デュエマ デッド ゾーン デッキ。 【CSダイアリーblog】新環境対応 赤黒デッドゾーン解説【デュエルマスターズ】

【デュエマ】赤黒デッドゾーンデッキが環境上位に!《復讐ブラックサイコ》で手札が0だ!ブラックアウト!【絶望】

デュエマ デッド ゾーン デッキ

闇文明• S級不死 デッドゾーン 4枚• ZEROの侵略 ブラックアウト 2枚• 摩天降臨 1枚• 復讐 ブラックサイコ 1枚• 超次元リバイヴ・ホール 2枚• 魔狼月下城の咆哮 3枚• 爆霊魔 タイガニトロ 4枚• ボーンおどり・チャージャー 3枚 虹文明• 禁断V キザム 3枚• 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート 1枚• ウソと盗みのエンターテイナー 2枚• リロード・チャージャー 4枚• 勝利のガイアール・カイザー 2枚• 勝利のリュウセイ・カイザー 1枚• 勝利のプリンプリン 1枚• ヴォルグ・サンダー 2枚• シルバー・ヴォルグ 1枚• 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 1枚 終焉の禁断 ドルマゲドンX デッキ考察 最近見かけるデッドゾーンは大体同じような構築ですが、やはり3コストチャージャーから爆霊魔 タイガニトロや復讐 ブラックサイコに繋げる動きを意識していますね。 3コストのチャージャー7枚体制だとほぼ引けないことはないので確実に使うことが出来ます。 これで相手の手札が枯渇している間に、クリーチャーを並べてアタッカーを増やしていけます。 早いデッキに対してもシールドトリガーで守りつつ、キザムやドルブロでドルマゲドンの封印外していきます。 シールドトリガーカードが計10枚で1枚もシールドにないことは少ないです。 モルトネクスト等で処理しきれない数のアタッカーがいても禁断解放で相手クリーチャーに封印をつけて止められます。 カード紹介 S級不死 デッドゾーンはS級侵略で手札と墓地から侵略できるクリーチャーです。 Tブレイカーで、バトルゾーンに出た時相手のクリーチャー1体のパワーを-9000の除去能力を持っています。 除去能力持ちのTブレイカーがしつこく出てくるのは相手にしてみれば厄介だと思います。 フィールドはドルマゲドンがいるためいつでも効果を使えて、捨てるカードをデッドゾーンにすれば2枚ドローと変わらないのでこのデッキのためにあるようなカードです。 マナが伸びてきたら復讐 ブラックサイコやデッドゾーンの進化元にしてしまいましょう。 リロード・チャージャーは手札を1枚捨てて1枚ドローした後、チャージャー効果でマナゾーンを増やすカードです。 手札を入れ替えて回りをよくしつつ、マナを増やして5コストのカードや、マナ武装5が必要なタイガニトロに繋げるために入っています。 墓地にあっても侵略できるデットゾーンとも相性がいいです。 ボーンおどり・チャージャーは山札の上から2枚墓地に置いて、チャージャー効果でマナを増やすカードです。 リロード・チャージャーと同じように3ターン目にマナを増やすためにあります。 爆霊魔 タイガニトロはマナ武装5で大量ハンデスができるカードです。 マナゾーンに闇のカードが5枚以上あれば、自分のターンの終わりに相手は手札を1枚選んで残りを捨てます。 復讐 ブラックサイコは闇のコマンドから侵略できて、バトルゾーンに出た時相手の手札を2枚捨てさせるカードです。 勝利のガイアール・カイザーで相手のクリーチャーを攻撃しながら侵略すれば、シールドを割らずに手札破壊だけできてしまいます。 ZEROの侵略 ブラックアウトは相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した場合、相手ターンの終わりにバトルゾーンに出すことが出来るクリーチャーです。 バトルゾーンに出た時ドルマゲドンの封印を外すことが出来ますし、デットゾーンに侵略もできてしまいます。 摩天降臨はお互いのプレイヤーが手札とマナゾーンのカードを入れ替える呪文です。 タイガニトロで相手の手札を減らしてから使えば、逆転される可能性を少なくできます。 超次元リバイヴ・ホールは墓地のクリーチャーを回収しつつ、コスト7以下の闇のサイキック・クリーチャーやコスト5以下のサイキック・クリーチャーを出すことができる呪文です。 状況に合わせて 勝利のガイアール・カイザーからデッドゾーンに侵略し攻める動き 相手の山札が少なければ ヴォルグ・サンダーで山札を削って決めにいくのもいいですね。 魔狼月下城の咆哮はシールドトリガーで相手のクリーチャーを-3000した後、マナ武装5でクリーチャーを1体除去できる呪文です。 ビートジョッキーやジョーカーズ、サザンルネッサンス等の小型クリーチャーが並ぶデッキに対して2体除去してくれます。 ビートジョッキーの単騎連射マグナムがあると、これをシールドトリガーで使わないと止めることができません。 3コストチャージャーから繋がるコスト5で、手札から唱えやすいです。 禁断V キザムはドルマゲドンと相性のいいシールドトリガーです。 バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャー1体のパワーを-2000した後、相手クリーチャーを1体選んでバトルできます。 禁断V キザムがバトルゾーンに出た時、右上の封印を外せばキザムがスレイヤーになるので、スレイヤーになったキザムで大型クリーチャーとバトルして相打ちして大型クリーチャーを打ち取ります。 左上の封印を剥がせば相手クリーチャー1体をー1111してくれます。 キザムと合わせて小型クリーチャー3体除去もいいですね。 キザムと同じようにドルマゲドンと相性がいいです。 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒートはバトルゾーンに出た時、山札から1枚墓地置き、そのあとクリーチャーを1体回収できるスピードアタッカーです。 バトルゾーンに出た時封印と合わせて2枚墓地を肥やし、手札補充、攻撃して侵略など使い勝手のいいカードです。 デッドゾーンと合わせて粘りずよく戦えます。 ウソと盗みのエンターテイナーはコスト踏み倒し対策のクリーチャーです。 相手がコストを支払わずにバトルゾーンに出したとき、そのクリーチャーを破壊します。 CSで優勝するデッキだけあってよく練られている構築ですね。 カード同士のシナジーも強力で今後も環境で使われていくと思われます。 引き続き「CS優勝デッキレシピ」を紹介していきます。 それではまたお会いしましょう。

