リトルマーメイド 劇団四季。 劇団四季「リトルマーメイド」大阪 払戻情報:チケットぴあ

劇団四季「リトルマーメイド」大阪 払戻情報:チケットぴあ

リトルマーメイド 劇団四季

劇団四季とディズニーの新次元ミュージカル「リトルマーメイド」。 劇団四季では、2013年4月7日 日 より、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏](東京・大井町)にて、ミュージカル『リトルマーメイド』のロングラン公演が始まりました。 『美女と野獣』(1995年~)、『ライオンキング』(1998年~)、『アイーダ』(2003年~)に続く「四季とディズニー」提携第4弾となります。 ミュージカル『リトルマーメイド』は、ディズニーが1989年に製作した劇場版長編アニメーションを自ら舞台化したものです。 最初の挑戦は2008年のブロードウェイ。 アニメーションの物語を華やかに再現した舞台は、劇場全体を使ったスケールの大きな表現が世界的な話題になりました。 そして2012年6月には、人魚伝説の故郷である欧州に渡り、神秘的な海の世界をシアトリカルに描いた「ヨーロッパ版」が誕生しました。 更に創造性に富み、洗練されたこのバージョンは、オランダを皮切りにロシア・モスクワでも上演されています。 ミュージカルでは、このアニメーションのストーリーラインを踏まえながら、脚本のダグ・ライトが、キャラクター造型や心情描写、各々の関係を更に丁寧に描き、奥行きあるドラマを紡ぐことに成功しています。 好奇心旺盛な彼女は、今日も幼なじみの魚、フランダーを連れて冒険へと出かけていく。 ある日、アリエルは航海中の船へ近付き、そこで人間の王子エリックを見つける。 たちまち恋に落ちてしまったアリエル。 しかし、船は彼女の目の前で嵐に襲われ沈没し、エリックは海に投げ出されてしまう。 溺れたエリックを抱え、必死に水面に向かうアリエル。 浜辺まで運ぶと、歌を口ずさみながら介抱をする。 朦朧としながらもアリエルの美しい歌声が脳裏に焼き付いたエリック。 自分を救ったその声に惹かれ、声の持ち主である女性を必ず見つけると心に決める。 一方アリエルも、父トリトンの警告をよそに、地上への憧れとエリックへの恋心をますます募らせていく。 アースラはアリエルに、「その美しい声と引き換えに、3日間だけ人間の姿に変えてやろう。 この間にエリックとキスを交わすことができれば、一生人間のままでいられる」という話を持ち掛ける。 ただし、それが果たせぬ場合は、アリエルの魂はアースラのものになるという…。 悩み戸惑うアリエルをアースラは言葉巧みに誘惑し、遂に契約書にサインをさせる。 そして、アリエルの尾ひれは人間の足へと変わり、彼女は憧れ続けた陸の世界に向かうのだった。 実はアースラは、海の王トリトンの姉であった。 自分を王宮から追放した弟を恨み続けていたのである。 弟の愛娘アリエルの恋心を利用して、海の王の力を奪おうと企んだのだ。 何も知らないアリエル。 ようやく人間の世界に辿り着き、エリックの王宮に招かれたものの、声を奪われた彼女は、自分がエリックを救い、彼が憧れる声の持ち主であることを伝えることかできない。 アースラとの契約の期限は刻々と迫ってくる。 果たして彼女の愛の結末は…。

