東京電力 メリット。 東京電力をlooopでんきに変えたら安くなった!使いやすさや手続き方法など実際の利用者の僕がまとめておくよー!

東京電力のガスのメリットとデメリット|電気と一緒にまとめると割引額は大きくなる?|ココシレル

東京電力 メリット

東京電力のガスのメリット 東京ガスから東京電力のガスに変更するメリットは 3つです。 1.東京電力のガスの割引額は? 東京ガスから東京電力のガスに切り替えて安くなる割合は 3%です。 東京ガスの一般料金を契約している場合は、毎月ガス代が3%安くなります。 毎月ガス代に6,000円程度支払っているなら、月々の割引は180円程度です。 (厳密にはガスの基本料金も含まれているので、180円ではありませんが) 卵が1パック買えるくらいの金額ですね。 さらに、 最初の1年間に限り【スタート割】が適用になるので、1年間は3%+5%の割引になります。 合計8%変わるので、結構大きな割引ですね。 2.東京電力ガスのメリット「ガス機器修理サービス」 東京電力のガスの「とくとくガスプラン」、「とくとく床暖プラン」には、ガス機器修理サービスがついています。 コンロや給湯器など、 購入日もしくは設置日から10年以内のものであれば、無料修理の対象になります。 1回の修理代金の上限が50万円までですので、ほとんどのものは対応できますね。 ただ、修理対象にならないものもありますので注意が必要です。 3.東京電力の電気料金が年間1,200円割引になる 電気とガスをセットで契約することで、 毎月の電気代が100円割引されます。 つまり、年間1,200円割引ですね。 適用条件を満たしていれば、自動的に100円割り引いてくれる仕組みです。 東京電力のガスのデメリット 東京電力のガスのデメリット 2つご紹介します 1.東京電力のガスの解約金と契約期間 東京電力の「とくとくガスプラン」と「とくとくガス床暖プラン」は、契約期間が1年間の自動更新です。 そして、解約時には 540円の手数料が発生します。 解約金でも違約金でもなく、手数料ですので、 いつやめても取られてしまうお金です。 これとは別で、 電気の「プレミアムプラン」には、1年契約(3,000円の解約金)、2年契約(5,000円の解約金)が設定されています。 割引き金額に対して、解約時にかかるお金がちょっと割高な印象を受けます。 2.ガスの検針票 ガスの検針は東京電力のガスになっても、いまと変わらず東京ガスが実施しますが、ガスの検針票は発行されません。 今はWEBで使用量や料金を確認している方が多いので、特にデメリットではないかもしれませんが、紙が必要な方にとってはマイナス部分です。 【試算条件】• 電気契約プラン:従量電灯B• 契約電力:40A• 電気使用量:年間6000kwh(1ヶ月500kwh)• 電気代:年間174,340円(1ヶ月14,528円)• 東京ガス:一般料金• ガス使用量:年間480㎥(1ヶ月40㎥)• しかも、 1年目は5,160円相当のポイントもプラスされるので、全部合わせると17,136円もお得になります! これだけ見るとかなりお得ですよね。 ただ、 17,136円もお得になるのは1年目のみなんです。 2年目以降になると、割引額が一気に減ってしまいます。 2年目以降の割引額は、8,496円(ポイントを加算しても9,156円)です。 2年目以降割引額が減ってしまう理由 2年目以降割引額が減ってしまう理由は 2つあります。 まず1つ目ですが、ガスの割引額が大幅に減ります。 1年目は通常の3%割引に加え、スタート割で5%プラスされた割引になっています。 ただ、 2年目以降になると3%割引のみに戻ってしまいます。 その為、5,712円ではなく、2,232円の割引になります。 2つ目は、ポイントの加算がなくなります。 1年目は5,160円相当のポイントがつきましたが、2年目からは660円相当のポイントのみです。 ガスの割引率が下がってしまうことと、ポイントの加算がなくなる為、1年目の半分程度の割引になってしまうんですね。 なので、1年目の割引だけを受けて2年目になったら契約先を変更するか、最初から割引率の高い会社を探すかのどちらかですね。 東京電力のガスのメリットとデメリットのまとめ 東京ガスから東京電力のガスに変更する メリットは3つありました。 東京ガスの一般料金に比べて3%割引(1年目のみ+5%)• ガス機器修理サービスがつく• 電気代が年間1,200円割引 東京電力のガスに変更する デメリットは2つです。 解約金が発生する• ) 電気とガスをまとめると、1年目はポイントも加えると割引額は大きくなります。 ただ、2年目以降は一気に割引額が減ってしまいますので、違う会社に契約を変更した方が光熱費はお安くなります。 毎月の電気使用量や料金によっても割引額は違いますので、契約を変更する際はシミュレーションするようにしてください。

次の

東京電力 使い続けるメリットとは!?

