北海道 蚊。 [mixi]北海道人は東京の蚊に免疫がないらしいです

蚊の攻撃、真夏よりも春秋が危険?

北海道 蚊

Contents• 「蚊」と「ブヨ」の違い 「蚊とブヨは、どう違うのか?」• 蚊とブヨ「 見た目」の違い• 蚊とブヨ「 生態」の違い まずは、 これらの違いについて、しっかりと把握した後、 刺された時の対処法の違いを、それぞれ見ていきましょう。 蚊とブヨ「見た目」の違い 『蚊』については、皆さんご存知のとおりですよね。 体長は約2mm~5mmで、2枚の羽があり、 身体は細くて、脚が長いのが特徴的な 吸血性の昆虫です。 蚊には、吸血する種とそうでない種がいます。 日本では、主に、 北海道から九州に生息する「 アカイエカ」がよく見られます。 (都会に多く生息する「 チカイエカ」は、アカイエカの亜種です。 ) ( 写真参照:) また、 東北中部以南に生息する「 ヒトスジシマカ」も見られます。 ( 写真参照:) ヒトスジシマカは、「 やぶ蚊」とも呼ばれ、 体は黒色で、白のシマ模様があるのが特徴です。 『ブヨ』は 双翅目(ハエ目)、カ亜科のブユ科に属する昆虫で、 日本では、50~60種類が知られており、 主に、「 アシマダラブユ」が代表的な種類です。 ( 写真参照:) 見た目は、子バエに似ていて、 成虫の体長は約3mm~5mmで、半透明な羽があり、 色は黒っぽく、やはり ハエの様に丸くころっとした形が特徴です。 ブヨ(正式には 『ブユ(蚋)』)は、地方によって呼び方が異なり、 「 ブヨ」は主に関東での呼ばれ方で、関西では「 ブト」とも呼ばれます。 蚊とブヨの大きさは、どちらも小さく、 素人が肉眼で見分けるのは、分かりにくく困難かもしれません。 蚊とブヨ「生態」の違い 蚊は、水があるところであれば、 何処でも卵を産みつけるので、どこでも繁殖します。 ご存知の様に、蚊の幼虫は「ボウフラ」で、 繁殖に適した気温(25~30度)が続けば、 わずか10日ほどで、卵から幼虫・さなぎを経て成虫になります。 蚊の成虫の寿命は、約3~4週間程度で、 その間に、4~5回吸血すると言われています。 また、吸血をするのは、 タンパク質の栄養分が必要となる 「産卵期のメス」だけです。 蚊の活動が活発になるのは、25~30度(種類によっても異なる)で、 それぞれの適温を超えると、活動自体が減ります。 アカイエカや、アカイエカの亜種で、都会に多く生息するチカイエカは、 もともと真夏の前後に多く発生し、 夜行性なので、主に夜家の中で行動します。 (寝ている時に、耳元で「プ~ンっ」と来る蚊の正体はコイツです!) ヒトスジシマカは、アカイエカより適温が少し高く、 真夏の朝夕に、活発に活動しますが、 春や秋には、昼間が活動の適温になることも多く、 この時期には、刺されるリスクも高くなると考えられます。 日中に活動しているので、 昼間に野外で、蚊に刺されたらコイツの可能性が高いです。 (刺された時に、かゆみが一番強いと言われています。 ) ブヨは、太陽の光が苦手で、 草の影などに身を潜め、朝や夕方に活動します。 成虫はほぼ1年中いますが、 活発なのは3月~9月頃で、 ブヨの場合も、蚊と同様に、暖かくなるにつれて数が増加します。 