粗大ゴミ 横浜。 横浜市のごみ持込施設(ごみ持ち込み横浜)

電気ポットの捨て方

粗大ゴミ 横浜

品目 単価 ア アンテナ 200円 ウインドファン 1,000円 映像・音響機器(単体のもの。 アンプ・チューナー・プレーヤー・ビデオデッキ・レーザーカラオケ等。 ただし、スピーカー及びテレビを除く。 ) 200円 オーブンレンジ 500円 カ ガス台 500円 ガステーブル(ガスコンロ) 500円 カラオケ演奏装置(一体型) 1,500円 こたつ(板とセット) 500円 米びつ(単体のもの) 200円 サ 照明器具 200円 除湿機 500円 食器洗い乾燥機 1,000円 食器乾燥機 200円 ステレオセット(最も長い辺が80cm未満) 500円 ステレオセット(最も長い辺が80cm以上) 1,500円 ストーブ類(ヒーターを含む。 ) 200円 スピーカー(2本まで) 500円 扇風機 200円 掃除機 200円 タ 電子レンジ 500円 電子レンジ台(多機能製品を含む) 500円 ナ 流し台(調理台) 1,000円 ハ ファクシミリ 200円 布団乾燥機 200円 プリンター 200円 ポータブル発電機 1,000円 マ マッサージ機 1,000円 ミシン 500円 ヤ 湯沸器 500円 ラ レンジフードファン(換気扇を除く。 ) 500円 ワ ワープロ 200円 品目 単価 ア アコーディオンカーテン 500円 いす(座いすを含む。 ただし応接用いす・ソファーは除く。 ) 200円 応接用いす・ソファー(1人用) 500円 応接用いす・ソファー(2人以上用) 1,000円 オーディオラック 500円 カ カーペット類(ホットカーペットを含む。 ) 500円 カラーボックス 200円 鏡台 500円 げた箱 500円 サ サイドボード 1,500円 書棚(最も長い辺が1m未満) 1,000円 書棚(最も長い辺が1m以上) 1,500円 食器棚(最も長い辺が1m未満) 1,000円 食器棚(最も長い辺が1m以上) 1,500円 スプリングマットレス 2,200円 タ 畳 1,000円 建具 200円 たんす(最も長い辺が1m未満) 1,000円 たんす(最も長い辺が1m以上) 1,500円 机(両袖机) 1,500円 机(両袖机を除く。 ) 1,000円 テーブル(座卓を含む。 最も長い辺が1m未満) 500円 テーブル(座卓を含む。 最も長い辺が1m以上) 1,000円 テレビ台 500円 戸棚(オーディオラック、げた箱、サイドボード、書棚、食器棚を除く。 ) 500円 ハ 布団(マットレス)(2枚まで) 200円 ブラインド 200円 ベッド(枠のみ) 1,000円 ベッドマットレス(スプリング無し) 1,000円 ベビーベッド 500円 ワ ワゴン 200円 同じ品目でも、サイズや材質により手数料が変わるものがあります。 参考例:、「」(横浜市資源循環公社のホームページへ) 品目 単価 ア オルガン(電子オルガンを除く。 ) 1,000円 カ キーボード(楽器) 200円 健康器具 500円 ゴルフ用具(バッグとクラブは別) 200円 サ スキー用具・スノーボード 200円 タ 電子オルガン 1,500円 品目 単価 ア 編み機 500円 衣装箱 200円 一輪車 200円 カ 家庭用焼却炉 1,000円 子供用遊具(自転車を除く。 ) 200円 サ 三輪車 200円 自転車 500円 芝刈機 200円 水槽 500円 スーツケース 200円 洗面化粧台 1,000円 ハ 仏壇 1,000円 ふろがま 500円 ペット小屋 500円 ベビーカー 200円 マ 物置(最も長い辺が1m未満で解体済のもの) 1,000円 物置(最も長い辺が1m以上で解体済のもの) 1,500円 物干竿(2本まで) 200円 物干台(1個) 1,000円 ヤ 浴槽 1,000円 その他のもの (木製品など50cm以上、金属製品30cm以上のものを目安とします) 200円 その他手数料表にない品目については、粗大ごみ受付センターへお問い合わせください。 収集シールに使用期限はないので、不要になったシールは次回ご使用いただけます。 もし、今後使用する見込みがない方はご相談ください。 また、破損・紛失した場合の収集シールの再発行はできませんので、ご注意ください。 郵便局・金融機関で取り扱っている「粗大ごみ納付書」とコンビニで取り扱っている「粗大ごみ処理券」は、様式が若干異なっております。 領収日付印のないものは無効です。 受け取る際にご確認ください。 領収書は必ず、収集が終了するまで保管してください。 エアコン、テレビ、電気冷蔵庫・電機冷凍庫、電気洗濯機、衣類乾燥機は、家電小売店等が回収し、家電メーカー等がリサイクルします。 粗大ごみでは収集しません。 詳細はを参照してください。 パソコンは、各パソコンメーカーが回収・リサイクルを行っています。 横浜市は収集しません。 詳細はを参照してください。 請負工事等で出る粗大ごみ(畳、ブロック、フェンスなど)は、市では収集できませんので、工事を請け負った業者に処理を依頼してください。 本サイト内に掲載しているリンク先サイトの内容は、各々のリンク先サイトに帰属するものであり、横浜市がその内容を保証するものではありません。 本サイト内に掲載しているリンク先サイトのご利用は、リンク先サイトに記載されている利用条件等に従ってご利用ください。 また、リンク先サイトの利用によって発生したあらゆる損害については、横浜市がその責任を負うものではありません。

