結婚 祝い 金額 書き方。 【完全保存版】結婚祝いののし袋の種類と書き方講座

結婚祝いの書き方!ご祝儀袋の表書きの名目や贈り主はどうする?

結婚 祝い 金額 書き方

友人連名で結婚祝いを贈る 披露宴に出席する際のご祝儀は、個人名でお贈りするのが基本なので、連名にせず一人一封でご祝儀を包みましょう。 友人と連名で結婚祝いを贈るのは、以下のケースが考えられます。 ご祝儀とは別に、結婚祝いの品を贈りたいとき この場合はご祝儀をお渡ししますので、プレゼントの金額はあまり気にしなくても大丈夫です。 むしろ、ご祝儀をいただいたうえに高価な品までいただくとなると、かえって先方に気を使わせてしまいます。 お祝いの品は、一人あたり3,000〜5,000円くらいで合算する、もしくは全員の合計で10,000円にするなど、お互いの関係性で決めるとよいでしょう。 贈り物にのしを付ける場合は「友人一同」とし、必要に応じてお金を出した人の名前を書いた紙を添えます。 結婚式・披露宴がない場合のご祝儀 いわゆるナシ婚のご祝儀は、式に出席した場合のご祝儀より金額は少なくなり、一人あたり3,000〜10,000円が一般的です。 内祝いのことも考慮して、あまり高すぎない金額がよいでしょう。 ご祝儀に数千円は少し気が引けるという場合にも、友人と合算し連名でお贈りするのはよいアイデアです。 ただし、自分自身が以前に結婚祝いをいただいているなら、連名からは外れて、以前いただいた結婚祝いと同程度のご祝儀を包みましょう。 ナシ婚の場合のご祝儀は、以下の記事も参考になるでしょう。 夫婦・家族で連名にする 家族連名でご祝儀・結婚祝いを贈ることができます。 連名には以下の2通りの書き方があります。 夫婦で披露宴に出席する場合は、連名で50,000円が一般的な相場となります。 姓が一緒なら、妻以降は名だけとしても構いません。 紙面の都合上、名前を書くのは3人程度が収まりがよいです。 3人以上の場合は、次の方法が適しています。 人数が多い場合は「世帯主の名前+他家族一同」に 3名以上の連名など、のしに書ききれない場合にはこの書き方がスマートです。 世帯主である人の名前をご祝儀袋の下段・中央に書き、左に少し小さめの字で「他家族一同」と書きます。 別紙に世帯主を含めた家族全員の名前を書き、中袋に同封します。 取引先として連名で贈る 取引先としてお贈りする結婚祝いの品やご祝儀は、お付き合いの程度にもよりますが、式に出ない場合の金額相場はおおむね10,000円とすることが多いようです。 しかし、社内規定や社内の事情を把握しておいたほうがよいので、金額や品物を決める前にまず上司に相談をするようにしましょう。 取引先としてのお祝いの場合、のしには会社名(部署連名なら部署名も)も書きます。 氏名の記載はケースバイケースです。 会社名が長い場合には、「株式会社」を「(株)」に省略しても構いません。 また、先様がお礼状を出せるように、住所氏名を書いたリストを別紙で同封しておきましょう。 ただし最近では、内祝いやお礼状は会社へ贈ることが多いため、住所を省略することも増えています。 なお、リストは目上の方から順に書いていくようにします。 有志連名で結婚祝いを贈る場合 のしに氏名を書く場合は3名くらいが紙面的にもスマートです。 役職の上下がある場合は、中央に最も目上の方を入れ、左へ順に書いていきます。 役職が対等であれば、中央・左・右のように、左右対称に書き入れていきましょう。