蚊と同様に、 メスが産卵のため吸血する虫ですが、蚊ほど数は多くありません。 渓流のある山や森、 きれいな水がある場所でなければ、 繁殖もできず活動できないので、おのずと活動範囲も狭くなります。 蚊の様に、 飛んでいる時の音はしないので、 知らない間に、刺されていることが多いかもしれません。 都市部の住宅地など、私たちの生活している街中では生きられないので、 必然的に、ブヨに刺される可能性は低いと言えます。 なんとなく違いがわかったところで、 次からは 「虫刺され」について、詳しくみていきましょう。 虫刺され(ブヨ・蚊)時の対処法の違い そもそも、 「蚊にさされたのか? ブヨにさされたのか?」 が、わかっていなければ、対処法もわかりません。 ですので、 それらの 「刺され方」と 「症状」について、 違いや見分け方を、知っておく必要があります。 蚊とブヨ「刺され方と症状」の違い それぞれの 刺され方の違いを知っていれば、 おのずと、 症状の違いに納得ができると思います。 まず、蚊の場合ですが、 口吻(こうふん)と呼ばれる、注射針のようなもので、 毛細血管をうまく探し出し、差し込んで 直接吸血する方法です。 「ストローでチューチュー吸っている!」 といえば、わかりやすいのではないでしょうか? そして、その時に 唾液を流し込みます。 その唾液には、 血が固まらずに吸血できる様な、 「血液が凝固しづらくなる成分」や、 刺したときの痛みで、気付かれない様に、 「麻酔成分」が含まれているのです。 この麻酔成分のおかげで、 刺された時に、なかなか気づかない事が多いんです。 さらには、この唾液によって、 『アレルギー反応』を引き起こすため、 蚊に刺されると、かゆくなったり赤く腫れたりします。 一方、蚊と違って、 ブヨは、噛みついて皮膚を食いちぎり、 「出血させて、グビグビ血を吸う!」といった方法で吸血するんです。 ブヨの場合は、「刺された」と言うより、 『噛まれた』といった表現のほうが近い気がします。 そのため、多少の痛みとともに、 噛み切られた跡が残り、そこから出血しているのが特徴です。 その際に、唾液を流し込むのと、 アレルギー反応を引き起こすのは、蚊と同じなんですが... さらに! ブヨの唾液には、 『毒』が含まれているのです!! これは、ムカデやスズメバチが持つ酸素毒、 アレルゲン成分を含む 唾液腺物質なので、 強い毒性があります。 そして、その唾液腺物質には、即効性が無いので、 噛み傷の出血はあるものの、刺されてすぐは、他に何も症状が出ず、 時間が経つにつれ(半日~1日)、だんだんと悪化していくことになるんです。 大きく腫れ、激しいかゆみが長く続き、 体質によっては、 1ヶ月腫れが引かなかったり、 発熱したりする場合もあります。 さらに、 かき続けていくうちに、刺された部分がしこりになり、 「 慢性痒疹(まんせいようしん)」になる場合もあり、 酷くなると1年以上、かゆみや跡が残る場合もあるそうです。 この様に、 蚊とブヨの外見は、素人目にはほとんど同ですが、 ブヨに刺されると、大きく膨れ上がりますし、 かゆみや痛みも長く続いて、 蚊とは比べものになりません。 また、蚊に刺された後は、出血することはありませんが、 ブヨは、皮膚を噛みちぎるので、 出血する傾向にあります。

