エニグマ 映画。 解説・あらすじ

エニグマ奪還

エニグマ 映画

()による伝記『 Alan Turing: The Enigma』を基に ()が脚本を執筆し、が監督、が主演を務めた。 映画は中にの解読に取り組み、のちにを受けたイギリスの暗号解読者を描く。 ムーアの脚本はハリウッドの優れた製作予定のない脚本を挙げる『』2011年版の1位を飾り、映画は2014年2月、によりで支払われた米配給権購入額としては最高となる700万ドルで購入された。 映画は2014年11月14日にイギリスで、11月28日にアメリカで、2015年3月13日に日本で公開された。 本作は批評的にも興行的にも成功を収めた。 およびの年間トップ10に入選し、では、(ティルドゥム)、(カンバーバッチ)、()を含めた8部門で候補に上がり、ムーアにをもたらした。 では5部門、では3部門、では9部門にノミネートされた。 また本作の製作関係者はチューリングの功績を広く知らしめたことでLGBT権利の推進団体 ()によって表彰された。 1400万ドルの予算に対し、映画の興行収入は2015年3月までに2億850万ドルに上り、2014年のインディペンデント映画としては最高の売り上げを収めている。 ストーリー [ ] 1951年、数学者()の家がに入られ、ノック刑事ら2人の警官が捜査に当たる。 取り調べを受けたチューリングは、で働いていた頃を回顧する。 1927年、寄宿学校で不遇の日々を送っていた若きチューリング( ())は、友人クリストファー・モーコム(ジャック・バノン)に触発され、暗号の世界にのめりこんでいく。 チューリングは同性ながらモーコムに恋心を抱くが、告白しようとした矢先にモーコムはで死んでしまう。 イギリスがドイツに宣戦布告した1939年、チューリングはブレッチリー・パークを訪れ、海軍中佐 ()()の指揮の下、()、 ()()、ピーター・ヒルトン( ())、キース・ファーマン、チャールズ・リチャーズとともに、ナチスの暗号機の解読に挑むチームを結成する。 同僚を見下すチューリングは協調性を欠き、ひとり暗号解読装置の設計に没頭する。 デニストンが装置の組立資金拠出を拒否すると、チューリングは首相に直訴の手紙を送る。 チャーチルは拠出を許可し、チューリングをチームの責任者に任命する。 チューリングは実力の劣るファーマンとリチャーズをチームから解任し、新聞に難解なを載せて後任を探す。 の卒業生()はチューリングのテストに合格するが、男性と同じ職場で働くことを両親に反対される。 チューリングは彼女が通信傍受係の女性職員と同じ場所で働けるよう手配し、彼女に解読装置の計画を教える。 チューリングに興味を持ったジョーンは、プロジェクトを成功させるため、チューリングと同僚の関係を取り持ち、チームを結束させることに成功する。 彼らの協力により、「クリストファー」と名付けられたチューリングの装置は完成したものの、ドイツ軍が暗号のパターンを毎日変えるため解読が追いつかない。 デニストンは期限切れを理由に装置の破棄とチューリングの解雇を命じるが、チューリングの同僚たちは総辞職をちらつかせてこれを阻止する。 ジョーンが両親の意向に従って職場を去ろうとすると、「独身じゃなくなればいい」と思いついたチューリングは彼女に求婚し、彼女もこれを承諾する。 しかし、同性愛者であるチューリングは、自分の性的指向と現実との乖離に思い悩む。 それに気づいていたケアンクロスは、彼にその事を隠し続けるよう忠告する。 最後のチャンスとして提示された1ヶ月の刻限が迫る中、チューリングは通信の傍受内容にまつわる女性職員の会話を耳にし、あることに気づく。 通信内容に特定の言葉が含まれると分かっていれば、装置がそれを復号するようにプログラムすれば良いのだ。 毎朝6時に発せられる最初の通信の常套句であった「天気」「」という3つの単語を拾うよう調整を施すと、装置は即座に暗号の解読に成功。 同僚たちは歓喜し、さっそくドイツ軍の作戦を阻止させようとするが、チューリングに「解読された通信に逐一反応してしまっては、エニグマが破られたとドイツ軍に知られてしまう」と指摘され、無念さを感じながらも思い留まるのだった。 の協力を得つつ、チームが軍部に流すべき情報を選別する中、チューリングはふとした偶然から、ケアンクロスがソ連のスパイであることを知る。 それに対してケアンクロスは、英ソはナチス打倒という共通の目標を持った仲間だと主張し、身分を明かせば仕返しにチューリングの同性愛を暴露すると脅迫する。 MI6の諜報員()がチューリングにジョーンの身の危険を仄めかした際、チューリングはケアンクロスがスパイであることを告げるのだが、ミンギスは既にこれを知っており、ドイツ軍との戦いを有利に進めさせるべくケアンクロスをチームに配属しソ連へ情報を流すよう仕向けていたのだと明かした。 チューリングはジョーンを危険から遠ざけるため、彼女に同性愛を打ち明けて婚約破棄を言い渡し、ブレッチリー・パークを去るよう促す。 終戦後、ミンギスは職員たちに暗号解読の仕事にまつわる一切を破棄するよう命令し、仕事内容を口外したり再び互いに会ったりする事を禁じた。 そして1950年代、空き巣犯の仲間に懇ろだったがいた事から、淫らな行為を犯したとしてチューリングに有罪判決が下り、服役か化学的去勢の選択を迫られた彼は、仕事を続けるために後者を選んだ。 