アジサイ の 剪定 時期。 カシワバアジサイを強剪定する方法・大きくなりすぎた|お庭ブログ

アジサイの剪定にはコツがある!剪定に適した時期や方法を詳しく解説|生活110番ニュース

アジサイ の 剪定 時期

アジサイの剪定は、気遣うととても見事に咲きます アジサイの見栄えを良くし、翌年の開花を促し、 そして大きくなりがちな木をコンパクトにするためにも、 アジサイの剪定は、とても大切な役割をします。 アジサイのいろいろな剪定方法について、 分かりやすく図解でご紹介します。 アジサイは花芽ができる時期に、 しっかりと伸びている枝の先に花芽が付くという性質があります。 ・アジサイの剪定の目的 地植えのアジサイの場合は、必ず剪定を行う必要はありません。 放置していても、今年花が咲かなかった枝に花芽が付き、翌年花が咲きます。 ただし、アジサイの花芽は枝の先端につくという性質があるので、 剪定を行わないと花が木の先端にばかり咲くようになります。 アジサイは生長が早く、とても大きくなります。 栽培スペースに限りがある場合は、 剪定を行わないと株が大きくなりすぎてしまう可能性があります。 庭植えでも、樹形を整えて美しい花を観賞するためには、 剪定を行った方がよいでしょう。 鉢植えの場合は、花後の剪定を行わず、 枯れた花を放置しておくと株が弱り翌年花が咲かない原因になります。 来年も開花させる剪定 来年は花を見ず、コンパクトにする剪定 ・花後の剪定 アジサイの花が咲き終わったら、すぐに花後の剪定を行います。 アジサイは、花の終わりの時期が分かりにくい植物です。 装飾花が裏返ったら、花が終わったと判断して良いでしょう。 7月中から遅くても8月上旬までに花後の剪定をします。 花後の剪定 花後の剪定は、花の2~4枚下で切り落とします。 剪定後、切り取った節から芽が出て元気に伸びていきます。 この新芽の先に、花芽が付きます。 アジサイの花芽は葉の付け根についている丸い塊です。 夏にできた花芽は、秋には5mmくらいのに育ちます。 庭植えの花後の剪定 ・休眠期の剪定 必ず必要な剪定ではありませんが、 11月~3月にかけて、花芽のついていない細い枝や、 古い枝を根元から切り落とします。 こうすることで新梢の生えてきたときに風通しがよくなり、 病気や害虫に強くなります。 ・樹形を整える剪定 樹形が乱れてきたり、大きくなりすぎたアジサイは、 思い切った剪定で樹形を整えることができます。 ただし、強い剪定を行うと、翌年は花が咲かない可能性が高いです。 強剪定は、株全体を、枝が生えている根元から切り落とします。 思い切って切り戻しても1~2週間で新梢が生えてきます。 翌シーズンも花が見たいときには、 樹の半分くらいを地際から切り戻し、 残る半分は花の二節目で切り落とす剪定をします。 このようにすれば、翌年も花が楽しめます。

