河合 模試。 【どれを受けたらいい?】模擬試験の特徴【駿台・河合・進研模試・代ゼミ・東進】

高3、先程自宅河合模試を受験しました。今まで勉強したはずの英単語もわからない...

河合 模試

大宮校塾生は、 さいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、川越市、戸田市、白岡市、久喜市、春日部市をはじめ、古河市など近隣の県から通塾しています。 武田塾大宮校には、 東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学・埼玉大学 東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、 早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています。 4つの模試 今回は、 「河合模試」 「駿台模試」 「東進模試」 「進研模試」の4つの模試についてお話ししたいと思います。 「どの模試を受けたら良いか分からない」 「なにがちがうの?」なんて思ったことはありませんか? そこで、 自分に適った模試選びをするために注目して欲しいポイントをご紹介します。 2つのポイント 選ぶポイントには、以下の2つがあります。 1つ目は 「受験者数」です。 これは全受験生の中で、 自分がどのくらいの位置にいるかを正確に把握する為の指標です。 受験者数が多ければ多いほど、模試結果に記載される順位は信頼度の高い数値になります。 2つ目は 「模試の質」です。 これは模試の 難易度の指標です。 易しい問題の模試を解いて高得点が取れたからといって、 難しい入試問題を解いても同じような点数が取れるでしょうか。 逆もまた然りです。 この2つのポイントをもとに各マーク模試を比べてみたいと思います。 河合模試 まずは 「河合模試」からです。 河合模試の受験者数は、マーク模試で 40万人程度と、 かなり受験者数の多い模試であると言えます。 したがって、 この河合模試における全国順位や偏差値は、 非常に信頼できる数値です。 また、東大模試などの 大学別模試の結果とマーク模試の結果を合算する ドッキング判定も実施されています。 河合模試を受けるのがおすすめな人は、 ・中堅~難関大あたりを志望している人 ・問題の質が高い模試で信頼できる順位や偏差値を見たい人 になると思います。 後述する進研模試よりは難しく、駿台模試よりは簡単になるので バランスの取れた模試です。 駿台模試 次に 「駿台模試」です。 河合模試に次いで、受験者数のかなり多い模試です。 大学別模試とドッキング判定も実施されています。 また、 問題の質が高い点も、駿台模試の大きな特徴です。 難関大を狙っている受験にとっては、力試しに適切な模試といえます。 逆に、 基礎固めが十分にできていない受験生に対しては あまりおすすめできません。 (こてんぱんにやられます) 駿台模試を受けるのにおすすめな人は、 ・難関大を志望している人 ・難しい問題で自分の実力を試したい人 ・実力者も多い中で、自分の順位や偏差値を見たい人 になると思います。 東進模試 続いて 「東進模試」です。 受験者がほとんど 東進ハイスクールの在籍生であるため、 受験者数の少ない模試です。 外部生の受験も可能です。 したがって、 その順位や偏差値などの信頼度はあまり高くありません。 一方で、 模試の質は高いです。 特に 理系科目)。 もうひとつ、東進模試の大きな特徴が、 受験者の成績を徹底的に分析した、 最大20ページにも及ぶ 成績表です。 自己分析が十分にできていない方は、この成績表を目当てに受験するのも大いにアリです。 東進模試を受けるのにおすすめな方は ・質の良い問題に触れたい人 ・成績の分析を細かく行ってほしい人 になると思います。 進研模試 最後に 「進研模試」です。 進研模試は全国の高校で学校のカリキュラムの一環として実施されるため、 学力で見た上での受験者層がかなり広い模試です。 受験者の中には大学受験をしない人も多くいます。 そのため、問題自体が やや易しめに設定されています。 したがって、 そこそこ仕上がっている方に対しては、良い結果が出やすい模試なのです。 有名・難関大を目指している方は、 模試結果をそのまま自分の成績であると思わないようにしましょう。 偏差値でいうと、 10~15程度引いたものがご自身の実際の偏差値だと思った方がよいです。 もちろん、その分、各大学の偏差値も高く設定されているので 志望校判定は信頼できます。 進研模試を受けるのにおすすめな方は ・高1からの成績変化が見たい人(学校で受けるので成績が蓄積されやすい) ・易しめの問題で、出来る感触をつかみたい人 ・幅広い受験者の中で、自分がどこにいるのか知りたい人 になると思います。 まとめ 模試を比較する上で、 「良い模試」、 あるいは反対に 「悪い模試」というものはありません。 ただし、 「自分に適った模試」「適わない模試」はあります。 いま自分が必要としているもの、 模試に対して求めているものが何なのかをよく考え、 模試選びの基準にしましょう。 その日のうちに…… 最後に、模試に関して皆さんに必ずお伝えしたいことがあります。 それは、 見直しの重要性です。 模試を受ける最大の意義 は、 問題を解くことでも結果を受け取ることでもなく、 見直しをすることです。 受けっぱなしでは何の役にも立ちません。 この模試の見直しは、必ず 受験をしたその日のうちにやりましょう。 模試を見直し、そこから自己分析をし、 その 分析結果を踏まえて学習計画を立て直す。 これが志望校への道のりをグッと縮めます。 もちろん全教科全問見直すのは、楽な作業ではありません。 時間がかかります。 半日ほどかかる方もいるかもしれません。 しかしそれでいいのです。 それだけの時間を費やして良いほど大事なプロセスです。 結局どれを受けたらいい?復習の方法は? 模試について見てきましたが、 「結局自分はどれを受けたらいいの?」 という方もいらっしゃるかもしれません。 復習の大切さもお話ししましたが、 「具体的にはどう復習すれば力になるの?」 と悩む方もいらっしゃると思います。 武田塾は 「自学自習の徹底管理」のプロです。 自学自習で 「成績を上げる方法」をお伝え出来ます。 武田塾の勉強法なら、 「1週間で英単語を400個」覚えられます。 武田塾では、あなたの状況に合わせて これからの勉強法を考えたり、質問に答えたりする 「無料受験相談」を行っています。 完全に無料で、武田塾だからこそ提供できる情報をお話しします。 ふわっとした不安、質問でも大丈夫です。 ぜひ一度相談に来てくださいね。 お時間を確実に取りたいため 「ご予約制」とさせていただいております。 お気軽に 下のバナー、もしくは お電話(048-644-8777)よりご連絡ください。 校舎情報 TEL 048-644-8777 MAIL oomiya takeda.

