エクセル プルダウンメニュー。 Excelでドロップダウンリスト(プルダウンメニュー)を作る: 小粋空間

Excel でプルダウン(ドロップダウン)メニューを簡単に作成する方法

エクセル プルダウンメニュー

入力するキーワードを覚えておく必要がなくなる為• 入力の間違いをなくす為(半角、全角、スペースの統一)• 統一した書式で入力できる為 プルダウンメニューを配置するセルをクリックし、選択しておきます。 上部メニューにある「データ」をクリックします。 「データ」を選択すると表示項目が変わります。 その中にある「データの入力規則」をクリックします。 別ウィンドウで「データの入力規則」が表示されます。 設定タブから入力値の種類の中にある「リスト」をクリックします。 下記2つにチェックを入れます。 空白を無視する ドロップダウン リストから選択する 「元の値」の箇所に『,』半角カンマ区切りでリストを入力し、「OK」をクリックします。 このままのプルダウンメニューの幅ですと、リストに入れている項目の先頭文字が同じなので、どれを選択していい分からないです。 「プルダウンリストを設定するセル01を選択」 「プルダウンリストを設定するセル02を選択」 「プルダウンリストを設定するセル03を選択」 エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)の表示幅を広げる方法 例えばこのプルダウンメニューが入っているCのセルの横幅はこのままにしておきたいケースです。 セルの幅が変わってしまっても問題ない方はCセルとDセルの間にマウスを移動するとマウスの形が変わりますので、クリックしたまま左右に移動させれば幅が変更されます。 まず、 使用しているセル以外の箇所を選択します。 今回はM2のセルを選択しました。 M列の幅を先程作成したプルダウンメニューが表示されるぐらいに幅を広げます。 この選択したセルに架空のリストを設定します。 値には「空白セル」か「架空のリスト」のような文字列1つを指定します。 「空白セル」を入れる場合は、スペースキーで空白を入力し「OK」をクリックします。 何も入れずにエンターをクリックしてもエラーになります。 このセルが選択されている状態で「保存」します。 表示幅が広がり01などの番号が見えるようになります。 プルダウンメニューが入っているセルを選択している状態で保存すれば、そのプルダウンメニューの幅が表示幅になる仕様のようです。

次の

プルダウンメニューとは?初心者のための基本解説!

エクセル プルダウンメニュー

エクセル Excel で文字を入力をする際に、 プルダウン(あらかじめ決まったリスト内)で 入力したい場合などがあります。 たとえば、 営業1課 営業2課 営業3課 営業4課 の4種類のみを入力させたい。 他の値は入力させたくない。 それを実現する手順を説明します。 すると「元の値」というボックスが表示されますので、 営業1課から4課までの値を下記のように入力します。 営業1課, 営業2課, 営業3課, 営業4課 このように入力することで、あなたが実現したかった リスト内だけの入力(プルダウンメニュー化)を完成させることができるわけです。 ここで一番重要なのは リスト化したい「選択肢」と「選択肢」の間を 「, 」 半角カンマ+半角スペースでつなぐということです。 今回の例の場合は、営業1課から営業4課までの選択肢の間を 半角カンマ+半角スペースでつなぐということです。 分からない人は、ご自身のエクセルで 「営業1課, 営業2課, 営業3課, 営業4課」をコピペして、色々試してください。 この形式にすることによって、初めて「元の値」に入れられた値以外、 つまり こちらが指定した値以外を入力することができない状況を構築できるわけです。 このプルダウンメニュー化は、 入力する側の利便性の向上という意味もありますが、 ファイルを管理する側にも大きなメリットがあるわけです。 例えば、自由に入力できる状態の場合、 その欄が部署名を入力する項目だったとしても、 必ずしもこの4種類で入力してくれるとは限らないからです。 営業1課 営業1課 営業一課 一課 このような入力は、 エクセルではすべて異なった値として認識してしまいます。 つまり、1課のみの値を抽出したくても、 別々の課としてエクセルが認識してしまうため、 集計上面倒なことになるわけです。 しかし、プルダウンメニュー化しておけば、 営業1課 営業2課 営業3課 営業4課 の4種類以外は入力できない設定になるので、 入力間違いが大幅に減るわけです。 分かりますでしょうか。 この膨大なメリットが。 だって、こっちが決めた 4種類以外入力できないわけですから。 この悩みを持っている人は分かります。 単純なことですが、このメリットの深さは 集計する側にとっては一大事なことですから。 スポンサーリンク.