次の

マラリア

北海道 蚊

ヒトスジシマカ 蚊といわれると、まず思い描くのは足がシマシマ模様のヒトスジシマカではないでしょうか。 ヒトスジシマカは ヤブカ属で体長は約4. 5mmほどです。 体は黒色で胸部の背面中央に白色の縦線が1本あり、脚も縞状になっているのが特徴です。 ヒトスジシマカは寒さが苦手とされており、その生息地の北限は岩手県となっています。 日本では、岩手県から沖縄県までが生息地となります。 ただし、現在は温暖化の影響などからも、その生息地が徐々に北上してくる可能性が懸念されています。 定着の確認はされていませんが、秋田県や青森県でも、ヒトスジシマカのコロニーが確認されているのです。 おもに昼間の庭や公園の草むらにいて、人が近づいたところで吸血します。 とにかく人が大好きな蚊です。 私たちの蚊のイメージとして強いのは、昼間よく見かけるためだったのですね。 基本的に水がある場所であればどこでも生息できるので、空き缶に溜まった雨水程度でも、十分に繁殖することができます。 成虫として活動する時期は5月~10月で、成虫としての寿命は40日程度です。 ちなみにヒトスジシマカは、冬になると卵の状態で越冬します。 以前問題となった デング熱を媒介するのは、このヒトスジシマカです。 ヒトスジシマカについてはこちらの記事をご参考下さい。 5mm、赤褐色をしています。 このチカイエカとアカイエカは見た目がとてもそっくりです。 日本での生息地は、四国や九州、本州の都市部などです。 寒さに強いため冬になっても冬眠せず、地下街やオフィスなど冬でも寒くない場所にひそみ吸血行動をします。 冬なのに蚊に刺された!?って時はこいつが犯人です。 活動時間も昼夜を問わず1日中なので厄介な蚊ですね。 アカイエカと異なる点は、吸血をしなくても1回は産卵できるということです。 2回目以降は吸血欲がでるので、鳥や人などから吸血することによって産卵を繰り返します。 また、成虫の寿命は他の蚊と同じく30日程度です。 このチカイエカも、 フィラリアを媒介します。 コガタアカイエカ 出典: 次にコガタアカイエカについて説明します。 コガタアカイエカは イエカ属で体長約4. 5mm、灰褐色の蚊です。 活動時期は夏から秋で、主に夕方から夜にかけて活発に活動します。 水田や沼地に生息します。 また飛翔能力が高く、7日間で約8km飛んだことが報告されています。 生息地は北海道を除く本州以南で、飛翔能力もあることを考えると日本の幅広い地域に生息していると考えられます。 コガタアカイエカが厄介とされているのは 日本脳炎を媒介するためです。 コガタアカイエカは豚や鳥といった家畜の血を好み、その豚などの動物の体内でウイルスが増殖され、その血を吸った蚊が人を吸血することにより感染する中枢神経系の疾患です。 豚舎などの近くに住む人は注意が必要で、コガタアカイエカも日本各地に生息しているため、日本脳炎は予防接種が必要とされています。 トウゴウヤブカ 出典: トウゴウヤブカは ヤブカ属で、体長はやや大きく約6mmほどになります。 脚に、6本の白い帯があるのが特徴です。 日本での生息地は、ほぼ日本全域です。 トウゴウヤブカの幼虫は、強い耐塩性があるので、海水の潮溜まりに大発生することもあります。 海で蚊に刺された!?って時は大抵こいつが犯人でしょう。 トウゴウヤブカは フィラリアを媒介し、南九州、四国で流行したことがあります。 まとめ 以上、それぞれの蚊の特徴を挙げてみました。 蚊について調べてみてもやはり刺されると痒いというイメージが強く、あまり好きになることができませんね。 私たち人間にとって害虫でしかない蚊、見つけたら叩いてつぶしてしまおうとしか考えていませんが、蚊は蚊で生きていくため、そして新たな命を生み出すため吸血するのは必要な行動なのだなとは理解できました。 そうはいってもやはり見つけたらつぶさないと自分たちがつらい目にあってしまいます。 ただ痒いだけではなく、世界ではデング熱やマラリヤなど、蚊が媒介することによって人間が感染してしまう病気がたくさんあります。 そういったことを考えると、できるだけ蚊を増やさないための対策も必要となってきます。 まずは蚊の発生源となる水場を作らないことですね。 水田や噴水などはどうしようもないですが、地域によっては側溝をこまめに掃除しようと対策に乗り出しているところもあります。 より快適な生活のため、また感染症を防ぐため、一人ひとりが蚊から身を守るための対策をしていけば蚊の発生数も自然と減るのではないでしょうか。 蚊についてはこちらの記事もご参考下さい。

次の

<みなぶん パートナー紙から>コロナ、蚊でうつるの? 厚労省「感染例なし」 別の宿主が媒介:北海道新聞 どうしん電子版

北海道 蚊

しかし、日本脳炎の流行域でないことを理由に、ワクチンを接種しないという理論は、通用しない。 主な理由は2つある。 まず、グローバル化が進む昨今、生まれ育った地域で生涯を過ごす人は少ない。 地元で生涯を過ごす人でも、旅行や仕事で移動するだろう。 次に、温暖化の影響によって、コガタアカイエカの生息域が広がる可能性がある。 北海道内の年平均気温は、1990年頃より急速に上昇し始め、1898年から2015年までの100年あたり約1. 59度上昇している。 生息域はさらに拡大していくだろう。 国内における日本脳炎の流行 2017年、国立感染症研究所では、感染症流行予測調査事業において、全国各地のブタ血清中の日本脳炎ウイルスに対する抗体を赤血球凝集抑制法(Hemagglutination inhibition test: HI法)により測定し、日本脳炎ウイルスの蔓延状況および活動状況を調査した。 ブタの日本脳炎に対する抗体保有状況は、2017年の速報(第1報から第12報)によると、一部未調査の地域はあるが、以下の結果であった。

次の