次の

模試を受ける?「進研模試」「河合模試」 「駿台模試」

河合 模試

進研模試 「進研ゼミでやったとこだ!」でおなじみのベネッセが作っている模試です。 この模試は日本で1番受験生が多い模試で、学校で受けるという人も多い模試です。 他の模試には真似できない圧倒的母数によって裏付けられる情報というのはかなり信頼できるものになってきますね。 ですがこの圧倒的母数というのはメリットだけではありません。 この母数ゆえのデメリットもあるんですよね。 進研模試は学校で受けるという人も多い模試です。 なので言い方は悪くなりますが、 大学受験をしないレベルの低い人も受験するんですよね。 なので難関大や国公立を目指している人にとっては正確な判定が出ない可能性が大きいです。 ですが進研模試は1年生の頃からずっと学校で受験してきたりとするので、自分の成績の推移が目で分かって志望校選びのときの基準にもなります。 申し込み方法 申し込み方法はインターネットのみです。 ですが3年生に上がってすぐに受験する学校も多いので、個人で受験する必要はないのかなと。 全国統一模試(河合模試) 名前にもある通り河合塾は主催している模試です。 「全統模試」とか言ったりもしますね。 進研模試に次ぐ母数の大きさで、志望校の合格率の数字にもリアリティが出てきます。 大学受験しない人も受けることが多い進研模試とは違い、この全統模試は大学受験する人しか受験しません。 なので模試の結果は進研模試よりも信頼できます。 しかし問題の難易度は進研模試よりも難しく設定されているので進研模試で偏差値70を取った人が全統模試を受けたら偏差値が55しかなくて落ち込んだみたいな話もあります。 ですが難易度的には標準レベルなので大学受験をする人で、まだ受けたい模試を決めていないならとりあえず受けても良い模試と言えます。 申し込み方法 申し込みはインターネット限定です。 しかし通っている予備校などで受けさせられることも多い模試です。 ですがもしも予備校に行ってない人はぜひ1度受けてみて欲しい模試ですね。 駿台模試 この駿台模試はかなり 難易度の高い模試になっています。 なので難関私大や、国公立や東大、京大を受験する人は受けた方がいい模試ですね。 そんな難関大を目指す人が受ける模試なので、 問題内容はかなり難しく設定されています。 なので中途半端なレベルで受けてしまうと正確な学力が図れないので注意が必要です。 ですが 問題のレベルも高いですが、 問題の質も高いです。 難しいけれど、良問に挑戦できるのでまさに 力試しに適切という模試ですね。 この模試で出題された問題をきっちり復習することでかなりの学力向上になります。 申し込み方法 申し込みはインターネットからです。 学校から受験することはほとんどないので個人で申し込むことが多い模試になりますね。 東進模試 「学力を測るだけでなく学力を伸ばす模試」がキャッチフレーズです。 このフレーズの通りあなたの成績を徹底的に分析した成績表が特徴です。 この 成績表は最大20ページにも及びます。 これだけ分厚い成績表はこの東進模試だけで、この成績表がもらえるというだけで東進模試を受験する価値があります。 志望校の合否判定は入試本番を想定した総合評価を実施しています。 なので 志望校の判定はかなり正確です。 ですがこの正確さは、ある意味 残酷です。 成績表というのは早くても2週間くらいかかるのが普通なんですが、この東進模試の成績表は 最短で5日で返却されます。 20ページにも及ぶ濃厚な成績表がたったの5日で返ってくるというのはかなり嬉しいですよね。 まとめ 今回は進研模試、全国統一模試、駿台模試、東進模試という4つの模試をご紹介しました。 この4つが大手の模試なのでほとんどの人がどれかの模試を受けるんじゃないかなと思います。 模試というのは受けるのも大切ですが、さらに大事なのは受けた後です。 返ってきた成績表をもとに復習や、今後の勉強計画など見直すべき所はどんどん見直して合格をつかみ取りましょう。 それでは! ========== P. S 大学2年生の冬、世間はクリスマスムードで 浮かれていたような時期です。 900万円の借金を背負い進学した僕は 無気力に毎日を送っていました。 そんな時に出会ったのがネットビジネスの世界。 そこからネットビジネスにドハマりした 僕はこれまで100万円以上の自己投資をしてきました。 そんな僕がネットビジネスについて語ったり、 これまでの後悔をおおっぴろげにしてみたり、 僕のメルマガではこんな話をしていきます。 ネットビジネスに少しでも 興味が湧いたという人はぜひ登録してみてください。

