子供 っ ぽい 類語。 「蛙の子は蛙」の意味と使い方は?反対語と類語を例文と一緒に解説

童心に帰ると返る?正しい漢字とは?意味や類語も/無邪気/大人/戻る

子供 っ ぽい 類語

子供の「生きていく力」の育て方 「生きている意味が分からない」 「別にいつ死んでもいいと思っている」 うつ病ではないのに、このようなことを述べられる子供を連れた親御さんが受診されることがしばしばあります。 「別に生きてても苦しいことばっかりだし」 「やりたいこと、楽しいことなんてない」 本当にそう思っているのでしょうか。 そう思うことで自分の精神状態を保っているのかもしれません。 生まれてすぐにそういう考え方が芽生えたわけではなく、生まれてから10~20年前後の人生の中でそう思うようになってしまったのでしょう。 親や周囲が求めることを出来る子供は、「できる子供」「いい子」と表現され、それがうまくできない子供は「できない子」「ダメな子」と言われます。 ちょっとした要因やきっかけとなる出来事、持続する環境要因がその子供の性格や能力、生きる力に影響します。 子育てにとって大切なのは、子供の生きる力、能力の開発にとって最適な場を提供できるかということなのです。 親の役割 親の役割を果たし、最終的に目指すものは子供の自立です。 適切、不適切に関わらず、情報、刺激があふれている現代で、果たしてどれだけの子供たちが、適切な情報を選択し、不適切な刺激や情報を拒否して処理できているでしょうか。 社会が複雑になり、以前よりはるかに情報処理能力や問題解決能力が必要とされているのにも関わらず、子供たちはそれを学ぶ機会を充分に与えられていないことが多いのです。 「子供がかわいそうだから」「子供が心配だから」「人様に迷惑をかけたら困るから」「立派になってほしいから」 愛情や、親の責任という大義名分や、様々な理由から子供に干渉しすぎて、子供の育つ力を妨げていませんか。 子供へのその関わりは、誰のためでしょう。 子供の未来を見据えた、子供のためになっているでしょうか。 」 子供のためなのか、自分のためなのか いろんな周囲の価値観や、非難、攻撃があふれている中での子育ては大変です。 親もそんな周囲の刺激から、身を守りながら問題処理していかなければなりません。 皆から自分が攻撃を受けないためだけに、今だけに焦点をあてて、干渉しすぎていないか見つめなおしてみましょう。 子供のためといいながら、自分のためになっていませんか。 大切なのは子供自身の「体験」 子供たちが社会的スキルをみにつけるのに大切なのは「体験」です。 親の命令に従って、親の思い通りに動くことは有益な体験になりません。 自分で考えて、自分で判断した行動した結果から学ぶのです。 最初は失敗も多いはずです。 失敗を経験し、次に成功できた体験をする、その繰り返しが、自分の人生を自分の力で切り開き、自立できるようになるのです。 「保護者」から「支援者」へ 赤ちゃんのころはすべて親が守って、保護して、教えてあげなければなりません。 しかし、子供は成長します。 子供の成長に合わせて「保護者」から「影の支援者」になりましょう。 「保護者」から「支配者」になっていませんか。 与えつづける親から、欲するものに取り組む子供に寄り添い、一緒に乗り越えるサポートをする親になりましょう。 そうでないと子供が生きづらくなる 問題を自分で解決する体験が少ない子供にとって、この世は生きていくのに苦痛で仕方がない世界になります。 当たり前のことが、当たり前にできないことはとってもつらいのです。 生きるということが当たり前のことではなく、日々が苦痛の連続になるのです。 喜びや楽しいこと以上に苦痛が続けば、「生きている意味が分からない」「いつ死んでも構わない」という思いが出てくるのも少しわかる気がします。 ただし、親御さんが精神的な病気を抱えていたり、発達障害の素因をもっていらっしゃる場合や、子供が発達障害やADHDの素因をもっている場合は、よりいっそう子育てへの支援・工夫が必要になります。 ではどうすればいいのでしょうか。 カテゴリー•

次の

「愚息」の意味と使い方、類語、「愚女・愚妻・豚児」の意味とは?

