剣盾 化石 考察。 【ネタバレ注意】ポケモン剣盾の化石枠ポケモン、図鑑説明がリークされてますます訳がわからない存在になる…

【ポケモン剣盾考察】オリーブについて考える【ネタバレ】

剣盾 化石 考察

つよいポケモン よわいポケモン そんなの ひとの かって ほんとうに つよい トレーナーなら すきな ポケモンで かてるように がんばるべき 有名なカリンの台詞ですね。 確かにその通りなんですが、それは初心者の内にやることじゃないです。 だって、まだ本当に強いトレーナーじゃないから。 言い方は悪いですが、弱いポケモンを使ってる余裕なんてないわけです。 私が、ここまで厨ポケを推奨しているのには理由があります。 それは、 勝てないと辞めてしまうから。 ランクバトルでは、下の方の相手でも殆どがガチパです。 そんな相手に、好きだけど弱いポケモンで挑んだら十中八九負けます。 最初の内は良いかもしれませんが、負け続けると嫌になって辞めてしまいます。 折角苦労して育成環境まで作ったのに勿体ない! そうならないためにも、少なくともランクバトルでは厨ポケをパーティに入れましょう。 それでも、絶対にパーティに入れたい、大好きなポケモンがいる方。 大いに結構です。 ぜひ、パーティに入れてあげてください。 6匹全部を厨ポケにする必要はありません。 最低限、厨ポケの代表格と言われるドラパミミッキュはパーティに入れようという話です。 実際にお気に入りの子が選出されなくても、パーティにいるだけで気分が上がる筈です。 いわゆる相棒枠ですね。 また、純粋に好きなポケモンと、対戦で好きなポケモンは違う場合があります。 私の場合も、一番好きなポケモンはリザードンなんですが、対戦ではあまり好きなタイプではありません。 リザードンの様に高火力を押し付けるタイプよりも、とんボルチェンによる対面操作や、起点づくりができるタイプの方が使ってて楽しいです。 今のパーティだと、ブラッキーやロトムですね。 こんな風に対戦ではいつもと違う視点でポケモンを見れるので、厨ポケだからと避けて通らず、ぜひ使ってあげて欲しいなと思います。 受け出しできるポケモンを入れる これに関しては好みもあるとは思いますが、 初心者の内は安心して受け出しできるポケモンがいた方が良いと思います。 受け出しできるポケモンとは、耐久力が保証されていて、後出しからでも仕事ができるポケモンの事ですね。 私がそうだから分かるのですが、 初心者にとってポケモンを交換するのは非常に大変です。 上級者の方からしたら何言ってんだ?って感じだと思いますが、初心者にとって交換は勇気のいる行為。 無条件で相手に1ターン与えてしまうため、どうしても臆病になりがちです。 結果的に、技を撃ってるだけの、NPC戦と変わらない戦法を取ってしまうのです。 しかし、交換をせず技を撃ってるだけでは対戦で勝つことはできません。 勝つためには交換を有効に使う必要があるのです。 つまり、早いうちから交換の技術、交換する癖を付けた方が良いわけです。 その癖を付ける上で一番良いのが、受け出しできるポケモンを採用することです。 受け出しできるポケモンを採用することで、相手の攻撃をいなしながら交換することができます。 初心者にとってこれは精神的に非常に大きく、交換して攻撃を食らっても大丈夫だと認識できます。 交換して有利な盤面を作る、対面以外の戦い方を知るきっかけとなるのです。 ですので、まずは初心者の方は受け出しできるポケモンを採用し、どんどん交換をしていきましょう。 受け出しできるポケモン 現在ランクバトルで使われている中で、主な受け出しできるポケモンは以下。 ナットレイ• サニーゴ• アーマーガア• バンギラス• ドヒドイデ• ブラッキー• カバルドン• ギルガルド 持ち物や育て方でも大きく変わってきますが、少なくとも私が良く見るのはこの辺り。 自分のパーティや、環境に合わせて上手く選択できるとベストです。 補完を意識する これは少しレベルの高いことではありますが、勝つためには補完を意識する、つまりパーティ全体のバランスを意識するのも必要です。 タイプ補完とは、タイプが上手くばらけるようにパーティを構築することです。 ジムリーダーとかは、同じタイプのポケモンを使ってきますよね? あれがタイプ補完ができていない例です。 