顔バレしたバーチャルyoutuber。 顔バレ・身バレしたバーチャルYouTuberまとめ

静凛(シズカリン)の中の人が顔バレ?【画像】カウントダウンの催眠音声がやばい!

顔バレしたバーチャルyoutuber

バーチャルYouTuber『のらきゃっと』とは?• 名前:のらきゃっと• 誕生日:4月15日• 身長:約150cm(ヒール抜き)• 体重:41. 5kg 『のらきゃっと』はかつてニコニコ動画でも活躍していた特異なYouTuberです。 活動開始は2017年4月頃からであり、非常に早い段階より現在のような活動を行っているため、かなり古参のVTuberです。 VTuber初期組と呼ばれている「電脳少女シロ」より早い時期から活躍しており、実質VTuberの走りなのではないでしょうか。 その後VTuber人気に乗るような形でYouTubeに進出し、現在まで活動を続けています。 普通VTuberといえば企業などが数人のスタッフを使って運用するのが普通なのですが、『のらきゃっと』は「ねこます」のように個人が出来得る限りの技術を投入して運用しています。 3DCGモデルの動きや動画編集、台本、果ては声まで自分でつけています。 しかし、声を中の人本人がつけていると言っても、「ねこます」のようにボイスチェンジャーを使わず、肉声である自らのオッサン…男性声を使用しているわけではなく、『のらきゃっと』は音声認識ソフトである「VOICEROID」を使用しています。 そのため、声は機械音声丸出しのたどたどしい物となっていますが、女性の声をつけることに成功しています。 「ご認識」がご愛敬? 尚、この「VOICEROID」の仕様により音声認識の「誤認識」(動画内では音声認識の仕様で「ご認識」となっている)が非常に多く、その「誤認識」によるトンデモ発言が視聴者の腹筋を度々崩壊させています。 (例:好きな食べ物を「紅茶」と言おうとしたところ、音声認識が「校舎」と誤認、鉄筋コンクリートをバリバリ食べるといった突飛なキャラクター付けをすることになる。 ) (例:自己紹介で『のらきゃっと』と言おうとしたところ、『のらきゃっと』が認識されず「奈良キャット」やら「村(そん)キャット」やらと妙な名前を喋り続け、なかなか自己紹介出来なかった。 ) 外見は白髪のロングヘアーに猫耳、ゴスロリ衣装を身にまとった女性であり、ハイライトの無い赤い目が特徴的です。 個人製作のポリゴンモデルであるが故に表情パターンは非常に少ないのですが、無表情からの薄ら笑いが妖艶だと特に評判が高く、表情の少なさを魅惑的な動作で補っているような状態です。 設定は「元戦闘用アンドロイド」であり、戦闘力が高い設定ではあるのですが、前述の誤認識のせいで「ポンコツ」扱いされてしまうこともしばしばです。 ちなみに2018年3月末に3Dモデルを一新し、猫耳がメカっぽくなったり、尻尾が追加されたりなどの外見の変更が行われました。 必殺技は「クラリキャットカッター」。 本来は逸れてしまった話題を無理矢理本来の話題に戻すため、強制的に話題を切るように使われる「髭男爵」の「ひぐちくん」が使用していたギャグ「ひぐちカッター」が元ネタの「のらきゃっとカッター」だったのですが、誤認識でこのような形となりました。 その後、語感がカッコよく、中の人が気に入ったためにそのまま使用されています。 尚、『のらきゃっと』のファンは「 ねずみさん」と呼ばれ、動画内でも『のらきゃっと』が視聴者をそう呼称するようです。 『のらきゃっと』の中の人「ノラネコP」が顔バレする放送事故 『のらきゃっと』は運用から声付けまで全てプロデューサーである ノラネコPが行っています。 そのため、言動の数々は基本的に ノラネコPが喋っていることはほぼ周知の事実でした。 ですが ノラネコPは自身をあくまで『のらきゃっと』のプロデューサーとして位置付けており、『のらきゃっと』と自分が二人三脚で動画を作っているのだと設定していました。 そのため、 ノラネコPという男性の背後がありながらも、『のらきゃっと』には彼女に恋をしてしまう程に熱狂的なねずみさんである「ガチ恋勢」が存在していました。 しかしある日、そんなねずみさんたちの愛を試すような事件が生放送中に起こってしまったのです。 生放送で「ノラネコP」の素顔が流出した事件 その事件が起きたのは去る2018年2月4日。 YouTubeにて生放送を行っていた『のらきゃっと』。 普段通りに動画は進み、放送機材のトラブルも無く、そのまま放送は終了すると思われていました。 そもそも、トラブルなど、最初から誰も想定していません。 だからこそ、誰もが楽しく『のらきゃっと』の動画を視聴していました。 