飼い やすい 小型 犬。 人気の小型犬ランキング!決め手は飼いやすさ?

飼いやすい犬種ランキング13!室内飼いにおすすめの犬の種類は?

飼い やすい 小型 犬

ただ、外飼いをするという事は色んなリスクが伴うから、なるべく外飼いに適した犬を紹介していくよ。 柴犬 柴犬は外で飼える犬として一番有名で、なおかつ外で飼うのに最もおすすめな犬種です。 というのも柴犬は元々日本の地で発祥した犬種であることから、日本の四季に自然と対応できるだけの能力を持っているからです。 冬の寒い時期にはダブルコートの毛並みとなり、夏の暑い時期には毛が抜け落ちて暑さを和らげます。 外で飼える犬なら何でも良いという方は、迷ったら柴犬を選ぶという方も多いのではないでしょうか? 秋田犬 秋田犬も柴犬と同じく日本原産の犬種です。 外飼いできる犬の中では、日本の室外の環境にかなり適した犬種だと思います。 柴犬よりもサイズが大きいのでその分体も強く、過酷な環境でも生きていけるだけのポテンシャルを持っています。 ボーダーコリー 牧羊犬として有名なボーダーコリーも外で飼える犬の中の一匹です。 雷や雨にも比較的耐えることのできる犬ですが、ボーダーコリーは運動量が必要な犬ですので、毎日の散歩は欠かさずに行いつつ、 出来れば鎖などでは繋がずに、脱走の心配がないフェンスなどで囲って庭で自由に動き回れるスペースを確保しておいた方が良いかと思います。 コーギー コーギーはもともと寒さに強い上に、夏は自然と毛が抜けるので外で飼えるケースも多いです。 ただ、コーギーの原産地のイギリスのウェールズ地方は日本の夏場よりもはるかに涼しい気温であるため、日本の暑すぎる過酷な環境には必ずしも耐えられるというわけではないので注意してください。 地域によっては外で飼うのにかなり工夫が必要な犬種と言えるでしょう。 シェットランドシープドッグ シェットランドシープドッグはボーダーコリーと同じように牧羊犬です。 一応外飼いに向いている部類の犬種ではありますが、やはり暑い地域では熱中症のリスクがあるので対策は万全にしなくてはなりません。 番犬として活用するなら問題はないですが、適切なしつけをしないと無駄吠えが多くなりやすいので住宅が密集している地域や都会で飼う事はおすすめしません。 ラブラドールレトリバー ラブラドールレトリバーも外で飼える犬として有名な犬種のうちの一つです。 ただ外で飼えると言えども、性格的には警戒心が強い方なので無駄吠えのしつけを徹底する必要があります。 短毛なのである程度の暑さには耐えることができますが、やはり地域によってはたとえ対策をしても外飼いは不可能になる可能性もあります。 日本スピッツ 一昔前は日本スピッツは外飼いをするのが一般的だったので、 外で飼えるといえば間違いでは無いですが、決して外飼いがおすすめできる種類の犬ではありません。 また抜け毛の処理など定期的なお手入れが必要となる犬種ですので、外飼いは飼い主が面倒見る手間が増えるという意味でもデメリットとなるでしょう。 小型犬は外飼い出来る? 日本原産の犬を除いて、小型犬や超小型犬は基本的に外飼いすることはおすすめしません。 体が小さければ小さいほど、気温に対応できるだけの体力もないのでそれだけリスクが上がります。 また、小型犬を外飼いしていると飼い主がきちんと世話をしているつもりでも場合によっては虐待と捉えられる可能性もあります。 今の世の中、たとえ大型犬でも室内飼いが基本とされているので、小型犬を飼っているところを誰かに見られた際には、非難されることを覚悟しなくてはなりません。 小型犬ブームの全盛期には、トイプードルやチワワ、ポメラニアンなどを外飼いしている人も結構見かけましたが、外飼いに十分な飼育環境が準備出来ずに 健康面でも悪影響を与えてしまっているというケースも多く、問題となったことがあります。 飼っている最中にどうしても外飼いしなくてはならない状況になったのであれば、 百歩譲って許せますが、 最初から外飼いをする目的で小型犬を飼うのは絶対にやめましょう。 外で飼える犬の飼い方 ここからは外で飼える犬の飼い方を解説していきます。 外で飼える犬だからと言って、飼い主の方が適切な環境を準備してあげないとそれだけ犬の寿命を縮めてしまうことにも繋がります。 まず、自宅の庭で買うことを前提として夏場は涼しい位置、冬川日の当たる暖かい市にハウスを設置してあげることを心がけてください。 またたとえ毎日散歩に行ったとしても、 常に首輪がつながれた状態だと犬がストレスを感じて身体的に悪影響を及ぼすばかりでなく、運動不足になってしまう可能性もあります。 無駄吠えのしつけができていないと特に警戒心が強い犬は、 1日中ずっと吠えているという事も普通にあり得ます。 近所迷惑になるのはもちろん、 飼い主自身のストレスにもなるので出来れば犬が成犬に成長する前の子犬の段階で吠え癖は無くすよう、しつけていきたいです。 そしてもちろんエサや飲み水はきらす事の無いよう、常に注意しながら生活するよう心掛けて下さい。 外で飼える犬と言っても、大雨や雷、台風が来たときは室内で面倒を見てあげる必要も出てくるので、一時的にでも最低限の室内飼いが出来る環境を準備しておく事をおすすめします。 最後に 外で飼える犬を探しているという事は、この記事を読んでいるあなたは当然犬を外飼いしようと考えているのだと思います。 ただ、実際のところネットで載っている情報のほとんどは犬の外飼いをおすすめしていないと思います。 この記事は外で飼える犬を紹介する記事ですが、私もそう考えるうちの一人です。 やはり犬はペットとして家族同然であるべきだと思います。 犬を人間と同じような立場で考えている人は好きではありませんが、犬を家畜同然に扱う人はもっと好きではありません。 たとえ飼い主が、外で飼える犬に対して最大限の配慮をしつつ外飼いしたとしても、やはりその犬にとっての一番の幸せは身近で愛情を受けられる事ですので、当然室内飼いの方が 幸せな毎日を送れるでしょう。 それでも構わないという覚悟があり、どんな事があっても最後まで責任をもって飼うと言う方のみ、犬の外飼いを実践してください。 以上、いぬさいとでした。