チューリングの家を訪れたジョーンは、彼の心身の衰えを目の当たりにする。 彼女はチューリングを励ますために、チームの成果が戦争終結を早めて多くの命を救ったことを思い出させ、かつてモーコムがチューリングに、チューリングが彼女に言った台詞を語りかけた。 - ()• - ()• - ()• ロバート・ノック刑事 - ()• () - ()• () - ()()• ()中佐 - ()• 少将 - ()• () - ()• スタール巡査部長 - ()()• スミス警視 - ()()• キース・ファーマン - イラン・グッドマン()• 若き日のチューリング - ()• クリストファー・モーコム - ジャック・バノン()• ヘレン - ()• ウィリアム・ケンプ・ロウサー・クラーク - デイヴィッド・チャーカム• ドロシー・クラーク - () 製作 [ ] 撮影が行われた「暗号破りの館」こと。 脚本は当初によって数百万ドル規模の金額で購入された。 がチューリングを演じることに興味を示していたため金額がつり上がったと報じられている。 しかしディカプリオは参加せず脚本の権利は脚本家に戻され、その後ブラック・ベア・ピクチャーズが1400万ドルの製作費の出資を決めた。 やらが監督として予定された後、2012年12月にの監督が発表された。 スウェーデン出身のティルドゥムにとってこれは英語デビュー作となる。 主要部分の撮影は2013年9月15日から11月11日までイングランドで行われた。 撮影が行われた地にはチューリングの通ったの学校や戦中に勤務したのほか、の ()・ ()、の ()といったイングランドの町、そしてビスター飛行場やロンドン・チャンスリー通りの弁護士会館前などがある。 劇中に登場する解読機 ()はブレッチリー・パークの博物館にある原機のレプリカを基に、しかし映画上の演出のため実際より大きく、そして機械の中がより見えやすいようにして制作された。 2014年2月、は700万ドルで映画のアメリカでの配給権を購入した。 これはで映画の米配給権に支払われた額としては最高となる。 映画はまた科学、数学、技術に関連した映画の製作を支援するのスローン・フィルムメイカー・ファンドからも出資を受けた。 タイトル [ ] The Imitation Game 「模倣ゲーム」 という題名は、『計算する機械と知性』と題された1950年の論文においてチューリングが考案したの名前に因んでいる。 論文は次のように始まる。 「私は『機械は思考できるか』という問題を検討することを提案する。 そのためには、まず『機械』と『思考』という言葉の定義から始めなくてはならない」 宣伝 [ ] 英国政府によるチューリングの恩赦が発表された2013年12月24日、映画の製作者は ()の傍に立つカンバーバッチ演じるチューリングを捉えた最初の公式写真を公開した。 続いてチューリングの命日に近い2014年6月の初旬には、、、 ()、のキャラクターを初めて写した2枚の写真が『』誌で公開された。 チューリングの102回目の誕生日に当たる6月23日には、演技中のとを収めた2枚の写真が『』誌で公開された。 映画の予告編は2014年7月に公開され、9月には映画の原作に当たるアンドリュー・ホッジスの伝記『 Alan Turing: The Enigma』の映画公開に合わせた版がと ()から出版された。 2014年11月8日、はの創業者とのCEOとともに試写会を開いた。 試写会は ()で行われ、FacebookのCOO、の、の共同創業者、のネイサン・ブレチャジック、の創業者らが会場に現れ、ティルドゥム、ムーア、ナイトレイも出席した。 2014年11月10日から1年間開催予定のの映画を記念した展示では、映画のために再現されたやbombeのほか、映画で使用された衣装や小道具が公開されている。 チューリングならびに映画への支援と賛同を表明しているのCEO 左 と第22代 右。 映画の公式ウェブサイト ではチューリングが考えたクロスワードパズルを解くことによって特別なコンテンツにアクセスすることが可能となっている。 映画のニューヨーク・プレミアのスポンサーでもあったGoogleは2014年11月23日、参加者が暗号解読を競うコンテストを公開した。 アメリカでの映画公開直前の2014年11月27日、『』は1942年にへの求人のために掲載された『』のクロスワードパズルを再掲した。 パズルを解いた応募者は1組2名のロンドンおよびベッチリー・パーク旅行への抽選に参加できるというものだった。 ワインスタイン・カンパニーは2015年1月2日からチューリングの業績に因んで技術、軍事、学術、性的少数者を代表する人々の推薦コメントを掲載する紙面およびネット上のキャンペーンを開始した。 コメントを寄せた中にはのCEO、のCEO ()、Googleの会長、のCEO ()、の共同創業者、のCEO、のや、 ()の会長、のCEO ()といったLGBTの活動家、そして第22代といった軍事界の人物がいる。 興行 [ ] 映画は2014年8月、第41回で初上映され、9月には第39回で上映された。 ヨーロッパでは10月、第58回で初めて上映され、11月14日にイギリスで、11月28日にアメリカで劇場一般公開初日を迎えた。 