アラジン 喫茶店。 一服するなら屋台でコーヒー!栃木県「カフェ・アラジン」

明楽時運

アラジン 喫茶店

昭和57年、 岐阜市にてオープンした 「喫茶アラジン」は、懐かしい レトロなたたずまいで、長年多くの人々を引き付け、心を癒し続けてきた 地元の名店。 コーヒーの香りが漂う店内には、 味のあるカウンターと 懐かしのテーブルゲームが並び、まるで 昭和の時代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。 ゆっくりと時間が流れるこの場所では、 一人の時間を楽しむ常連の方から 昭和を知らない若者まで、長時間想い想いの時間を楽しんでいます。 懐かしいけどどこか新しいこの雰囲気がどの世代でもついつい長居してしまう理由の一つなんだと思います。 カウンター席は3席、 テーブル席は40席で、複数人でも十分座れる店内。 貸し切りもできるため、 同窓会や 組合の食事会、 セミナーなどで、この場を活用される方も多くいらっしゃいます。 カウンター席では、手際よく作業されるオーナーの岩本さんの様子を見ながら、お話できるので個人的にはカウンターもオススメです。 お客様に少しでもストレスがかからないよう、素早く料理を出すことにこだわっているそうで、お客様の入り具合にもよりますが、注文してから料理が出るまでの時間はとても スピーディーです。 懐かしい雰囲気の中でも存在感を放っているのが、 様々な種類の観葉植物たち。 木のテーブルとオレンジの椅子、 たくさんのレトロなインテリア、そして 青々と咲く植物たち、まるで 映画のロケ地のようなお店の作りは、意識して作られたものではなく、歴史の中で自然に作りあげられていったもの。 今では名古屋を中心に ドリング料金のみで朝食が食べられると 全国から訪れる方もいるほど注目を集めていますよね。 もちろん、ここアラジンでも美味しいモーニングサービスが楽しめます。 岐阜県産の新鮮野菜と 卵をたっぷりと使ったサンドイッチとカリフワ食感がたまらない 焼きたてのトーストに、 ゆで卵と 季節のフルーツがセットに。 これがドリンクの値段だけで楽しめるなんて何とも贅沢ですよね! こちらで味わえるコーヒーは ドリップコーヒー。 味と香りを最大限まで引き出せるよう、 熟練の技術で一つ一つを丁寧に淹れ、 最高の一杯を届けてくれます。 ドリップとは英語で「落ちる」「滴る」という意味で、その名の通り、挽いたコーヒー豆に熱湯をドリップし、コーヒーの粉を蒸した状態にすることで、旨みを引き出していく手法です。 豆の分量、お湯の注ぎ方など、素人ではできないプロのドリップ技術を是非多くの方に味わっていただきたいです。 時間に追われないゆったりとした朝をアラジンのモーニングで堪能してください。 お得なサービスタイムは、何もモーニングの時間帯だけではありません。 なんと、 11時を過ぎたあとも、ドリンクを頼むとサンドイッチとお菓子がついてくるのです!一般的な喫茶店やカフェでもモーニングサービスはありますが、お昼以降の時間帯もこのようなサービスを継続して行なっているお店は見たことがありません。 お昼を軽食で済ませたい方やお子さまにはピッタリですね!ドリンクはコーヒーや紅茶以外にも、カフェオレやココア、レモネード、各種ジュース類、様々なフルーツジュースなど 約30種類が用意されているので、 選びたい放題です。 