確定拠出年金 相談。 確定拠出年金(企業型・個人型)

相談事例:厚生年金基金解散に伴いお金が振り込まれます。どうするのが良いでしょうか?

確定拠出年金 相談

個人型の確定拠出年金(iDeCo)が2017年1月から拡充、確定拠出年金のことを知る人が少しずつ増えてきています。 個人型の確定拠出年金(愛称:iDeCo)、企業型の確定拠出年金のどちらになるか、加入ルート自体が変わります。 また確定拠出年金制度自体がそもそもよく分からない、相談先が分からないというのが実態でしょう。 この記事のポイントは下記の5つです。 確定拠出年金(個人型iDeCo、企業型)で事前に相談することが大切な理由• 個人型iDeCoと企業型の相談に違いはある?• 確定拠出年金の相談先の種類• 相談は無料と有料どちらがおすすめ• 確定拠出年金をやるときに家計の見直しも必要? 確定拠出年金制度の相談について、相談前に知っておきたいことを解説しますので是非参考にしてください。 ライター紹介 平野 敦之 ひらの あつし 平野FP事務所代表。 東京都出身。 大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。 ・個人のライフプラン、お金の悩みやお困りごとのサポート。 ・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。 ファイナンシャルプランナー歴20年以上。 相談業務の他TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。 同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。 講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。 総合情報サイトAll Aboutにて2003年よりマネーガイドを務め、15年以上に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。 その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は600本以上。 「お金の当たり前を、当たり前に。 」するために、現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。 com•

