昨日あなたにメールを送っておけばよかった 英語。 thx、lol、rip、wtf、omg 以外にも沢山ある英語のネットスラング一覧

【ビジネス英会話】英語の電話対応に焦らずにすむ定番フレーズと基本パターン — Joyz

昨日あなたにメールを送っておけばよかった 英語

こんにちは、LIGブログ編集部です。 こちらは、「社会人としてのビジネスマナーの基本をもう一度見直したい」と思っている人に向けての全5回のシリーズ記事です。 さて、ビジネスシーンにおいて、今や最も主要な連絡ツールの1つといえるのが「メール」です。 いつでもどこでも用件の送受信・確認ができるなど利点が多い反面、 顔の見えないコミュニケーションだけに、相手に思わぬ誤解をあたえてしまうリスクも伴います。 ビジネスメールの注意点については、合わせてもご覧ください。 本来はビジネスを円滑に進めるために用いられているはずのメールでのやり取りが、逆に 効率性を落としてしまったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。 ビジネスメールが当たり前のように使われている現在だからこそ、マナーをしっかりと守り、仕事を円滑に進められるようなメールのやり取りを心掛けないといけません。 そこで本日は、毎日たくさんのメールを書きつつも、きちんとした書き方について学んだことがなかったというビジネスパーソンに向け、メールに関する基本的なビジネスマナーを紹介したいと思います。 まずは連絡手段はメールが最適なのか検討する メールは確かに便利ですが、いつも最適な手段というわけではありません。 たとえば、今すぐ相手に確認を取りたい場合やお詫びをしたい場合などは、対面や電話のほうがいいはずです。 さまざまな場面を考慮しながら、ビジネスにおいて常に最適なコミュニケーションを選択できるようにしましょう。 急ぎの用件には使わない メールは相手が不在でも一方的に送ることができます。 しかし、送信したものを相手がすぐに読んでくれるとは限りません。 緊急の用件のときには、電話を使うのが基本です。 重要な件では電話確認も入れる 送信経路で何らかのトラブルがあり、メールが不達になってしまう場合もあります。 内容が重要なときは電話で「これからメールをお送りします」「今メールを送りました」と一報を入れるのがよいでしょう。 複雑な件はメールと電話を併用する 長文のメールは読みにくく、ニュアンスも伝わりにくくなってしまいます。 複雑な用件の場合は、メールと電話を併用するなどの工夫をしましょう。 ビジネスメールでは「読む相手のこと」を一番に考える メールの送信先となる相手は、忙しい中で時間を割き、あなたのメールを読んでくれているのです。 その文面を読みやすいものにすることは、最低限のマナーといえるでしょう。 以下、メールを読みやすくするための工夫について紹介していきます。 件名だけで内容を伝えられるよう工夫しよう メールの件名は、 本文全体の要約となるような意識でつけるようにしましょう。 「お疲れさまです」など何の工夫もない件名のメールでは、その他大勢のメールに埋もれてしまい、忙しい相手には読まれることなく終わってしまうかもしれません。 件名を見れば本文を読まなくても大丈夫というぐらいにまとめられるのが理想ですが、例えば• また、冒頭に【】で注意を促すひと言を入れたり、差出人の社名・氏名を記入しておくのも効果的です。 