ドロッとした濃厚なケチャップで絡まった麺と周りに敷かれたフワッと卵との相性は、 最強のコラボレーション。 アツアツの鉄板に乗っているため、食べ終わるまで温かい状態で食べることができ、最初と最後の卵の固まり方の違いにも味の変化を感じることができます。 中部エリアに住む方にとっては懐かしく、その他の方にとっては新鮮なこのメニュー。 シンプルではありますが、これが良いんです!様々な具材が合わさり、色々な食材の味が喧嘩してしまうと、どうしても味がブレてしまいますが、 オープン当初から変わらぬレシピで 懐かしい味をしっかり形に残していくことで、多くのリピーターを生み出し続けられるのです。 ちなみに、インディアンスパデッティや焼きそば、焼きうどんなどの麺料理は全てこのような鉄板に乗って出てきます。 たっぷりの デミグラスソースと 半熟卵が柔らかいハンバーグの肉汁と合わさり、ハンバーグ好きにはたまらない最高のランチでした。 そんなハンバーグと一緒に食べるご飯は、 岐阜県の農家さんから直接仕入れている 新鮮なお米。 ご飯に合うよう味付けされたおかずたちがお米の味を引き立て、お米がおかずの味を引き立てる、そんなバランスの取れたランチメニューは、 女性のお客様に人気があり、この日替わりランチを楽しみに通う方もいらっしゃいます。 付け合わせの野菜も、積極的に 岐阜県の野菜を取り入れ、 採れた野菜の種類によって献立が決まります。 旬の野菜 がメインとなるので、 春は山菜、 秋はキノコ類など春夏秋冬どの季節に行ってもそのときならではの味を楽しむことができます。 味付けも 手作りならではの優しいものばかりなので、 ご年配の方や 女性も安心して食べられますし、 お子さまをお持ちの親御さんも気軽に足を運べると思います。 【オススメのテーブルゲーム】 喫茶店といえば、 マージャンや インベーダーゲームなどの テーブルゲーム席。 しかし、今このゲーム台も置いているお店が少なくなり、寂しがっている人も多い中、こちらの喫茶店では昔の姿をそのままに今も壊れずにしっかりと存在しています。 お友達との対戦もでき、一人でも遊べるこの席は、食事をとりながら時間を忘れられる人気の席。 そのため、この席の 競争率は高く、座れないこともありますので、なるべく早めに入店することをオススメします。 岩本 恵景 Toshihiro Iwamoto 元々、お父様の代から始まった「喫茶アラジン」ですが、最初は2代目としてお店を継ぐことは考えておらず、競艇の選手に憧れていた岩本さん。 しかし、あるときお父様の体調不調をきっかけにこのお店で働き始めることになります。 当初は料理のことも分からず、接客も得意ではなかったそうですが、専門学校で料理の勉強をかさね資格を取り、お店での実践の中で接客を覚えていきました。 そうして12年という月日がたった42歳の頃、とうとうお父様からお店の経営を任される立場に。 現在では、お父様から引き継いだお店やレシピを大切にしながら日々お客様を大切にされています。 そんな愛情こもった接客を受けたお客様からは、野菜や果物などの差し入れがあるそうで、こうしたお客様の温かい気持ちにいつも癒されているそうです。 これからも、お父様から引き継いだ素晴らしいお店を素敵な笑顔と優しい接客で守っていってほしいですね。