次の

横浜の不用品回収なら【横浜よろずカンパニー】

粗大ゴミ 横浜

収集や持ち込みなど横浜市の粗大ごみの処分方法 横浜市では家庭から出されるごみで、 一番長い辺が金属製品では30㎝以上、金属以外 プラスチック製や木製 では50㎝以上のものが、粗大ごみとして扱われています。 もし、処分するごみの分別が分からない場合はを参考にしてください。 横浜市の粗大ごみの処分は、収集を依頼する方法と自分で直接持ち込む方法がありますが、どちらの場合も 必ず事前申し込みが必要です。 収集を依頼する場合 申し込みの際に確認した手数料分の粗大ごみ収集シールを購入し、粗大ごみの見やすいところに貼ります。 シールには氏名を記入しますが、記号やイニシャルに替えることもできますので、申込み時に相談してください。 受付から収集までは2週間ほどの余裕をみておきましょう。 指定された収集日の朝8:00までに指定の排出場所に出します。 可燃・不燃・資源別々で回収しているので、異なる時間に収集することがあります。 自分で直接持ち込む場合 市内に4か所ある施設に直接自分で持ち込むこともできます。 その場合にも申込時に希望搬入日時を伝え、搬入場所と手数料を確認します。 持ち込みの場合でも ごみ処理券シールが必要ですので、必ずコンビニ・郵便局・金融機関であらかじめ料金を納めて、シールを粗大ごみに貼った状態で持ち込みましょう。 持ち込み場所ではシールの販売はありませんので気をつけてください。 粗大ごみを持ち込む場合の4か所の施設 ・鶴見資源化センター ・港南ストックヤード ・長坂谷ストックヤード ・神明台ストックヤード 詳しくはをご覧ください。 横浜市のルールの特徴 横浜市では市民の健康を守る手段の1つとして、粗大ごみの排出に次のようなルールを設けています。 感染の恐れのあるものが付着したもの ノロウィルスやロタウィルスに感染した方のおう吐物が粗大ごみに付いてしまったものはそのままでは出せません。 おう吐物をふき取った後、塩素系漂白剤でふき、最後に水ぶきをしてから出しましょう。 使用した雑巾などはビニール袋に入れ消毒薬を注いで密封の上、燃やすごみに出します。 消毒後の粗大ごみは密封すれば出せますが、電話申し込みの際にノロウィルス等が付着したもので、すでに消毒済みであることを必ず伝えましょう。 PCBが使用されている家電製品の処理 昭和47年以前製造の電子レンジなどPCB ポリ塩化ビフェニル が使用されている家電製品は、メーカーにPCBを除去してもらってから粗大ごみ処理を申し込むことができます。 古い家電製品を処分する場合は確認します。 横浜市の粗大ごみ処分の申し込み先について 粗大ごみの収集を依頼する時だけでなく、自分で持ち込む時も 事前の申し込みが必要となっています。 申し込みは電話による申し込みと、インターネットによる申し込みがあり、いずれも窓口は粗大ごみセンターです。 電話での申し込み• TEL:0570-200-530、携帯電話やIP電話の場合:045-330-3953• 受付時間:年末年始を除く月曜日から土曜日までの8:30から17:00まで。 祝日申し込み可能 月・火曜日や祝日明けは電話が込み合いやすいので、できれば避けましょう。 電話が込み合っていても通話中にはならず、長く呼び出している電話から順につないでいます。 申込時に収集日・手数料・出す場所が案内されます。 手数料は品目や数、それぞれの材質や大きさによって変わりますので事前に確認してから申し込みましょう。 インターネットによる申し込み パソコンのほか、携帯電話やスマートフォンからも申し込めます。 「収集」「収集減免申請」「自己搬入」「自己搬入減免申請」および「申し込みの確認・変更・取消」が可能で、 受付時間を問わないのでとても便利です。 