相手がその差出人をすぐに特定できるだけでなく、後から検索もしやすくなります。 書式を読みやすいものに整えよう メールは簡潔に、かつ必要なことをきちんと相手に伝えることが大切です。 相手への敬意も欠かせません。 以下の最低限の書式は整えておくようにしましょう。 差出人(自分の表示名) 社名、氏名、メールアドレスはきちんと表示されるように設定しておきましょう。 宛先欄 受信したメールにそのまま返信する場合に発生しがちなケースですが、 宛先欄に表示された相手の名称に敬称をつけず送ることのないよう注意しましょう。 また、取引先よりも先に自社の人をおくことのないようにしてください 本文 以下は、メール本文において一般的に推奨されているルールです。 自身のメールがきちんと書けているか、チェックしてみてください。 本文は、相手の社名・部署名・肩書き・氏名・敬称から始める。 1行目に社名、2行目に部署名、3行目に肩書き・氏名・敬称を書く• 企業名は正式な名称で記載する。 略名や 株 などの使用は避ける• 書き出しでの頭語や時候の挨拶は不要。 「お世話になっております」など、簡単な挨拶の言葉で始めるようにする• 長い前置きは避け、簡潔に名乗る• 一行あたりの文字は25〜35文字程度を目安にする• 5行程度の意味のまとまりで一段落とする。 段落間は1行空け、読みやすくする• 用件は、5W2H(いつ・どこで・誰と・なぜ・何を・どのように・いくらで)を意識しながら、簡潔にまとめる• 用件に理由や背景が必要であれば、前後で簡潔に伝えるようにする• 日時など、箇条書きにできる項目は(そのほうが読みやすければ)箇条書きにする• 結びは「よろしくお願いいたします」など、簡単な挨拶の言葉で締めくくる• メールの最後に署名をつける。 署名には、会社名、部署名、住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどを入れる 重要度機能は原則使わないようにしよう メールの「重要度」機能は、 特に社外の人に対しては原則使わないようにしましょう。 「一方的で自己中心的な印象を受ける」という人も多いようなので、社内であっても上司への使用などは推奨しません。 自分にとって重要な件であっても、相手にとって重要とは限りません。 やはり「相手の立場に立って送信することが大切」だと心得ましょう。 補足:読みやすいメールが必要な理由 あなたは自分の上司のメールボックスを見たことがありますか? もちろん業種などにもよりますが、いわゆる管理職と呼ばれる人たちのメールボックスは、社内各方面からの承認依頼・取引先からの確認やクレーム・部下からの報連相・偉い人からのリマインドなど、あらゆるメールで溢れかえっています。 役職が上になればなるほどその傾向は増す一方で、全てのメールにきちんと目を通していては、それだけで一日が終わってしまうという人も決して少なくありません。 とはいえ、送る側も確認しなければいけない事項があるからこそメールをしているのであり、無視をされては仕事がストップしてしまうことにもなりかねません。 だからこそ、メールはわかりやすく、次のアクションが起こしやすいような書き方で送ることが、ビジネスを円滑に進めるためのポイントになるのです。