次の

デュエマの闇単で侵略(S級不死)の強いデッキレシピを教えてください! ...

デュエマ デッド ゾーン デッキ

大会で優勝した青黒ハンデスはこちらです。 闇文明• 《復活の祈祷師ザビ・ミラ》2枚• 《S級不死デッドゾーン》3枚• 《超次元リバイヴ・ホール》4枚• 《解体人形ジェニー》4枚• 《特攻人形ジェニー》4枚• 《ゴースト・タッチ》1枚 水文明• 《龍素記号Srスペルサイクリカ》2枚• 《超次元ガロウズ・ホール》4枚• 《Dの博才サイバーダイス・ベガス》4枚• 《エナジー・ライト》1枚• 《異端流しオニカマス》4枚 虹文明• 《デモンズ・ライト》2枚• 《ブレイン・タッチ》4枚 光文明• 《光牙忍ハヤブサマル》1枚 超次元ゾーン• 《ヴォルグ・サンダー》3枚• 《勝利のガイアール・カイザー》2枚• 《超時空ストーム G・XX》1枚• 《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》1枚• 《シルバー・ヴォルグ》1枚 青黒ハンデスのデッキ解説 「青黒ハンデス」は闇の手札破壊で妨害して、水のドローで手札補充を行いながら相手に合わせてコントロールしていくデッキです。 最近ではヴォルグサンダーでデッキを破壊する以外にも、デッドゾーンで除去とTブレイカーの高い打点を確保することが出来て、マルチな戦略がとれるようになっています。 4枚入っているカードは絶対に引きたいカードです。 相手に合わせて動くデッキの特性上、必要な場面で使えるように4枚になっています。 まず、序盤は特攻人形ジェニーやブレインタッチでハンデスをしていきます。 マナブーストカードや召喚コスト軽減クリーチャー、呪文やクリーチャーへのメタカードが使われるのも2~3ターン目になることが多いです。 これらを2ターン目からのハンデスで、相手の初動を崩せる可能も高くなります。 中盤はピーピングハンデスや盤面除去を相手に合わせて行います 解体人形ジェニーは相手の手札から1枚選んで捨てるカードです。 環境的に、速攻以外のデッキであれば4ターン目に出しても十分間に合ってくれて、相手の重要カードを狙い撃ちします。 マッドネスが入っているデッキに対しては、下手に特攻やブレインタッチを連打してバイケンや永遠のリュウセイカイザーを引いてしまえば、対処が難しいため解体人形からスタートしてもいいです。 解体で次に来るであろうカードを抜いて、自分のサイバーダイスベガスで手札補充とカウンターに構えます。 ビートや速攻相手には序盤は手札破壊で間接的にアタッカーを減らしつつ、除去カードでバトルゾーンを処理していきます。 あとはオニカマス立ててコスト踏み倒しを使ってアタッカーが増やすデッキをメタりつつ、サイバーダイスベガスで構えておけばいいです。 相手は攻撃しにくいため、超次元呪文やデモンズライト、デッドゾーンでクリーチャーを処理しながら自分のアタッカーを増やしていきます。 ベガスとガロウズでカウンター サイバーダイスベガスを設置して、ベガスのDスイッチで相手の攻撃をいつでもガロウズホールでカウンターできるようにする状態です。 攻撃が来るのを見越してカウンターに構えたり、攻撃するタイミングを作ってくれます。 相手クリーチャーをガロウズ・ホールで1体手札に戻し、攻撃途中のクリーチャーにはガンヴィートを出して除去。 返しのターンでガンヴィートにデッドゾーンを侵略させて、相手クリーチャーを除去しつつバトルゾーンを制圧できます。 攻撃するタイミングでサイバーダイスベガスを設置しておき、もしも、そのターンに決めるところまで行けなかった場合に相手の反撃への保険にもなります。 選ばれないフィニッシャーとTブレイカー 攻撃して決めに行くとき、オニカマスとデッドゾーンで簡単にダイレクトアタックに持っていくことが出来ます。 オニカマスと他にシールドを2枚割れるだけのアタッカーがいれば、超次元呪文で勝利のガイアールカイザーを出して決めに行けます。 先にトリガーを踏む可能性の低いシングルブレイカーまたはWブレイカーで2枚割ります。 そのあと勝利のガイアールカイザーにデッドゾーンを侵略させてTブレイクしましょう。 2枚割ったときシールドトリガーが捲れなければ、デッドゾーンの攻撃はシノビがない限りほぼ通ります。 デッドゾーンの攻撃でシールドトリガーがあってもオニカマスは選ばれないため、ほとんどの除去カードは意味がありません。 