イギリスでは最初の週末に459か所の劇場で274万ポンドを売り上げ、大作『』に次いで興行成績第2位となり、2014年のイギリス映画としては3番目に高いオープニング週末成績を収めた。 アメリカではまず2014年11月28日に4つの劇場で公開され、47万9352ドル、1館平均では2014年では2番目、実写映画としては史上7番目に高い11万9838ドルのオープニング成績を収めた。 インフレ率を調整すれば、これは同じくによって感謝祭の週末に公開され、を受賞した『』 2010年、8万8863ドル 、『』 2011年、5万1220ドル を凌ぐ。 映画は12月12日にその他の地域で公開され、12月25日には全米各地に拡大された。 本作は2014年に公開された自主制作映画としては最も高い興行成績を収めている。 評価 [ ] 2014年9月、でのプレミアに現れたカンバーバッチ。 本作は批評家から幅広い支持を得た。 『 ()』のレックス・リードは映画を「前世紀最重要な物語の一つを描いた2014年最高の映画の一つ」と位置づけた一方、『』のカリーム・アフタブは映画に5つ星を与え、「今年最高のイギリス映画」と呼んだ。 『』のルー・ルメニックは映画を「ひと時も心を捉えてやまない、オスカー級の映画」と呼び、Film. comのジェームズ・ロッキは「力強く、興奮させ、輝かしく悲劇的」と形容した。 『』のダン・ジョリンは映画を「最高のスリラー」、『』は「即座に名作」と呼んだ。 『』のピーター・デブルージは「脚本は美しく、遂行は艶やかで、演技は心に迫る」といい、スコット・ファウンダスは「あまりにも早く燃え尽きた閃光、そして既成の社会規範にはむかう者のしばしば貶められる運命の感覚を持っているという点において、映画が強力であることは否めない」と述べた。 賞賛の対象はこの他にナイトレイの演技、ゴールデンバーグの編集、デスプラの劇伴、ファウラの撮影、ジャーコヴィクの美術にも及んだ。 映画はで熱狂を持って迎えられ、では最高賞の観客賞を受賞した。 2014年9月、でサインを求められるカンバーバッチ。 『』はカンバーバッチを2014年の映画における演技のトップ10に選出し、同誌の主任映画批評家リチャード・コーリスは「最もカンバーバッチ的な役」「彼はチューリングを演じるというより、果敢に、同情を込めて、しかし何をも介さず憑依している」といった。 『』のケネス・トゥーランはチューリングを「カンバーバッチのキャリアの決定打」と呼び、『』のは「今年最高のスクリーンにおける演技の一つ」と称した。 AwardsCircuit. comのクレイトン・デイヴィスはカンバーバッチの演技を「今日最高の俳優の一人であることを証明する」「何年も残る演技」とした。 『バラエティ』のファウンダスはカンバーバッチについて「洗練された」「驚嘆に値する演技」と述べ、『』のマノーラ・ダージスは「繊細」「刺々しく悲劇的」、のは「感情をもって作り上げられた完璧さ」と評した。 『』のデイヴ・カルーンは「クレジットが終わった後もあなたはずっと彼の演技を解読することになるだろう」と述べ、『』のクローディア・ピュイグはその批評を「最も強烈な印象を残すのは、カンバーバッチの繊細で脳裏につきまとう演技である」と結んだ。 『』のは「彼のカリスマ、効果的かつ自然に発揮された一連のエキセントリックさ、決して休むことのない心を表現する才能、そして奇妙さと魅力を兼ね備える身体的才覚が、説得力十分な天才の姿を創り出している」と述べた。 『』のキャサリン・ショードはカンバーバッチとナイトレイの演技には評価を与えたものの、映画は「あまりにも型通り、あまりにも効率的で、機敏に動いて多様性のメッセージを伝えたことを確かめるだけ」と述べた。 『』のティム・ロビーは「人間計算機にまつわる映画だが、やや計算されすぎている」と評した。 一部の批評家は映画がチューリングの同性愛指向を描くことに消極的だとして懸念を示した。 『ガーディアン』はイギリスの歴史家アレックス・ヴォン・タンゼルマンによる映画の歴史的非正確性を批判する記事を掲載し、ジャーナリストのクリスチャン・キャリルや ()のL・V・アンダーソンも映画における数々の歴史的非正確性を指摘した。 チューリングの遺族 [ ] 2014年10月ので映画を鑑賞したチューリングの姪アイナ・ペインはBBCラジオ・マンチェスターに「映画は本当におじに敬意を払ってくれた」と語った。 同じインタビューでチューリングの甥ダーモント・チューリングはカンバーバッチについて「完璧なキャスティング。 あれ以上にいい人は考えられない」と述べた。 大甥のジェームズ・チューリングは、カンバーバッチについて「私でも知らなかったことを知っている。 彼のアランに関する知識量はすばらしい」と語った。 社会活動 [ ] 「アラン・チューリングは、すべての人間がそうであるように、与えられて当然の愛を求めたがためだけに、彼を犯罪者呼ばわりした社会によって、訴追されたばかりか、ほぼ間違いなく人生を早く終えるよう促された。 60年後、同じ政府が彼を恩赦する、「赦す」といった。 これは嘆かわしいと私は思う。 