次の

歌が素晴らしすぎる!劇団四季「リトルマーメイド」を見てきた感想

リトルマーメイド 劇団四季

劇団四季の最後の演者紹介で、いつも感動しているシンゴ です。 東京大井町で開催の劇団四季リトルマーメイドに行ってきました。 友人同士やデートの際、見終わった後のスケジュールを組むのに、必要となるのが上演時間。 しかし!! その詳細な上演時間がわからず。 これがわかっていれば、レストランも予約ができるのに。。。 さて、リトルマーメイドの上演時間はいったいどのくらいなのでしょうか? トータル2時間35分!! ズバリ、真ん中の休憩込みで、2時間35分です。 もちろん、多少前後することも考慮すると、多く見ても2時間40分見ておけば十分だと思います。 詳細な上演時間はこの通り。 時間 前半 1幕 70分 1:10 休憩 20分 後半 2幕 65分 1:05 わたしが観に行ったときの実際の時間はこのような感じでした。 前半 1幕 13:00〜14:11 休憩 14:11〜14:31 後半 2幕 14:31〜15:35 1幕の時間が少しずれたものの、 トータルで2時間35分!! おそらく、最終的には時間通りに終われるように、観客には氣づかれないレベルで時間調整してるんだろうなぁと思いました。 プロの仕事ですね〜。 さすが、劇団四季!! このように時間をきっちり守っているので、開始時刻もきっちりです。 遅刻しないように氣をつけましょう!! また、劇団四季に行くのが始めての方は休憩中のトイレに要注意です!! トイレ争奪戦が待っている。 前半 1幕 が終わり休憩が始まります。 幕が降りると同時くらいに一斉に人々が勢い良く動き始めます。 そうなんです。 みな、トイレ競争なんです。 あっという間に行列ができます。 特に女性トイレは見て驚くほどの大行列ができます。 休憩が20分ありますが、足りないのではないかと思ってしまうほどです。 当日はできるかぎり、上演前に済ませておくか、会場入りする前に済ませておくことをオススメします!! 本当にとても並びますから。。。 まとめ 劇団四季リトルマーメイドの上演時間は 2時間35分。 これで当日のスケジュールもきっと立てやすいはず!! リトルマーメイドを観ていると、2時間35分なんて、あっという間でした。 ぜひ、あなたも感動の劇団四季を楽しんで下さいね!!

次の

劇団四季リトルマーメイドの上演時間はどのくらい?事前にチェックしておきましょう!!

