賞与 源泉。 ボーナスにかかる源泉所得税の計算方法をかんたん解説

賞与に対する所得税(源泉徴収)とは

賞与 源泉

上の画像の 紫色の枠囲み部分。 上の画像の 赤色の枠囲み部分。 給与所得者の 扶養親族等の状況、 前月の社会保険料控除後の給与等の金額、 賞与等の金額を、 ルールに従って賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表の3つの区分にあてはめ、税額を算出する仕組みになっています。 では、細かい説明をする前に簡単な例で税額を算出してみます。 税額を算出する流れ 表を見ただけで、使い方はある程度、予想できるかと思いますが、税額を算出するステップは次のとおりです。 扶養親族等の数については、次の記事を参照してください。 関連記事 > 前月の社会保険料等控除後の給与等の金額とは? 「 前月の社会保険料等控除後の給与等の金額」とは、前月の給与の金額(非課税通勤手当を除く)から(前月の)健康保険、厚生年金、雇用保険等の社会保険料等を控除した金額ですが、 前月に給与の支払がないというケースもありますので、注意が必要です。 (前月の給与を確認するところがひと手間です。 ) でも心配いりません。 実務では給与計算用のソフトウェアを使って処理するのが一般的なので、表の見方がわからなくても、基本的な設定さえ間違えなければソフトウェアが自動で計算してくれます。 (じゃあ、この記事を読まなくても・・・なんて思わないでくださいね。 基本は大事です。 ) ソフトウェアはそこそこ有名な会社のものであれば、機能はほぼ一緒なので、どこの会社のものを使っても問題ありません。 私のクライアントの中では の人気が高いです。 一般的な給与計算のソフトウェアでは当たり前の機能となっていますが、 年末調整や マイナンバー管理の機能もあります。 (とりあえず使ってみるでも良いかも知れません。 サポートもなかなか充実していますよ。 ) クラウド会計ソフトではfreeeと人気を二分するMFクラウドシリーズも忘れてはいけません。 MFクラウドシリーズにも「」シリーズに「MFクラウド給与」という給与計算システムがあります。 (どっちも良くできていると思います。 それぞれ同系列のシステムとの連携もいいですよ。 ) いろいろな算出方法 いろいろなケースを想定して賞与に対する源泉徴収税額の算出率の確認方法を確認してみます。 甲欄の場合 最初に「 甲」欄のケースを確認します。 扶養親族等の数が8人以上になるケース かなり珍しいケースですが、扶養親族等の数が 8人以上になることがあります。 この場合は「 7人以上」の欄を参照します。 難しい計算方法ではないので、具体的な計算方法は省略します。 次の記事で確認してみてください。 (令和2年分の記事は後日、掲載します。

次の

給与額の10倍を超える賞与を支払うときの源泉税額の計算|お役立ちコラム|経理アウトソーシングのCSアカウンティング株式会社

賞与 源泉

「協会けんぽ」は全国健康保険協会が運営しており、一般に中小企業が多く加入しています。 一方、大企業は自社やグループ会社全体で健康保険組合を設立している場合が多いです。 協会けんぽは会社がある都道府県により健康保険の保険料率が異なりますが、健康保険組合は3. 一般に、健康保険組合の保険料率の方が、協会けんぽの保険料率よりも低く設定されている場合がほとんどです。 また、健康保険料は通常労使折半となっていますが、健康保険組合のなかには被保険者の保険負担率を少なくし、従業員を優遇している組合もあります。 協会けんぽの平成31年3月分(5月7日納付期限分)からの介護保険料率は「1. (参考:) なお、介護保険の第2号被保険者(40歳以上65歳未満)の資格取得日は40歳の誕生日の前日であり、誕生日の前日が属する月から介護保険料が徴収されます。 例えば、7月1日生まれの人が40歳になる場合、資格取得日(誕生日の前日)が6月30日のため、6月から介護保険料の徴収が始まります(会社員の場合は6月分の賞与から天引き)。 <介護保険料の計算例> 上記の健康保険料の計算例のケース(A社が平成29年6月にBさん(45歳、月収30万円、扶養親族2人)に賞与50万円を支払う場合)では、Bさんの介護保険料は以下のようになります。 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」は、でご参照いただけます。 <源泉所得税の計算例> 上記の健康保険料の計算例のケースでは、Bさんの源泉所得税は以下のように計算します。 扶養親族2人、 1 が254,895円の場合の「賞与に乗ずべき率」は2. したがって、Bさんの賞与の手取り額は、50万円-(76,325円+8,651円)= 415,024円 となります。 賞与の保険料の計算をもっと簡単に.