なぜなら、赦しを可能にしたのはチューリングではなく政府の行為であり、他の4万9000人の訴追された男性たちも同じ処遇を受けて当然だからだ」 —カンバーバッチ、英国の同性間性行為に関する法律によって有罪とされたゲイ男性たちの恩赦に賛同して 2015年1月、LGBTQの権利を推進するは、チューリングの大姪レイチェル・バーンズ、そしてカンバーバッチとともに、チューリングを化学的去勢へと導いた法律によって有罪とされた4万9000人のゲイ男性たちの恩赦を求める活動を開始した。 『』に掲載された公開書簡では、英国政府および王室、とりわけ女王とに活動への賛同が求められた。 フライは、「チューリングを苦めたのと同じ法によって5万から7万もの男性たちが投獄され、化学的に去勢され、人生を破壊されたり自殺を図ったりしたとき、アラン・チューリングは天才だったからというだけで恩赦されてよいのか。 彼が恩赦されるべきなら、その名前を生涯毀損され、しかしまだ家族のいるすべての男性たちも恩赦されるべきではないかという普遍的な感情がある。 それは多くの脅迫と不幸と苦痛を可能にした、汚く、悪しき、忌むべき法律だった。 さらに忌むべき、しかし同類の法に苦しんだがそうであったように、チューリングは彼の時代において象徴的な存在である」と述べた。 ()のチャド・グリフィンも「イングランドでは4万9000人以上のゲイ男性やゲイ女性が同じ法律によって訴追された。 チューリングは女王によって2013年に恩赦された。 彼以外はされていない。 この映画を称えよ。 この男を称えよ。 そして、他の4万9000人の正義を成し遂げるための運動を称えよ」と、活動への賛同を示した。 活動家 ()や『 ()』誌など、ゲイコミュニティの有名人たちがこの運動への支援を表明した。 2015年2月には、、、、らも反同性愛法の被害者たちの恩赦を求める の請願に同意した。 論争 [ ] 映画は製作中、チューリングの同性愛指向を軽く描いているのではないかとの批判に晒された。 とりわけ彼の友人であり一時婚約者でもあったとチューリングの関係は議論の対象となり、原作者ホッジスは脚本を「ジョーンとの関係を現実以上に作り上げている」と表した。 チューリングの姪ペインはクラークは「どちらかというと地味」であったと述べ、ナイトレイの起用は不適切ではないかと語った。 監督のティルドゥムは『』に対し、監督を決めたことについて「とても複雑な物語だ。 同性愛者の権利の要素もあるが、ほかにも彼の考えたことがどうやって秘密にされたか、また一度も功績を認められることのなかった彼の戦争中の仕事がどれほど重要だったかという話でもある」と語った。 チューリングの同僚を演じたグッドは『』に対し、脚本は「チューリングの人生と、私たちが国家としてどのように、英雄である彼を同性愛者だから化学的に去勢するという形で有名にしたか、という話だ」と述べた。 また、映画の製作陣は公式に「私たちの脚本は、過去のどのバージョンでも、アラン・チューリングが同性愛者でなかったり、架空のセックスシーンが含まれていたりしたものはありません」との見解を発表した。 2015年1月、脚本家のムーアは『』で映画の歴史的整合性に関する批判について「ある映画を語るときに『』という言葉を使う人は、何というかアートの仕組みを根本的に誤解している。 モネの『睡蓮』をファクトチェックする人はいない。 作品は睡蓮の姿を映したんじゃない、睡蓮を見るという体験の感じを映しているんだ。 それが作品の目的だ」と述べた。 同じインタビューでティルドゥムは次のように語っている。 「多くの歴史映画はウィキペディアの記事を読んでいるように感じられる。 『彼はああして、こうして、そしてこうしました』と並べ立てるだけで、まるで昔のヒット曲のコンピレーションみたいだ。 我々は映画を感情的、情熱的なものにしたかった。 我々の目標は、アラン・チューリングはどんな人か、彼の人生はどんな感じか、アラン・チューリングであることはどんな感じか、ということを感じてもらうことだ。 彼の人生を通じて、観客に『アラン・チューリングらしさ』を体験させることができるだろうか、と」 受賞とノミネート [ ] 本作は数々の賞にノミネートされ、また受賞している。 また本作とそのキャストおよびスタッフは、アメリカ最大のLGBT市民権推進団体・ロビー活動組織 ()によって表彰された。 Prometheus Global Media. 2015年2月16日閲覧。 2015年3月16日閲覧。 「」2016年3月下旬号 45頁• Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Trumbore, Dave 2012年8月17日. Collider Complex Media. 2015年2月16日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2011年11月14日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2012年12月4日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 McGrath, Charles 2014年10月30日. 2015年2月16日閲覧。 The Imitation Game 2013年9月15日. 2015年2月16日閲覧。 2015年2月16日閲覧。 