牛肉 ミンチ レシピ。 【みんなが作ってる】 牛ひき肉のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

牛肉のレシピ

牛肉 ミンチ レシピ

解凍後、ハンバーグやバーガーのパティとして使用する場合にオススメな方法です。 ラップの上にパティを置き、空気に触れないよう密着させながら包む。 ラップで包んだら、保存袋に入れて冷凍保存しましょう。 パティは、空気に触れると酸化して痛みやすくなります。 さらに保存袋の中に入れ、空気に触れにくいようにしてから冷凍庫へ入れてください。 保存袋にパティを入れ袋の上から押し、パティを平らにならしていきます。 木のヘラ、トレイ、ボウルなど、手の熱を肉に伝えず平らにできるものを使ってください。 肉が平らになったら、耐熱容器のフタなど幅の狭い物を使って平らな肉を小さなブロックに分けます。 冷凍庫に入れたら30分時間くらいで取り出し、固まりかけている肉をシャカシャカと降って、小さなブロックをさらに小さく分割します。 こうしてミンチに圧を加えることで、使いやすい小さめのブロックになります。 小さなブロック状の肉はそのままフライパンに入れて使えるので、解凍の手間が不要です。 必要な時にササッと使えて便利ですよ。 しかし、空気にたくさん触れながら保存されているため、酸化や冷凍焼けのスピードが早いのでご注意を。 冷凍保存したからといって安心せず、できるだけはやく使い切るようにしましょう。