次の

ドキュメント72時間の屋台コーヒー店(カフェアラジン)の場所!ツイッターと営業時間や駐車場は?NHK・足利市

アラジン 喫茶店

街でよく見かける屋台カフェ 【金曜夜は 】 舞台は栃木県足利市の、屋台で営業している小さなカフェ。 凍えるような寒さにもかかわらず、一杯のコーヒーを求め、ここに集う人たち。 そこにはどんな思いが? 意外にも は番組初登場。 ぜひご覧ください。 というのも、この 「カフェ アラジン」さんは足利市で昭和46年9月から48年間も当時のまま営業してきた屋台のカフェだからです。 そして、このお店「 日本初の珈琲屋台」である可能性があるのだそうです。 この地で1971年から続くコーヒー屋台。 興味深いお店の来歴と、ロマン漂うその佇まい。 魔法のランプに灯りが灯る時間帯にもう一度訪れてみたい。 @栃木・足利市(カフェ アラジン) — satochibi eNy9IuSBXO1X1bC では、この 「カフェ アラジン」さんはいったいどこにあるのでしょうか? 予告では「 栃木県足利市の国道沿いに毎夜現れる 屋台のコーヒー店が舞台」と書かれており、実はネット地図の検索でもヒットします。 店主次郎さんと常連さん、かわずさん、僕の四人で中華料理を食べに行きました。 食後、アラジンに戻って飲んだ珈琲は最高に美味しかった。 ごちそうさまでした。 路上に灯るランプが異空間に誘います。 店名: 父から受け継いだ屋外カフェ。 その歴史は今年で47年。 味に妥協はない。 桜の時期は絶景が楽しめる。 遠方客や女性も多く24時まで営業。 趣味や世間話で盛り上がります。 栃木県足利市の国道沿いに毎夜現れる、屋台のコーヒー店が舞台。 メニューは1杯400円のコーヒーのみ。 コーヒーを飲みながらこぼれる本音に耳を傾ける。 栃木県足利市の国道沿いに毎夜現れる、屋台のコーヒー店が舞台。 メニューは1杯400円のコーヒーのみ。 それでもお客さんがひっきりなしに訪れる。 仕事帰りに立ち寄るサラリーマン。 親の介護のために地元に戻った女性など、さまざまな人たちがコーヒーを求めて屋台にやってくる。 お店に立つのは70歳を超えた兄弟。 50年ほど前に父親が始めた店を当時のまま受け継いできた。 コーヒーを飲みながらこぼれる本音に耳を傾ける。

次の

アラジン(地図/岐阜市/喫茶店)

アラジン 喫茶店

街でよく見かける屋台カフェ 【金曜夜は 】 舞台は栃木県足利市の、屋台で営業している小さなカフェ。 凍えるような寒さにもかかわらず、一杯のコーヒーを求め、ここに集う人たち。 そこにはどんな思いが? 意外にも は番組初登場。 ぜひご覧ください。 というのも、この 「カフェ アラジン」さんは足利市で昭和46年9月から48年間も当時のまま営業してきた屋台のカフェだからです。 そして、このお店「 日本初の珈琲屋台」である可能性があるのだそうです。 この地で1971年から続くコーヒー屋台。 興味深いお店の来歴と、ロマン漂うその佇まい。 魔法のランプに灯りが灯る時間帯にもう一度訪れてみたい。 @栃木・足利市(カフェ アラジン) — satochibi eNy9IuSBXO1X1bC では、この 「カフェ アラジン」さんはいったいどこにあるのでしょうか? 予告では「 栃木県足利市の国道沿いに毎夜現れる 屋台のコーヒー店が舞台」と書かれており、実はネット地図の検索でもヒットします。 店主次郎さんと常連さん、かわずさん、僕の四人で中華料理を食べに行きました。 食後、アラジンに戻って飲んだ珈琲は最高に美味しかった。 ごちそうさまでした。 路上に灯るランプが異空間に誘います。 店名: 父から受け継いだ屋外カフェ。 その歴史は今年で47年。 味に妥協はない。 桜の時期は絶景が楽しめる。 遠方客や女性も多く24時まで営業。 趣味や世間話で盛り上がります。 栃木県足利市の国道沿いに毎夜現れる、屋台のコーヒー店が舞台。 メニューは1杯400円のコーヒーのみ。 コーヒーを飲みながらこぼれる本音に耳を傾ける。 栃木県足利市の国道沿いに毎夜現れる、屋台のコーヒー店が舞台。 メニューは1杯400円のコーヒーのみ。 それでもお客さんがひっきりなしに訪れる。 仕事帰りに立ち寄るサラリーマン。 親の介護のために地元に戻った女性など、さまざまな人たちがコーヒーを求めて屋台にやってくる。 お店に立つのは70歳を超えた兄弟。 50年ほど前に父親が始めた店を当時のまま受け継いできた。 コーヒーを飲みながらこぼれる本音に耳を傾ける。

次の