エージェント 契約 と は。 専属エージェント契約を分かりやすく解説!メリットとデメリットも!

専属エージェント契約のメリット・デメリットをわかりやすく解説!(吉本・芸能人)|Media Ocean

エージェント 契約 と は

私も大好きな映画ですが,スポーツマネジメント,エージェントの仕事を描いた「ザ・エージェント」という映画があります。 トム・クルーズ主演の映画です。 この映画では,トム・クルーズ演じる主人公が,スポーツ選手のエージェントとして活躍するわけですが,この主人公は,スポーツ選手の代理人として球団・チームや企業と交渉する仕事もしつつ,他方で,スポーツ選手の生活環境を整えたり,家族のケアをしたりしています。 つまり,この映画の中では,一人のエージェントが,「契約交渉代理人」としての業務と,選手の身の回りや家族のお世話というマネージャーあるいは付き人としての業務を,一手に引き受けているわけです。 しかし,本来的には,「身の回りのあらゆる世話をする」という業務(これを,「マネジメント業務」と言ったりします)と,選手がチームや企業と契約をする際に,相手と交渉をしたり,法的な知識を駆使したりする業務(これを,「代理人業務」あるいは「エージェント業務」と言ったりします)は,必要とされる能力が違いますので,分けて考えることができます。 身の回りの世話をする,マネジメント業務のためには,とにかく,選手のためには他の仕事や私生活がある程度犠牲になっても良い,というサービス精神や,時間をかけること,そして小回りが利くことが要求されます。 たとえば,選手や家族が新しいチームで快適に過ごせるように,良い住まいを見つけることなどを思い浮かべてもらえれば分かりやすいかもしれません。 こういう仕事を,喜んで,要領よく,スピーディにやる必要があるのです。 逆に,法的な知識は,あるに越したことはありませんが,「高度な」法的知識は不要でしょう。 他方で,契約交渉の代理業務,エージェント業務は,高度な法的知識や相手方であるチームや企業の事情も理解したうえでの交渉技術が必要不可欠です。 契約文言の一つ一つがどのような意味かを的確に理解する必要がありますし,交渉相手がどこまでは折れることができてどこからは譲ることがないかを読み取り,逆に,選手の希望を最大限かなえるにはどのような選択肢を取るのが最良かを法的に可能な選択肢から選びとっていく必要があります。 そして,相手との正確かつ細かな交渉が必要になるので,相手の言語を完璧に使えることが重要になります。 したがって,日本の野球選手がメジャーリーグに行く際に,その選手のマネージメントは日本の会社がやっているけれど,メジャーリーグチームとの交渉は,アメリカのエージェントに依頼する,ということが起こるわけです。 しかし,究極のマネジメントは,やはり契約交渉の代理業務まできちんと対応しますよというマネジメントでしょうし,究極の代理人業務は,選手と家族の幸せをマネジメントするという観点からなし得るものでしょうから,マネジメント業務も代理人業務もできる完璧な人がいれば,それがベストなのかもしれません。 でも,現実的にはそのような人はなかなかいないので(それができるのが,有名サッカー選手のエージェントであるジョルジュ・メンデスさんやミーノ・ライオラさんかもしれません),現実的には,マネジメント業務の専門家と,エージェント業務の専門家が協力して選手を支えるのがベストではないかと思います。 なお,当事務所は,エージェント業務は可能ですが,マネジメント業務については,信頼できるマネジメント会社を紹介させていただく形を取るようにしております。

次の

エージェント契約時の注意点とは?

エージェント 契約 と は

私も大好きな映画ですが,スポーツマネジメント,エージェントの仕事を描いた「ザ・エージェント」という映画があります。 トム・クルーズ主演の映画です。 この映画では,トム・クルーズ演じる主人公が,スポーツ選手のエージェントとして活躍するわけですが,この主人公は,スポーツ選手の代理人として球団・チームや企業と交渉する仕事もしつつ,他方で,スポーツ選手の生活環境を整えたり,家族のケアをしたりしています。 つまり,この映画の中では,一人のエージェントが,「契約交渉代理人」としての業務と,選手の身の回りや家族のお世話というマネージャーあるいは付き人としての業務を,一手に引き受けているわけです。 しかし,本来的には,「身の回りのあらゆる世話をする」という業務(これを,「マネジメント業務」と言ったりします)と,選手がチームや企業と契約をする際に,相手と交渉をしたり,法的な知識を駆使したりする業務(これを,「代理人業務」あるいは「エージェント業務」と言ったりします)は,必要とされる能力が違いますので,分けて考えることができます。 身の回りの世話をする,マネジメント業務のためには,とにかく,選手のためには他の仕事や私生活がある程度犠牲になっても良い,というサービス精神や,時間をかけること,そして小回りが利くことが要求されます。 たとえば,選手や家族が新しいチームで快適に過ごせるように,良い住まいを見つけることなどを思い浮かべてもらえれば分かりやすいかもしれません。 こういう仕事を,喜んで,要領よく,スピーディにやる必要があるのです。 逆に,法的な知識は,あるに越したことはありませんが,「高度な」法的知識は不要でしょう。 他方で,契約交渉の代理業務,エージェント業務は,高度な法的知識や相手方であるチームや企業の事情も理解したうえでの交渉技術が必要不可欠です。 契約文言の一つ一つがどのような意味かを的確に理解する必要がありますし,交渉相手がどこまでは折れることができてどこからは譲ることがないかを読み取り,逆に,選手の希望を最大限かなえるにはどのような選択肢を取るのが最良かを法的に可能な選択肢から選びとっていく必要があります。 そして,相手との正確かつ細かな交渉が必要になるので,相手の言語を完璧に使えることが重要になります。 したがって,日本の野球選手がメジャーリーグに行く際に,その選手のマネージメントは日本の会社がやっているけれど,メジャーリーグチームとの交渉は,アメリカのエージェントに依頼する,ということが起こるわけです。 しかし,究極のマネジメントは,やはり契約交渉の代理業務まできちんと対応しますよというマネジメントでしょうし,究極の代理人業務は,選手と家族の幸せをマネジメントするという観点からなし得るものでしょうから,マネジメント業務も代理人業務もできる完璧な人がいれば,それがベストなのかもしれません。 でも,現実的にはそのような人はなかなかいないので(それができるのが,有名サッカー選手のエージェントであるジョルジュ・メンデスさんやミーノ・ライオラさんかもしれません),現実的には,マネジメント業務の専門家と,エージェント業務の専門家が協力して選手を支えるのがベストではないかと思います。 なお,当事務所は,エージェント業務は可能ですが,マネジメント業務については,信頼できるマネジメント会社を紹介させていただく形を取るようにしております。

