砂 の 惑星 映画。 カルトの帝王リンチでも大失敗した呪われた映画『デューン/砂の惑星』、リメイクの行方は?

映画『デューン/砂の惑星』のあらすじと感想/リメイクを見る前にまずはこれ!

砂 の 惑星 映画

子供の頃に日曜洋画劇場で観て、TOTOのテーマ曲は覚えていました。 特殊能力やアイテムについて特に説明は無いですが、近年は洋ゲーが好きな方も多いので特に難しくは感じないと思います。 粗削りな部分もありますが、現在とは時間の流れが違う映画なので、浸れるものがあると思います。 ハルコーネンがプカプカ浮かんでいると、ドラゴンボールに出てきそうな感じでした。 終盤、念力で戦闘機を撃墜していくシーンで、皆の発声の充実した表情が印象的でした。 主人公がただの優等生というか、あまりパッとせず、例えば小さい砂虫をチクチク虐めていたら怒ってデカイのが襲ってくる等、面白くなる要素は沢山あると想像が膨らみます。 映画が終わってもデューンの事を考えてしまいます。 年末公開予定のヴィルヌーヴ版が楽しみになりました。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ドゥニ・ビルヌーブ監督版「デューン 砂の惑星」は2020年秋全米公開 : 映画ニュース

砂 の 惑星 映画

ここでは、壮大な世界観を実写化するために集結した、豪華キャスト陣に注目したい。 「デューン 砂の惑星」は、貴重なスパイスが生産される砂漠の惑星アラキス(通称・デューン)を舞台に繰り広げられる覇権争いを描いたSF叙事詩。 1984年にドラマ「ツイン・ピークス」などのが『』として映画化し、カルト的人気を獲得している。 ヴィルヌーヴ監督による再映画版は2部作を予定しており、動画配信サービス「HBO Max」向けのドラマシリーズも企画されている。 [PR] 本作の主人公ポール・アトレイデスを演じるのは、『』などの。 オリジナル版でが演じたポールは、アトレイデス家の公爵レトの息子で、宿敵ハルコネン家の陰謀に巻き込まれ、逃亡を余儀なくされてしまう。 すでにポールのビジュアルは、映画の公式Instagramで公開されており、ティモシーは「大人になる前、ポールは軍を率いる父のリーダーシップを学んでいる。 10年後あたりに若き将軍になるつもりなんだ」と Vanity Fair で語っている。 ポールの父で惑星を統治するレト公爵を『スター・ウォーズ』新三部作でポー・ダメロンを演じた、ポールの母ジェシカを『』のが演じる。 心を読み、人を操ることができる母ジェシカは、ヴィルヌーヴ監督いわく「宇宙の修道女より優れている」存在なのだという。 さらにポールを指導する戦士たちには、DCヒーロー・アクアマン役で知られる(ダンカン・アイダホ役)、『』などで悪役サノスを演じた(ガーニー・ハレック役)といった顔ぶれが揃った。 [PR] また、『』シリーズのが、アトレイデス家と睨み合うハルコネン男爵役で、『』のが、アラキスの生態学者リエト・カインズ博士役で出演。 オリジナル版でが演じていたカインズ博士は、本作で設定が白人男性から黒人女性に変更となっている。 その他、『』の(ハルコネン男爵の甥ラバン役)、『』の(謎の女性チャニ役)、『』の(原住民の族長スティルガー役)、『』の(修道女団の教母役)といった主役級の俳優たちが脇を固める。 (編集部・倉本拓弥).