The Imitation Game 2013年11月11日. 2015年2月16日閲覧。 Moore, Graham 2013年11月11日. 2015年2月16日閲覧。 Watercutter, Angela 2014年11月21日. 2015年2月16日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2014年2月7日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Hodges, Andrew. Alan Turing Internet Scrapbook. 2015年2月16日閲覧。 October 1950 , "Computing Machinery and Intelligence", , LIX 236 : 433—460, :,。 Fischer, Russ 2013年12月26日. 2015年2月16日閲覧。 Sperling 2014年6月5日. Time. 2015年2月16日閲覧。 Bauer Consumer Media. 2015年2月16日閲覧。 Han, Angie 2014年7月21日. 2015年2月16日閲覧。 Dougherty, Peter 2014年7月3日. 2015年2月16日閲覧。 Hammond, Pete 2014年11月9日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 MKWeb Local World. 2014年11月5日. 2015年2月16日閲覧。 2015年2月16日閲覧。 Lattanzio, Ryna 2014年11月25日. Thompson on Hollywood Indiewire. 2015年2月16日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2015年1月1日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 2015年1月1日. 2015年2月16日閲覧。 2015年1月1日. 2015年2月16日閲覧。 Costolo, Dick 2015年1月1日. 2015年2月16日閲覧。 Prometheus Global Media. 2015年2月16日閲覧。 Gant, Charles 2014年11月18日. 2015年2月16日閲覧。 Jaafar, Ali 2014年11月21日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Brooks, Brian 2014年11月30日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Lang, Brent 2014年11月30日. Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 McClintock, Pamela. Prometheus Global Media. 2015年2月16日閲覧。 Lang, Brent 2015年1月25日. Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Flixster. 2015年2月16日閲覧。 CBS Interactive. 2015年2月16日閲覧。 McClintock, Pamela. Prometheus Global Media. 2015年2月16日閲覧。 2014年12月3日. 2015年2月16日閲覧。 Vincent, Alice 2014年12月9日. 2015年2月16日閲覧。 Reed, Rex 2014年11月25日. Observer Observer Media. 2015年2月16日閲覧。 Aftab, Kaleem 2014年9月8日. 2015年2月16日閲覧。 Lumenick, Lou 2014年9月10日. 2015年2月16日閲覧。 Rocchi, James 2014年8月31日. Film. com MTV Networks. 2015年2月16日閲覧。 Jolin, Dan 2014年11月12日. Bauer Consumer Media. 2015年2月16日閲覧。 StudioCanal UK 2014年10月2日. 2015年2月16日閲覧。 Debruge, Peter 2014年9月15日. Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Billington, Alex 2014年8月30日. FirstShowing. net. 2015年2月16日閲覧。 Corliss, Richard 2014年12月2日. 2015年2月16日閲覧。 Corliss, Richard 2014年11月20日. 2015年2月16日閲覧。 Turan, Kenneth 2014年11月26日. 2015年2月16日閲覧。 2014年11月27日. 2015年2月16日閲覧。 