ストレス ゲップ。 ストレス度 症状チェック

げっぷがよく出るのはどんな病気?ストレスとの関係とは?

ストレス ゲップ

ストレスを感じた時、胃腸に症状として現れやすい 不安や怒りを抱えていると、なんとなく胃に不快感を感じたり、食欲がなくなったりしませんか? 内科や胃腸科を受診しても、さしたる原因が見つからない場合、 ストレスによる胃腸障害である可能性があります。 では、ストレスがあるとどうして胃腸の調子が悪くなるのでしょう? それは、 胃腸という器官が自律神経の働きと密接に関わっているからです。 ストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れやすくなるために、胃の調子が悪くなったり、下痢や便秘になりやすくなるのです。 <目次>• 緊張すると食欲がなくなるのは、交感神経の分泌が原因 また、食事のときの精神状態も、気にかけたいポイントのひとつです。 緊張していたり、不安な気持ちを抱えていると、食事ものどを通らなくなりますよね。 これも、 自律神経の働きと関係しています。 緊張状態にあると、自律神経のひとつである「交感神経」の働きが優位になります。 この 交感神経には、胃腸の動きを抑える特徴があるため、食欲がわかなくなってしまうのです。 たとえ、緊張しながら食事をとったとしても、胃腸がスムーズに働かないため、消化不良になってしまいます。 食事をとるときには、リラックスして、なごやかなムードのもとで、というのが基本なのです。 なぜなら、リラックスしていると、もうひとつの自律神経である「副交感神経」が優位に働くからです。 この 副交感神経は、胃腸の働きを活発にしてくれるため、食べ物が消化されやすくなります。 ストレスが続くと胃酸の分泌が過剰になる いつもイライラしていたり、常にストレスを抱えている人に、胃の痛みを訴える人が多いのはどうしてでしょう? これは、 自律神経のうちの「副交感神経」が一時的に活発になりすぎたため。 そのために、消化に必要な「胃酸」が過剰に分泌され、胃の粘膜が傷つけられてしまったのです。 でも、緊張状態では「交感神経」が優位になるはずなのに、どうして一時的に副交感神経の働きが高まるのでしょう? 実は、交感神経と副交感神経は、常に拮抗してバランスを保とうとする、という特徴があります。 そのため、 ストレスが続きすぎて交感神経が優位の状態が続くと、バランスを保つために副交感神経の働きが一時的に高められることがあります。 このとき胃酸が大量に分泌されるため、胃の粘膜が傷つきやすくなります。 こうしたことが続くと胃に痛みを感じたり、ひどい場合には胃潰瘍になってしまうこともあるのです。 したがって、いつも緊張状態にある人は、日ごろから適度にストレスをかわしたり、意識的に休む時間をとったり、たまったストレスを解消することを心がけることが大切になります。 食事ではムードを大切にし、ストレスのない胃にやさしい食事を 以上、ストレスと胃の関係についてお伝えしてきましたが、みなさんは胃にやさしい生活を送っていますか? いつも味気ない食事をとっていたり、栄養面や経済面ばかりを気にしておいしく味わうことを忘れていると、食事の時間がだんだん楽しくなくなってしまいます。 たまには気の置けない人と食事をする、おいしいと思うものを食べる、総菜をお気に入りの食器によそって食べる。 こうしたことだけでも食事の時間が楽しくなり、気分がとてもリラックスします。 すると、胃腸の活動が活発になり、胃腸の調子もよくなっていきます。 なかなか休息がとれない方こそ、ぜひ食事時間をリラックスタイムにあて、心身の健康づくりに役立ててみてはいかがでしょうか? 【関連記事】•