一方チャンピオン(今作ではダンデ)は、様々なタイプのポケモンを採用しています。 こちらはタイプ補完ができているパーティと呼べそうです。 タイプ補完ができていないと、相手の弱点を付けるポケモン一匹に3タテされることもあります。 私たちも、ジムリーダーに対して相性の良いポケモンで無双しますよね。 あれと同じことが起こるわけです。 そうならないために、色々なタイプのポケモンをパーティに入れましょう。 また、更にレベルの高い話になってきますが、メジャーな技の一貫を切るというのも補完の一つ。 代表的な例では地震。 地震は、威力100、命中安定、物理なのに非接触の非常に優秀な地面技です。 地面タイプ以外でも多くのポケモンがサブウェポンとして所持し、メジャーな技となっています。 地面技なので飛行タイプを採用したり、特性浮遊のポケモンを採用するなどで、地震の一貫は切れます。 この地震の一貫を切るのがまず重要。 地震が一貫していると、相手に安定択を与えてしまいますからね。 相手としては、とりあえず地震撃っとけばいいやってなるわけです。 そうならないために、地震の一貫を切るのは重視されます。 パーティの補完を考える時は、単なるタイプの補完だけでなく、メジャーな技やタイプの一貫が切れているかどうかというのも大事になってきます。 初心者の内は難しいですが、対戦回数を重ねれば自然と理解できると思うので。 余り焦らずやっていきましょう。 メジャーな技やタイプとは? ちょっとだけ補足。 先程使ったメジャーな技やタイプについて。 これに関しては明確な基準があるわけではなくて、 単にサブウェポンとして採用されやすい技やそのタイプのことを言っています。 サブウェポンとして有名なのは• 大文字or火炎放射• いわなだれor岩石封じ• 10万ボルト• インファorきあいだま などなど。 これらの技は、サブウェポンとして違うタイプのポケモンも習得していることが多く、メジャーなタイプであると言えます。 そのため、これらのタイプで弱点があると、弱点がメジャーだということで評価が下がります。 人気のポケモンをメタる 余り詰め込み過ぎるのも良くないのでこれで最後にしようと思いますが、 対戦では強いポケモンに対する回答を用意することが必要です。 一般的にはメタと言われますね。 例えば、現環境で最強と謳われるドラパミミッキュ。 彼らにも明確な弱点があり、その弱点を攻めてこられると意外と脆いものです。 対策をすることで、簡単にトップメタのポケモンを倒すことができるのです。 このメタの考え方は上級者の間でも重要で、剣盾の対戦環境では日夜メタが回っています。 最初はドラパミミッキュが強いと言われ、次はドラパルトに強い悪タイプが流行り、最近は壁貼りや起点づくりを意識したサイクル系のパーティが流行り始めています。 そうして常にメタが回っている中で、環境を読み切り採用するポケモンを決めます。 勿論、始めたばかりの頃からそこまでやる必要はありません。 ランク帯によってもメタの回り方は違いますし、単純に上手い人の真似をすれば良いというわけでもありません。 ですが、スペックも遭遇度も高いドラパミミッキュに対しては、何かしらの対策があるといいなと思いますね。 あとがき とりあえず今回の記事ではこんなもので。 本当はまだまだパーティ構築で大事な事は沢山ありますが、余り詰め込み過ぎても良くないかなと思うので。 少しずつポケモン対戦に慣れていきましょう。 話は少し変わりますが、先日ついにハイパーボール級に到達しました! スーパーボール級で負けが嵩み、少し時間が掛かってしまいましたが。 ランクバトルで一番きついのはスーパーボール級な気がしますね。 ハイパーボール級はランクが一つだけなので、割と気楽に対戦ができるかなと思います。 一応、マスターに行けたら私の使ってたパーティの構築記事は書くつもりです。 特に珍しいパーティではないですが…… 剣盾から対戦を始めた初心者でもマスターボール級行けたよ!って感じの記事を書けたら良いなと思ってます。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【考察】ポケモン剣盾の時系列はSMの数年後でメガシンカのない世界線だった!?【ソードシールド】 │ 黒白ニュース