Davis, Clayton 2014年9月10日. AwardsCircuit. com. 2015年2月16日閲覧。 Dargis, Manohla 2014年9月12日. 2015年2月16日閲覧。 2014年9月12日. 2015年2月16日閲覧。 Calhoun, Dave 2014年9月3日. 2015年2月16日閲覧。 Puig, Claudia 2014年11月26日. 2015年2月16日閲覧。 2014年8月30日. Prometheus Global Media. 2015年2月16日閲覧。 Shoard, Catherine 2014年9月8日. 2015年2月16日閲覧。 Robey, Tim 2014年11月13日. 2015年2月16日閲覧。 Shoard, Catherine 2014年9月17日. 2015年2月16日閲覧。 von Tunzelmann, Alex. 2015年2月16日閲覧。 Caryl, Christian 2014年12月9日. The New York Review of Books. 2015年2月16日閲覧。 Anderson, L. 2014年12月3日. Slate. 2015年2月16日閲覧。 Beswick, Allan 2014年10月9日. 2014年11月18日閲覧。 Prometheus Global Media. 2015年2月16日閲覧。 2015年1月31日. 2015年2月16日閲覧。 Foster, Alistair 2015年1月23日. London Evening Standard. 2015年2月16日閲覧。 Alexander, Bryan 2015年2月8日. 2015年2月16日閲覧。 Lucas, Harriet 2013年7月31日. PinkNews. 2015年2月16日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2011年12月16日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Hanks, E. 2013年9月28日. BuzzFeed. 2015年2月16日閲覧。 Mack, Andrew 2012年12月13日. TwitchFilm. 2015年2月16日閲覧。 Day, Aaron 2013年6月24日. PinkNews. 2015年2月16日閲覧。 Lazarus, Susanna 2013年11月19日. RadioTimes Immediate Media Company. 2015年2月16日閲覧。 Carvell, Nick 2013年6月25日. 2015年2月16日閲覧。 Roberts, Scott 2013年8月19日. 2015年2月16日閲覧。 Katz, Emily Tess 2015年1月8日. 2015年2月16日閲覧。 Feinberg, Scott 2014年12月22日. Prometheus Global Media. 2015年2月16日閲覧。 Punter, Jennie 2014年9月14日. Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Dan's Papers. 2014年9月23日. 2015年2月16日閲覧。 San Diego Film Festival. 2014年10月3日. 2015年2月16日閲覧。 Liberatore, Paul 2014年10月14日. Marin Independent Journal. 2015年2月16日閲覧。 Blake, Emily 2014年11月14日. Time. 2015年2月16日閲覧。 2014年12月3日. 2015年2月16日閲覧。 Wigley, Samuel 2014年11月3日. 2015年2月16日閲覧。 2014年12月9日. 2015年2月16日閲覧。 2014年12月8日. 2015年2月16日閲覧。 San Francisco Film Critics Circle. 2014年12月14日. 2015年2月16日閲覧。 Detroit Film Critics Society. 2014年12月15日. 2015年2月16日閲覧。 Adams, Ryan 2014年12月15日. Awards Daily. 2015年2月16日閲覧。 San Diego Film Critics Society. 2014年12月11日. 2015年2月16日閲覧。 Tapley, Kristopher 2014年12月11日. HitFix. 2015年2月16日閲覧。 Phoenix Film Critics Society. 2015年2月16日閲覧。 Adams, Ryan 2014年12月17日. Awards Daily. 2015年2月16日閲覧。 Tapley, Kristopher 2014年12月17日. HitFix. 2015年2月16日閲覧。 Tapley, Kristopher 2014年12月18日. HitFix. 2015年2月16日閲覧。 Means, Sean P. 2014年12月17日. The Salt Lake Tribune. 