ライン パスワード 変更。 パソコンのログインパスワードを変更する方法が知りたい

LINEのパスワードを忘れたりメールが届かない時の対処

ライン パスワード 変更

Contents• 管理者はメンバーのパスワードを強制変更したり、メンバーに対してパスワードの変更を要請することができます。 パスワードを強制変更すると、メンバーは 5 分以内にすべてのサービスからログアウトされ、新しいパスワードで再度ログインする必要があります。 メンバーがパスワードを忘れた場合、管理者がパスワードを強制変更することができます。 また長期間同じパスワードを使っているメンバーに対して、パスワード変更を要請することもできます。 パスワードを強制変更する 管理者はメンバーのパスワードを強制変更することができます。 管理者画面で アイコンをタップします。 アイコンをタップします。 「セキュリティ機能」でメンバーをタップして詳細情報を開きます。 所属組織をタップしたり、検索してメンバーを選択することもできます。 「ログイン情報」で [パスワード変更 ] をタップします。 「パスワード変更」で [強制変更] をタップして、新しいパスワードを入力します。 [変更する] をタップします。 パスワード変更を要請する メンバーにパスワード変更を要請することができます。 選択したメンバーに対して、ログイン情報の変更要請をトークで送信します。 メンバーはトークもしくは次回ログイン時に表示されるログイン情報の変更案内からパスワード変更を行います。 管理者画面で アイコンをタップします。 アイコンをタップします。 「セキュリティ機能」でメンバーをタップして詳細情報を開きます。 所属組織をタップしたり、検索してメンバーを選択することもできます。 「ログイン情報」で [パスワード変更 ] をタップします。 「パスワード変更」で [変更を要請] をタップします。 [要請する] をタップします。 パスワード変更を要請されたメンバーにログイン情報の変更案内が送信されます。 関連項目•

次の

LINEパスワードを忘れたら確認ではなく再設定で対処!