インターネットでの申し込みは仮受付で、3日以内に受付内容・収集日・排出場所などを伝える返信メールが来て本受付となります。 申し込んだ後、本受付のメールを必ず確認しましょう。 申し込みは、をご利用ください。 インターネットで申し込める品目は一覧表にあるもののみです。 それ以外の品目は電話で申し込みします。 聴覚・言語に障害のある方の申し込み 聴覚や言語に障害のある方に限って、FAXで申し込むことができます。 住所・名前・FAX番号・粗大ごみの品目・数・材質・大きさを書いて送信すると、受付センターより処理手数料、収集予定日、排出場所などの連絡があります。 FAX番号:045-662-1225 粗大ごみ処分手数料を支払う方法 横浜市では、粗大ごみの処分はシールを事前に購入する形で手数料を支払います。 収集を依頼する場合だけでなく持ち込みの場合にも必要です。 品目や材質、大きさによって、 200円から2200円まで料金が異なります。 粗大ごみ手数料の例を紹介 品目 料金 アンプ・プレーヤー・扇風機・掃除機・ベビーカー・スーツケース 200円 ガスコンロ・スピーカー・電子レンジ・ミシン・テレビ台 500円 食器洗い乾燥機・マッサージ機・ベッド 枠のみ ・応接用ソファー 2人以上用 1,000円 カラオケ演奏装置 一体型 ・サイドボード・電子オルガン 1,500円 スプリングマットレス 2,200円 横浜市のシールの料金の一部をテーブルにしました。 さらに詳しい料金についてはを参考にしてください。 手数料を支払う場所 横浜市指定の金融機関、郵便局、コンビニエンスストアで納めます。 申し込んだ際に告げられた料金を過不足なく支払います。 収集シールを受け取る際、領収書ももらえますので収集が終わるまで保管しておきましょう。 手数料減免について 以下の条件に該当する方はごみ処理手数料が減免措置があるので、粗大ごみ受付センターに問い合わせてみましょう。 生活保護世帯• 特定中国残留邦人世帯• 身体障害1級か2級、精神障害1級、知的障害A1かA2、身体障害3級かつ知的障害B1の重複障害• 福祉医療証を交付されているひとり親世帯• 介護保険要介護4または5認定されている高齢者 65歳以上 が属している世帯• 粗大ごみの自己搬入が困難なひとり暮らしの高齢者 70歳以上 で、福祉保健センター長が認めた方 通常の手続きよりも時間がかかることがありますので、なるべく前もって手続きをします。 手数料が免除となるのは、1世帯1年度あたり4個までです。 粗大ごみとして出せないもの 横浜市では粗大ごみとしては扱えないものもあります。 収集や自己搬入の申し込みをする前に、以下に該当しないか確認しましょう。 家電リサイクル法対象品目 エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は家電リサイクル法に基づいて処分します。 購入したお店が分かる場合はそのお店に申し込みます。 不明のときは、横浜家電リサイクル推進協議会や家電リサイクル協力店に申し込みましょう。 いずれもリサイクル料金と収集運搬料金の支払いが必要です。 自分で運搬可能なら、市内や近郊の指定引取所に持ち込むこともできます。 郵便局にある「家電リサイクル券」を使ってリサイクル料金を事前に振り込んでから持ち込みましょう。 持ち込みの場合は収集運搬料金の支払いは不要になります。 詳しくは、家電リサイクル法についてや対象品目の処分方法を紹介した下記の関連記事を参考にしてください。 収集不可で持ち込みのみ可能なもの 引っ越しなどにより大量のごみを捨てる場合は収集による回収はできません。 また事業活動によって生ずるごみも受け付けていません。 お住いの区の資源循環局事務所に事前に申し込み、自分で市の処理施設に持ち込むか、一般廃棄物収集運搬業許可業者に依頼してください。 