次の

確定拠出年金(イデコ)の相談

確定拠出年金 相談

このコラムを読んでくださっている方々の多くは、おそらくそれなりに確定拠出年金制度や運用の考え方を理解されているのではないでしょうか。 こういったコラムに興味を示さないような方々にこそ、情報や知識や知恵が必要であると感じることが多いので本当に悩ましいです。 さて、企業型の確定拠出年金の加入者は、2014年3月末現在で約466万人おられます。 会社員(厚生年金の被保険者)の7~8人に1人というところでしょうか。 勤務先で制度が導入されたのはもう10年以上前という方々から、この数年で導入されたところという方々までさまざまだと思います。 私は一般生活者のFP相談を日々お受けしていますので、相談者さんの勤務先の確定拠出年金についてアドバイスをさせていただく機会もあります。 (労働組合さんからの依頼で研修講師を務める機会もあります。 ) 相談の際にとにかく最初に出てくるのは「よくわからない」というひと言。 資料が出てくればまだ良いほうで、手元には何も残っていない、専用サイトにログインなんてしたことがないという相談者さんもおられます。 「制度がよくわからない」「どのように商品を選んだらよいのかわからない」ではなく「何がよくわからないのかもわからない」という状況です。 ----- 制度の説明として私からお伝えする第一声は「確定拠出年金は退職金制度の一部です」。 まずはこれで十分だと考えています。 なぜ制度をある程度知っておいてもらいたいと思うのか、なぜ運用商品をしっかり選んでもらいたいと思うのかというのは、すべて相談者さん自身が将来受け取る退職金の額に影響してくるからです。 特に20代や30代の若い世代にとっては余程の大きな安定した企業でない限り、退職金なんて「出るか出ないかわからないもの」と考えてしまうこともあるかもしれません。 大きな企業でも同じように考えておられる方々もあるかもしれません。 これまでの退職金制度であれば確かにそうでした。 極端に言えば、将来会社が無くなってしまっていたら、将来会社が退職金を払えるだけの余力が無くなってしまっていたら、退職金は受け取れないということもありえます。 でも、確定拠出年金は違います。 将来受け取るまで会社が預かっている退職一時金とは異なり、確定拠出年金では毎月の掛け金が会社から拠出された時点で、加入者自身の資産になるわけです。 もう一度極端に書けば、明日や来月に勤務先が無くなってしまっても、確定拠出年金の中で積み立てられた資産は加入者自身のものなのです。 ただし、現在の仕組みでは60歳になるまで基本的には自由に使えません。 あくまでも自分自身が将来受け取る退職金の一部なのです。 ----- 確定拠出年金について最初に調べてみていただきたいのは「想定利回り」です。 制度の導入研修資料に載っていたかと思います。 制度の担当者に聞いてみていただいても構いません。 導入企業の平均では2002年度や2007年度は2. この想定利回りで毎年運用することができれば、予定通りの額の退職金を受け取れますという意味合いです。 例えば、将来受け取る退職金の確定拠出年金部分が1000万円の見込みだったとします。 想定利回り2. 答えは毎月の掛け金(拠出金)です。 同じ1000万円の退職金であれば、想定利回りが低いほうが毎月の掛け金は多くなるという意味です。 反対に言えば、想定利回り1. そして、1. 退職金制度の一部としての確定拠出年金では、投資や運用の考え方は非常に重要です。 導入企業においては、加入者(従業員)に向けた「継続して投資教育を実施することのたいせつさ」を強く認識していただく必要があります。 ですので、一個人としては確定拠出年金に関するアンテナをこれまでよりも少し高くしてみていただきたいです。 例えば社内で開催される研修会やセミナーには積極的に足を運んでもらいたいです。 それは将来の自分自身の退職金のために必要なことなのです。 ----- 次に調べていただきたいのは、勤務先で開催される確定拠出年金に関する研修の講師を誰が務めているのかということです。 元本確保型ではなく運用商品を加入者が積極的に選んだ結果として、積立金が大きく減ってしまったときに責任問題になることを避ける必要があるからでしょうか。 また、最近は特に制度導入にあたって企業が直接の大きなコスト負担を避けたい傾向にあり、金融機関にとって代わりの収益にすべく手数料(信託報酬・運営管理費用)の比較的高いものを運用商品の組み合わせ例としてピックアップしているケースも見受けられます。 注意が必要です。 ----- このコラムのタイトルは「確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する」です。 勤務先や労働組合の開催する研修や相談会では疑問を解決できなかった場合、自分自身が自己流で学んでみたけれど専門家の意見を聞いてみたい場合、とにかくせっかくなので専門家の話を聞いてみたい場合、このようなケースではファイナンシャルプランナー(FP)に相談するという選択肢が候補になるかと思います。 FPに相談する際に必要になるのは、勤務先で導入されている確定拠出年金制度のわかる資料です。 掛け金の仕組みはどうなっているのか、自分自身も掛け金を出せるマッチング拠出は採用されているのかなど、同じ確定拠出年金制度であっても企業によって詳細な仕組みは異なるからです。 また、手数料情報の含まれた商品ラインナップの資料も必須です。 投資助言代理業として登録していないFPであれば、具体的にどの商品をどんな比率で選びましょうというアドバイスはできません(私も登録していません)。 しかし、商品の選び方や手数料の考え方、長期で運用を継続していくにあたってのポイントはお伝えできます。 この考え方やポイントの説明を受けずに商品の選び方だけを専門家に求めるのはよろしくないと考えます。 その専門家に頼ることができなくなったときに困るのはご自身だからです。 FPにもさまざまな立場の人がいます。 相談料は有料がいいか無料で問題ないかは、FPそれぞれの専門性の問題ですので一概には答えはありません。 間違いなくお伝えできるのは確定拠出年金だけでなく公的年金にも詳しいか、何か他の金融商品などの偏ったアドバイスになってしまう恐れはないのか、この2点を事前に必ず確認したうえで、ぜひファイナンシャルプランナー(FP)に相談の依頼をしていただきたいです。 「確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する」 これは、ご自身やご家族の将来資金である退職金についてしっかりと情報を得ておくために、これからの時代において1つのたいせつな選択肢になってくることと考えています。 これまで2016年11月・12月・2017年1月・5月・6月・7月の計6回開催しました。 ご意見・お問い合わせはこちらから。 日々をつづった日報はブログにて。 【2009年9月より毎日更新中】 ------------- 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~.