そんな中、唐突に事件が起こりました。 『のらきゃっと』の3DCGが剥がれ、 ノラネコPの姿が丸出しになってしまったのです。 ノラネコPが『のらきゃっと』を操作する際に使用していたソフト「フェイスリグ」が不具合を起こして外れてしまったが故に起きた事件です。 バーチャル美少女の中身が男だと判明して炎上 バーチャル美少女の中身が男だと判明したこの事件は視聴者に衝撃を与えるのには十分すぎるものでした。 いくら ノラネコPが個人的に操作し、一人だけで『のらきゃっと』という存在を作り上げているのだとしても、可愛い『のらきゃっと』を見に来ていたねずみさんたちの百年の恋を冷ますには一撃必殺と言っても良い程の威力があるものです。 当然、Twitterでは炎上する騒動に。 のらきゃっと側はツイッターで言及 そんな中、2018年2月6日に『のらきゃっと』のTwitterに投稿されたのがこのツイートです。 おはきゃーっと。 ……一晩起きて状況を見てみると、なんだか小さな悪戯とか、する必要がないような? 単に普通に純粋に、いつものわたしで配信するのが一番の気がしてきました。 「ノラネコP」としてもこのようなツイートが投稿されました。 ニコ生で顔出しをしていたこともあるから、自分個人についてはひたすら今更な話だけれど。 申し訳ないのはとにかく「のらきゃっと」を好きになってくれた方々に。 貰った言葉は優しいものばかりだが、はっきり言ってキャラクターとしての魅力を自分で損なってしまったことには変わりない。 ツイッターでの活動は、しばらくキャラクター同士の絡みを自粛する必要はあると思う。 交流して頂いた相手に迷惑をかけるのが最もいけない。 個人的には、こうなればオープンにして構わない情報はある程度オープンにして「ノラネコ」という存在をあって当たり前の存在にすべき、と思う。 影が見えてしまったなら、いっそ切り離して実体にしてしまった方がいい。 そもそも『のらきゃっと』は、 ノラネコPが「誰でも可愛い女の子になれる」という理論を見せるために活動をしてきたものです。 そのために作成されたアバターがキャラ付けされ、一人のキャラクターとなったのが『のらきゃっと』なのです。 なので、応えていないのも当然というか、自分の顔がバレてもあまり問題が無いとも言えるでしょう。 ねずみさんたちの反応 それでは、この事件を受けて、ねずみさんたちはどう思っているのでしょうか。 Twitter上ではこのような発言が見られました。 そして、『のらきゃっと』にガチの恋をする「ガチ恋勢」のねずみさんたちはこのように言っています。 立てばがに股 座ればおっさん 聞こえる声はおっさん でもかわいい! — 「コアクマン」 koakuma1020 改めて思った。 おっさんだからこそのらきゃっとにガチ恋出来る。 それでいいのだ。 わかりきったことだろう?おっさんだってことは。 最初から。 顔バレしてもライブの人数6000人オーバーなのはみんなガチ恋してるからだ。 間違いない。 — かりた syabyss かなり逞しいもので、こちらも全く応えていません。 むしろ「オッサンだからこそセクハラ紛いの発言も大丈夫」「オッサンだからこそ背後の存在を気にせず安心してガチ恋出来る」「むしろ目覚めた」などの意見を見ることも出来ました。 この程度では『のらきゃっと』への恋は揺るがず、今まで通りに応援していくような様相を見せています。 ハッキリ言ってしまうと、この事件で騒いでいるのは、ねずみさんたち以外の部外者であることがわかります。 現在は炎上騒動は収まっている 現在、『のらきゃっと』と ノラネコPに関する炎上騒動は収束を見せています。 本当に『のらきゃっと』の中身がオッサンであることが嫌だった視聴者は現在動画視聴をしていないでしょうし、逆にオッサンでも大丈夫なねずみさんたちは今でも動画視聴を続けていると思います。 そして、本人たちはこの事件に関して前向きな姿勢を見せています。 そのため、事件に関してはもう蒸し返す必要はありませんし、必要以上に対立を煽る必要は無いと思われます。 動画視聴の際は「ネタにする」以上に過剰な反応をすることは避けた方が得策だと思われます。 まとめ VTuber『のらきゃっと』についてまとめると、• 戦闘用アンドロイド設定のVTuber• 中の人もといプロデューサーはノラネコP• 得意技は音声認識の誤認識• 過去に一度中の人の顔が流出したことがある とのことでした! 事件が起きた後も人気を集めているということから、中の人が男だろうと何だろうと「のらきゃっと」の魅力は変わらないことが伺えますね。

次の

バーチャルユーチューバーの中の人 顔バレ一覧!!声優まとめ!

