大学生 ビジネス。 大学生向け本の人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

【社会人になる前に】大学生が読んでおくべきビジネス書8冊

大学生 ビジネス

Contents• ネットビジネスは大学生とか学歴とか関係ない 冒頭でも少しお話しましたが、ネットビジネスは肩書きや学歴、年齢など全く関係がありません。 というのも、ネットビジネスは行動して人々に価値を与えた人が対価としてお金を稼ぐことができる世界だからです。 あなたが行動すれば稼ぐことができるし、逆に行動しなければ稼げないという極めてフェアな世界なんですね。 アルバイトや会社員の給料はいくら頑張ろうが、サボろうがもらえる給料に大きな差はありませんが、努力してもそれに見合った成果が出ないことでモチベーションが上がらない方も多いでしょう。 そういう点で、努力が結果として反映されるネットビジネスは非常に魅力的な稼ぎ方と言えますね。 ただし、逆にいうと、大学生には「時間」がありますよね。 そのため、大学生におすすめのビジネスとして「初期費用が少なくても取り組むことができ」、「時間をかけることで有利になる」ネットビジネスをピックアップしてご紹介していきます。 小資本で取り組めるアフィリエイト まず最初に、ご紹介するのは小資本で取り組むことができるアフィリエイトで、初期費用で必要なのはサーバー代とドメイン代くらいで1万円もかかりません。 アフィリエイトというのは、ブログやサイトを構築して、そこでクリックによる広告報酬を得たり、商品を紹介することで売れた分の成果報酬をもらえるビジネスモデルです。 実際に、大学生のうちから起業家として成功している人はこのアフィリエイトに取り組んでいる方が非常に多い傾向にあります。 というのも、やはりアフィリエイトで稼ぐためには、ブログやサイトを作り、デザインして、記事を書いて、商品を紹介して、SEO対策をして・・・とすべきことが数多くあります。 そこで本業の仕事もあり時間の限られたサラリーマンは継続できずに断念してしまうことも多いのですが、大学生には「時間」があり、のめり込めばのめり込むほど稼げる可能性は高くなっていくわけですね。 そもそもブログやサイトへのアクセスが集まり出すのは100記事を投稿したり、3ヶ月が経った頃からですので、継続できなければ稼げるようになることはありません。 資金はなくても、取り組む時間があり、試行錯誤できる大学生にアフィリエイトは向いているかもしれませんね。 参考: ポイント:大学生は時間があるからこそ、時間が必要なアフィリエイトがおすすめ! シンプルで取り組みやすい不用品販売・転売ビジネス アフィリエイトと並んで、おすすめなネットビジネスが「仕組み自体がシンプルで難易度の低い」不用品販売・転売ビジネスになります。 不用品販売は家にある要らないものをヤフオクやメルカリで販売してお金を稼ぐビジネスで、転売ビジネスはモノを安く仕入れてネットで売り、利益を受け取るビジネスモデルです。 転売ビジネスは仕入れが必要となるため、資金が必要になるのですが、その資金は不用品販売で稼いで、その資金を元手に始めるといいでしょう。 要らないものを売るだけで稼げるのかよ、と思うかもしれませんが、そんな簡単なことでも意外に月に10万円だったり稼げてしまいます。 実際に、ジモティーなどのサービスをうまく使って不用品を集めて、月に60万円以上を稼ぎ出した猛者もいますので、本気で取り組んでみることをおすすめします。 そのため、まず不用品販売で稼ぐ、そこから転売ビジネスで仕入れを行って安定的に稼ぐというのが非常にスムーズでしょう。 ネットビジネスはやはり挫折しやすいというのが一番の失敗の原因なのですが、不用品販売、転売ビジネスであれば仕組みがシンプルであるため、挫折する可能性が低くなるわけです。 私自身もこの流れでネットビジネスに取り組み、転売ビジネスで月に200万円以上を毎月稼いでいましたので、心よりおすすめいたします。 