次の

出産報告メールで怒りをかいました

昨日あなたにメールを送っておけばよかった 英語

「良かったです」という言葉は、「良い」という言葉の過去形である「良かった」の丁寧語と解釈することができます。 日常的な会話で使うときには、何かに対して「良かったね」「良かったですね」と反応するときなど、便利に使うことができる言葉です。 形容詞の過去形は注意が必要です。 「良い」というような「い形容詞」といわれる形容動詞は、過去形になるときに、「~~かったです」となり、否定形の場合は「~~くなかったです」と表現することになります。 一方で、「きれいな」というような「な形容詞」と言われる形容動詞は、過去形になるときには「~~でした」となり、否定形の場合は、「~~じゃありませんでした」となります。 「良かったです」のビジネス敬語 上記の例文を適切に表現するとどのようになるのでしょうか。 <例文> A社部長「先日提案いただいた内容は、社内でも評判で取り入れることにしました」 弊社担当「それは、たいへんうれしく存じます。 ありがとうございます。 」 上司「昨日の君のプレゼンはわかりやすかったよ」 部下「お褒めいただき、ありがとうございます。 次回のプレゼンもわかりやすく伝わるよう努めます」 このような場で使っている「良かったです」は相手への感謝の気持ちや謙遜の気持ちとして使われていることがわかります。 そのため「良かったです」というあいまいな表現ではなく、しっかり感謝を述べたり、謙遜の言葉で表現するほうがいいでしょう。 しかし、謙遜の言葉を使いすぎるのは注意が必要です。 必要以上に謙遜することによって、自信がないようにとらえられたり、せっかくの言葉を受け取ってもらえないという印象を相手に与えてしまうことがあるからです。 「良かったです」ではないほかの言葉を使う また、「良かったです」ではない、ほかの似ている言葉を使うこともできます。 ここからは「良かったです」の代わりとして使える言葉と、それを使った例文についてご紹介します。 「何よりです」 「何よりです」という言葉はビジネスや目上の人との会話の中でとても使いやすい言葉であると言えます。 「何よりです」は、ほかのものよりも抜きんでていることや、それよりもほかにはないこと、というようなことを意味しており、「良かったです」というような意味合いとしても使うことができないわけではありません。 <例文> A社部長「先日提案いただいた内容は、社内でも評判で取り入れることにしました」 弊社担当「お役に立てて何よりです。 よりいい商品になるように、改良を重ねます」 上司「昨日の君のプレゼンはわかりやすかったよ」 部下「それは何よりのお言葉です。 必死に準備をした甲斐がありました。 ありがとうございます」 いかがでしょうか。 相手に対して失礼に当たることもなく、相手へのお礼や感謝の気持ちもあわせて表現することができます。 尊敬語ではないため注意が必要 しかしこれは尊敬語ではないため、使う相手は見極める必要があります。 身近な上司ではなく、社長や役員などのかなり目上にあたる人と話すときには、より適切な尊敬語が求められることもあります。 「良かったです」の敬語でのメールの書き方 続いては、「良かったです」という言葉を敬語で表現したいとき、特にメールでのコミュニケーションのときには注意が必要です。 特にビジネスメールにおいては、直接的な表現は避けた方がいいと言われています。 以下に「良かったです」という言葉を使ったメールをご紹介します。 <不適切>「良かったです」を使ったメール文例 〇〇株式会社 〇〇部長 平素よりお世話になっております。 〇〇株式会社の〇〇でございます。 先日は弊社主催の集客セミナーにご参加いただき、誠にありがとうございました。 〇〇部長にはぜひともお会いしたいと思っておりましたので、お会いできてとても良かったです。 もし良かったら、その後の集客の状況について具体的に状況をお伺いし今後の施策について打ち合わせをさせていただければ良いと思いますが、ご状況はいかがでしょうか。 弊社は最新のIT技術を駆使して、そのサービスにおいても活用できる集客ツールの開発に力を入れています。 ぜひ御社でもご活用いただき、御社の集客にお役立ていただければ良いと思います。 なにとぞご検討くださいますようお願い申し上げます。 <適切>「良かったです」を言い換えた適切なメール文例 〇〇株式会社 〇〇部長 平素よりお世話になっております。 〇〇株式会社の〇〇でございます。 先日は弊社主催の集客セミナーにご参加いただき、誠にありがとうございました。 〇〇部長にはぜひともお会いしたいと思っておりましたので、お目にかかれて光栄でした。 もしよろしければ、その後の集客の状況について具体的に状況をお伺いし今後の施策について打ち合わせをさせていただきたく存じますがご状況はいかがでしょうか。 弊社は最新のIT技術を駆使して、そのサービスにおいても活用できる集客ツールの開発に力を入れています。 ぜひ御社でもご活用いただき、御社の集客にお役立ていただければ幸いに存じます。 なにとぞご検討くださいますようお願い申し上げます。 