顔バレしたバーチャルyoutuber

別に見て批評する側のルックスは関係ないだろ。 だったら不細工はアイドルやタレントについて人として一切批評や発言を禁止されるのか? 相手はルックスや技能が批評される職業にいるんだから誰からも色んな部分で批評されて当たり前。 そもそも実力がある声優や好感度が高い声優なら、誰とは言わんが見た目不細工でも愛でられる。 しかしこいつがそうされないって言うのはそもそもその程度の声優って事だよ。 こういう事言いだすやつ自体の顔面偏差値って大体大したことないんだよな。 しかも頭もアホだし救いようねえ(爆笑) 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より カテゴリー• 250• 121• 181• 151• 466• 111• 1 スポンサーリンク.

次の

富士葵の顔バレや身バレで中身特定?歌が上手い下手?炎上した理由は?

顔バレしたバーチャルyoutuber

VTuberとは? VTuberファンのあなたは、VTuberについて ご存じでしょう。 ただ、あまりよくわからないという人の ためにここで少しVTuberについて 見ていきます。 VTuberは、バーチャルYouTuberを略した 言葉です。 ですから、VTuberはYouTuberの一種であり バーチャルの人物を作ってYouTubeに 登場します。 例えて言えば、覆面レスラーに似ているかも しれません。 タイガーマスクやデストロイヤーという 仮想の人物になってレスリングをすることで ファンに夢を与えていました。 VTuberの場合は、顔だけでなく、全身を 作りこむことができるんです。 アニメの主人公のようなキャラクターに なりきって、見ている人たちを楽しませる ことが可能。 現代だからこそ、成せる技です。 キズナアイさん、ミライアカリさん シロさんとしのぎを削っています。 今回、輝夜月さんの顔バレのニュースが ネット上を賑わしました。 とても可愛い女の子で、輝夜月さんと 遜色ないと言ってもいいでしょう。 もちろん、アニメではない実在の人物なので 違いはありますが、輝夜月の中の人が 好きになった人が大勢います。 ですので、輝夜月さんと輝夜月さんの 中の人の両方が好きだという人にとっては このうえない喜びを得たことは言うまでも ありません。 輝夜月の顔バレにみるVTuberは顔バレしてはいけないのか調べてみた! VTuberの中の人は顔バレしてはいけない? では、VTuberは顔バレしてはいけないのか? これには賛否両論あるでしょう。 例えば、覆面レスラーの場合は、対戦相手が よく覆面をはごうとする場面がありました。 これは、演出の一つかもしれませんが、覆面を はぐ行為はプロレスでは反則。 また、覆面をかけて相手と対戦する試合が 組まれることも。 負けたら、公衆の面前で覆面をはぐのです。 覆面の中の人が一体だれなのか知りたいという 欲望があるので、見るものにとっては エキサイティングな演出と言っていいでしょう。 こうしたことから考えるとVTuberの場合も 基本的には誰がやっているのかわからない ほうがいいと言えます。 ただ、群衆は誰がやっているのか知りたい という欲求をもっていますから、輝夜月さん のように何かのはずみで中の人が誰か わかってしまうとすぐに話題になって しまうのでしょう。 であるなら、顔バレという形で群衆に 知られる前になんらかの演出で顔出し するのもいいかもしれません。 例えば、何かクイズ企画等をして、正解者が 千人以上だったら、中の人の正体を公表する というような。 プロレスでいうところの覆面をかけた戦い のようなものです。 もちろん、中の人の正体を知ったことで 冷めてしまうファンもいるでしょうから 秘密裏に別のキャラクターを作っておく 必要があります。 VTuber業界は、今後いろいろな思考錯誤を していく必要があるなかで、顔バレも企画の 一つとしてしまうのです。 生涯明かさないというキャラクターがあったり 顔バレするキャラクターがあったりしたほうが VTuber業界は、もっともっと盛り上がるでしょう。 もちろん、ここで述べたことは一案に 過ぎません。 ただ、一概にVTuberの顔バレがいけないとは 言えないのが本当のところです。 輝夜月の顔バレにみるVTuberは顔バレしてはいけないのか調べてみた! まとめ VTuber業界が盛り上がりをみせている 今日この頃ですが、顔バレについては 賛否両論あります。 ここでは、顔バレを企画として行うことで VTuber業界が盛り上がるだろうという仮説を 立てました。 輝夜月さんは顔バレしても、特にファンが 離れたという話を聞きません。 ですから、VTuberファンの人たちは 仮想のキャラクターと中の人は全く別ものと 考えています。 中の人が誰かを知ったとしても 仮想のキャラクターを好きだという気持ちは 変わらないということ。 VTuber業界の人たちが顔バレをうまく使って 今後もどんどんバーチャルYouTuberを 盛り上げていただくことを切に願います。 「VTuberに関しては、こちらの記事も人気です。

次の