次の

映画「砂の器」の名子役、アメ車カスタムの社長に…ドラマ&映画でカーアクション担当

砂 の 惑星 映画

しかし、彼が描いた世界観はマニアの間では評判でコアなファンがいるのも事実である。 怖いもの見たさと言うべきか、あるいは百鬼夜行を傍観者として見るような感触なのか。 この映画の主役はカイル・マクラクランで若く凛々しい姿が懐かしい。 「」でもおなじみのショーン・ヤングも出ており、まだういういしさが残っている。 彼女はSF映画がよく似合う。 また、ロック歌手のスティング(ポリスのボーカリスト)も出ている。 出番は少ないがその圧倒的な存在感はさすがである俳優に専念しても成功したに違いない。 映画音楽にはTOTOも参加している。 製作費は30年前で40億かかっている、現在の金額に換算すると100億はゆうに超す価値があるのではなかろうか相当な金がかかった作品とも言える。 原作はフランク・ハーバートの「Dune」で1965年から20年間にわたって書き続けられてきたSF古典である。 ヒューゴー賞、ネビュラ賞を受賞している。 物語が壮大過ぎて映像化が不可能と言われていた。 CGのなかった時代に苦労したと思う、映画を観るとチャチな感じがするのは仕方がないのかもしれない。 しかし、残念ながら映画ですべてを表現することは出来ず、結末はダイジェスト版になってしまっている。 (大変残念な出来である。 )一般的なSFファンや原作者にも不評で、成功した映画とは言い難い。 物語を要約すると「砂に覆われた砂漠のような惑星アラキス、通称デューンを舞台に、この星にしか存在しないメランジと呼ばれるスパイスをめぐる争いを中心に、救世主一族の革命と世界の混乱が壮大に描かれている。 」 デューンには巨大ミミズのような砂虫(サンドワーム)が生息しており、宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」に出てくる王蟲(オーム)にも影響を与えたと言われている。 また、この物語の世界観は「」にも受け継がれている。 砂虫は命の水やメランジを生成する。 メランジとは不老不死の妙薬でかつ、これを使えば恒星間飛行能力を得ることも出来る。 惑星アラキスを制する者は、宇宙をも制するとされている。 ストーリー ストーリーを少し紹介すると、人類が恒星間帝国を築き上げた時代、帝国の皇帝であるシャッダム4世は、自分の地位を不動にするため、公家どうしを競わせ弱体化させる戦略を取る。 この策略のためアトレイデ家を豊かな海洋を持つ惑星カラダンから砂の惑星アラキスに移住させる。 しかし、惑星アラキスで待っていたものは宿敵ハルコネン家でありハルコネン男爵の謀略によってアトレイデ家は滅亡してしまう。 アトレイデ家の当主レト侯爵(ユルゲン・プレフノフ)は殺されるが、息子のポウル(カイル・マクラクラン)と母のジェシカ(フランセスカ・アニス)は砂漠に逃れる。 ポウルは砂漠の民フレーメンの間に伝わる宗教儀式において「命の水」を飲むことによって未来を透視する超能力を得る。 そしてフレーメンの救世主となる。 (目がブルーになっちゃうね) また、彼は生態学者リエト・カインズ(マックス・フォン・シドー)とフレーメン女性との間に生まれたチャニ(ショーン・ヤング)を愛するようになる。 ポウルは音声を増幅して強力な音波を放つ武器を開発する。 そして、砂漠に振動装置を差し込み、振動を出すことによってサンドワームをおびき寄せる。 サンドワームの上部に飛び乗り、この巨大な虫をコントロールする。 虫は多数のフレーメン戦士をのせ、ハルコネンの軍隊に向かって戦いを挑む。 果たしてポウルは父の仇を打ち、アトレイデ家を再興できるのであろうか。 レビュー 冒頭から気持ちの悪い映画だといったが、それのベスト3を紹介する。 ベスト1・・・・・ハルコネン男爵(ケネス・マクミラン)が非常に悪趣味で醜い、性格も陰険である。 顔には無数の吹き出物が出来、200Kgの巨体をサスペンサーと言う装置で浮遊させる。 奴隷の生血をススルのが趣味で、奴隷たちがいけにえにされる。 フェイド・ラウサ・ハルコネン(スティング)は彼の甥である。 ポウルとは同年齢で宿命のライバルと言える。 ベスト2・・・・次 に恒星間輸送を独占する宇宙協会(スペースギルド)、事実上は皇帝をも上回る力を持 つ。 構成員はメランジの大量摂取によってミュータント化した航宙士たちでナビゲーターと呼ばれる。 巨大な芋虫あるいはしわくちゃなバッタのような生き物になっている。 しかし彼らがいないと、恒星間の移動は出来ない。 貴重な水先案内人である。 ナビゲーター ベスト3・・・・さらにベネ・ゲセリットといわれる魔女の集団、メランジによって強化された知覚力と記憶移植技術を持つ。 彼女らは公家の婚姻を利用して子孫を増やしている。 未来をコントロールすることを目指して修行しており、外見は不気味な顔と衣装に包まれている。 ポウルの母親ジェシカと妹のエイリアもこの系統である。 僕の記憶に残っている一番のシーンはポウルが巨大なサンドウォームを乗りこなす場面であり、カイルがカッコイイ。 この先はダイジェストになっており、物語の展開が足早に語られる。 前半・後半の2つの映画に分けた方が良かったのではないだろうか、あまりに時間が足りない。 しかも、本でも読んでいない限りストーリーがチンプンカンプンで良く分からない。 ポウルの母親役のフランセスカ・アニスがあまりにも美人で周りの女優が霞んでしまっているのも記憶に残っている。 しかし、結末の方で彼女はグロテスクな魔女に変身する。 さすがにショーン・ヤングまでは魔女に変身しなかったのが幸いである。 将来、再映画化されることがあるかもしれないが、スターウォーズのようにもう少し万人に受けるような仕上がりにしてほしい。 ただ、原作もこの映画も後のスペースSF映画に大きな影響を与えていることは間違いない。 まあ、観ておいて損はない映画だと思いますよ。 人気記事• 277件のビュー• 203件のビュー• 108件のビュー• 102件のビュー• 68件のビュー• 56件のビュー• 54件のビュー• 51件のビュー• 42件のビュー• 41件のビュー• 40件のビュー• 35件のビュー• 30件のビュー• 28件のビュー• 25件のビュー• 23件のビュー• 23件のビュー• 21件のビュー• 21件のビュー• 18件のビュー• 18件のビュー• 17件のビュー• 16件のビュー• 16件のビュー• 16件のビュー• 14件のビュー• 14件のビュー• 12件のビュー• 12件のビュー• 12件のビュー.

次の