次の

エクセルのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)表示幅を広げるには?

エクセル プルダウンメニュー

エクセルの便利な機能「プルダウン」とは? プルダウンリストは「ドロップダウンメニュー」とも呼ばれ、例え名前を聞いてどんなものか分からなくても、ほとんどの人が見たことがあると言いきれるほどメジャーなものです。 まずは、プルダウンリストがどのようなものか、どんな時に使うと便利かを確認しましょう。 1-1. プルダウンってどんなもの? プルダウンリストは入力支援機能の一つで、上の例の赤枠のようなものを指し、次のような動きをします。 (1)プルダウンリストが設定されたセルをクリックする (2)リスト形式で入力候補が出てくる (3)入力したいものを選択する (4)セルに選んだ値が入力される 1-2. プルダウンのメリット-どんな時に便利? ではプルダウンリストのメリットは何でしょうか?それは大きく3つあります。 (1)入力時間が短縮できる プルダウンリストはセルをクリックしてリストから選択するだけなので、文字入力が苦手な方も簡単に入力することができます。 なぜならプルダウンリストは、単語だけでなく文章でもできるからです。 (2)使う用語が統一され、見やすくなる 入力されたものを見た時に、用語が統一されるので見やすくなります。 例えばプルダウンリストでないと作業が完了したことを表記する時に、「完了」と書く人もいれば「終了」、もしくは「終わった」と書く人もいるかもしれません。 しかし、プルダウンリストを使えばそれを例えば全て「完了」に統一でき、一目で終わったものがどれか分かるようにできるのです。 (3)集計が容易になる そしてプルダウンリストは、使うとエクセル関数を使った際に集計が容易になります。 例えば「完了」した数を数えたい時は、「COUNTIF関数」を使えば簡単に結果が表示できるのです。 プルダウンの作り方-3つの方法を知っておこう! では、実際にプルダウンリストを作ってみましょう。 プルダウンリストの作り方は3つあり、それぞれ特徴がありますので合わせて確認しましょう。 2-1. 直接入力 まずは「直接入力」でのやり方で、次のように行います。 2-2. 範囲指定 次は「範囲指定」でのやり方で、次のように行います。 2-3. 名前を付けて指定 最後に「名前を付けて指定」するやり方で、次のように行います。 以上です。 それぞれの特徴を理解し、場面に応じて使い分けましょう。 プルダウンを編集・削除する方法 次にプルダウンの編集・削除方法を解説します。 やり方は先ほど紹介した作り方によって違いますので、それぞれ確認します。 3-1. プルダウンの項目を追加する まずは「項目の追加」の仕方で、次のように行います。 プルダウンの項目を修正する 次に「項目の修正」の仕方で、次のように行います。 プルダウンを解除する 最後にプルダウンの解除の仕方ですが、方法は共通で次の通りです。 (1)「データの入力規則ウィンドウ」を呼び出し、入力値の種類を「リスト」から「全ての値」に変更する (2)完了 これで、セルをクリックしてもリストが表示されなくなります。 知っていたらかっこいい!プルダウンの使い方 応用編 続いては、知っていたら絶対にかっこいい、プルダウンの使い方応用編です。 プルダウンがより便利になるのでぜひ確認してください。 4-1. プルダウンを連動させる まずは「プルダウンを連動させる」方法です。 「連動させる」とは、「一つ目のプルダウンの選択項目によって二つ目のプルダウンの表示内容が変わること」を指します。 以下、設定の手順です。 続けますか?」と出るが、構わずOKを押す (9)完了 4-2. 選んだ項目によって背景を変える 次に「選んだ項目によって背景を変える」です。 例えば、上の表のようにまだ完了していないものは分かりやすく色が付くと作業がしやすいと思います。 このようにするには「条件付き書式」を使い、次のように行います。 (1)条件によって色を付けたいセルを選択する (2)ホームタブの条件付き書式をクリックし、「新しいルール」クリックする (3)「新しい書式のルールウィンドウ」で、「『ルールの種類』を『指定の値を含むセルだけを書式設定』」にし、「『ルールの内容』を『次の値に等しくない』、『完了』」として、「書式」をクリック、任意の色を指定する (4)完了.

次の