2015年2月16日閲覧。 Feinberg, Scott 2014年12月5日. Prometheus Global Media. 2015年2月16日閲覧。 Visit Newport Beach. 2014年12月31日. 2015年2月16日閲覧。 Chitwood, Adam 2015年1月5日. Collider Complex Media. 2015年2月16日閲覧。 Tapley, Kristopher 2014年12月22日. HitFix. 2015年2月16日閲覧。 Patches, Matt 2015年1月7日. HitFix. 2015年2月16日閲覧。 Georgia Film Critics. 2015年2月16日閲覧。 2015年1月12日. 2015年2月16日閲覧。 Stone, Sasha 2014年12月16日. Awards Daily. 2015年2月16日閲覧。 Broadcast Film Critics Association. 2015年2月16日閲覧。 The Critics' Circle. 2014年12月16日. 2015年2月16日閲覧。 Deadline Penske Business Media. 2015年1月5日. 2015年2月16日閲覧。 Buckley, Cara 2014年12月10日. 2015年2月16日閲覧。 McNary, David 2015年1月2日. Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Hawker, Philippa; Boyle, Finlay 2015年1月7日. 2015年2月16日閲覧。 Deadline Penske Business Media. 2015年1月5日. 2015年2月16日閲覧。 Gray, Tim 2015年2月1日. Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Deadline Penske Business Media. 2015年1月13日. 2015年2月16日閲覧。 Deadline Penske Business Media. 2015年1月13日. 2015年2月16日閲覧。 Tartaglione, Nancy 2015年1月8日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 McNary, dave 2015年2月14日. Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Jagernauth, Kevin 2015年2月16日. The Playlist Indiewire. 2015年2月17日閲覧。 Yamato, Jen 2015年1月14日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Tapley, Kristopher 2015年2月16日. HitFix. 2015年2月17日閲覧。 Pond, Steve 2015年2月16日. TheWrap. 2015年2月17日閲覧。 Petski, Denise 2015年1月7日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 Tapley, Kristopher 2015年2月5日. HitFix. 2015年2月16日閲覧。 Hipes, Patrick 2015年1月15日. Deadline Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 McNary, Dave 2015年1月21日. Penske Business Media. 2015年2月16日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年3月24日. 2015年3月26日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

映画『イミテーション・ゲーム』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

エニグマ 映画

の紹介:2014年イギリス,アメリカ映画。 コンピューターの基礎を作った天才数学者、アラン・チューリングの伝記を基に、不当な扱いを受けた彼の内面に焦点を当ててドラマ化したサスペンス作品です。 多少、史実が歪曲された部分もありながら、主人公チューリングを演じたベネディクト・カンバーバッチの迫真の演技、スリリングなドラマ構成は、最後まで観る人を惹きつけて止みません。 チューリングの遺族が、ベストなキャスティングと大絶賛したのも頷ける、カンバーバッチの演技は見事です。 アカデミー賞は、作品賞、監督賞、主演男優賞など8部門でノミネート、英国アカデミー賞でも9部門にノミネートされ、批評家からも非常に評価の高い作品に仕上がっています。 