サラリーマン時代に全くお金がなく、株式投資で300万円を失ったり、大学生時代に混じってバイトをしていた私でも、不用品販売から年収1億円まで稼げるようになりましたので、ネットビジネスは本当に可能性の塊でしかありません。 なぜここまで稼ぐことができたのか、どうやって稼げたのか、は私の著書である「クビでも年収1億円」で話しています。 この書籍を読んでネットビジネスに取り組む月収100万円や200万円を超えたという方が続々と出てきておりますので、ぜひ読んでみてください。 15万部を突破したキャンペーンとして今だけ 期間限定無料プレゼントしていますので、下記の画像より受け取ることができます。 サラリーマンの人生を変える最強の一冊を全ページ無料で公開中。 参考: ポイント:不用品販売から転売ビジネスへ進む流れが最もシンプルで稼ぎやすい流れ! 【ネットビジネス】大学生が注意すべき2つの落とし穴 ネットビジネスは年齢や肩書き、学歴、性別、立場関係なく誰でも稼ぐチャンスを持っているのですが、もちろん、注意すべきことがあります。 特に、これから先、長い人生が待っている大学生だからこそ、今回の2つの落とし穴は頭に叩き込んでおいてください。 TwitterやFacebookなどのSNSでネットビジネスの勧誘は乗るな! 大学生であればTwitterやFacebookなどのSNSを使用していると思うのですが、そういったSNSでネットビジネスの勧誘メッセージが来ることがあります。 しかし、そういったSNSでの勧誘メッセージには乗らないようにしましょう。 というのも、それはSNSで1人1人メッセージを送っている段階で稼げていないということだからです。 普通に考えてみて欲しいのですが、「ネットビジネスでの稼ぎ方を教えます」っておかしくないですか?笑 そう、結局、そういったメッセージの裏にはネットビジネスのスクールなどがあり、いわゆるネットワークビジネスのような仕組みとなっているわけです。 彼らはアフィリエイトや転売ビジネスで稼いでいるわけではなく、1人1人にメッセージを送ってスクールに勧誘している時点でお察しです。 ネットビジネスで稼ぎたいのであれば、インターネットでちゃんと情報を収集して、王道の教材を購入し、実践する、これに尽きます。 人が話す「稼げる」ではなく、自分でしっかり情報を収集した上で責任を持って選択する方が確実に稼ぐ可能性が上がりますよ。 私自身がサラリーマンをしながらネットビジネスで稼ぎクビになって、起業でき、今も稼ぎ続けることができているのは、間違いなくサラリーマン時代の下積みがあったからなんですね。 それに世の中のほとんどの人が社会人を経験することができるわけで、それを経験していれば、やはり共感もできるわけで、ビジネスの加速にもつながります。 また、企業で行うビジネスなどは何億、何十億規模のものであり、それはサラリーマンでなければ経験できないものです。 そういった社会人としての一般教養やサラリーマンでなければ経験できないこと、単純にサラリーマンとはどういうものかを知るだけでも就職はすべきでしょう。 参考: 世の中の99%の人が知らない"新時代のお金の稼ぎ方"を無料公開中。 ネットビジネス界の異端児。 一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。 この経験を書籍として出版した(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。 その後も出版依頼が殺到し(幻冬社)、(徳間書店)、(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。 現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No. 1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。 経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

次の