粗大ごみとして処理が困難なもの バッテリー・プロパンガスボンベ・灯油・タイヤ・農薬・ピアノといった、処理が難しいものは購入先や販売店などに問い合わせましょう。 問い合わせ先が分からない場合は、お住まいの区の資源循環局事務所にお尋ねください。 バイク バイクは二輪車リサイクルシステムの自主回収を利用しましょう。 二輪車販売店や指定取引窓口で引き取ってもらえ、リサイクル料金は無料です。 その他、バイクの詳しい処分方法は関連記事をご覧下さい。 お問い合わせ先:• 電話番号:050-3000-0727• 受付時間:午前9:30~午後5:00 土日祝日や年末年始などを除く 消火器 消火器は日本消火器工業会が販売店と協力して回収しています。 リサイクルシールを購入して、指定された場所へ持ち込むか回収を依頼します。 お問い合わせ先:• 電話番号:03-5829-6773• 受付時間:午前9:00~正午12:00、午後1:00~午後5:00 土日祝日や休日を除く アスベストが含まれているもの オーブン・エアコンなどの電化製品、ファンヒーター・ガスコンロなどのガス・石油製品、自転車や金庫などの中には、製品の一部にアスベストが使われているものがあります。 壊したり分解したりすると飛び散る危険があるので処理には注意が必要です。 処分したいごみの中に含まれているどうか、製造メーカーの相談窓口や環境省のホームページから確認しましょう。 処理については、製造メーカーかに問い合わせましょう。 総合買取専門店を利用してお得に処分する 粗大ごみとして出す前に買取サービスを利用する方法もあります。 「高く売れるドットコム」では家電製品から楽器やスポーツ用品など10万種類以上のものの買取を全国で行っています。 出張買取、宅配買取、店頭買取がありますが、自分で搬出するのが困難な大きなものは、出張買取がおすすめです。 スタッフが自宅に来て査定し、金額に納得がいけばその場で支払い、そのまま買取・搬出してもらうことができます。 出張費・査定料・搬出料は一切かかりません。 不要品をスピーディーにかつお得に処分することが可能です。 処分の前にはぜひご相談ください。 不用品回収業者もおすすめ! 大量かつ大型の不用品がある場合は不用品回収業者の利用がおすすめです。 エコピット エコピットは関東地域対応の不用品回収サービスです。 定額パックを用意しわかりやすい料金体系で安心度が高く、ベッドやタンス、ソファといった大型家具から生活家電、自転車、健康器具などの回収にも対応しています。 パック料金には搬出作業や出張費、スタッフ追加 2名まで 料金等がすべて入っているため後から請求金額が高くなるといったことがありません。 ご自身のニーズにあったパックを選んで安くお得に不用品を処分できるためおすすめです。 エコノバ エコノバは全国の不用品回収業者の見積もりを一括でもらえることができる比較サービスです。 住んでいる都道府県、市町村、町名、依頼したい作業種別や依頼商品点数などを入力するだけでお住まいの地域の不用品回収に対応している業者から見積もりが送られてきます。 急いでいる場合など即日対応も可能な場合があるので、お気軽に一括査定を試してみてはいかがでしょうか。 まとめ 横浜市の粗大ごみの処分の方法についてまとめました。 横浜市では、リサイクルの取り組みが積極的に行われており、市として小型家電を回収するBOXを設けるなど工夫されています。 健康被害を防ぐための細やかなきまりが特徴で、ごみの処理を安全に行うよう努力しています。 適切に不要品を処理するために、ぜひ参考にしてください。 こちらの関連記事もおすすめです。 不用品を粗大ごみに出すことを検討されている方はぜひ読んでみてください。