次の

確定拠出年金(企業型・個人型)

確定拠出年金 相談

は、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。 この記事の専門家は… 【執筆者:おかねの相談室(嶋田商事株式会社)】 特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 資産運用や投資信託、iDeCo・NISA、保険、ライフプラン、相続などの疑問や不安をワンストップで解決している。 その後は、 あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、 お金のプロに直接相談することができます。 ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! ほったらかしはもったいない!企業型DCを活用しよう 皆さんの人生を豊かにするお手伝いをしています、おかねの相談室ファイナンシャルプランナー(FP)の氏家です。 企業の退職金制度の1つに 企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)があります。 年々導入する企業も増えてきましたが、会社からの説明だけでは中身の事がよく分からず 「ほったらかし」になっている人が多いのではないでしょうか? FPの立場からすると企業型DCは、 老後の資産形成において「有効な手段の1つ」であるため「ほったらかし」で活用しないのはもったいないです。 そこで今回は、 企業型DCを上手に活用する方法について取り上げました。 将来の年金不安がメディア等でさまざま取り上げられているように、老後資金の備えはこれからますます自分でお金を準備することが必要になってきます。 お金に困らない豊かなセカンドライフを送るためにも、今回紹介する企業型DCの効果的な活用方法を参考にしてください。 「自動的に実行できる」有効な2つの手段 資産形成においてのポイントはいくつかありますが、ここでは企業型DCで「自動的に実行できる」有効な手段をお伝えします。 これは価格が日々変わる金融商品を一度に購入するのではなく、 「定期的」に「同じ金額」を購入していく方法です。 投資するタイミングはプロの投資家でも判断するのが難しいと言われていますが、これを利用することで、価格の変動リスクを減らし安定して増やしていく効果が期待できます。 例えば、雪玉を転がして雪玉を作る場合、より長く転がすと大きな雪だるまが作れますよね。 資産運用も長く続けることでその効果が大きくなります。 さらに、金利(リターン)を味方にすると得られる効果がより大きくなります。 001% 毎月1万円積み立て 金利3% ただし、高い金利(リターン)を目指す場合、一方で損をする可能性(リスク)も高くなるので注意しましょう。 定年退職までの期間が10年以上 ドルコスト平均法で価格変動のリスクを減らせるため、 「株式投資信託」など積極的な投資商品にチャレンジしてみましょう。 長期運用の効果で大きな収益も期待できます。 定年退職までの期間が10年以内 投資している商品の価格が下がった場合、価格が戻ってくる前に退職金を受け取るタイミングになってしまう可能性があります。 退職金を減らさないためにも運用期間が短くなってきたら 「元本確保型」や「債券投資信託」など価格変動リスクを抑えた投資商品を選ぶことをおすすめします。 マッチング拠出とは、従業員が事業主掛金に上乗せして掛金を拠出することができる制度(企業によって状況が異なるため、規約等を確認する必要がある)。 従業員が拠出した金額は全額所得控除できるため、所得税・住民税が軽減されます。 この運用益に対して普通は20%課税されます。 例えば1年間で10,000円の運用益が出たとして、20%課税の場合、2,000円が税金として運用益から引かれるため、残り8,000円が再投資にまわります。 しかし、非課税が利用できる企業型DCの場合、運用益の10,000円がそのまま再投資されるため、 資産運用する際に「運用益が非課税」は得られる効果が大きいポイントになります。 ぜひ今回お伝えしたことを参考に企業型DCを有効活用してください。 まだ実践するのが不安な方は一度「おかねの相談室」のファイナンシャルプランナーまでご相談ください。 安心して運用ができるようになるまで、皆さんのレベルに合わせてわかりやすくお伝えいたします。 また、価格に変動等により損失が生じる恐れがあります。 各商品等への投資に際してご負担いただく手数料及びリスクは商品毎に異なります。 また、 「お金の健康診断」は 年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェック することもできます。 その後は、 あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、 お金のプロに直接相談することもできます。 ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! コメント「知識・経験豊富なお金のプロがどんな些細なことでもお答えします!!」 私たちは、特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)です。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 お金のプロが皆様の様々なお金に関する疑問や不安をワンストップで解決します。 e-shimada. com で検索.。

次の