大学生向けビジネススクール3種【副業を始めるなら必ず受けるべき】

大学生 ビジネス

どうも、ハクです。 インターネットビジネスは誰でも始める事が出来る・・・と言うのが最大の魅力。 しかし、そんな美味しい話には必ず気をつけなければいけない落とし穴があります。 副業として取り組むビジネスマンでは無なくて、特に、大学生や主婦は注意が必要なんです。 その理由とは・・・。 ネットビジネスは参入の壁が低い ネットビジネスは、インターネット回線とそれを利用できる端末があれば参入できるビジネスがほとんど。 FXや株式投資、シェアビジネス、せどり・・・どれも軍資金は必要となりますが、店舗を構える必要があるリアルなビジネスよりも基本的に参入の障壁はめちゃくちゃ低いです。 特に僕がこのブログで推奨している「アフィリエイト」は軍資金が低くて有名ですね。 笑 最大にコストをカットすると、無料で始める事さえも出来てしまうほど。 ただ、それだとあらゆる面から成功出来る可能性が低いので、僕としてはある程度の投資をお勧めしています。 それでも10万円あれば初期投資としては十分・・・他のビジネスと比較すると格段に安いですね。 しかし、10万円というと・・・働いていなければなかなかまとめて支払うことが出来ない額・・・。 だけど、捻出できない額では無い・・・。 そんな極めて絶妙なラインのコスト設定であるため、特に大学生が手持ちのお金をつかって捨て身で参入してくることが増加しているんです。 それこそが、まさに ネットビジネスで大学生が落ちる落とし穴 です。 僕は学生のころバイトに励んだ学生でした。 深夜のコンビニで働いていたのですが、勤務してからちょっとでも寝ると確実に授業に出れなくなります。 だから、一睡もせずに学校に行っていたのですが・・・まあキツかったですね。 親からの仕送りだけでは遊んだり、生活に余裕がなかったのでバイトをするしか方法が無かったんですよ。 しかし、バイトをしていても通帳には常に10万円~15万円くらいしか入っていませんでした。 ただ、遊ぶためとは言え・・・人間は楽をしたい生き物。 だからバイトなんてしたくないわけですよ。 そこでネットビジネス・・・とりわけアフィリエイトに焦点があてられるわけです。 その結果、バイトを辞める事が出来れば良いのですが、結局稼ぐ事が出来ない人が多いわけです。 すると、上記のサイクルを延々と続けてやがて卒業を迎えてしまいます。 まあ、それならばまだ良い。 もっと悪い状況になるのは「稼げないのは投資額が少ないからだ」「稼げないのは手にしたノウハウが悪いからだ」という判断をした場合。 そうなると、借金をし出す大学生が出てきます。 いやあ・・・この状態になってしまうとかなり悲惨ですね。 副業としてアフィリエイトに取り組むビジネスマンならばそれなりの軍資金がありますが、大学生だと大金となりますので注意が必要。 これが「大学生がはまるネットビジネスの落とし穴」です。 大学生がはまるネットビジネスの落とし穴の原因 なぜ、このような落とし穴にはまってしまうのか。 それには3つの理由があります。 甘いセールス文句• SNS利用者が多い• 精神的な成長がまだ浅い 1つ1つ掘り下げていきましょう。 甘いセールス文句 ネットビジネスのノウハウが販売されているページはとにかくセールス文句が上手いです。 というのも、ネットビジネスのノウハウというのは基本的にネット上でしか販売されていません。 つまり、そのノウハウを販売するために必要となるのは圧倒的に「文章」が重要となります。 そのため、販売する側は文章のスキルをとにかく高めています。 稼げるまでの目安や金額を「体験談」を元に情報提供してきて、背景にある「必要な努力」「地味な作業」は隠されていいます。 そこに書かれている内容は事実ではありますが、そのノウハウを手にして最短で成功を掴み取った場合の体験談なので基本的に全く信じない方が良いです。 あくまで参考。 その甘い文句が正しいのか間違っているのかを見極めるには「ある程度の経験」が必要になります。 