比較と解説 「良かったです」や「良い」、「良かったら」という言葉を多用した例文をご紹介しました。 この2つのメール文例において表現を変えた部分について、具体的に解説します。 「お会いできて良かったです」 「もし良かったら」 この「もし良かったら」という表現も、日常会話の中ではよく使うのではないでしょうか。 しかしビジネスでのメールにおいては、少し砕けすぎであるととらえられてしまうため注意が必要です。 この場合は、より丁寧に表現して「もしよろしければ」や「ご迷惑でなければ」、「差し支えなければ」という表現を使うのが適切であると言えるでしょう。 「良いと思います」 この「良いと思います」という表現も、ビジネスでの会話やビジネスメールで使う言葉としては適切ではないでしょう。 この場合は、「幸いです」という表現を使いました。 この「幸いです」は謙譲の意味が添えられていることが分かります。 「こうしてもらえたらうれしい」「こうしてもらえたらありがたい」というような、遠慮がちな表現でもあり、自分が相手に対してへりくだるときに使う表現であることが分かります。 そのほかにもより目上の人に使う場合には、「幸いに存じます」「幸甚に存じます」のような表現を使うこともできます。 そのほかの間違えやすいビジネス敬語 ここまで「良かったです」という言葉のビジネスにおける使い方について解説してまいりました。 このように、ビジネスにおいては、使い方が難しい言葉や敬語が数多くあります。 以下に間違えやすいビジネス敬語についてをご紹介しています。 よくよく考えればわかる敬語が、誤った使い方で定着していることもあります。 しかし、「良かったです」という言葉をはじめ、しっかりと敬語を使い分けている人にはすぐにわかってしまいます。 一度自分の使っているビジネス敬語を見直してみるといいでしょう。 「ご苦労様です」 上司に対して、「ご苦労様です」と言っていませんか。 「ご苦労様」は目上の人が目下の人に対して使うときの言葉です。 上司や同僚に対しての挨拶としては「お疲れ様です」を使うようにしましょう。 また、まれに「お疲れ様でございます」という言葉を使うことがあります。 これは文法上の誤りでもありませんし、二重敬語になっているわけでもありません。 しかし「ございます」という表現が重く受け取られることもあるため、同僚間などではあまり使いません。 社長や役員などのより目上の人に対しては使うことができると言えるでしょう。 「了解しました」 また、「了解しました」もビジネス上の敬語としては不適切です。 同僚との間であれば使うこともありますが、目上の人や社外の人に対しては「承知しました」や「かしこまりました」という言葉を使うようにしましょう。 「なるほどですね」 最近の若い方で「なるほどですね」という言葉を使う方がいますが、これは誤っています。 そもそも「なるほど」という言葉は、目下の人が目上の人に使うことはできない言葉です。 「なるほどね」という言葉を丁寧に表現しているようにとらえられているようですが、ビジネス上で使うには不適切であると言えるでしょう。 「〇〇様でございますね」 受付対応や、電話対応の際にお相手の名前を聞き、その後の確認で「〇〇様でございますね」と言われることがありますが、これも誤りです。 「ございます」は丁寧語であるため、ここでは尊敬語を使うのが適切です。 そのため、「〇〇様でいらっしゃいますね」という確認の言い方が一番適切であると言えます。 「とんでもございません」 またこれもよくある間違いですが、「とんでもございません」という表現は丁寧に聞こえますが、あやまった表現です。 そもそも「とんでも」と「ない」は分けることができない、「とんでもない」という一つの言葉です。 「とんでもないです」と使うか、「とんでもないことでございます」というような表現をすることになります。 「よろしかったでしょうか」 この「よろしかったでしょうか」という表現もよく用いられますが、「よろしかった」のように過去形になっているのは不自然です。 「よろしいでしょうか」や「よろしいですか」と使うのが適切な使い方です。 「休みをいただいております」 「良かったです」という言葉の、ビジネスにおける使い方についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。 日常的な会話の中で「良かった」や「良かったね」という言葉はよく使うため、ビジネスにおいても丁寧な表現をさせて「良かったです」という言葉として使いたくなりがちです。 しかし、日本語にはよりよく表現できる言葉がたくさんあります。 その言葉の種類が多いことや、丁寧語をはじめとした尊敬語・謙譲語のような敬語表現なども多彩であることから、その使い方には注意を払う必要がありますが、しっかりマスターすれば自分の考えていることや感じていることをより適切に表現することができるようになります。 ぜひこれを機に、一度ご自身の仕事において使っている敬語や、ビジネスメールに使っている言葉を見直し、適切な表現に変えてみてはいかがでしょうか。 「そう言ってもらえて嬉しい」の敬語表現は?.

