尽力する 言い換え。 「尽力」の意味や使い方とは?尽力するの様な類語から読み・マナーも解説

「尽力」の意味や使い方とは?尽力するの様な類語から読み・マナーも解説

尽力する 言い換え

Contents• 「尽力」の意味とは? 「尽力(じんりょく)」とは漢字の通り 「力を尽くす」といったことです。 「目標のために 力を出し尽くす、 努力する」 という意味です。 また、 「ご尽力」というのはいいなれていないと「ご」をつけると おかしい使い方なのではないかと一瞬迷います。 「ご尽力」は 「助ける」を 敬語に変換する際に使われます。 ですので 「ご尽力」は、 相手を敬っている言葉にあたるため 失礼にはあたりません。 むしろ 「努力」という言葉より 「尽力」という言葉を使うほうが、 ビジネスシーンにはふさわしいといえます。 『尽力をつくす』といった使い方は間違いなのか? 「尽力をつくす」という使い方も よくされます。 しかし、「尽力を尽くす」と漢字にするとなり、 正しい使い方なのかと気になるところです。 これは、「尽力」がという言葉だけでが、 「力を尽くす」といった意味だとすると 「尽力をつくす」となると 「力を尽くす」を「尽くす(つくす)」 といったことになり、 同じような 意味の言葉を二回続けているといったことになります。 ですので、「尽力をつくす」は 間違った使い方です。 「頭 痛が 痛い」 「 馬に乗 馬する」 と同じ 重言表現ですね。 ですので、 『尽力する』 というのが、が正しい使い方です。 また、 「ご尽力させて頂きます」は、 自分でする行為に「ご」をつけることになるので、 これも 使えない表現です。 「今後も尽力を尽くしたい」といった言葉づかいも ついやってしまいがちな 間違った言葉遣いのひとつですが、 これも 「尽力したい」 だけで 十分できる限りのことをして極める といった熱意が伝わる言葉 として成立しています。 「尽力を~」「尽力に~」という言い回しというがいいということであれば、 「尽力を惜しまない」、 「尽力に努めたい」といった風にかえてみてもいいですね。

次の

【尽力を尽くす(つくす)】とは?ビジネスシーンで間違いやすい敬語の意味

尽力する 言い換え

このライフレシピのもくじ 【】• たまに耳にする「尽力」という言葉。 うまく使えると便利な言葉ですが、意味と使い方はしっかりと把握しておきたいものですね。 尽力とは? 尽力とは、漢字の通り「力を尽くす」という意味で、たとえば「目標達成のために尽力する」といったように使います。 なお、尽力の読み方としては、「じんりょく」と読みます。 尽力の使い方 相手の努力に感謝する 相手の協力に感謝したい時には、下記のように使います。 ご尽力頂きありがとう御座います。 ご尽力を頂き心から感謝申し上げます。 平素よりご尽力を賜り、感謝申し上げます。 自分で使う 自分で使う時は、下記のように使いましょう。 たとえば、会社の社長から「これをお願いできないか」と言われたら、「尽力させて頂きます!」とさらっと返せると良いですね。 一同、尽力させていただく所存です。 誠心誠意尽力して参りたいと存じます。 精一杯の尽力をさせていただきます。 尽力を惜しまない。 尽力に努めたい。 その他 ニュースなどでは以下のような表現で利用されています。 「このようなことに頑張ってきた人」や「力を注いでいること」を表現する時に使われます。 日本のTPP早期参加に尽力• 憲法の口語化に尽力• パンダ借り受けに尽力 類語• 頑張り• 手を尽くす• 献身する 重複表現&間違った敬語に注意 「尽力を尽くします」という表現は「尽くす」という表現が重複してしまいます。 「頭痛が痛い」「馬に乗馬する」と同じ重言表現となりますので、使わないようにしましょう。 「ご尽力させて頂きます」は、自分でする行為に「ご」をつけることになるので、一般的な表現ではありません。 image by 筆者.