僕は今ではネットビジネス・・・とりわけ「アフィリエイト」に取り組んでいますので、セールスページを見れば• それが再現性があるのか• 初心者でも取り組めるのか• 収益性があるのか という点はすぐにわかります。 しかし、僕だってネットビジネスに取り組み始めたばかりの頃だったら再現性のないビジネスモデルに手を出してしまう可能性が高いです。 セールスページを読んで想像したノウハウとは違ったものであった場合、結果的にものすごく苦労をする羽目になります。 経験がなければどうしたって正しいのか判断ができないのは仕方がありません。 あとね。 どのようなノウハウを手にしたとしても、手にしたからには少しは実践すると思うのですが・・・そこでたぶん「不満」が出てきます。 でね、ちょっと調べると・・・その「不満」を解消するようなノウハウやツールを発見しちゃうんですよ。 そしたら買っちゃうじゃないですか。 経験値も浅くて再現性があるか判断がつかないんですから。 この無限ループに陥ると最悪です。 ノウハウやツールっていうのは基本的に「完璧」なものはありません。 「完璧」という定義も難しいのですが、「欲しい」と感じるすべてのものが詰め込まれたものはないってことです。 だから、理想を求めて1つ1つノウハウやツールを増やしていって、RPGのように自分で自分を作り上げていくしかありません。 それなのに、「完璧さ」を求めて甘いセールス文句を100%信じて、大した努力もせずに夢を見る・・・これで稼げるほどネットビジネスは甘くないんでね。 ネットビジネスの経験がない大学生が甘いセールス文句に引っかからないようにするためには、• 調査をしまくる• 経験者に聞く という方法しか対処がありません。 もしもネットビジネスを始めたくて相談したいことがあるならば僕に何でも聞いてください。 ハクへの問い合わせは。 少しだけではありますが、お力になることは出来ますので何でも相談してください。 ^^ SNS利用者が多い さて、大学生がネットビジネスの落とし穴にハマる原因・・・2点目は「SNS利用者が多い」という事です。 SNSは一気に普及したコミュニケーションツールで、若者が中心にかなり依存をしている傾向が強いですね。 僕個人としては、自分が今していることを呟いたところで何の意味があるんだ・・・と感じますが(笑)、 それを呟いて「いいね」とか拡散が起こることで心が満たされるのが良いんでしょうね。 そんなプライベートのSNS利用にすごく冷めている僕でもビジネスのためならば大いにSNSを利用しています。 やっぱり多くの人の目に触れるので、自分が情報を発信するにはスゴく都合が良いんですよね。 その点に大きく大きく着目したネットビジネスのノウハウが存在しました。 それが「インスタグラム」を利用してサクッと月収3万円を謳った「カシャカシャビジネス」。 コレはインスタにスマホで撮影した画像を掲載し、それを専門業者に売却する事によってお金を稼ぐというビジネスモデルだったのですが・・・ 当然、プロの写真家でも「写真だけでお金を稼ぐ」事は難しいので、誰もがサクッと月収3万円を達成できるほど甘くないわけです。 その結果、ノウハウを実践しても稼げない人が続出しました。 このビジネスは稼げない人が出る人を想定していて、稼げない人を対象にさらに高額なツールを売りつけました。 「稼げない」という結果を陥った人は、• もっとお金を払えば稼げるかもしれない• 何としてでも稼ぎたい という思考に陥っているため、高額でも手を出してしまう人が続出しました。 これはよくあるビジネスの手法なのですが・・・さて、「カシャカシャビジネス」でセールスページに書かれた様に稼げた人はいたのでしょうか。 答えはごくごく少数。 まったく稼げた人が0ではいないため、 「100%の詐欺、嘘」ではないんですよ。 その結果、販売が中止されただけで終わりました。 SNSという若者に身近なツールを利用することによるキャッチーさ• さらに実現可能そうな3万円というそこまで高くはない収入額 を示して現実味を増大させて多くの若者を取り込みました。 