次の

※大葉でも代用可

牛肉 ミンチ レシピ

同じ牛なのに、部位によって200kcal以上の差がつくことに疑問を感じるかもしれません。 これは、含まれている脂質の量に関係しているのです。 最も高カロリーの「ばら」には三大栄養素のうち、脂質が多く含まれています。 一方で、「ヒレ」には脂質があまり含まれておらず、代わりにたんぱく質が豊富に含まれています。 この脂質とたんぱく質の差が、カロリーの差となって表れているのです。 その他、牛肉には以下のミネラル・ビタミンが含まれています。 【ミネラル】 カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、リン、マンガン、 鉄、 亜鉛、銅 【ビタミン】 ビタミンA、D、E、K、B1、 B2、B6、 B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、C 牛肉の効能 【 美容効果】 牛肉に美容効果というのは馴染みないかもしれませんが、実は、髪や肌を美しく保つのに最適な成分が豊富に含まれています。 まず、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。 たんぱく質は体内でアミノ酸に代わり、血液や皮膚の構成要素になります。 髪のパサつきを防ぎ、日々新しい肌を生み出し、傷の治りを早くしてくれるなど、いろいろな働きをしてくれるのです。 また、「美容ビタミン」と呼ばれるビタミンB2も含まれています。 ビタミンB2には、三大栄養素をエネルギーに変換する働きがあるほか、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。 ゆえに、しっかり摂取することで、肌や爪を美しく保つことができるのです。 ビタミンB2が不足すると、身体の皮膚や粘膜が正常に保つことができなくなります。 すると、肌荒れや、ニキビ、口内炎などの症状が現れやすくなってしまうのです。 【 女性のつらい悩みを解決】 牛肉には鉄分が豊富に含まれています。 鉄分にはヘモグロビンを生成する働きがあり、ヘモグロビンには身体中の細胞に酸素を届ける働きがあります。 そもそも、貧血や冷え性は、身体の隅々まで酸素が行き届いていないことが原因で起こります。 酸素が行き届いていないために酸欠状態(=貧血)になりますし、細胞の活動が停滞(=冷え性)しがちになります。 女性は男性に比べて筋力が少ないため、血流が滞りやすいです。 また、毎月の生理で血を消耗するため、そもそも血液自体が不足しやすい傾向にあります。 それゆえに、牛肉などで鉄分をしっかりと摂ることは、貧血や冷え性を改善する手掛かりになるのです。 長期保存が可能になる 第一のメリットは、長期保存が可能になることです。 しかも、日数が経つにつれ、鮮度はどんどん失われてしまいます。 しかし、冷凍保存でしたら、新鮮さをキープしたまま長期間の保存が可能です。 よく、冷凍保存のデメリットとして、食材の食感が悪くなるというものが挙げられます。 これは、食材に含まれる水分が固体化する(氷になる)ときに、周囲の細胞を傷つけてしまうためです。 生の状態で冷凍すると、こうした現象が起きることがあります。 ですが、後ほどご紹介する「下味をつけて冷凍する方法」、あるいは「炒めてから冷凍する方法」を試していただくと、食感が悪くなるようなデメリットも回避することができます。 調理時間の短縮になる 第二のメリットは、調理時間の短縮です。 あらかじめ下処理をして冷凍すれば、調理にかける時間を短くすることができます。 例えば、あらかじめ下味をつけておけば、あとは焼くだけ状態です。 追加で味付けをする必要もないため、あっという間に一品完成してしまいます。 炒めて冷凍しておけば、電子レンジで温めるだけでOKですので、やはり時間を短縮することができます。 夜遅くにいちから調理する気力の無いときや、朝忙しくてお弁当に時間をかけられないときなどに、心強い味方となるでしょう。 牛肉の解凍方法 基本的に、 冷蔵庫での自然解凍をオススメします。 ゆっくり時間をかけて解凍することで、ドリップ(液漏れ)によるうま味の流出を防ぐことができます。 ただし、冷蔵庫解凍は時間がかかりますから、もし 急いでいる場合は氷水解凍もオススメです。 ボウルなどに氷水を張り、フリーザーバッグごとつけておきます。 水は空気よりも熱伝導率が高いため、冷蔵庫よりも早く解凍することができるのです。 また、流水解凍よりも水を節約することができます。 電子レンジでの解凍は最終手段です。 加熱しすぎや、解凍ムラが起きやすいためオススメはしませんが、時間の無い時に活用ください。 牛肉の保存期間 基本的に、 3週間を目安に考えてください。 なお、一度解凍した食材の再冷凍はオススメしません。 2)ごぼうを縦4等分に切り、水にさらします。 4)(3)の汁気を切り、牛肉で巻いて、片栗粉を振りかけます。 5)熱したフライパンに油をひき、(4)を中火で焼いていきます。 7)適当な大きさに切って盛り付けたら完成です。 しぐれ煮 材料(2. 2)しょうがを千切りにしておきます。 3)鍋でごま油を中火に温め、しょうがを炒めます。 4)(1)の牛肉を酒ごと加え、強めの中火で炒めます。 5)砂糖、みりん、醤油の順に加えて、汁けがなくなるまで煮詰めたら完成です。 2)キャベツは3㎝核のざく切りに、豆腐は縦半分に切ってから8等分に切ります。 3)しらたきは水から茹で、沸騰したら火を止め、水で冷ましてから、食べやすい大きさに切っておきます。 4)熱した鍋に牛脂を溶かし、肉を広げて並べます。 5)砂糖を全体にまぶし、肉の色が変わってきたら酒、醤油、だし汁を加えます。 6)肉を鍋の脇に寄せ、空いたところに残りの材料を入れます。 牛肉とビーマンのピリ辛炒め.

次の

メンチカツのレシピ・作り方

牛肉 ミンチ レシピ

がおいしい! ゲストさん 21:13• がおいしい! ゲストさん 21:12• がおいしい! ゲストさん 21:12• がおいしい! ゲストさん 21:10• がおいしい! ゲストさん 21:10• がおいしい! ゲストさん 21:02• がおいしい! ゲストさん 21:00• がおいしい! ゲストさん 20:51• がおいしい! ゲストさん 20:46• がおいしい! ゲストさん 20:45• がおいしい! ゲストさん 20:44• がおいしい! ゲストさん 20:43• がおいしい! ゲストさん 20:24• がおいしい! ゲストさん 20:14• がおいしい! ゲストさん 20:13.

次の