次の

胃にガスが溜まると・・・こんな症状は要注意!|綺麗のトリセツ

ストレス ゲップ

げっぷの原因は「空気の逆流」 げっぷは、 胃や食道から口へ向けて空気が逆流する症状のことを言います。 人は食事や会話、呼吸をする時にも無意識的に空気を飲み込んでいます。 飲み込んだ空気は胃や腸まで運ばれ、食道が引き伸ばされる動作があると逆流し、げっぷとなって放出されます。 胃や腸から逆流せず、そのまま小腸を通って大腸まで運ばれると、おならになります。 会話をしながらの食事や早食いなど、普段のちょっとした習慣によって、一時的にげっぷが出る場合がほとんどでしょう。 しかし、日頃のストレスなどでげっぷが頻発しているケースもあります。 また稀ですが、胃不全麻痺や食道がんなど、病気の症状としてげっぷが現れている恐れもあります。 げっぷが出ること自体は生理現象のようなものなので心配することはありませんが、 出る頻度が多い場合には病気が隠れていることもあるため、気になるほど頻繁な時には医療機関へ相談してみましょう。 げっぷは重大な病気のサインであることも げっぷは一過性のものから、重大な病気のサインとなっていることまで、その原因は様々です。 げっぷが頻繁に出る病気にはどのようなものがあるのか、解説します。 【げっぷの頻度が多くなる原因】 原因となるシーン 主な原因 病気の詳細 生活習慣• 会話をしながらの食事、早食い• 食べ過ぎや胸やけ• 肥満や前屈みの姿勢によって起こる胃内圧(腹圧)の上昇• この筋肉が弱まるとげっぷが出やすくなります。 下部食道括約筋の機能の低下• 主に加齢によって症状が現れますが、肥満や喫煙も症状を引き起こす要因となります。 ストレス• 軽い緊張• 胃食道逆流症(逆流性食道炎)• 非びらん性胃食道逆流症• 食道の粘膜に炎症が発生する場合を「逆流性食道炎」と言います。 体質や病気• 胃不全麻痺• 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 げっぷが出ることがある程度• 【胃潰瘍、十二指腸潰瘍】 胃もしくは十二指腸に潰瘍ができることです。 主に喫煙と飲酒が発症原因と言われています。 げっぷの症状で病院を受診すべき? 受診先は? 通常、げっぷは誰にでも起こる症状の一つなので、医療機関を受診すべきかどうかの判断は難しいかもしれません。 そんな時は、げっぷ以外にも気になる症状が現れていないかをチェックします。 げっぷの有無にかかわらず中年以降では定期的な内視鏡による検査を行うとよいでしょう。 げっぷに併せて嘔吐・出血・むくみなどの症状や食欲不振、体重が急激に減ったり便秘や下痢を繰り返して便の状態が良くないといった時には、一度医療機関を受診してみましょう。 特に、嘔吐・出血・体重減少などは胃がんや食道がんなどがんの症状とも合致します。 げっぷと一緒に他の自覚症状が現れている場合は、早急な検査をおすすめします。 医療機関を受診する時は、内科あるいは消化器科を訪ねましょう。 げっぷの治療 食事や会話をする時、一緒に空気を飲み込んでしまうことはよくあることです。 しかし、無意識のうちに大量の空気を飲み込んでしまい、それが頻繁なげっぷやおなら、お腹の膨満感や不快感、胃の痛みなどとして現れる症状は、「呑気症(どんきしょう)」「空気嚥下症」と呼ばれます。 嘔吐や出血など他の目立った症状はないけれど、げっぷやおならが頻繁という場合、緊張や不安で知らない間に空気を飲み込む機会が多くなっていることがあります。 呑気症が現れやすい人は、日頃からストレスが多いケースや、精神的な疲れの出やすい人であることが多く、過敏性大腸症候群などの病気に繋がりやすい状態です。 呑気症の予防には、ストレスを小まめに解消したり、食事をゆっくり噛んで食べるようにするなどの方法があります。 すでに症状が頻繁な場合には、ストレスの原因を取り除くこと以外にも、薬で症状を抑えるなどの対処方法も検討するようにしましょう。 日常生活でのげっぷの対処法・予防法 げっぷを抑えるには、空気を飲み込む頻度を少なくするだけでなく、胃に負担をかけないことも重要です。 脂肪や糖分の多い食べ物は控えるなど食生活の見直しや、食後はすぐに動き出さず30分ほど休憩して消化機能を高めるなど胃や腸に負担をかけないように意識しましょう。 また、ピロリ菌に感染していると胃炎、胃がんや十二指腸潰瘍など、げっぷを伴うことのある病気の原因になりやすいことがわかっています。 ピロリ菌は検査を受けることで感染有無を調べることができ、感染している場合は除去も可能です。 気になる方は一度検診を受けてみることをおすすめします。 健診で申告することも大切 げっぷが頻繁に出る場合、胃や腸の病気の症状として現れている恐れがあります。 会社で健康診断を受診する際や胃がん検診を受診する時には、げっぷが出やすいことを問診票に記入するか、医師の問診時に伝えるようにしましょう。 まとめ|げっぷ以外の症状がある時は大病のサインかも!? げっぷが出ること自体には、基本的に問題はありません。 しかしその頻度が多い、あるいはげっぷ以外の症状や異常がある場合は、病気が隠れているケースもあります。 げっぷはストレスや食事の仕方でも頻度が増加するので、日頃の食生活を見直しストレスを溜めずに過ごすことが大切です。 併せて、定期的な健診で胃や腸の健康状態をチェックし、病気を予防していきましょう。 参考文献およびサイト• hyogo. med. ogorimii-med. do-yukai. html• php?