今後ますますSNSを利用することによるキャッチーさを狙ったビジネスモデルはたくさん出てくると思いますので十分注意して下さい。 あと、SNSを利用しているとたくさんの情報に触れます。 記憶に新しい「座間事件」では、Twitterで自殺志願者の人と繋がって殺害をした・・・というSNSがなければ起こりえない事件でした。 ネットビジネスでも、同じようにSNSでカモを狙う業者がどんどん情報を発信しています。 SNSを利用する事によって、そこでちりばめられた甘い宣伝文句に触れる回数が自ずと多くなりますので、それも注意が必要です。 精神的な成長がまだ浅い 「大学生がネットビジネスの落とし穴にハマる原因」の3つ目は精神的な成長が浅いということ。 「成長しろ!」と言ったら急激に年を取るスピードが早くなるわけでは無いので、コレばかりは仕方のない事なんですが・・・。 笑 ただ、大学生は精神的には高校生と同じなのに、初めての一人暮らしや私服登校などでテンションが上がっているので、ちょうど冷静な判断が出来ない環境が整っていると思います。 僕が大学生になったときには初めての一人暮らしでテンションが上がって、引っ越しして3日後に部屋の窓ガラスを割ってしまいました。 笑 振り返ると本当にバカな大学生でしたね。 おそらく、大学時代を振り返ると本当に浅はかだった・・・という思い出が誰でもあるはず。 でも、大学生である本人はそれに気付かない。 自分がバカで愚かであることに気付かないんですよ。 笑 その無鉄砲さが良い方向に転がる場合も勿論あるのですが・・・ 僕の経験的には• 彼女を傷つけてしまったり• お金を無駄遣いしてしまったり• 人と疎遠になってしまったり 失敗してしまった体験しか思い浮かばみません。 笑 その精神的な浅はかさが先ほど出した2つの原因「甘いセールス文句」「SNS利用者が多い」にも大きな影響を与えます。 身近なSNSでキャッチーなセールス文句で販売されたらノリでお金を出してしまうわけ。 それが入り口で、一歩踏み込むと巧みなセールスが次から次へと襲いかかってきて・・・最終的には借りなければお金を捻出できない状況に引きずり込まれるんです。 また、ノウハウやツールを購入してかげなかった場合「もっとお金を出せば稼げるようになる」と勘違いしやすいのも、若ければ若いほどありがちだと思います。 勿論、多くのお金を出せば良いものが手に入るという可能性は高いですが、全てがそうではありません。 セールスのテクニックを少し学べば、価格をただ安くすれば消費者が食いつくわけではない事が分かります。 値段設定を高く設定した方が売れる場合があるんですよね。 だから、 「値段=品質」という目で見るのは本質を見極める上では間違っているんですよ。 売る側としては売れれば良いわけで。 当然、リピーターを付けたい場合は品質にこだわり抜き、サポートなどを充実させる必要があるのですが、全ての販売業者が良質な商品を提供しているのではありません。 だから• ノウハウにお金を出せば稼げる• 少しでも高額のものを買えば稼げる という思考に陥らないように。 稼ぐためには「本質を見極める目」と「全ては自分次第」だという認識が必要です。 だって、先ほど紹介した「カシャカシャビジネス」だって詐欺として罰する事が出来ないし、稼げた人がいるのも事実なんです。 さて、ここまで大学生がなぜネットビジネスに手を出してしまうのか、ハマりやすいネットビジネスの落とし穴は何なのか、なぜ落とし穴にハマってしまうのかを解説しました。 そこで、 最後にどうすれば大学生がネットビジネスの落とし穴にハマらないかを解説します。 既にその業界で稼いでいて、経験値が十分ある人は正しい判断が出来ますので何でも相談をするべきです。 ただ、こんな最高な環境にいる人はほぼいないと思います。 今ではネット上でコンサルやサポートを受けることも可能な時代なので、そういう人を探すのも1つの手なんですが・・・ その過程で変なヤツにサポートを申し込んでしまうとやっぱりお金だけ取られるという最悪の状況を招きます。 