監督:モルティン・ティルドゥム 出演者:ベネディクト・カンバーバッチ チューリング 、キーラ・ナイトレイ ジョーン 、ほか イミテーション・ゲームのネタバレあらすじ:承 1928年、寄宿学校に通っていたチューリングは、いじめから庇ってくれた唯一の学友クリストファーから、暗号解読の楽しさを教わります。 同性でありながらも、ほのかに恋心を抱いていたチューリングは、クリストファーに告白しようとしますが、肺炎で亡くなってしまい、チューリングの心に大きな傷跡を残しました。 10年の歳月が流れ、天才数学者として頭角を現していたチューリングは、海軍の元で、ドイツ軍の暗号機エニグマの解読チームに加わります。 他のメンバーから離れて、暗号解読装置の設計をするチューリングは、チャーチル首相に直訴し資金を得て、リーダーとなります。 実力不足としてメンバーを2人解雇したチューリングは、公募で後任を募りますが、合格したジョーンは女性であったため、チームとは離れて女性情報員の1人として参加することになったのです。 ジョーンは、両親から結婚をしなければ情報員を辞めさせるとせっつかれ、彼女の才能を買っていたチューリングは、同性愛嗜好であるにも関わらず、彼女と婚約します。 イミテーション・ゲームのネタバレあらすじ:転 ジョーンがチューリングと他のメンバーとの関係を良好にし、「クリストファー」と名付けられた暗号解読装置は完成しますが、ドイツ軍が暗号パターンを変えるため、解読が追いつきません。 しびれを切らした海軍が装置の破棄とチューリングの解雇を迫る中、通信に特定の言葉が常に含まれていることを発見し、解読に成功するのです。 この成功によって、何百万人もの命が助かることになるのでした。 しかしチューリングは、暗号解読チームに協力したMI6の諜報員ミンギスが、チームの一員を利用してソ連に軍の情報を流していたことを知ります。 ジョーンをこれ以上巻き込まないよう、自分が同性愛者であることを告げるチューリング。 ジョーンは動じませんが、チューリングが彼女を「一度も気にかけたことがない」と嘘の告白をしたことで、2人は別れるのでした。 イミテーション・ゲームの結末 終戦後、ミンギスは暗号解読に関わった全てを破棄すること、メンバー同士で二度と会わないことをチューリング等に同意させます。 世間にエニグマ解読という仕事内容が公表されることがないよう仕向けたのです。 場面は1951年に戻り、取調室でチューリングから戦時中の告白を聞き、ソ連のスパイであるとの疑惑は無くなりますが、同性間性行為で有罪判決が下されます。 服役ではなく化学的去勢を選択したチューリングの元を訪れたジョーンは、彼が心身ともに疲弊しきっている姿を目にし、心を痛めます。 ジョーンは、いかに彼が特別な人間であるか、彼の暗号解読装置が何百万人もの命を救ったことを思い出させ、彼を励ますのでした。 作品の最後に流れた字幕にて、彼が41歳の若さで自らの命を絶ったこと、同じ罪名のもと4万9000人もの人々が有罪判決を受け苦しんだこと。 そして、2013年に英国はチューリングに対して正式な恩赦を発行したことが付記されて幕を閉じます。 ずっと見たくてようやく見れました。 結論から言うと・・・素晴らしい映画です! まず称賛すべきはベネディクト・カンバーバッチの演技でしょう。 同性愛と暗号解読に苦悩するアランチューリングをよく演じていました。 そして本作は大迫力の戦争映画というよりはストーリーメインの映画です。 しかし時折ある空爆のシーンや魚雷発射のシーンも違和感なくCGっぽさもほとんど感じさせない映像でした。 ストーリーメインというにはストーリーは素晴らしいです。 こういった暗号解読というありがちなテーマを複雑かつ美しく、丁寧に仕上げられた脚本はアカデミー賞脚色賞納得です。 映画好きなら見ておく一本だと思います。 SuzyQさんの感想.

次の

映画『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』が語る、非情な戦争時代とは?

エニグマ 映画

2003年5月15日更新 2003年5月17日より渋谷東急3ほかにてロードショー そして、もうひとつのエニグマが機能し始める タイトルの「エニグマ」は、第2次大戦中のドイツが使用した暗号システムのことだが、この映画にはもうひとつの「エニグマ」が登場する。 原作は未読なのでそれがどの程度フィーチャーされているのかは分からないのだが、おそらく映画より小説の方が一般的な意味での「謎解き」の要素が強いのではないか。 映画の方は、ある種のラブストーリーと言ってもいい。 そう書けば、もうひとつの「エニグマ」が何かは、分かるだろう。 ただそれは、例えば「運命の女」の典型としては登場しない。 過去形で登場する運命の女、と言えばいいだろうか。 彼女がそこにいないことが、愛の暗号システムとして機能し始めるのだ。 映画製作者たちがそこに注目したのは、製作規模の問題も大きく作用していたと思う。 ハリウッド大作なら、原作の「謎解き」を堂々とやれるのかもしれない。 だがこれはイギリス映画である。 そこまでの予算はない。 ただ原作の「謎」は、ハリウッド的な「謎」の他にもあるはずだ。 そこを描くのが、イギリスでこれを作る意味であるだろう。 そんな思いがこの映画を実現させたのではないか。 だがもちろん愛は「謎」のままだ。 人はその周りをグルグルと回る。 映画も作られ続ける。 それが人生だと、この映画は語っている。

次の