次の

ご祝儀袋の書き方・金額相場》中袋/結婚式/短冊/名前/表書き/入れ方包み方

結婚 祝い 金額 書き方

結婚祝いで喜ばれるのは、プレゼント?現金? 贈られる側は、プレゼントでも現金でもお祝いの気持ちが込められたものならどちらも嬉しいもの。 しかし、より喜んでくれるものを贈りたい場合は、プレゼントと現金それぞれのメリットを比較すると選びやすいでしょう。 プレゼントを渡すメリット 「自分たちのことを思って選んでくれたプレゼントは嬉しい」という意見は多いです。 何気ない会話から2人の好きなもの、共通の趣味などを察知し、それに関連したプレゼントが喜ばれるケース。 時間を割いて選ぶことで真心が伝わるメリットがあります。 現金を渡すメリット 最近は現金の結婚祝いが嬉しいという現実的な意見も。 結婚式の費用、新居への引っ越し代など、新生活にはお金がかかるため、現金にはそれを考慮していることが伝わるメリットがあります。 両方を渡すメリット 現金とプレゼントの両方をもらえるのが一番!というのが新郎新婦の本音かもしれません。 贈られる側としては、欲しいものはプレゼントでもらい、現金は自由に使えるというメリットが。 新郎新婦の気持ちを理解していることが伝わるでしょう。 いずれのケースも不正解ではありません。 相手のタイプ別に贈るものを選択するのが最善ということです。 関係性が近い場合は、直接欲しいものを聞いてみるのもよいでしょう。 結婚祝いの金額相場 結婚祝いに何を贈るかも悩むところですが、一番気になるのは結婚祝いの金額相場でしょう。 結婚式への出席の有無や、贈る相手との関係性別に相場をご紹介します。 結婚式、披露宴に出席する場合は、ご祝儀が結婚祝い 結婚式・披露宴に出席する場合、結婚式費用(料理代、内祝い費用など)を考慮して必ずご祝儀(現金)を渡します。 ここでの結婚祝いはご祝儀を意味します。 プレゼントも渡したい場合は「ご祝儀+プレゼント代」が、下記の相場内に納まるよう工夫しましょう。 兄弟、姉妹の結婚祝い相場 結婚祝いの相場は30,000~100,000円くらい。 年齢が若い(20代)場合は少なくても問題ありませんが、夫婦で出席する場合は多めに出すのが一般的。 プレゼントも贈る場合は、「ご祝儀20,000円+プレゼント10,000円=30,000円」など、相場に合せるとよいでしょう。 親族(姪・甥)の結婚祝い相場 結婚祝いの相場は30,000~50,000円くらいですが、いとこ同士で金額を合わせる人も多いようです。 職場関係の人・友人の結婚祝い相場 職場の同僚や友人の場合は20,000~30,000円ほど。 親友など、新郎新婦と親しい場合は多めに包むことが多いです。 自分が上司である場合は、職位に応じて多め(50,000~100,000円)に包むのが一般的。 ただし、先に結婚祝いをもらっている場合は、その金額に合わせるのがマナー。 結婚式、披露宴に出席しない場合は、相場の3分の1程度 欠席する場合の結婚祝いの相場は、出席する場合の「3分の1程度」といわれています。 上で紹介した関係性別の相場を参考にしてみてください。 