そこで意識して欲しい点は、「人気のノウハウを選ぶ」ということです。 他の人が手に入れているノウハウを手に入れるとやり方が被るので嫌だ・・・という人も多いと思いますが、 多くの人が購入していると言うことは「1つの信頼できる指標」となります。 ネットビジネスのノウハウが書かれた情報商材の場合、「殿堂入り」となっている商品もたくさんあります。 そのようなノウハウは多くの人が手にして再現性があったノウハウであると判断できます。 それに、どんだけ経験値を積んでからそのノウハウを読んでも確実に得られるものがある。 そのため、購入する価値が十分にあるものなんですよ。 それを入り口にしてネットビジネスに参入して、徐々に経験値を積んでいくというのが大学生には良いんじゃないかなあと思います。 もしも何か分からない事があれば何でもメールをくれればお答えします。 ハクへの問い合わせは。 今回は「大学生とネットビジネス」についてお話をしました。 決して大学生を馬鹿にしているわけでも見下しているわけでもありません。 ただ、僕自身の大学時代を振り返るとやっぱり後悔する事が多々あったので。 これからネットビジネスでお小遣いを稼ごうと思っている大学生がネットビジネスに参入した事実を後悔しないで欲しいな・・・と思ってこの記事を書きました。 是非、ネットビジネスでお金を稼ぐ感覚を掴み、出来れば会社の奴隷とならない社会人になって欲しいな・・・と思っています。 この記事に関して何か分からない事があれば何でも聞いて下さい。 ハクへの問い合わせは。 今ではこうして色んな方に感謝されながらネットビジネスを教えていますが、ココまでくるのにはもの凄く遠回りをしてきました。 その振り幅の広い経験値から、あなたに「稼ぐためにはコレをすべき」とどうしてもお伝えしたい事がありまして・・・ 今回は僕のメルマガに登録をして頂いた方に無料プレゼントという形でお届けすることにしました。 ネットビジネスを実践してもなかなか稼げない・・・という人• 初めて取り組むから何から初めてら良いのか分からない・・・という人 には、是非とも受け取って欲しいプレゼントをご用意しています。 僕がうまくいかなかった時期から、どのようにして成功することができたのか。 ここまで読んでくれたあなたにこっそり教えます。 さらに、シークレット特典もご用意しています・・・詳細はをお読み下さい。

次の

大学生がネットビジネスで稼ぐ方法【難易度別まとめ】

大学生 ビジネス

大学生のうちにビジネスで稼ぐ経験をした方がいい理由• 多くの仕事が今とは違うものになるから• 長生きする分働く時間も長くなるから• 超高齢化社会になり若者の負担が大きくなるから それぞれ詳しく説明していきます。 多くの仕事が今とは違うものになるから 1つ目は「多くの仕事が今とは違うものになるから」です。 多くの人が分かっていると思いますが、 「AIの発展」は今の仕事の代替えしてくれますよね。 人間がやっていた操作をAIが自動操作でしてくれたり、人間よりも精度高い分析をしてくれます。 このような テクノロジー革命は明治維新の時にも同じことが起きています。 明治維新時は 工業革命が起き、江戸時代まで9割が農業の仕事であった世界を変えました。 現在起きているのは、AI革命であり AI革命で今の仕事のほとんどがなくなります。 明治以降、農業の代わりに生まれた仕事のようにAI革命後も新たな仕事が生まれるでしょう。 そして、ビジネスをすすめる理由は、 今の仕事を失う可能性があるなら自らビジネスを始めて稼ぎを失わない方がいいからです。 長生きする分働く時間も長くなるから 2つ目は「長生きする分働く時間も長くなるから」です。 「人生100年時代」という言葉を最近よく聞きますよね。 長生きすることは良いことですが、 長生きする分多くのお金が必要になってきます。 つまり、 仕事する時間も増えるわけです。 また、医療の発展・免疫力向上により年々、人間の寿命は伸びています。 今20代・10代の人にとっては「人生110年時代」かもしれません。 