次の

飼いやすい犬はいるの?ランキング上位の犬種特性と飼う前の心得

飼い やすい 小型 犬

この記事でまとめたこと• 人気室内犬1位:不動の人気トイプードル 第1位はトイプードルです。 カワイイだけでなく学習能力が高く、しつけもしやすいです。 性格は温厚で人懐っこいので、初めて犬を飼う方、家族がいる方でも飼いやすいおすすめの犬種です。 毛が抜けづらく臭いも少ないので、お世話のストレスもあまりかかりません。 体高30cm前後で小型犬に該当するため、室内の限られたスペースでも飼うことができます。 大型犬に比べると食費は安く抑えられるものの、トリミングをしておしゃれを楽しむのであればある程度の維持費はかかります。 トイプードル自体も購入価格が20〜30万円ほどします。 関連記事 番外編1. ペットのにおいの消臭・除菌に「カンファペット」 犬を飼うときにどうしても気になってしまうトイレやケージのにおい、またカーペットやカーテンに染みついてしまったにおいには消臭剤「カンファペット」がおすすめです。 カンファペットは一般的な「においを香りで上書きする」消臭剤とは違い、においの発生源を分解・変質させ、無害化することによってにおい自体を消し去ることを可能にした消臭剤です。 強力な除菌・消臭力があるにも関わらず、ペットにとっては全くの「無害」です。 原料は全て人間の食品用として認可されたものを使用しており、「財団法人 日本食品分析センター」でもその安全性を認められています。 ペットの目や口に入っても安心・安全ですよ。 今なら初回限定で詰替えパックが1個無料になります。 ぜひカンファペットの瞬間消臭力を実感してみてくださいね。 earth tatedについて詳しく紹介している記事は 番外編2. ペットの飲み水に「bee mee nee」 「bee mee nee」は、天然の珪砂にイオン化した銀などを吹き付けて熱燃焼させたセラミックスの改水触媒です。 水道水に6時間浸けるだけで水の中に溶け込んでいる溶存酸素が分子状酸素へと変化、クラスターを小さくし活性化させる分子状酸素の働きで水道水が浸透力・溶解力・分解力・抗菌力・還元性のある水へと変化します。 bee mee neeの成分の1つである銀イオンが体臭悪化のサポートをしてくれるので、体臭や糞尿臭が気になりにくくなりますよ。 1つの触媒で1日1リットル、約半年間の使用が可能なので1日あたりのコストは20円とコストパフォーマンスも抜群です。