東京電力 メリット

東京電力のガスのメリット 東京ガスから東京電力のガスに変更するメリットは 3つです。 1.東京電力のガスの割引額は? 東京ガスから東京電力のガスに切り替えて安くなる割合は 3%です。 東京ガスの一般料金を契約している場合は、毎月ガス代が3%安くなります。 毎月ガス代に6,000円程度支払っているなら、月々の割引は180円程度です。 (厳密にはガスの基本料金も含まれているので、180円ではありませんが) 卵が1パック買えるくらいの金額ですね。 さらに、 最初の1年間に限り【スタート割】が適用になるので、1年間は3%+5%の割引になります。 合計8%変わるので、結構大きな割引ですね。 2.東京電力ガスのメリット「ガス機器修理サービス」 東京電力のガスの「とくとくガスプラン」、「とくとく床暖プラン」には、ガス機器修理サービスがついています。 コンロや給湯器など、 購入日もしくは設置日から10年以内のものであれば、無料修理の対象になります。 1回の修理代金の上限が50万円までですので、ほとんどのものは対応できますね。 ただ、修理対象にならないものもありますので注意が必要です。 3.東京電力の電気料金が年間1,200円割引になる 電気とガスをセットで契約することで、 毎月の電気代が100円割引されます。 つまり、年間1,200円割引ですね。 適用条件を満たしていれば、自動的に100円割り引いてくれる仕組みです。 東京電力のガスのデメリット 東京電力のガスのデメリット 2つご紹介します 1.東京電力のガスの解約金と契約期間 東京電力の「とくとくガスプラン」と「とくとくガス床暖プラン」は、契約期間が1年間の自動更新です。 そして、解約時には 540円の手数料が発生します。 解約金でも違約金でもなく、手数料ですので、 いつやめても取られてしまうお金です。 これとは別で、 電気の「プレミアムプラン」には、1年契約(3,000円の解約金)、2年契約(5,000円の解約金)が設定されています。 割引き金額に対して、解約時にかかるお金がちょっと割高な印象を受けます。 2.ガスの検針票 ガスの検針は東京電力のガスになっても、いまと変わらず東京ガスが実施しますが、ガスの検針票は発行されません。 今はWEBで使用量や料金を確認している方が多いので、特にデメリットではないかもしれませんが、紙が必要な方にとってはマイナス部分です。 【試算条件】• 電気契約プラン:従量電灯B• 契約電力:40A• 電気使用量:年間6000kwh(1ヶ月500kwh)• 電気代:年間174,340円(1ヶ月14,528円)• 東京ガス:一般料金• ガス使用量:年間480㎥(1ヶ月40㎥)• しかも、 1年目は5,160円相当のポイントもプラスされるので、全部合わせると17,136円もお得になります! これだけ見るとかなりお得ですよね。 ただ、 17,136円もお得になるのは1年目のみなんです。 2年目以降になると、割引額が一気に減ってしまいます。 2年目以降の割引額は、8,496円(ポイントを加算しても9,156円)です。 2年目以降割引額が減ってしまう理由 2年目以降割引額が減ってしまう理由は 2つあります。 まず1つ目ですが、ガスの割引額が大幅に減ります。 1年目は通常の3%割引に加え、スタート割で5%プラスされた割引になっています。 ただ、 2年目以降になると3%割引のみに戻ってしまいます。 その為、5,712円ではなく、2,232円の割引になります。 2つ目は、ポイントの加算がなくなります。 1年目は5,160円相当のポイントがつきましたが、2年目からは660円相当のポイントのみです。 ガスの割引率が下がってしまうことと、ポイントの加算がなくなる為、1年目の半分程度の割引になってしまうんですね。 なので、1年目の割引だけを受けて2年目になったら契約先を変更するか、最初から割引率の高い会社を探すかのどちらかですね。 東京電力のガスのメリットとデメリットのまとめ 東京ガスから東京電力のガスに変更する メリットは3つありました。 東京ガスの一般料金に比べて3%割引(1年目のみ+5%)• ガス機器修理サービスがつく• 電気代が年間1,200円割引 東京電力のガスに変更する デメリットは2つです。 解約金が発生する• ) 電気とガスをまとめると、1年目はポイントも加えると割引額は大きくなります。 ただ、2年目以降は一気に割引額が減ってしまいますので、違う会社に契約を変更した方が光熱費はお安くなります。 毎月の電気使用量や料金によっても割引額は違いますので、契約を変更する際はシミュレーションするようにしてください。