そのまま、オニカマスでダイレクトアタックで勝てます。 トリガーを踏んだらいけないのは2枚だけのため比較的決まりやすいです。 ヴォルグサンダーでライブラリアウト 試合が長引きやすいデッキの特性上、勝ってに相手の山札は少なくなってきます。 フォーエバープリンセスが入っていないデッキであれば、ヴォルグサンダーを連打して決めに行くこともあります。 たとえば、サイクリカとガロウズホールで毎ターンヴォルグサンダー数回使えます。 ザビミラはバトルゾーンにある効果を使い終わった解体人形ジェニーや選ばれないオニカマス等を破壊して、ヴォルグサンダー複数体まとめて出したりもします。 カードパワーのインフレでトリガーもどのどん強くなっているため、安全な勝ち筋として有効になります。 カード紹介 《復活の祈祷師ザビ・ミラ》 自分のクリーチャーを好きな数破壊して、同じ数のコスト6以下のサイキッククリーチャーをバトルゾーン出します。 ヴォルグサンダーを複数だしてライブラリアウトを狙えます。 《S級不死デッドゾーン》 S級侵略で闇のコマンドが攻撃する時、手札または墓地からも侵略できるクリーチャーです。 バトルゾーンに出た時に-9000で除去もできます。 各種超次元呪文から勝利のガイアールカイザーを出して、簡単に除去付きのTブレイカーが用意できるの強力です。 《超次元リバイヴ・ホール》 墓地からクリーチャーを1体回収して、そのあとコスト7以下の闇のサイキックまたはコスト5以下のサイキックをバトルゾーン出します。 特攻人形を回収して使い回すのに使えます。 サイバーダイスベガスでガンヴィート出してカウンター除去したり、勝利のガイアールカイザー出して攻撃の札にもなります。 《解体人形ジェニー》 コスト4で相手の手札から1枚選んで墓地に置きます。 《特攻人形ジェニー》 2ターン目からランダムハンデスが出来ます。 リバイブホールで回収して使い回せるため、ゴーストタッチより優先して採用されています。 《龍素記号Srスペルサイクリカ》 コスト7以下の呪文を唱えて、そのあと手札に加えることが出来ます。 超次元呪文の使いまわしにいいですし、手札に来るためサイバーダイスベガスと相性がいいです。 《超次元ガロウズ・ホール》 サイキック以外を1体バウンスして、そのあとコスト7以下の水または闇のサイキックをバトルゾーンに出します。 出せるクリーチャーの範囲が広く、相手に合わせ安いです。 ヴォルグサンダーでデッキ破壊 勝利のガイアールカイザーにデッドゾーンを侵略 ガンヴィートと合わせて2体除去 シルバーヴォルグで破壊耐性などあるクリーチャーをブロック 以上の使いかたをします。 《Dの博才サイバーダイス・ベガス》 ターンの終わりに1枚ドローできるドローソースです。 相手クリーチャーの攻撃時、Dスイッチを使い呪文を唱えることが出来ます。 ドローソースとカウンター、攻撃時の保険にもなります。 《異端流しオニカマス》 召喚以外の方法で出たクリーチャーを手札に戻します。 相手はこのクリーチャーを選ぶことができません。 革命チェンジやサイキッククリーチャーなんかに有効です。 《デモンズ・ライト》 手札補充しながらクリーチャーを除去できます。 ベガスで唱えてもいいです。 《ブレイン・タッチ》 1枚ハンデスと1枚ドローができる呪文です。 相手の手札のみを減らして手札枚数に差をつけます。 《光牙忍ハヤブサマル》 ニンジャストライクで相手の攻撃を防いでくれます。 リバイヴホールで使い回せる点も強い。 《超時空ストーム G・XX》 サイキッククリーチャーの合計コスト20以上になるようにして進化します。 覚醒して攻撃するとき、コスト10以下のサイキッククリーチャーを全部だしてヴォルグサンダーを使い回したり、ワールドブレイカーでそのまま攻撃して決めに行ってもいいです。 いかがだったでしょうか。 今回はCSで優勝した青黒ハンデスのデッキを紹介しました。 メインデッキに使われているカードは、ほとんどの優勝デッキレシピで違いはあまりないですね。 超次元のサイキックがラストストームと激天下シャチホコカイザーのどちらかを入れていないデッキはよく見かけます。 みなさんの構築を探してみてください。 引き続き、CS優勝デッキを紹介していきます。 それでは、またお会いしましょう。。 他にもCS優勝デッキレシピを紹介しています。