ライン パスワード 変更

パスコードを設定しておくと、アプリを起動する度にパスコード入力を求められるようになります。 LINEアプリの起動にパスコードを要求できる この点、端末自体のロックに加えてLINEアプリの起動にもロックをかけるのは、無駄な作業を増やすだけだとも考えられます。 しかし、何らかの理由で友だちにスマホを貸さなければならないがLINEは見られたくないというケースなど、一時的に利用するには便利な場合もあります。 また一部の公式アカウントでは、セキュリティを高めるためにパスコードの設定をするように要求してくるものもあります。 パスコードは、あくまでも端末を操作してアプリを起動する時に入力を要求されるに過ぎません。 そのため、メールアドレスとパスワードが外部に流出した結果としての防御策にはなりません。 一方で、LINEには「パスワード」が存在します。 LINEにおけるパスワードとは、LINEアカウントとしてメールアドレスを登録する際に同時に設定する、英数字で6文字以上の文字列のことを指します。 LINEストアにログインしようとするとLINEアカウント(メールアドレス)とパスワードの入力が要求される パスワードを入力する必要があるのは、パソコン向けLINEやWebのLINEストアなどでLINEアカウントにログインするときや、LINEアカウントを新端末に引き継ぐときなどです。 パスワードは、LINEアカウント(登録メールアドレス)にログインしようとしているのがユーザー本人であるかを確認するためのもので、LINEアプリを起動する"鍵"となるパスコードとはまったく異なる役割を与えられているのです。 LINEではパスワードを使ったログイン方法の他に、QRコードを使ったログインも可能です(PC版LINEなど)。 詳しくは以下で解説しています。 LINEにパスコードを設定する方法 パスコード設定の手順は、iOS版もAndroid版もほぼ同じです。 まず、「ホーム」タブの上部にある設定ボタン[ ]をタップして設定画面に移動します。 [プライバシー管理]を選択し、[パスコードロック]のトグルスイッチ(iOS)/チェックボックス(Android)をタップします。 パスコードの入力を2回求められるので、同じ4ケタの数字を入力します。 Android版でパスコード設定をすると、初回設定時に表示される画面 Android版LINEでの初回パスコード設定時は、通知でメッセージ内容のプレビューが表示されないことを確認するポップアップが表示されます。 [メッセージ通知の内容表示]をタップすれば通知上でメッセージ内容をプレビューできるように設定を変更できますが、パスコードロックをかけるような状況でメッセージ内容を通知に表示させるメリットはほとんどないでしょう。 iOS版では、パスコードを設定するとメッセージ内容は通知に表示されなくなります。 これでLINEのパスコード設定がオンになりました。 以降、LINEアプリを立ち上げる度に、パスコード入力を毎回求められることになります。 Touch ID/Face IDをLINEのパスコードに利用する(iOS版のみ) iOS版では、Touch IDまたはFace ID(iPhone X以降)をパスコードとして利用ができます。 iPhone XSの画面。 iPhoneX以前の機種はFace IDの部分がTouch IDになっている iPhoneの「プライバシー管理」画面で[Touch ID]、iPhoneX以降であれば[Face ID]をオンにするだけです。 左:Touch ID 右:Face ID 設定した次から、パスコードの代わりにTouch ID/Face IDが求められるようになります。 うまく認識されないことが続くと4桁のパスコード入力が要求されますが、もう一度LINEを起動すれば、Touch ID/Face IDでやり直せます。 なおAndroid版LINEでは、画面ロックや指紋認証を設定していても、パスコードの代わりには使えないようです。 iOS版LINEの場合 新しいパスコードを2回入力すれば、パスワード変更が完了します。 Android版LINEの場合 まず、旧パスコードを入力します。 続けて、新しく設定したいパスコードを2回入力します。 これで、LINEのパスコード変更は完了です。 LINEのパスコード設定を解除する(パスコードロックを無効にする)方法 LINEのパスコード設定を解除するのは至って簡単です。 パスコードを入力する必要はありません。 LINEのパスコードを忘れたときの対処法 LINEで設定したパスコードを忘れてしまうと、OSや端末によっては非常に困った事態に陥ります。 というのも、 パスコードとして設定した4桁の数字を確認する方法は用意されていないからです。 ちなみに、「パスワード」も同様に確認できませんが、変更する方法が用意されています。 iOS版LINEでは、LINEのパスコード認証をTouch ID/Face IDで代用できるので、設定を有効にしていればそれらでパスコードを解除できます。 パスコードを解除できれば、忘れづらいパスコードに再設定すれば問題は解決です。 しかし、Touch ID/Face IDによるLINEのパスコード認証が無効のままだったり、そもそもTouch ID/Face IDを搭載していない古い端末だったりすると、正しいパスコードを入力できなければLINEアプリを起動できなくなります。 Android版LINEでは、Face IDのような指紋認証によってアプリを起動させるオプションがありません。 したがって、正しいパスコードを入力しないかぎり、アプリを起動できなくなってしまいます。 パスコードを思い出せないと、この画面から先に進めない。 パスコード入力は何度でも試せる LINEのパスコードを忘れてしまってアプリを起動できなくなったとき、対処法は以下の2パターンしかありません。 LINEアプリを削除して再インストールする (バックアップがないとトーク履歴はすべて削除される)• 4桁のパスコードを総当り(1万通り)で入力してみる 0000から9999まで1万通りのパスコードを総当りで入力するのが現実的でないと考えるのであれば、LINEアプリの削除および再インストールしかLINEアプリを起動する方法は残されていません。 LINEアプリを削除して再インストールすると、パスコードは"無事"に解除されますが、過去のトーク履歴が消えてしまいます。 しかも、アプリが立ち上がらない以上、最新のトーク内容のバックアップは保存できません。 過去のバックアップがあれば、その時点までのトーク履歴を復活させることは可能ですが、バックアップが存在しなければトーク履歴は完全に消滅してしまいます。 LINEでパスコード機能を利用する際は、普段からこまめにバックアップを取っておくことを強く推奨します。