次の

アジサイの剪定方法

アジサイ の 剪定 時期

【アジサイの剪定 剪定時期】 アジサイは、早いものは夏の終わり頃からから秋にかけて花芽ができます。 花の色があせてきた頃に、遅くとも8月末頃までに2〜3節目の芽の上で剪定するようにしましょう。 アジサイの剪定での疑問• 毎年剪定しているのにコンパクトにならないのはどうして?• 何だか枝葉が混み過ぎのように思うのだけれど、、、• 2、3節目の芽の上で剪定する訳は?• 大きくなりすぎたアジサイを小さくしたいのだけれど、どうすれば良いの?• 西洋アジサイの剪定も同じで良いの? このような疑問を抱いている方が多いのではないでしょうか。 「玉崎弘志の剪定教室 花木編」では、アジサイを特異な性質をもつ花木として扱います。 特異な性質を知ることによって、いつ、どのような剪定をすればよいのかを学習します。 そして、その性質からくる剪定方法を解説とシミュレーションによってさらに確認していきます。 花木編の練習問題では、 画面上で実際にアジサイの枝を切りながら、翌年花が咲くのかをシミュレーションして確認することができます。 玉崎弘志の剪定教室 花木編 発売中!! 剪定シリーズの「花木編」では、剪定によってつくってしまう 「花芽が付きにくい枝」とはどんな枝で、 どんな剪定をしたからなのかを、わかりやすく解説しながら、 花芽を付けるための剪定方法をシミュレーションしながら学習していきます。 練習問題で、間違えて枝を切ってしまっても、その間違えがどうしてなのか、繰り返しシミュレーションする事によって、更に理解が深まります。 色々なパターンの練習問題を反復練習して、剪定上手になりましょう。

次の

アジサイ(紫陽花)を剪定する方法と時期・花が咲かないのはどうして?|お庭ブログ

アジサイ の 剪定 時期

ガクアジサイ 額紫陽花 の土作り、水やり、肥料の与え方 土作り ガクアジサイの花の色は、植える土のpH(酸性度合い)の影響を受けます。 酸性に傾いていると青色に、アルカリ性に傾いているときはピンク色になりますよ。 ピンクの品種を買ったときは、土のpHを中性からアルカリ性に保つよう、苦土石灰を混ぜて土の酸性度合いを調節しましょう。 鉢植えは、赤玉土(小粒)7~8:腐葉土3~4の割合で混ぜた土か、市販の草花用培養土を使います。 地植えは、水はけをよくするために、植え穴を掘った土に2~3割腐葉土を混ぜておきます。 水やり ガクアジサイは水を好む植物で、水切れを起こしやすくなっています。 鉢植えは、土の表面が乾いたら鉢底から水が染み出るまでしっかりと水を与えてください。 特に花の咲いているときは、水を切らさないように。 地植えは、植え付け後の二週間くらいはしっかりと水やりをして根付かせますが、その後はよほどの日照りが続かない限り降雨だけで大丈夫です。 肥料の与え方 6月に花が咲き終わったら、液体肥料を一度与えて株の回復をはかります。 そして、12月~2月の間に、油かすや骨粉などの有機肥料か、ゆっくりと効く緩効性化成肥料を2~3ヶ月に1回株元に与えます。 ガクアジサイ 額紫陽花 の剪定の時期と方法は? ガクアジサイは、8~9月に翌年の花芽を付けます。 そのため、花が咲き終わってすぐの6~7月の間に剪定をしていきます。 花が少ししおれてきたら剪定するくらいがちょうどよいですよ。 まず、咲き終わった花から下の節までを切り落とします。 花が咲いた全ての枝に対して行ってください。 その後、樹形が乱れているようであれば、枝のバランスを見ながら切りそろえていきましょう。 また、枯れた葉っぱや枝も取り除くときれいに仕立てられますよ。 ガクアジサイ 額紫陽花 の植え替えの時期と方法は? ガクアジサイは生育が早く、根詰まりを起こしやすいので、鉢植えは1~2年に1回、花が咲き終わった7~9月に植え替えをしていきます。 1回り大きな鉢を準備し、植え付け時と同じ手順で植えてください。 ガクアジサイ 額紫陽花 の増やし方!挿し木の時期と方法は? ガクアジサイは挿し木で数を増やすことができます。 適期は6~7月上旬です。 花芽の付いていない枝を10~15cmほどの長さに切り落し、枝の下半分のところに生えている葉っぱを取り除きます。 後は、切り口を1~2時間ほど水に浸けてから土に挿していくだけです。 土は、川砂や赤玉土(小粒)など、水はけのよいものを使ってください。 直射日光を避け、土が乾かないよう水やりをしながら半日陰で管理すると、1ヶ月くらいで根が出ますよ。

次の