次の

チワワが飼いやすいというのは本当? 飼いやすいと言われる5つの理由と飼い方のポイント|みんなのペットライフ

飼い やすい 小型 犬

出典画像: 柴犬は、飼い主に従順です。 今、世界で大人気です。 特にヨーロッパでは柴犬の人気は目を見張るほどの人気です。 しっかりとしたしつけを行い、社会化を覚えさせれば飼いやすい犬です。 しつけが不十分だったりすると、飼い主にも噛み付いたりします。 頭が良く、飼い主の事を何より大切にしますので、飼って満足する事間違いありません。 柴犬を知人が飼っていたのですが、飼い主と信頼関係が出来ると、 とにかく離れようとはしません。 特に就寝時は、飼い主が寝る5分前位になると、 ベッドに先に寝ている様な可愛らしい所もあります。 換毛期は抜け毛が多いので、ブラッシングは欠かせません。 第4位 ミニチュアダックスフンド 出典画像: ダックスフントは、物怖じしない性格の犬です。 さすが、猟犬だけあって勇敢で、好奇心旺盛な所があります。 しかも、飼い主に対して従順で人懐っこさもあり大変可愛い犬です。 知らない人や、犬がくると吠える性質があります。 室内で ワンワン吠えると近所迷惑になりますので、 しつけが大切になります。 外出先から帰ってくるとお出迎えが激しいです。 可愛らしいですね。 破壊者的な所もあって、 壁や靴がボロボロになる事が多々あります。 これは、狩猟犬の名残で穴を掘って獲物を捉えようとする性質から来るものです。 注意が必要です。 家族で楽しんでいると、 その仲間に無理やり入って来て一緒に遊ぼうと必死になったりする一面もあります。 大変可愛らしい犬です。 第3位 チワワ 出典画像: ひと昔前、CMで一世風靡してから、チワワブームがありました。 当時は人気で、一気にチワワを飼っている人が増えた事を覚えています。 チワワは勇敢で気が強い一面があります。 大型犬にも向かっていく所もある様な犬ですから、 番犬にも向いています。 運動量はあまり必要ない犬種ですから、 あまり外に出ない高齢者でも十分に飼う事が出来ます。 しつけをしっかりしておかないと、無駄吠えや噛みつきが多くなります。 献身的で勇敢、また神経質な所もあります。 犬同士のコミニケーションや社会性に優れている為、 しつけ次第で、大変飼いやすい犬種です。 換毛期は抜け毛が多いので、ロングコート種はブラッシングが欠かせません。 第2位 ポメラニアン 出典画像:photo credit: Yasuhiko Ito via やはり堂々1位の人気犬種です。 トイプードルは、総合的に飼いやすい犬として、 長年登録件数も一番多い犬種です。 この理由はトイプードルの性格と特徴が貢献しています。 トイプードルは、 体臭が少ない、毛が抜けない、人懐っこい、穏やかな性質で 室内飼いするには理想的な犬種です。 さらに容姿が可愛いです。 トリミングなどで、自分好みのカットも出来て飼い主も楽しみが増えます。 公園やドッグランでも他の犬と トラブルになる事が少ないです。 トイプードルの穏やかな性格が効いているのです。 ペットショップのトリンミング中の犬をみた事がありますが、 大人しくトリミングされていましたし、楽しそうでしたね。 室内での理想的な特徴と穏やかな性格が一番人気の秘密だと思います。 また、しつけの点でも物覚えが良く、頭が良いのでしつけやすい事も、 人気の理由に挙げられるでしょう。 忙しい人にとっては、やはり飼いやすい犬種が選ばれているのですが、 私の場合は、やはり好きな犬種を飼いたいのです。 捨て犬のニュースを見ていると、人気のある犬種が、捨てられているのも事実です。 飼いやすい犬種とはいえ、最初からそうなる訳ではありません。 飼い主がしっかりしつけをした結果、その犬種の性質が活かされて、 初めて飼いやすい犬種となるのです。 それを、飛び抜かして良い犬になる事はありません。 しっかりしつけが施されている犬は、どの犬種でも飼いやすい犬になります。 しつけが出来ない場合は、結局「こんな犬とは知らなかった」と落胆して、 犬を手放す結果になり、捨て犬になり、処分の対象になってしまいます。 犬を飼う場合は、しつけが出来る環境、資金などをしっかり確認して、 犬を飼う事をお願いしたいと思います。 ここまで、読んでくださりありがとうございました。

次の