次の

質問に対する回答へのお礼メール|ビジネスで使える丁寧な例文

昨日あなたにメールを送っておけばよかった 英語

スクート(SCOOT)現金払戻し申請方法 申請の際に気を付けて頂きたいのが、 一発勝負なんです。 クリックしたら申請完了になってしまうので、確認画面も何も出ません。 だから間違えてバウチャーの方をクリックしてしまったら、それで申請されてしまいます。 私もクリックしたら、申請画面に飛ぶのかな?と思ったら、「申請完了しました」と表示されるだけで、どちらで申請したかもその画面で確認できず、確認メールする届きません。 一回クリックしたら、確認も修正もできないんです!! スクートからの払戻し申請メール(原文のまま) As you will be aware, Covid-19 has had a significant impact on many organizations and, sadly, people. We are sorry that it also affected your travel plans with Scoot. (ご存じのとおり、Covid-19は多くの組織、そして悲しいことに人々に大きな影響を与えてきました。 Scootを使用した旅行プランにも影響が出て申し訳ありません。 ) Arising from customer feedback, we have reviewed our policy for handling affected guests. You will recall that we had originally provided you with a full refund in the form of travel vouchers. We are pleased to now offer you a wider range of options as detailed below: (お客様からのフィードバックに基づいて、影響を受けるゲストの処理に関するポリシーを見直しました。 私たちは当初、旅行券の形で全額払い戻しを提供していたことを思い出してください。 以下に示すように、より幅広いオプションを提供できることを嬉しく思います。 You may use both vouchers together for any future booking. You have 12 months to use these vouchers to make a new booking, for any travel period available on our website at the time of booking. (このオプションを選択すると、元の予約の値の20%に相当する追加のバウチャーが届き、以前の全額払い戻しが強化されます。 将来の予約では、両方のバウチャーを一緒に使用できます。 これは2〜4週間で届きます。 予約時に当社のWebサイトで利用可能な旅行期間について、これらのバウチャーを使用して新しい予約を行うには12か月かかります。 ) Option 2: Receive a full refund via the original mode of payment (オプション2:元の支払い方法で全額払い戻しを受ける) Please note that the refund to your original mode of payment might take up to 14 weeks. We are doing our best to process the refund requests as soon as possible. If you have already received a refund in travel vouchers for this booking prior to this email, your original travel voucher will be voided. Please indicate your preference by selecting one of the options below: (元の支払い方法への払い戻しには、最大14週間かかる場合があります。 払い戻しのリクエストはできるだけ早く処理できるよう最善を尽くしています。 このメールの前に、この予約の旅行券の払い戻しを既に受け取っている場合、元の旅行券は無効になります。 As we navigate this challenge, we would like to thank you for your trust and patience — things we do not take for granted. (お客様の旅行計画がCovid-19によって中断されたために発生した不便を認めます。 この課題をナビゲートするにあたり、私たちが当たり前とは思わないことである、あなたの信頼と忍耐に感謝します。 ) We look forward to welcoming you back on board Scoot, once things return to a more normal state. In the meantime, please stay safe and healthy. (正常な状態に戻ったら、スクートに戻ってきてくれることを楽しみにしています。 それまでの間、安全で健康を維持してください。 ) For any other assistance, please contact us via our page. (その他のサポートについては、Facebookページからお問い合わせください。 (Facebookページで私たちを従事させるときは、「COVID-19 FLIGHT CANCELLATION」という引用を引用して、迅速にフィルタリングして迅速にサービスを提供できるようにしてください)。 そのあと何回やり直しを試みますが、もう申請完了になっているのでエラーがでるのみです。 ちょっと不安だったので、コールセンターも繋がらないので、サイトのフォーマットから念のため問い合わせしました。 Thank you タイトル:払戻しについてのメール受け取りました 本文:「元の支払い方法で全額払い戻しを受ける」を希望していますが、もし間違えてバウチャーでの払い戻しを選択していたら、「元の支払い方法で全額払い戻しを受ける」へ変更お願いします。 この内容で送信しました。 せっかくスクートさんが払戻ししてくれるっていうのに、二度手間かけて申し訳ないです… みなさんは、 払戻し選択ボタンを押すときは、 本当に間違いないかよく見てからクリックしてください! まとめ 払戻し完了まで、処理件数が多いため最大14週間かかると記載あります。 実際に払い戻されるなら、3ヶ月4か月後でもぜんぜん問題ないですね! よかったぁ、これでずっと長い間現金で払戻しできるように頑張ってたのが報われました。 スクートさん、フライトキャンセルが相次いで大変だと思いますが、ほんとうにありがとうございました。

次の