ただし、欠席連絡が遅れた場合は現金を多めに包むのがマナー。 相手がキャンセル料を負担する可能性が高いからです。 欠席連絡が1ヶ月以内になったら、相手にお詫びを言ったうえで多めのご祝儀を贈りましょう。 結婚祝いを渡すときのマナーとは 結婚祝いのプレゼントやご祝儀を渡すときの注意点、ご祝儀袋の正しい取り扱い方など、それぞれ紹介します。 プレゼントを渡すときに気を付けたいこと 1. 高額過ぎないものを選ぶ 結婚祝いの相場より高いプレゼントは、相手に気を遣わせる可能性大。 金額が分かりやすいハイブランドの品物を贈る場合は特に注意しましょう。 結婚祝いにNGな品物は避ける 刃物などは縁起が悪い言葉(切れる)を連想させるため、結婚祝いに贈るのはNGとされています。 赤ちゃん用品など先走ったものもNG。 結婚式の1~2ヶ月前までに贈る 事情がある場合は、遅くても1週間前までに渡すのがマナー。 現金を渡すとき気を付けたいこと 結婚祝いを現金にする場合の注意点は3つ。 スマートな渡し方で、よりお祝いの気持ちを伝えましょう。 お札の枚数は奇数に 最近は気にしない人も多いですが、「別れ」を意味する偶数は縁起が悪いためNG。 もし20,000円を包みたいときは「1万円札1枚+5千円札2枚=お札3枚」と工夫する手も。 新札をご祝儀袋に正しく入れる 現金は必ず新札を。 中袋にはお札を表向き(人物が印刷された右側が上)になるように入れるのがマナー。 ご祝儀袋はふくさで包む ふくさで包むと汚れやシワを避けられ、丁寧な印象に。 ふくさの色は赤など明るい色にするとさらに好印象。 ご祝儀袋の書き方 ご祝儀袋の選び方や名前の書き方にもマナーがあります。 それぞれ気をつけたいポイントを紹介します。 袋の選び方 「一度結ぶとほどけない」という意味が込められている「結び切りの水引」のご祝儀袋を使います。 似た袋に「蝶結びの水引」がありますが、「何度でも結び直せる」という意味があり結婚祝いに適しません。 また、ご祝儀袋は包む現金の額に見合ったものを使うのがマナー。 入れる金額が多い場合は豪華なもの、少ない場合は質素なものを。 名前の書き方 ご祝儀袋ののしには、「寿」や「御結婚御祝」などと書かれています。 その下にある空白部分の中央に、筆ペンなどで自分の氏名を書きます。 2~3人で一緒に包むときは、右から年上の人の氏名を書くのがマナー。 3人以上になる場合は代表者の氏名を書き、「外一同」と添えます。 中袋の表には入れた金額を。 そのとき使うのは漢数字(1万円=壱萬圓、2万円=弐萬圓、3万円=参萬圓、5万円=伍萬圓)です。 裏には自分の氏名と住所を書きます。 ふくさの包み方 ふくさを広げ、ご祝儀袋を中央からやや左寄りに置きます。 まとめ 結婚祝いの相場は、贈る相手との関係性や結婚式への出席の有無などによって変わるものです。 しかし、紹介してきた結婚祝いの相場金額は、あくまでも参考金額。 絶対に守らなければいけないものではなく、目安です。 それよりも結婚祝いを渡す際のマナーを守ること、祝福する気持ちを込めること、そして新郎新婦の門出を祝う気持ちを伝えることが一番大切です。 内祝いおすすめランキング.