次の

全統模試案内

河合 模試

進研模試 「進研ゼミでやったとこだ!」でおなじみのベネッセが作っている模試です。 この模試は日本で1番受験生が多い模試で、学校で受けるという人も多い模試です。 他の模試には真似できない圧倒的母数によって裏付けられる情報というのはかなり信頼できるものになってきますね。 ですがこの圧倒的母数というのはメリットだけではありません。 この母数ゆえのデメリットもあるんですよね。 進研模試は学校で受けるという人も多い模試です。 なので言い方は悪くなりますが、 大学受験をしないレベルの低い人も受験するんですよね。 なので難関大や国公立を目指している人にとっては正確な判定が出ない可能性が大きいです。 ですが進研模試は1年生の頃からずっと学校で受験してきたりとするので、自分の成績の推移が目で分かって志望校選びのときの基準にもなります。 申し込み方法 申し込み方法はインターネットのみです。 ですが3年生に上がってすぐに受験する学校も多いので、個人で受験する必要はないのかなと。 全国統一模試(河合模試) 名前にもある通り河合塾は主催している模試です。 「全統模試」とか言ったりもしますね。 進研模試に次ぐ母数の大きさで、志望校の合格率の数字にもリアリティが出てきます。 大学受験しない人も受けることが多い進研模試とは違い、この全統模試は大学受験する人しか受験しません。 なので模試の結果は進研模試よりも信頼できます。 しかし問題の難易度は進研模試よりも難しく設定されているので進研模試で偏差値70を取った人が全統模試を受けたら偏差値が55しかなくて落ち込んだみたいな話もあります。 ですが難易度的には標準レベルなので大学受験をする人で、まだ受けたい模試を決めていないならとりあえず受けても良い模試と言えます。 申し込み方法 申し込みはインターネット限定です。 しかし通っている予備校などで受けさせられることも多い模試です。 ですがもしも予備校に行ってない人はぜひ1度受けてみて欲しい模試ですね。 駿台模試 この駿台模試はかなり 難易度の高い模試になっています。 なので難関私大や、国公立や東大、京大を受験する人は受けた方がいい模試ですね。 そんな難関大を目指す人が受ける模試なので、 問題内容はかなり難しく設定されています。 なので中途半端なレベルで受けてしまうと正確な学力が図れないので注意が必要です。 ですが 問題のレベルも高いですが、 問題の質も高いです。 難しいけれど、良問に挑戦できるのでまさに 力試しに適切という模試ですね。 この模試で出題された問題をきっちり復習することでかなりの学力向上になります。 申し込み方法 申し込みはインターネットからです。 学校から受験することはほとんどないので個人で申し込むことが多い模試になりますね。 東進模試 「学力を測るだけでなく学力を伸ばす模試」がキャッチフレーズです。 このフレーズの通りあなたの成績を徹底的に分析した成績表が特徴です。 この 成績表は最大20ページにも及びます。 これだけ分厚い成績表はこの東進模試だけで、この成績表がもらえるというだけで東進模試を受験する価値があります。 志望校の合否判定は入試本番を想定した総合評価を実施しています。 なので 志望校の判定はかなり正確です。 ですがこの正確さは、ある意味 残酷です。 成績表というのは早くても2週間くらいかかるのが普通なんですが、この東進模試の成績表は 最短で5日で返却されます。 20ページにも及ぶ濃厚な成績表がたったの5日で返ってくるというのはかなり嬉しいですよね。 まとめ 今回は進研模試、全国統一模試、駿台模試、東進模試という4つの模試をご紹介しました。 この4つが大手の模試なのでほとんどの人がどれかの模試を受けるんじゃないかなと思います。 模試というのは受けるのも大切ですが、さらに大事なのは受けた後です。 返ってきた成績表をもとに復習や、今後の勉強計画など見直すべき所はどんどん見直して合格をつかみ取りましょう。 それでは! ========== P. S 大学2年生の冬、世間はクリスマスムードで 浮かれていたような時期です。 900万円の借金を背負い進学した僕は 無気力に毎日を送っていました。 そんな時に出会ったのがネットビジネスの世界。 そこからネットビジネスにドハマりした 僕はこれまで100万円以上の自己投資をしてきました。 そんな僕がネットビジネスについて語ったり、 これまでの後悔をおおっぴろげにしてみたり、 僕のメルマガではこんな話をしていきます。 ネットビジネスに少しでも 興味が湧いたという人はぜひ登録してみてください。

次の