次の

横浜市の粗大ゴミ処分方法|出し方・手順・処分費用相場までの全情報 | 神奈川の不用品回収、ゴミ屋敷整理のことなら神奈川(横浜)片付け110番

粗大ゴミ 横浜

生活家電・電子機器類 冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機・掃除機・薄型テレビ・ ブラウン管テレビ・食洗器・オーブンレンジ・空気清浄機・ エアコン・オーディオ機器・デスクトップパソコン・ノートパソコン ・マッサージチェア・など• 日用品・生活用品類 自転車・バイク・ドラム・ギター・キーボード・電子ピアノ・ ベース・ベビーカー・サーフボード・スノーボード・ルームランナー・トレーニング器具・ベビー用品・など• 家具類 ベッド・ソファー・タンス・棚・テーブル・椅子・電気器具・ パーティション・テレビ台・こたつ・座イス・カーペット・畳・ 鏡台・ハンガーボックス・ドレッサー・など• オフィス用品・OA機器類 スチールラック・スチールデスク・椅子・複合機・デスクトップパソコン・ノートパソコン・ソファー・電話器・など• 店舗用什器・飲食店什器類 一般店舗用什器・飲食店・厨房什器・マネキン・ラック・ カウンター・その他• 産業廃棄物 事業活動に伴って排出される廃棄物 (汚泥、廃油、廃プラスチック、鉄くず、木くず、廃溶剤など。 詳しくはお問い合わせください) 相見積りも快く受けて下さいました 母と同居することになったので部屋を片付ける為に不用品回収の業者さんを探していました。 ネット検索した業者さんに電話をしたら話し方が冷たい印象で不安になってしまい電話を切ってしまいました。 不安を抱えてハヤブサさんに電話してみたらとても感じが良かったので安心しました。 回収品が大物、小物、粗大ごみなど色々あったので1度見積りをお願いしました。 見積完全無料、即日対応とのことでしたのでその日のうちに来ていただきました。 朝ごろ電話して夕方ころ そのときは返事をしなかったのですがスタッフの方は嫌な顔一つせず他社も見積もりとってみて当社で良ければまたご連絡下さいとおっしゃってくれました!結局、その対応に感動して翌日にはお仕事をお願いしました。 回収に来てくださったスタッフさんも親切、丁寧で仕事も早くプロは凄い!と改めて思いました。 次回もお願いしたいと思います。 ありがとうございます。 時間も手間も省けてとにかくスムーズ 引越しの際にいらなくなった大きいソファとタンスを処分しようとしたところ、粗大ごみだから普通ゴミとかでは無理だし、自治体とかでは手続きとかですぐには持って行ってはくれないとのことでした。 市のゴミ処理場まで運んでいったらソファのスプリング抜かなきゃ無料で引き取りしてくれない・・と言われショック。 その上、そのままだとしたら結構な処分費用がかかると言われ、とてつもなく面倒でした。 そんなときにハヤブサさんのHPを発見、連絡してすぐに見積りをだしてもらい、色々な手間を考えたら頼んだ方が時間もお金も効率がいいと思いすぐに決めさせいただきました。 日時設定もすぐに決まりまして、何よりも自分で持っていかなくても済むという、手間も省けて当日はスムーズに作業も済みました。 本当に助かりました。 ごみの回収で気持ちまで軽くなりました 実家の母が亡くなり遺品整理をしなければいけなくなったのですが、膨大な量の粗大ごみのために片付けるのが億劫になっていました。 不用品回収というと市のサービスのような計画通りに回収するものばかりで、看護師という不規則な仕事をしていたこともあり、時間も作れずにいたのです。 そこでこちらに相談させてもらったところ、とても丁寧に心配していた日時にも柔軟に対応して頂けることになりました。 家には大きな仏壇が2つもあったり、ねじが取れたボロボロのアンティーク家具など、粗大ごみとして運ぶのも大変なものばかりでしたが、スタッフの方も気が利く人ばかりでとても助かりました。 心まで軽くなり、本当に頼んでよかったです。 もし、また不用品回収が必要になった際はよろしくお願いします。 買取のおかげで処分費用が安くなりました 都内から地方に引越す際にハヤブサの不用品買取サービスを利用させていただきました。 利用者の好きなタイミングで出張買取として指定した時間内に、自宅に来てもらうことが出来、助かります。 面倒な廃棄手続きや廃棄料金を削減するために業者を利用しました。 自分で思っていたよりも不用品が多く、処理に困っていたので、便利に利用することが出来ました。 不用品として回収してもらったのが、タンス、テレビ(2台あったので、1台は買取に出しました。 )ベッド、テーブル、その他の小物や、MP3プレイヤー等の電子機器も買取してもらうことができましたので、合理的に不用品を、処分する事ができましたので、十分に納得できる金額で処分することができ、結局処分費用も大幅に浮かすことができたため引越しをスムーズに行えました。

次の