子供 っ ぽい 類語

子供の「生きていく力」の育て方 「生きている意味が分からない」 「別にいつ死んでもいいと思っている」 うつ病ではないのに、このようなことを述べられる子供を連れた親御さんが受診されることがしばしばあります。 「別に生きてても苦しいことばっかりだし」 「やりたいこと、楽しいことなんてない」 本当にそう思っているのでしょうか。 そう思うことで自分の精神状態を保っているのかもしれません。 生まれてすぐにそういう考え方が芽生えたわけではなく、生まれてから10~20年前後の人生の中でそう思うようになってしまったのでしょう。 親や周囲が求めることを出来る子供は、「できる子供」「いい子」と表現され、それがうまくできない子供は「できない子」「ダメな子」と言われます。 ちょっとした要因やきっかけとなる出来事、持続する環境要因がその子供の性格や能力、生きる力に影響します。 子育てにとって大切なのは、子供の生きる力、能力の開発にとって最適な場を提供できるかということなのです。 親の役割 親の役割を果たし、最終的に目指すものは子供の自立です。 適切、不適切に関わらず、情報、刺激があふれている現代で、果たしてどれだけの子供たちが、適切な情報を選択し、不適切な刺激や情報を拒否して処理できているでしょうか。 社会が複雑になり、以前よりはるかに情報処理能力や問題解決能力が必要とされているのにも関わらず、子供たちはそれを学ぶ機会を充分に与えられていないことが多いのです。 「子供がかわいそうだから」「子供が心配だから」「人様に迷惑をかけたら困るから」「立派になってほしいから」 愛情や、親の責任という大義名分や、様々な理由から子供に干渉しすぎて、子供の育つ力を妨げていませんか。 子供へのその関わりは、誰のためでしょう。 子供の未来を見据えた、子供のためになっているでしょうか。 」 子供のためなのか、自分のためなのか いろんな周囲の価値観や、非難、攻撃があふれている中での子育ては大変です。 親もそんな周囲の刺激から、身を守りながら問題処理していかなければなりません。 皆から自分が攻撃を受けないためだけに、今だけに焦点をあてて、干渉しすぎていないか見つめなおしてみましょう。 子供のためといいながら、自分のためになっていませんか。 大切なのは子供自身の「体験」 子供たちが社会的スキルをみにつけるのに大切なのは「体験」です。 親の命令に従って、親の思い通りに動くことは有益な体験になりません。 自分で考えて、自分で判断した行動した結果から学ぶのです。 最初は失敗も多いはずです。 失敗を経験し、次に成功できた体験をする、その繰り返しが、自分の人生を自分の力で切り開き、自立できるようになるのです。 「保護者」から「支援者」へ 赤ちゃんのころはすべて親が守って、保護して、教えてあげなければなりません。 しかし、子供は成長します。 子供の成長に合わせて「保護者」から「影の支援者」になりましょう。 「保護者」から「支配者」になっていませんか。 与えつづける親から、欲するものに取り組む子供に寄り添い、一緒に乗り越えるサポートをする親になりましょう。 そうでないと子供が生きづらくなる 問題を自分で解決する体験が少ない子供にとって、この世は生きていくのに苦痛で仕方がない世界になります。 当たり前のことが、当たり前にできないことはとってもつらいのです。 生きるということが当たり前のことではなく、日々が苦痛の連続になるのです。 喜びや楽しいこと以上に苦痛が続けば、「生きている意味が分からない」「いつ死んでも構わない」という思いが出てくるのも少しわかる気がします。 ただし、親御さんが精神的な病気を抱えていたり、発達障害の素因をもっていらっしゃる場合や、子供が発達障害やADHDの素因をもっている場合は、よりいっそう子育てへの支援・工夫が必要になります。 ではどうすればいいのでしょうか。 カテゴリー•

次の

子供っぽいの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

子供 っ ぽい 類語

子供っぽいの類語・似た性格 子供っぽいの類義語では、子供じみた、大人げない、年甲斐もない、などが同じような意味の言葉になります。 どれも幼さや幼稚さを表した言葉で、ビジネス用語としてはやや見下している表現になり、嫉妬を感じている様な場面でも使われている言葉に聞こえます。 子供っぽいではポジティブな意味でも読み取る事ができますが、類義語の例ではあまりポジティブな意味ではなくネガティブな表現となっていて、「子供っぽい」という言葉の方が柔らかい表現となっている事がわかります。 大人げないとの違い 大人げないでは、大人としての思慮分別がない、大人らしくない、といった意味になり子供っぽいという表現よりも大人としての成長の足りなさや乏しさが含まれていて、子供っぽいとよく似ていますが、ポジティブな意味で捉える事はできません。 会社において大人げない人では、後輩などに嫉妬してしまい何か嫌がらせや邪魔をするような人間などの事を指し、大人げない人間は企業にとっては何のメリットもありません。 年甲斐もないとの違い 年甲斐もないの意味では、年齢にふさわしくなく愚かである、という意味になり子供っぽいと比較すると自分自身に対して愚かさである事を反省する表現の時に多く使われる事になります。 企業の中での年甲斐のない人間では、上司が部下を感情的に起こったりわめいたり、動揺してしまい子供の様にかんしゃくを起こしてしまう様な人間をイメージする事ができます。 また、年齢も50代~60代の上司などがそのような感情的になって自分で自分をコントロールできなくなってしまった時に使われます。 子供っぽい人の特徴1: 既成概念にに捉われない考えができる 子供っぽいの特徴では、子供の考えに近い思考や考えを持っている大人なので、既成概念にに捉われない考えをする事ができる大人と言えます。 そのため、ビジネスの世界や企業の中では思ってもみなかったようなアイデアや考え出るといったメリットがあります。 企業では大人中心の考えや利益中心の考えしかできなくなってしまうと、返って良い商品や良いサービスは生み出しにくい環境に陥ってしまいます。 そこに子供っぽいと言われる人間が何人かいる事によって、他の企業では考え付かない商品やサービスを生み出す事ができ、企業にとっては大きな存在になってくれる素質の持ち主と言えます。 特にクリエイティブな職種では子供っぽい事が財産でもあるような企業もあり、会社の中の作りや環境も遊び場の様な職場なども今では珍しくありません。 デザイナーやゲームクリエイター、子供のグッツ開発、玩具メーカー、子供向けの漫画編集者、などの企業では子供っぽい人の方が活躍できる場合が多いです。

次の