次の

なぜ?ゲップが止まらない!止め方は?過度に出るのは病気のサイン?

ストレス ゲップ

げっぷがよく出る3つの原因 食事 最も一般的でよく起こる原因は食事によるものです。 食べ物は胃腸で消化されるときにガスを発生します。 このガスを口から排泄すべきだと体が判断したときに、そのガスがげっぷとして出てしまうのです。 なので、このガスは飲食物の消化により発生したものなので臭いがあります。 後述する呑気症のげっぷは空気なので、臭いは生じません。 消化活動の過程で発生したガスがげっぷとして口から出される原因は以下のことがあげられます。 ガスが多く発生した• 胃と食道の筋肉が緩んだ このような条件下ではガスがげっぷとして排泄されやすくなるのです。 特に脂っこい食事は多くのガスを発生させるのでげっぷが出やすくなります。 呑気症(空気嚥下症) 呑気症とは、空気を正常時より多く飲み込んでしまうことで胃に空気が溜まってしまう病気です。 呑気症(どんきしょう)は空気嚥下症ともいわれています。 これにより、お腹が張ってしまったり、げっぷやおならが多く出るようになります。 基本的に呑気症で出るげっぷは飲み込んでしまった空気が排泄されることで起こるので、ガスのように臭いはありません。 呑気症になってしまう一番の原因はストレスです。 日常の人間関係や仕事、育児、家事でのストレスあるいは将来に対する不安などが呑気症の原因となるのです。 このストレスによる呑み込む空気の量が多くなっていき、げっぷが多くなってしまいます。 また、お腹がぐるぐる鳴ることも呑気症のよくある症状のひとつです。 参考: 噛み締め症候群 噛み締め症候群は正確には呑気症になってしまう原因のひとつとして位置づけられています。 歯を噛み締めてしまうことにより、空気を呑み込みやすくなり呑気症につながってしまうのです。 なぜかというと、歯を噛み締めると舌が上顎につき、唾液が奥の方へ流れやすくなります。 この唾液と一緒に空気も呑み込んでしまうのです。 噛み締め症候群も日常の不安や緊張により起こります。 私たちはストレスを感じているときに、無意識に歯を噛み締めています。 この歯の噛み締めが習慣化することにより噛み締め症候群が生じ、結果として呑気症によりげっぷが出やすくなってしまうということです。 げっぷが多いときに注意すべき胃の病気 「げっぷが止まらない」と感じるほどよく出るときは、胃腸の病気である可能性も考えられます。 胃腸の病気の場合、腹痛や吐き気など特徴的な症状があらわれるケースもありますので、確認していきましょう。 胃酸過多症 胃酸過多症とは、胃で胃酸が必要以上に分泌されてしまう病気です。 食べ物を消化するために胃酸は必要なのですが、それ以上に分泌してしまうことでげっぷが出やすくなってしまうのです。 胃酸過多症ではげっぷ以外にも以下のような症状があらわれます。 胃もたれ• 胸焼け• 口臭 特にげっぷ、みぞおちの痛み、胸焼けといった症状があらわれたら胃酸過多症を疑いましょう。 胃酸過多症になってしまう原因は以下の3つがあげられます。 刺激的な食べ物• ストレス• ガストリンの過剰分泌 揚げ物は消化に時間がかかるため胃酸が多く分泌されます。 他にも、香辛料やアルコール、コーヒーなどは胃酸の分泌を促進させてしまいますので注意しなければなりません。 非びらん性胃食道逆流症 非びらん性胃食道逆流症とは、胃酸が食道を逆流してしまうことによりゲップ、胸やけ、胸の痛みなどの症状があらわれる病気です。 