リトルマーメイド 劇団四季

今回緒方フランダーの後頭部すんごい見た気がする(笑) 選べるのであれば下手の端のほうがより自然に見られると思います。 まあ、微妙なことなんですが・・・ エリック王子の船ハルモニア号が登場した時には、 こういう風にやや下手に向かって船が泊まるので右舷がほとんど見えなくなります。 船乗りを演じている男性アンサンブルの内、 1幕では1枠(この日は安東さん)、 2幕のフィナーレでは4枠(山下さん)、5枠(田口さん)がほぼいないことになっていました(笑)。 下手端っこからは逆サイドのものが見えないはずですが、センターブロックの下手側に座った経験からすると、サイドブロックでも下手側の席の方が、よりバランスよく見えるはずです。 「海の中の音」が聞こえる 『リトルマーメイド』は、開演前と幕間に、客席に「波の音」が流れているのはどの席にいても聴こえます。 名古屋千穐楽で後方席に座って、海中の場面で、ブクブク、ゴゴゴーといった、「海の中の音」があることに初めて気が付きました。 一般的な効果音とは違う感じで、センター席では気が付きませんでした。 効果音って、必ずしも、前方のスピーカーからだけ流れているわけではなく 後方にもスピーカーがあって、会場全体が海の中に包み込まれているような空間演出がされているみたいです。 そのために、後ろの席だからといって、前の方でやっていることを遠くから眺める、という感じにはなりにくいです。 照明による演出がはっきりわかる 後方の席から見ると照明がキャラクターの心理含めて1つの「表現」になっていることが「おお!そうなんだ」という感じで新鮮でした。 パペットの動きのメリハリがよくわかる 『リトルマーメイド』には、海の中の生き物たちがたくさん登場します。 役者さんがオブジェクトを体をつけて演じるフェザーフィッシュ、ウニ、ハリセンボンなどと、 シルバーフィッシュ、エイ、エビ、クラゲなど、手にパペットを持って動かすものがありますが、 特に、シルク素材を使ったエイやクラゲの動き、水の中の浮遊感は、後方の席から見たほうが分かりやすいかもしれません。 幕開きに登場する魚の群れをあらわしたシルバーフィッシュが、アリエルの姉アクァータに驚いて、素早く方向を変える動きが好きなんですけれど、後ろの席からでも、意外とそうした細やかな「表情」は感じられるものだな、と思いました。 オフマイク音って意外と聞こえる・・・ 劇団四季は、脚本家が書いた言葉を正確に届けることを大事している劇団なので、台本に載っているセリフのアドリブで変えることはありません。 でも、マイクがオフになっている時に、会話していることがありますし、台本にある台詞と台詞の間にも、ちょっと相槌のような言葉が入ることがあります オフマイクの会話・言葉には、役者さんの個性が垣間見えるので、聞くのがけっこう楽しんですよね^^ もちろん、1階の1~4列目くらいまではこうした「オフマイク」が一番よく聞こえます。 後ろの席では、複数の人が同時にしゃべっているような場面では、個々の言葉が何を言っているかは分からなくなってしまいますが、 言葉が重ならないところでは、喜ぶ、驚く、怒る、などで比較的大きな声でいうオフマイクの言葉は後方席でもわかりました。 また、ため息をつく、息をのむ、などの「呼吸」も20列目くらいでもはっきりわかります。 とうことで、後ろだから臨場感がないとか、演技の細やかさが分からない、なんてことはないです。 「作品」としての完成度は後ろの席の方が分かるかも? 台詞も歌も、すべてが音響さんが演出に合わせて調整した音で聞こえるので、まるで映画を見ているように感じました。 普段は、前日予約で4列か6列に座ることが多く、 そのくらいの位置だと、スピーカーを通した音より、むしろ生の声の印象の方が強いです。 それもまたいいものなんですけれど。 劇団四季専用劇場は、どの席でもそう極端に遠い、とかはないので、月並みな言葉になりますが、 作品の世界観をバランスよくトータルで見るなら後ろ目の席 俳優さんの表情やパワーを直接感じたいなら前方の席 で、どちらもそれぞれの良さがあると思います。 今回の席のように、端っこは端っこのよさがあるわけで、海の中の音はたぶん壁付けスピーカーから出ていて、 その音はセンターブロックだとあまり聞こえないんですよね。 何度も観ていたら、「アンダー・ザ・シー」やその他の場面で、「青衣(あおこ)」をやっているアンサンブルが、どなたなのかを知りたくなったりすると思うんですが、 4列くらいだと角度によっては、顔布が透けて結構顔が分かるんです。 例えば、トロピカルフィッシュを操作する青衣の方(男性アンサンブル5枠)が客席の上にトロピカルフィッシュを泳がせるときに、すっごい良い表情をされていることがあるんですが、そういう楽しみは10列よりも後ろに行ったら、分からないです。 (ところで、東京のC席の時どうだったかあまり覚えていないのですが、 8月26日に関しては、後方席から聴くと、ほんのちょっとなんですが、エコー効かせ過ぎかな、と思うところがありました。 少し喉が疲れているのかしら、と思った方がいらしたのでカバーするようにしていたのかも・・・) まとめると やっぱり、1階席なら2階席が被らない程度の位置でセンターブロックに座れればそれにこしたことはないですし、 1階席の後ろよりhあ2階席の方が見切れが少ないのですが、 でも、ファミリーゾーンS席で、後ろの端っこだからといって、ものすごく見にくいというわけでもないんだな、と分かりました。 劇団四季専用劇場は、基本的にはどの席もすごく遠くはならないように設計されているので、舞台が遠いーという感じもないです。 ピンポイントで、このキャラクター(俳優さん)の、この場面が絶対にちゃんと見たい、といった事情がなかったら、 S席ならそんなにはずれはないなんじゃないかと思います。 『リトルマーメイド』大阪公演のおすすめ席については、こちらの記事も参考にしてみてください。

次の