次の

賞与の所得税の源泉徴収の計算方法とは?前月給与を基準に算出

賞与 源泉

源泉徴収とは 源泉徴収とは、年間の所得にかかる税金(所得税)を事業者が給与からあらかじめ差し引くことをいいます。 従業員の給与を支払う事業者であれば、必ず行わなければなりません。 事業者が源泉徴収を行うことで、従業員は確定申告をする必要がなく、毎月の給与から少額ずつ所得税を納めることができます。 また、国にとっても「安定的な税収を得る」「確実に所得税を徴収する」という意味で、源泉徴収は大きなメリットがあるのです。 給与所得者の源泉徴収について知っておきたいこと 従業員を雇用した場合、雇用日から1ヵ月以内に管轄の税務署に「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」を提出する必要があります。 「個人事業の開業等届出書」の提出時に、給与の支払いが発生することを申請している場合は、再度提出する必要はございません。 源泉徴収をする前の準備 源泉徴収は、従業員の給与所得から必要な控除をした上で行います。 そのため、各従業員にどのような「控除」が適用されるのかを把握する必要があります。 従業員を雇用した際には、「控除対象配偶者の有無」や「扶養親族の有無」「従たる給与(本業以外の給与)に該当するか否か」などを確認することができる「(該当年度の)給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出してもらいましょう。 給与の源泉徴収 源泉徴収の計算は、国税庁の定める「給与所得の源泉徴収税額表(月額表および日額表)」を利用して、給与所得や扶養親族の数などに応じた源泉徴収税額を算出します。 まず、対象者は、1つの企業から給与を受け取っている従業員は「甲」、複数の企業から給与を受け取っている場合や「扶養控除等(異動)申告書」が提出されていないときは「乙」に分かれます。 その月の「社会保険料を控除した給与所得」と、「甲」や「乙」から該当する箇所を参照し、源泉徴収金額を算出します。 また、通勤費は非課税のため除きます。 近年では、給与計算ソフトによる自動計算によって、源泉徴収税額を求める企業が増えています。 そのため、実際に給与所得の源泉徴収税額表を参照することはないかもしれませんが、ソフト上で計算を行う際にも甲や乙の種別や、社会保険料を控除した給与所得は手入力する必要があるため、算出方法を理解しておくとよいでしょう。 賞与の源泉徴収 賞与の源泉徴収税額の計算は、国税庁の定めた「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を利用して算出します。 まず、前月の給与の「社会保険料を控除した給与所得」を確認し、該当する「扶養親族等の人数」の列から、「賞与の金額に乗ずべき率」を参照します。 賞与の源泉徴収額についても、給与の場合と同じようにソフトを利用することが多いですが、しくみは理解しておきましょう。 退職金の源泉徴収 退職金の源泉徴収税額は、国税庁の定める「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額の計算方法」(2017年分)を用いて算出します。 なお、勤続年数が「15年1ヵ月」などの場合は、「16年」として計算します。 勤続年数に1年未満の端数があるときは、たとえ1日でも1年として計算します。 上記の算式によって計算した金額が80万円未満の場合は、退職所得控除額は80万円になります。 障害者となったことに直接基因して退職した場合は、上記により計算した金額に、100万円を加算した金額が退職所得控除額です。 次に、退職金から退職所得控除額を控除した金額を2分の1にした金額が「課税退職所得金額」となります。 「退職所得の源泉徴収税額の速算表」から課税退職所得金額ごとの所得税率や控除額を参照し、退職金の源泉徴収税額を計算します。 ここで算出した所得税額については、端数処理は行いません。 報酬・料金などの源泉徴収 弁護士や税理士・社会保険労務士などと顧問契約を結んでいる場合の「報酬・料金など」についても、源泉徴収を行う必要があります。 弁護士・税理士などの報酬に対する源泉徴収税額は10. 21%ですが、一度の支払金額が100万円を超える金額については20. 42%となります(2018年3月時点)。 また、司法書士や外交員・講演料などそれぞれの業種によって、控除額や計算方法が異なります。 詳細は、国税庁のウェブサイトに記載されている「源泉徴収のしかた」を確認しましょう。 源泉徴収した金額の納付 源泉徴収した税金は、翌月10日までに所轄の税務署へ納める必要があります。 そのとき、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」と併せて提出します。 また、従業員が常に10人未満の場合は、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を提出することで、半年に1度にまとめての納付ができます。 この場合、1~6月に徴収した場合は7月、7~12月に徴収した場合は翌年の1月が納付期限となります。 源泉徴収票と支払調書の発行 会社が源泉徴収した金額を知らせるための書類が「源泉徴収票」です。 源泉徴収票は、1年間の収入や所得、源泉徴収税額が決定する毎年12月、もしくは翌年の1月に発行します(中途退職の場合は退職時に発行)。 年末調整業務で作成した源泉徴収票を、各従業員に配布しましょう。 一方、税理士や弁護士・フリーランスの源泉徴収に対しては、「支払調書」を発行します。 支払調書は、その年中の支払金額の合計額が5万円超の場合、税務署への提出は必要となりますが、税理士や弁護士・フリーランス自体への発行は法的義務ではありません(実務上は発行しているケースが多いです)。 源泉徴収のしくみや手順を理解しよう 月々の源泉徴収税額の相違は、年末調整で調整します。 毎月の徴収額が少なすぎた場合は年末調整後に納税しなくてはいけなくなるなど、従業員への負担になってしまいます。 日頃から源泉徴収についての正しい知識を身に付けておくことが大切です。 2018年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。 おすすめの法人カード記事•

次の