胃と食道の間にある弁が緩んでしまうことにより、胃酸が食道へ逆流し発症してしまうのです。 胃酸の逆流といえば、逆流性食道炎が有名です。 逆流性食道炎の場合は、逆流した胃酸が食道にとどまってしまうので、食道で炎症が起きてしまいます。 一方で、非びらん性胃食道逆流症の場合は食道に長くはとどまらないので食道炎は起こらないのです。 このため、非びらん性胃食道逆流症だと内視鏡検査で炎症を確かめることができないので、自覚症状で病気を発見することが大切です。 非びらん性胃食道逆流症は以下のようなことが原因で発症するとされています。 脂肪分の多い食生活• アルコールやカフェインの過剰摂取• ストレス• 姿勢の悪さ このような原因に心当たりがあり、ゲップや胸やけを感じる場合は非びらん性胃食道逆流症を疑ってみましょう。 急性胃腸炎 急性胃腸炎でもげっぷがよく出る場合があります。 急性胃腸炎だと、腹痛や下痢、吐き気などの自覚症状が分かりやすいですが、これらの症状の前兆としてゲップが多くでることがあるのです。 げっぷを止める方法 食事に気をつける 呑気症などを除いて、ゲップは消化の過程で発生するガスであるケースが多いです。 脂っこい食べ物、唐辛子などの香辛料、アルコール、スナック菓子、イモ類などは胃酸の分泌が多くなり、ゲップの原因となってしまいます。 また、寝る直前の食事は避けるようにしましょう。 睡眠時は胃腸も休まる時間です。 眠る前に食事をしてしまうと、寝ているときも胃腸が活動せざるおえなくなり、胃腸に負担がかかってしまいます。 その結果、非びらん性胃食道逆流症などの病気につながりゲップが止まらなくなってしまうのです。 さらに、早食いにも注意しましょう。 早く食事を取りすぎてしまうと、空気を多く胃の中に溜め込んでしまいゲップが出やすくなってしまいます。 ストレスを解消する ストレスは胃に大きな負担を与えるだけでなく、呑気症の根本的な原因にもなります。 ゲップの原因となるストレスは1日で溜まるものではなく、日常生活の中で徐々に溜まっていくことが多いです。 なので、上手いストレスの解消法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにする工夫が大切です。 朝早く起きてランニングをしたり、自分の趣味に熱中できる時間を作ったり、自分なりのストレス解消法を実践していきましょう。 ツボを押す 胃腸やストレスに効果的なツボを押すこともおすすめです。 天枢(てんすう):おへそから指3本分外側にあるツボ• 太淵(たいえん):親指の付け根にある骨の出っ張りの下にあるツボ• 足三里(あしさんり):ひざの皿の外側にある骨の出っ張りから指3本分上のくぼみにあるツボ これらのツボはゲップを抑えるのに効果があるツボです。 自身で簡単に押すことができるのでぜひ試してみてください。 ゲップが止まらないときはしっかり対処しよう! ゲップがよく出る原因や病気の可能性についてお伝えしました。 ゲップが多く出るときはまずは臭いがあるかどうかを確かめるといいでしょう。 臭いがない場合は空気であるので呑気症の可能性が、臭いがある場合は消化ガスであることが考えられるので胃酸過多症などの病気が考えられます。 また、ゲップ以外の胸やけや吐き気などの自覚症状もしっかりとチェックして症状によっては病院へ行くようにしましょう。

次の