次の

【デュエルマスターズ】レッドゾーンのデッキレシピ|デネブログ デュエマの速報・環境

デュエマ デッド ゾーン デッキ

どーもどーも。 じょりえもんです。 3つ目の今回は、に入っていないカードの中でも有力候補を挙げていきますよーっと。 ゲドンを採用する。 そうしたら、自分のシールドを1つ墓地に置く。 能力がわからないよー、という方はお手数ですが、検索していただけると幸いです。 このカードを使うならば、 伊賀の幻もオススメ! このカードの封印が全てはがれると相手を全て封印することができるので、 伊賀の幻で最後の封印をはがせるように調整しておくと、ピンチの時にカウンターできます。 フィニッシュ時にはゲドンが持つ除去耐性が心強いです。 超次元を採用する。 超次元フェアリーホール 超次元リバイヴホール 超次元ガロウズホール 勝利のガイアールカイザー 勝利のセイザー 時空の凶兵ブラックガンヴィート 超次元を採用するのも手です。 有力候補はここら辺でしょうか。 龍素記号Srスペルサイクリカは、強力な呪文を使い回すことができるコマンドなので、それも候補に挙がるかもしれません。 さらに守りを固めたい。 Dの博才サイバーダイスベガスがオススメ! このデッキには テック団の破壊GOが入っているのですが、それを狙って撃つこともできるようになります。 また、前述した 超次元ガロウズホールや、 龍素記号Srスペルサイクリカとの相性の良さも見込めます。 ドローソースとしても素晴らしい働きを見せてくれるでしょう。 Sトリガーであるということもポイント。 素早いビートダウンに特化したい。 フはどうでしょうか。 4ターン目に侵略するなら、マナ加速と超次元呪文からの 勝利のガイアールカイザーを使うことで可能です。 新規カードの 不死デッド55や、 虹速ザ・ヴェルデの強みは「4マナ」であるという事ではないでしょうか。 悪魔妖精から 不死デッド55 に繋がるのが最速パターンですが、 悪魔妖精は当然4枚しか入れることができません。 そこで フを入れることで2ターン目の動きを安定させ、最速3ターン侵略の可能性を上げて、スピードアップを狙う構築にしてみるのも手かもしれません。 メタカード 対策カード を入れてみる。 異端流しオニ デスマッチビートル 獣軍隊ヤドック あたりがオススメ! こっちはガンガン侵略しつつ、相手の侵略は許さんよという状況を作ります。 デスマッチビートルは侵略時に除去されると機能しないので注意 逆に、侵略デッキを使うならこいつらに気をつけましょうね、ということでもあります。 異端流しオニは特に厄介ですが、味方にすれば心強いです。 相手が出してきた場合は、 虹速ザ・ヴェルデがマッハファイターを持っているので、攻撃して倒しちゃいましょう。 獣軍隊ヤドックは、なんとコマンド持ちです。 場合によっては SSS級天災デッドダムドに侵略して攻撃していくことも可能です。 安定感を高めたい。 龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢がオススメ! 特に呪文面の 終焉の開闢は安定感アップに貢献してくれそうです。 3ターン目に墓地肥やしをしながら、 不死デッド55などを回収して、次のターンに使用する等の動きが期待できます。 また、墓地肥やしが多めに入っているデッキですので、 龍装鬼オブザ08号のコスト軽減もしやすいのではないでしょうか。 自分好みの改造で他と差をつけちゃいましょう! ここまで読んでいただき、ありがとうございました! ではではー。 higeaoshi.

次の