仕事70年労働するよりもビジネスをしておくことでお金や体力で苦労 しないのではないでしょうか。 大学生のうちから ビジネスをすることでお金を増やす仕組みを多く学び、なるべく早くお金から解放されましょう。 超高齢化社会になり若者の負担が大きくなっているから 3つ目は「超高齢化社会になり若者の負担が大きくなっているから」です。 日本社会の仕組み上、 高齢者 年金受給者 に対して若者 年金供給者 が金銭援助をしています。 しかし、 少子高齢化の時代は供給者が減っていて、受給者が増えています。 つまり、供給するお金がなくなっているため、受給者が年金を受けられない悲しい現実なんです。 若者にとっては自分たちの時期には年金が支払われない分、そのためにお金を工面しなければいけません さらに 新しい供給者 自分の子供 を育てるためにも費用がかかります。 大学生のうちから ビジネスをしておけば若い時に必要なお金も、高齢者の時に必要なお金も工面できるようになるのではないでしょうか。 大学生のうちにビジネス経験で得られるメリット 大学生のうちからビジネス経験で得られるメリットを紹介します。 メリットはこれらです。 若い時にお金を使う例• 勉強費用• 娯楽費用• 子供の養育費用• 結婚費用 特に子供はお金も時間もかかります。 お金を稼ぐために時間も奪われますし、子供の相手をすると時間を奪われお金の生産なんてありません。 他、さまざまなことにお金を使うので、その目測を立てられる経済感覚を得られます。 予測力を養えられる 2つ目のメリットとしては「予測力を養えられる」ことです。 変化する時代は先のことを予測しながら動かなければ、いつその仕事が終わってしまうのかわかりません。 また、予測が的中すれば良い波に乗れてめちゃくちゃ稼げる可能性もあります。 変化が多い時代だからこそ、先のことを見越せなければいけないビジネスで予測力を養いましょう。 就職以外の選択肢を得られる 3つ目のメリットとしては「就職以外の選択肢を得られる」ことです。 ほとんどの方の 就職理由は生活費を得るためではないでしょうか。 ビジネスして お金が稼げるようになれば生活費のために就職する必要はありません。 逆にビジネスをしてお金が稼げても 「学びたいことがあるから」という理由で企業に勤めることもできます。 つまりビジネスをしておくと就職以外の選択肢も増えるので、自分のキャリアの幅が広がります。 大学生のうちにビジネスをするデメリットは責任力 逆にデメリットとしては、 ビジネスで追わなくてはいけない『責任』を大学生が背負えるかどうかです。 この責任は、金銭的やりとりが発生したときに起きるので、そもそもビジネスをやらなければ大丈夫です。 一般的に真面目な大学生であれば、この責任を取ることはできるでしょう。 しかし、金銭的やりとりが把握できない量、発生してしまった場合にどのように責任管理 取引管理 をするのかは自分の力量次第になってくるので、そこは頑張ってください。 大学生ができるビジネス4つ紹介 大学生ができるビジネスはこれら4つです。 物販ビジネスの種類• 新品商品の卸業者• 中古商品の卸業者• 輸入商品の卸業者• 輸出商品の卸業者 1番有名なものでいうと、BookOffは中古商品の卸業者で有名ですよね。 しかし、 最近ではメーカーから直接販売する仕組みができているので、物販ビジネスは作り出せない学生にとってはなかなか厳しいかもしれません。 市場競争が激化していない輸入輸出市場が良いのではないでしょうか。 プロダクト開発 プロダクト開発は、 何らかのサービスを開発して提供するモデルです。 具体例としては、「メルカリ」のようなアプリ中古マーケットを開発することで、ビジネス展開する仕組みです。 これは 全てアイディア次第なので、アイディアとお金があれば全力で挑戦してみてほしいです。 シェアビジネス シェアビジネスは、 自分が所有するものを貸すことで貸した料金で利益を得るビジネスです。 特に有名なのがで、ホテルがわりに宿泊施設として個人がビジネス展開できますよね。 他にもシェアビジネスの例はこれらです。

次の