剣盾 化石 考察

ポケモンという作品には、様々な謎が存在しています。 伝説のポケモンの誕生秘話。 もりのようかん、ストレンジャーハウスなどの意味深な建物。 はたまた過去作との繋がりなど、考察の余地の多いゲームでもあります。 そんな謎の中でも、難解な要素として挙げられるのが文字の解読です。 BWの海底遺跡の文字。 ピカブイのカントー文字。 サンムーンのアローラ文字などと、どれも現実世界には存在しません。 しかし適当な図形や線を並べている訳ではなく、きちんと読み取ることが出来ます。 実際に、過去作に登場した文字は、ごく一部を除いて解読が完了しています。 新作の剣盾の舞台となったガラル地方においても、地方限定の文字である「ガラル文字」なるものの使用が確認されています。 街の看板やポスターには当然のこと、建物や壁に刻まれていたり広告にも使われていたりするこのガラル文字。 現在において 執筆時2019年11月27日 完全な解読には至っていないようですが、勇士たちが日々解読に取り組んでおり、徐々にその全貌が明かされつつあります。 そこでこのブログでは、剣盾における 文字の解読及び考察に尽力している方々に敬意を払いながら、ガラル文字について説明すると共に、有力とされる文字の読み方の法則についても書いていきます。 このブログが、ガラル文字に興味を持ったり、解読のために奮闘している方々のことを知る機会になれば幸いです。 ガラル文字の法則について ポケモン剣盾のガラル文字には、以下のような法則があるとされています。 複数のガラル文字が、1文字の英語の意味合いを持つとのことです。 例えば、Aに対応するガラル文字は11も存在するらしいです。 なので、その法則に合わせて言葉を当てはめることで解読が可能になるとのこと。 例えば、画像に映っている文章を上の表に沿っていくと「GAME FREAK」と読めるようです。 この画像内にあるガラル文字は9つあり、それぞれ1つずつ当てはめていくことで解読が出来ます。 ちなみにゲームフリークとは、ポケモンの制作会社のことです。 剣盾を製作したのもこの会社です。 ガラル地方のモチーフがイギリスであるからか、今回は英語に訳することが出来るようです。 なお、この法則は当然ながら解読班によって発表されたものです。 投稿者では、これを発案するほど頭を回せませんし法則なんて思い付きません。 すごいですね本当に… ガラル文字について ガラル文字は、旅をしていくうちに何度も目にします。 いつになく文字の主張が激しく、ここには掲載してはいませんが、育て屋、ブティック、ヘアサロン、シュートシティの露店、ナックルシティの旗にもガラル文字が刻まれています。 「読め」と言わんばかりの勢いです。 特に意識せずに冒険をしていても、嫌でも目に入るでしょう。 そんなガラル文字ですが、どうやら一部、考案された法則に当てはまらない文章が存在しているようです。 無理やり訳しても意味が通らなかったり、文として成り立たなかったりするような文字列もあるため、解読に難航しているとのこと。 はたまた、文字数が噛み合わないパターンもあります。 例えば、各街の看板に書かれている文字数が、英語に訳した際に明らかに合わないという意見です。 ハロンタウンの英訳は「Furlong Town Postwick」です。 それにも関わらず、看板にはたった4つの文字しか書かれていません。 下記の小さい文字は街の説明文でしょうし、そうなると法則自体が破綻してしまいます。 注意書きにもあるように、不確かな部分も存在しているため、これが完全正当という訳ではありません。 なので、どこかを勘違いしていて、そのせいで意味が成立していないということもあり得そうです。 今の時点ではこの法則が最有力候補ですが、この先さらに解読が進んで、最新版及び新たな法則が見つかるかもしれません。 少なくとも、今の時点では完璧に解読することは極めて困難であるようです。 最後に 以上が、ガラル文字の解読と考察の途中経過についてでした。 なお、以下のようなツイートも発信されています。 ガラル文字考察レポート 1. 大文字と小文字が存在し、各30-40種類程ある 2. 英語とした場合、一つのラテン文字に対して複数のガラル文字が対応し、対応する文字の被りも発生している 3. 文字体系は一つのみ 4. ひとまず今は続報を待ちましょう。 完璧に解読された暁には、もう一度ガラルを巡って各所の文字を読みまくりたいところです。

次の

【ポケモン剣盾】育てるべきポケモンは?ゼロから始める初心者のためのパーティ構築【対戦考察】

剣盾 化石 考察

化石ポケモンの復元方法 2種類の化石を用意する 化石ポケモンを入手するには、2つの化石を組み合わせる必要があります。 そのため、組み合わせることができる化石を持っていない場合は復元が行えないため、注意が必要です。 6番道路のウカッツに復元を頼む 化石ポケモンは、6番道路にいる研究者「ウカッツ」に2種類の化石を渡すことで行えます。 そのため、博士に復元を頼む前にレポートを書いて厳選を行いましょう。 復元した化石ポケモンの個体値は、3ヶ所以上必ず最高値となっています。 化石ポケモン一覧 ポケモン名 タイプ カセキの組み合わせ カセキのサカナ + カセキのリュウ カセキのサカナ + カセキのクビナガ カセキのトリ + カセキのクビナガ カセキのトリ + カセキのリュウ 『ポケモンソードシールド』の化石ポケモンは、上記の4体となっています。 現状では、間違った組み合わせでしか復元出来ず、形もぎこちないです。 化石ポケモンのおすすめ組み合わせ ウオノラゴンはタイプが優秀でおすすめ ウオノラゴンは、タイプが水とドラゴンのため優秀です。 ドラゴンタイプの天敵である氷技を等倍で受けられるため、多くのポケモンと打ち合うことができます。 「がんじょうあご」は、「かみつく」系の技の威力が1. 5倍になるため、火力を出すことが可能です。 次点でバッチラゴンがおすすめ パッチラゴンは珍しいドラゴンと電気の複合タイプのため、ウオノラゴンの次におすすめです。 パーティの相性補完枠として優秀なため、対人戦で真価を発揮するポケモンになります。 兄弟どちらからも入手できますが 左に立つスキルが高い男性のほうがカセキが出てくる確率は高めとなっています。 ソードでは「カセキのトリ」「カセキのクビナガ」が出やすく、シールドでは「カセキのリュウ」「カセキのサカナ」が出やすくなっています。

次の