で使う場合と同じように使えます。 「重ね重ね」のように改まった言葉ではないので、ビジネスでよく使う表現です。 再三 問題が繰り返されることへの非難の意味があるので、そのまま置き換えては使えません。

次の

「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

重ね重ね申し訳ありません。

「恐れ入ります」「恐れ入りますが」は様々な場面でよく使われる言葉ですが、意味を正しく理解して使っている人はどれほどいるでしょうか。 なんとなく使っている人も多いはずです。 まずは「恐れ入ります」の意味について説明しましょう。 「感謝の気持ち」や「申し訳ない気持ち」を含む 「恐れ入ります」の意味は以下の通りです。 ・目上の人の行為に対して感謝の気持ちをあらわす言葉 ・大変ありがとうございますの意味も含む 「恐れ入りますが」の形になると、以下のような意味になります。 ・目上の人や客人への頼み事や迷惑に対し、「申し訳ない気持ち」を意味する ・大変申し訳ありませんの意味も含む 「恐れ入りますが」には、字の通り「恐れる」という意味が含まれています。 「恐れ入りますが」は「あなたには敵いません」という相手を敬う意味だけでなく、配慮の気持ちを表現できる言葉なので、覚えておくと非常に便利なです。 コミュニケーションを円滑にする緩衝言葉 「恐れ入りますが」という言葉は、文頭につけて使用する緩衝言葉の1つです。 緩衝言葉とは、会話の内容には直接影響しないものの、会話の雰囲気や相手への印象を良くする言葉です。 クッション言葉とも言いますね。 緩衝言葉、あるいはクッション言葉の種類は多く、「恐れ入りますが」の他にも「お手数をおかけしますが」「ご面倒ですが」「差し支えなければ」「あいにく」などがあります。 シーンによって適切に使い分けられるようになると、円滑なやり取りができるだけでなく、ビジネスマンとして高く評価されるでしょう。 よりかしこまった表現は「恐縮です」 「恐れ入りますが」は話し言葉に近いものです。 そのため、ビジネス文書などにおいてよりかしこまった表現で「恐れ入りますが」と表したい時は、「恐縮ですが」と書くとより良くなります。 「恐れ入りますが」と書いても、間違いではありません。 臨機応変に、相手や用件に合わせて使い分けてください。 「恐れ入りますが」の使い方 緩衝言葉はコミュニケーションを円滑にするためのものですが、間違った使い方をすると逆効果になります。 「恐れ入りますが」はどのような場合に使うのでしょうか。 正しい「恐れ入りますが」の使い方について説明しましょう。 相手に頼みごとをする時に使用する 「恐れ入りますが」とは、主に目上の人や客人に対して頼み事をする際に使われます。 それを防ぐために「恐れ入りますが」などの緩衝言葉が使われるのです。 頼み事の前に一言付け足すだけで、柔らかい言い方になります。 「恐れ入りますが」の使用例 「恐れ入りますが」の使用例は以下の通りです。 参考にしてください。 ・恐れ入りますが、お名前を教えていただいてもよろしいでしょうか。 ・恐れ入りますが、その本を貸していただけないでしょうか。 ・恐れ入りますが、折り返しお電話をいただけますでしょうか。 ・恐れ入りますが、こちらにサインをお願いいたします。 「恐れ入ますが」と「申し訳ございませんが」の違い 「恐れ入りますが」と似た言葉として、「申し訳ございませんが」がよく挙げられます。 こちらもビジネスシーンではよく使う言葉ですね。 では、「恐れ入りますが」と「申し訳ございませんが」との違いは何でしょうか。 両者の違いについて説明しましょう。 「申し訳ございませんが」は謝罪の気持ちを伝える際に使う 「申し訳ございませんが」は「恐れ入りますが」と違い、相手に対して自分の謝罪の気持ちを伝える際に使います。 「申し訳ございませんが」は、相手に対して失礼があったり、迷惑がかかった場合に使われるのです。 「恐れ入りますが」は、自分は悪くないけど相手に配慮するために使う言葉です。 「申し訳ございませんが」と似てはいますが、意味はまったく異なるので注意してください。 「申し訳ございませんが」の使用例 「申し訳ございませんが」の使用例は以下の通りです。 ・申し訳ございませんが、再度確認していただいてもよろしいでしょうか。 ・申し訳ございませんが、もう少々お待ちください。 ・申し訳ございませんが、お名前とご連絡先をお伺いしてもよろしいですか。 「恐れ入りますが」の間違った使い方 「恐れ入りますが」を間違って使ってしまう人も少なくありません。 「恐れ入りますが」の言葉の意味をよく知らないまま、とりあえず言っておけば問題ないだろうと考えている人は要注意ですよ。 間違った使い方をして相手に良くない印象を与えたり、仕事に支障をきたす可能性があります。 「恐れ入りますが」の間違った使い方を知っておき、いざという時に間違えないように注意しましょう。 自分の行いに対し「恐れ入りますが」を使うのは誤り 「恐れ入りますが」の間違った使い方としてよく挙げられるのは、自分の行いに対して「恐れ入りますが」を使ってしまうケースです。 「恐れ入りますが」は目上の人や客人に対して頼み事をする際に使う言葉であり、自分の行いに対する言葉ではありません。 この文章の場合、行動するのは自分自身であり、相手に頼み事をしているわけではないですよね。 この場合は、「申し訳ございませんが」と言う方が正解になります。 「恐れ入りますが」の間違った使用例 「恐れ入りますが」の間違った使用例は以下の通りです。 ・恐れ入りますが、もうすぐ会議が始まるので、後ほど折り返しご連絡を差し上げてもよろしいでしょうか。 ・恐れ入りますが、もう少々お待ちください。 ・恐れ入りますが、入金は来週まで待っていただけないでしょうか。 お礼を言う時は「ありがとうございます」とストレートに言った方が良い お礼として「恐れ入ります」と言う人もいますよね。 「恐れ入ります」は相手への感謝の気持ちも含む言葉であるため、これは間違いではなく正しい使い方です。 かしこまった表現であり、ビジネスシーンに適した言い方ではありますが、できればお礼を言う時は「ありがとうございます」とストレートに言った方が良いでしょう。 感謝の気持ちがストレートに伝わるので、相手に好感をもたせます。 「恐れ入りますが」は頼み事をする時の緩衝言葉!会話を円滑にする効果がある 「恐れ入りますが」や「申し訳ございませんが」は、代表的な緩衝言葉です。 似た意味に思えてしまうこれらですが、使い方には違いがあります。 「恐れ入りますが」は、相手に何かを頼むときに使うものです。 それとは違い「申し訳ございませんが」は謝罪の気持ちを伝える際に使います。 「恐れ入りますが」を、自分の行いに対して使わないように注意しましょう。 「恐れ入りますが」と「申し訳ございませんが」の意味の違いを認識して、正しく使えるようにしておいてくださいね。

次の