次の

結婚式親からのご祝儀はご祝儀袋に入れる?書き方は?新札なの?

結婚 祝い 金額 書き方

index• 結婚祝いの表書きはどの筆記用具を使う? の品やお金が準備できたら、まずは表書きを書く必要があります。 結婚祝いの表書きの書き方として、どの筆記用具を使うのが正しいのでしょうか。 まずどこの家庭でもあるボールペンですが、結婚祝いの表書きに使うのは適しません。 万年筆もボールペンと同じように細い字を書くものなので、結婚祝いの表書きには使わないようにしましょう。 結婚祝いの表書きに使う筆記用具として正しいものは、筆ペンや毛筆です。 毛筆を使うときは墨を濃くして書くようにし、筆ペンは濃いインクにしてください。 薄墨はお悔やみ事に使用するため、お祝い事である結婚祝いには適さないのです。 筆ペンや毛筆は普段から使うようなものではいため、習字を習っている人以外は慣れない人も多いのではないでしょうか。 筆遣いが苦手だという人はサインペンを使っても、マナー違反にはなりません。 結婚祝いの表書きというのは親世代の目にも留まるものなので、サインペンで書かれていると「常識がない」と思われることもあります。 うまく書けなかったとしても、筆ペンや毛筆を使った方が良さそうですね。 筆遣いが苦手な人は薄く鉛筆で文字を下書きして、その上をなぞるように書くと大きな崩れがなく書けるので試してみてください。 結婚祝いのご祝儀袋・中袋の書き方 結婚祝いのお金を入れるご祝儀袋ですが、そのまま包むのではなく中袋に入れてから包むのがマナーです。 中袋にお金を入れる際の、包んだ金額の書き方などについて正しい方法を見ていきましょう。 表側 結婚祝いを入れるご祝儀袋の中袋、表側には包んだ金額を記入しましょう。 「金」と書いて少し余白をあけてから金額を書き込むと、バランスが良くなります。 金額の書き方ですが、漢数字と「万」は旧字体で書くのが正しい方法です。 現代では通常の書き方でも構わないという流れになっていますが、旧字体で書いた方がカッコよく決まりますね。 結婚祝い金の相場である3万円を包んだ場合は、中袋の表側中央に「金 参萬円」と書いてください。 「也」は通常、10万円以上の高額をご祝儀袋に包んだ場合に使用するものです。 一般的な結婚祝いの金額であれば、使用することはまずありません。 裏側 中袋の裏側には贈り主、つまり自分の住所と氏名を書きましょう。 受け取った側がご祝儀袋を整理する際、誰が贈ってくれたものか分かるようにするためなんですね。 住所を書く際は郵便番号も書いた方が、より親切です。 中袋の種類によっては、裏側に住所と氏名を書く欄が印刷されているものもあります。 記入欄がある場合には、枠内に記入するようにしましょう。 包む金額が小さい時に使う、水引などが印刷されているご祝儀袋の場合は中袋を使いません。 印刷タイプのご祝儀袋は、裏面の左下に住所と氏名を書き込みましょう。 結婚祝いの表書き・名目の書き方 結婚祝いの表書きで欠かせないもののひとつに、お祝い事の目的である「名目(上書き)」があります。 結婚祝いの場合は「結婚を祝うため」にお祝いを贈るので、名目は「御結婚御祝」となるのです。 ひとつ気になるのが、結婚祝いなら名目は「祝御結婚」でも良いのでは?という点です。 名目を書き込む際のマナーとして名目の4文字構成は「死文字」と呼ばれており、嫌がられる場合があります。 どうしても「祝御結婚」にしたい時には「祝」の字を少し離して小さめに書くと良いでしょう。 一般的には4文字以外の「御結婚御祝」や「寿」などが使われます。 「寿」を名目として使う場合は、旧字体の「壽」を使うことでより格式が高くなります。 ご祝儀袋によっては、もともと短冊に「壽」の字が書かれている場合も多いです。 名目がすでに書かれている場合には、氏名のみ書くようにしましょう。 結婚祝いの表書き・贈り主の書き方 結婚祝いの表書きの中でも、特に迷うことが多い贈り主の書き方。 個人の場合は簡単ですが、人数が増えたり夫婦連名で贈ったりするとなると、迷ってしまいますよね。 正しい贈り主の書き方を把握しておけば、結婚祝いに限らずお祝い事の表書きは問題なくおこなえます。 実際の贈り主の書き方として、個人から団体まで6種類のケースをそれぞれ見ていきましょう。 個人の場合 結婚祝いの贈り主が個人の場合は、水引の下部分に氏名を書き込むだけなので簡単です。 氏名の字の大きさは、上書きの「壽」よりも少し小さめにするとバランスが良くなります。 氏名は名字と名前の間に空白を入れて、わかりやすく書いてください。 氏名の他に社名や肩書きなどを追加するときは、氏名の右上に小さく書き込みましょう。 中には肩書きが長い人もいるかもしれませんが、2行に分けても問題はありません。 夫婦の場合 夫婦共通の知り合いが結婚する場合には、夫婦連名で結婚祝いを贈ることも多いです。 夫婦連名の場合、贈り主の書き方は中央に夫の氏名を書きます。 夫の左隣に妻の名前のみを添えますが、妻もフルネームで書いても差し支えはありません。 家族の場合 家族ぐるみで付き合いがある場合には、家族全員が結婚式に招待されることも珍しくないですよね。 