次の

「尽力」の意味、敬語「ご尽力」の使い方、例文、類語「貢献」との違いも紹介

尽力する 言い換え

ビジネスシーンでのコミュニケーションを中心に、会話や文章で「精進する」という言い回しを聞いたり見たりすることは、比較的頻繁にあると考えられます。 「精進する」という言い回しは、日常の気軽な会話ではあまり使用されないものですが、公の場でのやり取りやスピーチ、挨拶などで、使用されることが多い言葉だと考えられます。 しかし、「精進する」という言葉の意味や使い方を、正しく理解している方は、意外と少ないと予想できます。 「何となくわかる」という曖昧な理解で納得している方も、いらっしゃるでしょう。 そこで今回は、「精進する」という言い回しをテーマにして、意味や使い方、例文や類語などを、考察ご紹介していきます。 「精進する」の意味・使い方 まず始めに、「精進する」という言葉の基本的な意味や使い方を通して、どのような言葉なのか考察していきます。 「精進する」という言葉は、ビジネスシーンなどでも使用できる言葉なので、この機会に意味や使い方を見直し、正しく使えるようにしておくと、何かと便利です。 「精進する」の意味 早速、「精進する」という言葉の基本的な意味について、確認していきましょう。 「精進する」の意味について考えていく際に、解釈に悩む方が多いのは、「精進」の言葉の意味だと考えられます。 「精進」という言葉の意味については、「goo辞書」にて、以下の引用のように解説されています。 引用の内容から、「精進」には複数の意味があることがわかります。 「精進」という言葉の1つ目の意味は、雑念を拭って、仏道の修行に専念することだとされています。 2つ目の意味は、一定の期間、行動などを謹んで身を清めることだとされています。 3つ目の意味は、菜食中心の食事を指すものとされており、4つ目の意味は1つの物事に集中して、一生懸命に頑張ることとなっています。 ビジネスシーンや会話などで使用される「精進する」は、4つ目の意味として使用されるケースが多いと考えられます。 1 雑念を去り、仏道修行に専心すること。 2 一定の期間行いを慎み身を清めること。 3 肉食を断って菜食をすること。 4 一つのことに精神を集中して励むこと。 一生懸命に努力すること。 「精進する」の使い方 続いては、「精進する」という言葉の意味をもとにして、会話や文章における「精進する」の使い方について考えていきます。 上記でも述べたように、「精進する」という言葉には、複数の意味があるとされています。 その中でも、日常生活での会話や文章で使われているのは、「1つの物事に集中して一生懸命に努力をする」というニュアンスでの意味だと考えられます。 そのため、ビジネスシーンのコミュニケーションや日常的な会話などで使用される「精進する」は、物事や仕事に、一生懸命に取り組んだ努力したりすることを表現する際に、使用される言葉だと考えられます。 メールにおける使い方 上記では、会話や文章で「精進する」を使用する際の、基本的な意味や使い方について考察しました。 「精進する」という表現は、会話などの他に、メールでも使用されることがあります。 そこで続いては、メールで「精進する」という言葉を使用する際、どのように使えば良いのか、考察していきます。 メールで「精進する」という言葉を使用する際も、基本的には会話や文章で使用する際と、使い方はあまり変わらないと考えられます。 メールを送信する相手に、仕事や業務、何らかの物事などに必死で取り組んだり、一生懸命努力したりすることを宣言する際に、「精進する」を使用するケースが多いと考えられます。 「精進する」の例文 続いては、「精進する」という言葉を使用した、例文をご紹介してきます。 例文を通して、どのようなタイミングや言い回しで、「精進する」という表現が使用されているのか、確認していきましょう。 「精進する」という言葉の意味や使い方を、より深く理解できる可能性があります。 所存 「精進する」という言葉とともに使用されることが多い言葉の1つとして、「所存」という言葉が挙げられます。 「精進する」と「所存」を使用した言い回しとしては、以下の例文のような使い方ができると考えられます。 ・新規事業の責任者として、精進する所存です。 ・関係者一同、精進する所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。 ・精進する所存でございますので、あたたかく見守って頂けますと幸いです。 次第です 「次第です」というフレーズもまた、「精進する」という言葉とともに使用されることが多い言葉の1つです。 「精進していく次第です」といった言い回しで使用されることが多く、以下の例文のような使い方ができると考えられます。 ・今後とも、精進して参る次第ですので、よろしくお願いいたします。 ・さらに精進して参る次第でございます。 ・精進して参る次第ですので、今後ともご指導頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。 続いては、「精進する」という言葉と似ている意味を持つ、類語や同義語をご紹介していきます。 