次の

スマホ紛失時、LINEはWi

ライン パスワード 変更

LINEアカウントには、メールアドレスとパスワードを登録できます。 機種変更などでLINEアカウントを引き継ぐときや、PCやiPadからLINEにログインするとき、LINEストアにログインするときなどで使用するものです。 設定は必須じゃない LINEでメールアドレスやパスワードの登録は必須ではありませんが、登録しておくとスマホをなくしたときPCからLINEにログインできたり、スマホを機種変更したときスムーズにLINEを引き継げたりと便利です。 ですがLINEのパスワードはあまり使う機会がないので、忘れてしまう人もいるでしょう。 スマホでLINEにログインしている場合 すでにスマホでLINEにログインしている場合、LINEの「友だち」画面で「設定」アイコンから「アカウント」を開き、「パスワード」から変更可能。 スマホのロック解除 指紋認証、顔認証など で認証を行い、新たなパスワードを入力したら「OK」を押します。 「パスワードが変更されました」と表示されたら完了です。 古いパスワードを入力する必要はありません。 LINEの設定で「アカウント」画面を開き、「パスワード」を選んでください• スマホの指紋認証や顔認証を利用して、LINEのパスワードを変更できます• 新たなパスワードを入力し、「OK」を押しましょう。 「パスワードが変更されました」と表示が出れば、変更完了となります LINEアカウントの引き継ぎでパスワードを忘れてしまった スマホの買い換えなどでLINEアカウントを引き継ぐとき、メールアドレスとパスワードでのログインを求められることがあります。 パスワードを忘れてしまったら、LINEのログイン画面で「パスワードを忘れた場合」をタップします。 つぎにLINEに登録しているメールアドレスを入力し、「確認」を押すと、入力したメールアドレスにパスワード再設定用のメールが送られてきます。 LINEに登録したメールアドレスも忘れてしまった場合、メールアドレスによる引き継ぎはできず、LINEアカウントを作り直すことになります。 「パスワードを忘れた場合」を選んで、LINEに登録したメールアドレスを入力すると、パスワード再設定用のメールアドレスが届きます PCやiPadでLINEにログインしたいが、パスワードを忘れてしまった PC版LINEにログインする場合も、登録したメールアドレスとパスワードの入力が必要です。 もしパスワードを忘れてしまったら、ログイン画面にある「パスワードを再設定」をクリック、またはタップしましょう。 つぎの画面でメールアドレスを入力すると、パスワード再設定用のメールが登録したアドレスに届きますので、パスワードを再設定できます。 PC版LINEでは「パスワードを再設定」をクリックすると、再設定のための画面が表示されます。 メールアドレスを入力し、パスワード再設定用のメールから、パスワードを再設定できます 「パスワードを変えたくない」「少し時間をおけば思い出せそう」という場合、PC版LINEではQRコードでログインする手段もあります。 PC版LINEに表示されたQRコードを、スマホのLINEで読み取ってログインする方法です。 PC版LINEのログイン方法は、別記事を参照してください。 WebブラウザでLINEストアにログインしたいが、パスワードを忘れてしまった LINEストアでLINEスタンプや着せ替えの購入、LINEコインのチャージを行いたいとき、LINEに登録したメールアドレスとパスワードでLINEにログインする必要があります。 利用しているスマホによっては、アプリと連携させてパスワード入力なしで自動ログインできますが、PCでLINEストアを使いたいときは、パスワード入力が必要です。 パスワードを忘れたときは、スマホやPCのLINEアプリからパスワードを変更します。 スマホのLINEで、指紋認証や顔認証を利用してパスワード変更するのが一番早いのではないでしょうか。 LINEストアを使いたいときは、LINEに登録したパスワードやメールアドレスが必要です パスワードを忘れないために あらゆるサービスでメールアドレスとパスワードを使う今、すべてのパスワードを正確に覚えておくのは非常に難しくなっています。 だからといって、同じメールアドレスとパスワードの組み合わせにしておくと、「パスワードリスト型攻撃」というサイバーアタックで、メールアドレスとパスワードによる不正ログインをされてしまうかもしれません。 では、どのようにLINEパスワードを管理すればいいのでしょうか。 絶対に忘れない英数字に「line」の文字を足すなど、パスワード自体を工夫する手もあります。 例えば、「a1234」が忘れない英数字だったら、「a1234line」といったパスワードになります。 もっとも安全なのは頭の中だけで管理しておくことなので、忘れにくく、推測されない文字列を考えて使ってくださいね。 やむを得ず紙にメモする場合、総務省は鍵のかかる机や金庫などにメモを保管することを推奨しています。 予めご了承ください。 関連記事•

次の