家族で式に招待された時には、家族で結婚祝いを贈ります。 結婚祝いの贈り主が家族である場合は、家族全員を書く方法と世帯主のみを書く2種類の方法があるのです。 家族全員を書く時の順番は右から夫、妻、子供となります。 贈り主として名前を書けるのは3名まで、さらに短冊の場合は2名のみです。 家族の人数が多い時には世帯主が代表者となり、贈り主として氏名を書きます。 世帯主の名前のすぐ左側に、小さく「他家族一同」と付け加えることで家族が贈り主だとわかるようになるのです。 「他家族一同」だけでは正確な家族の名前がわからないままなので、別の紙に家族全員の名前を書きます。 名前を書く時は紙の上部中心に「壽」と書き下に右から夫、妻、子供の順に名前を書いていきます。 家族の名前を記入する時も、夫のみフルネームでほかの家族は名前だけで大丈夫です。 家族の名前を書いた紙は、結婚祝いのご祝儀袋・中袋に入れます。 外国名やカタカナの場合 意外に困ってしまうのが、贈り主が外国名やカタカナ表記であった場合の書き方です。 名前や会社名など外国名やカタカナ表記であっても、贈り主の書き方は縦書きで統一します。 アルファベットはなるべくカタカナ表記にし、縦書きでも違和感のないようにしましょう。 会社名などでアルファベットを変えられない場合には、そのまま縦書きで対応します。 団体の場合 結婚祝いを会社の部署全体で贈ったり、仲の良い数名の友人で贈ったりする場合もあります。 家族以外の団体で結婚祝いを贈る場合、贈り主は「〇〇 一同」といった書き方をしましょう。 会社の部署の場合は右に会社名、左に部署を書いて「一同」と加えてください。 友人同士の場合 友人が団体で結婚祝いのお祝いをしてくれたときは、どうでしょうか。 友人が数名で結婚祝いを贈ってくれた時には、マナーとして右から順に年齢が高い・あるいは社会的地位が高い人を書き込みましょう。 同い年で特に地位の格差もない場合は、右から五十音順にすれば問題はありません。 正しい書き方では贈り主の書き始めは中央からでしたが、ここ最近ではバランスの問題もあって全体的に中央に寄せるケースも増えています。 結婚祝いの品・のし紙の選び方 結婚祝いに現金を贈る場合でも品物を贈る場合でも、のしは欠かせません。 特に贈り物に掛けるのし紙の選び方には、細かいマナーやルールがあります。 具体的にのし紙の選び方にはどのようなマナーがあるのか、見ていきましょう。 水引の選び方 水引にも紅白や黒白、金銀などさまざまな色が存在します。 結婚祝いに使う場合は、どの色が適しているのでしょうか。 結婚祝いには通常、紅白や金銀の水引を使います。 黒白はお悔やみ事のための色なので、お祝い事には使わないように気をつけましょう。 結婚祝いの水引は5本の束を2本、つまり10本結んでいるものを選ぶのが正式です。 10本の水引は、5本を選ぶよりも2倍幸せが訪れるという意味が込められています。 市販の水引はパッケージに「〇〇用に最適」などと書かれているので、参考にすると間違いがないですね。 水引の結び方 の色と同じくらい大切なのが、水引の結び方です。 水引の結び方はお祝いの種類に対して意味が込められており、縁起の面でも重要です。 結婚祝いに使う水引の結び方は「結び切り」あるいは「あわじ結び」です。 結婚は一度しかしないもの、という幸せを願う気持ちを込めて「結び切り」を使用するのです。 強く引っ張るとより固く結ばれる「あわじ結び」も、人とのつながりである結婚祝いに適しています。 逆に蝶結びは引っ張るとほどけて何度も結びなおしができるので、結婚祝いには不向きなのです。 結婚祝いの品・のしの正しい掛け方 結婚祝いの品ののし紙が正しく書けたら、次はのし紙を品物の箱に掛けていきます。 実はのし紙の掛け方にもマナーがあるので、詳しく見ていきましょう。 のし紙の掛け方には「外のし」と「内のし」の2種類があり、外のしは包装紙の外側にかけて内のしは包装紙の内側にかけて外からはのし紙が見えない状態のことをいいます。 直接結婚祝いを手渡しで贈るときには、一目で贈り物の目的がわかる「外のし」が適しているでしょう。 直接結婚祝いを渡せず、郵送になる場合はのし紙の汚れなどを防ぐために内のしにします。 渡し方によってのしの掛け方を変えることで、よりスマートに贈ることが可能です。 のしの掛け方で外のしと内のし、どちらが間違っているということはありません。 贈られる相手のことを考えると、よりわかりやすくのし紙を掛けるのがマナーではないでしょうか。 まとめ 結婚祝いの書き方として、ご祝儀袋の表書きの名目や贈り主について詳しくご紹介してきました。 結婚祝いの表書きには濃い色の毛筆やサインペンを使って「御結婚御祝」など4文字を避けた名目を書いていきます。 下のしに書く氏名も、個人なのか団体なのかによって書き方が細かく決まっているのです。 表書きの書き方以外にも、水引の選び方やのし紙の書き方など意識したいマナーはたくさんあります。 結婚祝いを贈る相手のことを考えながら、より喜んでもらえるお祝いの品を贈りたいですね。

次の