次の

エージェント契約時の注意点とは?

エージェント 契約 と は

吉本芸人の闇営業騒動がだんだんと落ち着きを見せ始め、吉本興業は2019年8月8日に大山者委員会 経営アドバイザリー委員会 を行いました。 その中で、吉本興業は、新たに「専属エージェント契約」という契約形態を導入することを発表しました。 これを受けて芸人の加藤浩次さんは吉本に残留する意向を示すなど、おおな影響が見込まれます。 みなさんも耳にしたかもしれませんが、このような疑問を抱きませんでしたか? 専属エージェント契約ってなに? 難しい言葉で説明されても分かりにくいですによね。 今回は、 専属エージェント契約を分かりやすく解説!メリットとデメリットも! と題しまして、今回吉本興業が導入する専属エージェント契約を分かりやすく解説し、メリットとデメリットなどについてもお伝えしていきます! 専属エージェント契約を分かりやすく解説! まずは、専属エージェント契約を言葉で説明します。 日本従来の「専属マネジメント契約」は、仕事の獲得からタレントのプロデュース、スケジュール管理まで全てを事務所が担うが、 エージェント契約をした場合は、仕事の獲得だけを事務所が担当。 あとの要素はタレント自身、または代理人の裁量で決められる。 yahoo. 従来の専属マネジメント契約では、事務所は営業活動に加え芸人の日程管理や送迎、マネージャー業務などのマネジメントを行なっていました。 しかし、専属エージェント契約では、それらを自己裁量で行うことができるというものになっています。 これにより、自分が週にどれだけ働くのか、またどんな仕事をするのかということを決めることができるよになります。 事務所とタレントは対等な関係で、取れた契約に応じて手数料をギャラとして事務所に払います。 専属エージェント契約のメリットとデメリットも! 専属エージェント契約にはメリットもありますが、デメリットもあります。 それぞれについて説明していきましょう。 専属エージェント契約のメリット まず、専属エージェント契約のメリットから説明します。 まず第一に、 ギャラの取り分がはるかに増えます。 エージェント契約では事務所に手数料を払う形になるので、今までよりかなりギャラはもらえることになります。 次に、 やりたくない仕事を受けなくて済むというのも挙げられます。 エージェント契約では自分でやる仕事とやらない仕事を選択することができるため、自由度が高まります。 体を張る仕事や、恥ずかしい服を着なければいけない仕事など、今まであまりやりたくなかった仕事をやらなくてもいいということになります。 3つ目として、 働く量を決めることができます。 自分でどのくらい働くか決めることができるので、過密スケジュールに追われる必要は無くなります。 しかし、これは個人の裁量なので人によって変わりますね。 専属エージェント契約のデメリット 専属エージェント契約のデメリットを説明します。 まず第一に、 実力勝負になります。 仕事の自由度は高くなると言いましたが、それはすでに実力があり、仕事を選べる立場にいる芸人にはメリットがありますが、仕事がまだあまりない芸人にとっては、さらに仕事が減る可能性もあります。 次に、 マネジメントの負担が増えることになります。 今まで事務所が行なってきたスケジュール管理などの仕事を個人で行う必要があるため、個人のやることが増えます。 これについて事務所とは別にマネージャーを雇う余裕がある人はいいですが、そうでない方はしっかりしたマネジメント力が必要となってきます。 上記のメリット、デメリットから考えますと、売れっ子の芸人は、専属エージェント契約、そうでない芸人は従来通りのマネジメント契約で契約するのがいいのかなと思われます。 しかしこれだと上の方の人はいいかもしれませんが、下の芸人たちが苦しいのは従来通りです。 この世な方々に対する対応も考えられるといいかなと思います!.

次の