「精進する」という言葉の類語を学んでいくと、文章や会話の内容によっては、言い換え表現として、より適切な言葉へと言い換えられる可能性があります。 また、類語の意味などについて確認することで、「精進する」という言葉への理解も、深まる可能性があるでしょう。 奮励する 「精進する」と似ている意味を持つ類語の1つに、「奮励する」という言葉が挙げられます。 「奮励する」の意味については、「goo辞書」で、以下のように解説されています。 引用の内容から、「奮励する」という言葉には、気力を奮い立てて、物事などに励んだり努力したりすることを表現する意味があると、読み取ることができます。 気力をふるい起こして、努め励むこと。 研鑽する 奔走する 「精進する」の類語・同義語としては、「奔走する」という言葉もまた、意味が似ている言葉の1つとして挙げることができそうです。 「奔走する」の意味について、「weblio辞書」に掲載されている解説を参考に、確認していきます。 引用の内容から、「奔走する」という言葉には、3種類の意味があることが読み取れます。 1つ目の意味は、物事を成功させたり良い展開にしたりするために、あちこち駆け回ることだとされています。 2つ目は、ごちそうを出して、他人をおもてなしすることを表現する意味だとされています。 そして3つ目は、大切にしたり、かわいがったりすることとなっています。 「精進する」の類語としては、以下の引用のうち1つ目の意味が当てはまると言えそうです。 かわいがること。 「精進する」と「邁進する・尽力する」の違い 上記では、「精進する」と同じような意味やニュアンスを持つ、類語・同義語をご紹介しました。 しかし、上記でご紹介した類語・同義語の他にも、「精進する」と似ている意味を持つ言葉は多数あります。 特に、「邁進する」や「尽力する」といった言葉は、「精進する」と意味や使い方を混同してしまちがちだと考えられます。 そこで続いては、「精進する」と「邁進する」「尽力する」の違いについて、それぞれ考察していきます。 「邁進する」について まずは、「邁進する」という言葉と、「精進する」の意味やニュアンスの違いについて、考えていきます。 「邁進する」という言葉は、「精進する」と使用されている文字や音の響きが似ているため、特に混同してしまいやすい言葉だと考えられます。 以下で、意味を確認した上で、「精進する」との違いについて、考えてみましょう。 「邁進する」の意味 2つの言葉について比較する場合は、それぞれの言葉の意味を正確に理解した上で比較することが重要です。 「精進する」の意味については、先述でご紹介しましたが、「邁進する」という言葉については、今回確認などをしていません。 そこでまずは、「邁進する」の意味についても、確認していきます。 「邁進」の意味について、「weblio辞書」では、以下の引用のように説明しています。 引用から、「邁進」とは、目的や目標に向けて、元気よく進んでいったり、ひたすら追い掛けたりすることを意味する言葉だと言えそうです。 元気よく、ひたすら目的に向かって進むこと。 「精進する」と「邁進する」の違い 上記で考察した「邁進する」の意味を踏まえて、「精進する」と「邁進する」の意味の違いについて、考えていきます。 「精進する」も「邁進する」も、目標などの1つの物事に向かって努力することを意味する言葉となっており、基本的な意味は似ています。 しかし、ニュアンスとしては、2つの言葉には違いがあると言えそうです。 「精進する」は目標などに向かって、集中して黙々と励む意味を含んでいると考えられます。 一方「邁進する」は、目標などに向かって、勢い良く向かっていったり、ひたすらに励んだりする様子を表現する言葉となっています。 「尽力する」について 続いては、「尽力する」という言葉と、「精進する」の意味の違いについて、考察していきます。 「尽力する」は、日常生活でも、比較的使用される言葉だと言えそうです。 ですから、この機会にぜひ、「尽力する」の意味などについても、覚えておくことをおすすめします。 「尽力する」の意味 まずは、「尽力する」という言葉の意味について、確認していきます。 「尽力する」という言葉については、「コトバンク」にて以下の引用のように解説されています。 引用した内容から、「尽力」という言葉には、目的を達成したり実現したりするために、力を尽くすことを表現する意味があると読み取れます。 ある目的の実現のために、力を尽くすこと。 「精進する」と「尽力する」の違い 上記で考察した、「尽力する」の意味を参考にして、「精進する」との意味の違いについて、考えていきましょう。 「精進する」も「尽力する」も、目的や目標のために努力することを表現する言葉です。 しかし、「精進する」という言葉は、仕事などの効率や内容、学問などの勉強といった、知識や技術を磨くものに対して使われることが多いと考えられます。 一方「尽力する」という言葉は、災害からの復興や事件の解決などに対しても使われることがあり、技術や知識を磨く以外の努力に対しても、使われることが多いと考えられそうです。 「精進する」を上手く使って自分の意志を表現しよう.

次の