次の

ニチガス電気の料金は微妙!?口コミや評判から判明したデメリット|初心者でもわかる!電力会社の選び方おすすめランキング2020

東京電力 メリット

東京電力を使うメリットとは!? 第一に企業としての安定性ある 電力の自由化に伴い、新電力と呼ばれる電力供給事業に新規参入する様々な事業者が出てきていますが、その中には企業規模も小さく、電力に関する事業を全く手掛けたことが無い企業も多く、電力供給を行う事業者としての安定性には若干の不安が残る所があります。 たとえば、新電力として新規参入の事業者を選んだとしても、選んですぐに事業として成り立たずに企業が倒産してしまうと言うようなことになれば、電力の安定供給も望むことが出来ず、また、電力供給事業者を選び直す必要も生まれてきます。 これは非常に手間な事ですし、どの事業者が将来にわたっても安定していて、倒産の危険性も少ないのかという事は素人には全く分かりません。 その点東京電力は、電力事業者としての長年営業してきたことから企業としての安定性も十分ですし、電力の供給がストップしてしまうと言う危険性も、新規参入の事業者に比べればはるかに少ないと言えます。 企業規模としても新規参入の新電力の企業と比較してもはるかに会社としても規模が大きいので、安定経営が期待出来て、企業の倒産などの心配をする必要も少ないので、電力の供給に不安を持つという事もなく、精神的な負担が少ないと言えます。 東京電力にはオール電化住宅などにおすすめのプランがある 細かいプランに対応できる東京電力 電力自由化で様々な電力供給事業者が登場して、各社低料金を文句に集客活動を行っていますが、全ての場合に新電力が安くなると言うわけではありません。 特にオール電化住宅の場合であれば、新電力に乗り換えるよりも東京電力の電気料金の方がずっとお得という場合があります。 東京電力であれば、エコキュートや電気温水器などといった電気を使用してお湯を温めて家庭で使用するお湯として使用して、ガスを使用しないオール電化住宅という形で家を設計している家庭に対しては、オール電化住宅向けのメニューが用意されています。 このメニューは、電気が良く使用される昼間の料金は割引が無く、電気の使用量が減る夜間帯の電気料金を非常にお得にして、夜間電力を多く使ってもらうと言うプランです。 エコキュートな度は自動的に夜間帯の電力を使用してお湯を温めて、そのお湯を日中に使用すると言うシステムで、夜間の低料金を最大限に生かすことが出来ます。 新電力では、毎月の使用料金から数パーセントの割引であったり、一日の全ての時間が同じ料金であったりという料金メニューが多いので、夜間帯の電力を上手に使用するオール電化住宅であれば、東京電力の方がお得な場合がありえます。 東京電力からもお得な料金プランが提供される可能性がある 東京電力も何らかの対策を打ち出す可能性が高い 2016年の4月から電力の自由化が始まりますが、新電力が登場するからと言ってすぐに乗り換えると言うのも考えものといえます。 新電力各社が低料金プランを打ち出していますが、その低料金のプランに対して東京電力が何も対策をしないという事は考えられないのが実情です。 新電力の各社から低料金プランが出されて、ユーザーの動きが見えてくれば、東京電力としても、新電力に負けない低料金プランを打ち出して来ることが当然に考えられます。 新電力に一度乗り換えてしまうと、数年間は契約を解除する際には、解除料金が必要になる場合もあるので、すぐに電力会社を乗り換えるのも考えようで、新電力の登場による影響をしっかりと数カ月は見極めてそれから対応を考えるという事でも全く遅くないと言えます。 東京電力から新電力に負けない低料金プランが打ち出された場合に、先に乗り換えてしまっていたら失敗したということになってしまうので、東京電力が新料金プランを打ち出さないかという点に注意してしばらく動向を見ておくことが賢い選択だと言えます。 企業規模が大きいので東京電力には低料金プランを発表する余力は十分にあると言えるので、期待できると思えます。 東京電力は異業種との提携を加速させ、料金メニューも豊富 規模を生かした異業種との提携に注目が集まる! 電力の自由化が決定して以降、東京電力は、異業種との提携を加速させています。 ポイントをためることが出来るサービスをやっている事業などと提携を加速させて、電気料金の支払いごとにポイントがたまって、そのポイントで商品を購入できると言ったサービが期待されます。 提携が加速していくと、新電力の打ち出す低料金以上にメリットが大きいサービスが出現する可能性があります。 また、東京電力は選べる電気料金のメニューが豊富なので、自身の生活スタイルにピッタリと合うプランを上手に見つけることが出来れば、新電力よりお得に利用することが出来ます。 土日プラン、お得なナイトプラン、早朝プランなど、頻繁に使用する時間帯によって電気料金が割り引かれるプランなどが充実しているので、生活スタイルによってはベストマッチするプランがあると言えます。 新電力は事業規模が小さい企業も多いので、選択できるプランが少ない企業も多いので、プランの組み合わせによっては東京電力の方が料金を安く抑えることが出来る場合が発生します。 新電力に乗り換えを考える前に東京電力のメニューの中で自分にベストマッチするお得なプランが無いのかを考えてみる事も大切といえます。 この記事に関連するキーワード: 節電、節約でこんなお悩みをお持ちの方!• 5万円節約できるケースも少なくありません。 まずは試しに5分程度で出来ますので料金シミレーションで今の電気料金と比較をしてみましょう。 以下料金シミレーションが出来る、おすすめの電力会社をご紹介します。 【Looop でんき】? 全国対応、シンプルに電気代が安い? オススメポイント• 3人以上の世帯は特にお得になる! 紹介記事 1、 2、 【東京ガス】? 豊富なセット割で利用者80万人超え? オススメポイント• ガソリン、灯油、経由がお得に? オススメポイント•

次の