あべの マスク 製造元。 アベノマスクの製造元は?4社メーカーはどこで興和株式会社は本当?

アベノマスクの製造元はどこ?使用は危険?汚れや虫が混入で話題に

あべの マスク 製造元

アベノマスク製造元のメーカー3社が判明 アベノマスクの製造元について「スポーツ報知」は次のように報じています。 社民党党首の福島みずほ参院議員は、 厚生労働省マスク班に「布マスク全戸配布にかかる企業名、契約内容」について問い合わせ、 受注先が3社で契約金額は約90.9億円と回答があったことを21日、 自身のツイッターで明らかにした。 福島氏が回答文書を画像で公開した。 回答文書は21日付。 受注した会社は 「興和株式会社」が約54.8億円、 「伊藤忠商事株式会社」が約28.5億円、 「株式会社マツオカコーポレーション」が約7.6億円とそれぞれ契約金額が記された。 合計は約90.9億円となる。 また厚労省は文書内に 「マスク枚数を開示した場合、 契約金額との関係で、 マスクの単価を計算できることとなり、 今後の布マスクの調達や企業活動への影響(他の取引先との関係)を及ぼすおそれがあるため、 回答は差し控えさせていただきます」 と記した。 (2020年4月21日配信) 上記の通り、アベノマスクの製造元は以下の3社でした。 世間の反応 マスクを自社で作った事もない企業に発注するより 国産マスクを作ってる企業に何故発注しなかったんだ? 伊藤忠にしては単に仲介役でしかないのに。 癒着有りと言われても仕方あるまい。 これらの調達先は競合見積りの結果、価格、納期、品質などを評価した上で決定されたのですか? マスクの製造プロセスが問題ないことを 発注元はどのように確認されたのですか? 税金の使い道はきちんと説明して欲しい。 マスクの単価は公表してください。 品質に見合う価格であったか、 国民は知る権利がありませんか。 もうこれ以上、 不透明なことをしないでください。 不良品に関しては、 当然払い戻し、 送料や社会的信用を損ねたことに対する損害賠償を請求されると思うのですが、 後で報告してください。 給料は全額返納し、 10万円を貰って、国民のために働いてください。 あまりにも粗悪なマスクであるため、ネット上では 「中国の刑務所で製造されたのでは?」という声も上がっています。 もちろん、これは実際に中国の刑務所で製造されたという意味ではなく、 「そう思うくらい品質が悪い」という意味です。 そこで、マスクの製造国を調べたところ、1社は 「ミャンマー」であることが分かったのです。 政府が配布する布マスクは、国内メーカーの4社が製造。 業界関係者によると、 4社の中には ミャンマーの工場で生産している会社もあるという。 ただ、現在の時点において「海外製のマスク=興和」と特定されただけで、残りの3社も海外で製造している可能性は否定できません。 癒着の疑惑あり 興和がミャンマーでマスクを製造している 裏付けがこちらです。 ミャンマーで日本向けのガーゼマスクが4月から1か月あたり5,000万枚生産されることがわかった。 7Day Dailyが伝えたもの。 マスクを生産するのは、 名古屋市に本社がある医薬品・繊維事業の 興和で、 3月中に1,500万枚を生産し4月には5,000万枚に増産する予定。 日本政府・経済産業省からの要請に応えたもので、 既に第1便は日本に到着済み。 使い捨ての不織布マスクに対し、 ガーゼマスクは洗濯して何度も使うことができる。 興和の現地工場は、 ヤンゴン市郊外シュエピーター工業団地内にある。 php」より引用 アベノマスクの一部がミャンマー製であることが確定したことで、 新たな疑惑が浮上しました。 それが 政府との癒着です。 興和の発注先の工場はミャンマーにありますが、実は、 「日本ミャンマー協会」の最高顧問を務めているのが 麻生太郎 副総理なのです。 そのため、ネット上では「安倍総理が麻生副総理に 便宜を図った」という癒着が指摘されているのです。 トップシェアの興和の工場の所在地をご覧くださいね。 日本ミャンマー協会の最高顧問は麻生太郎。 446億円のウチ経費を除いた分全額が 自分の方に流れて来るなら、 10万円ポッチ要らネェだろうよ。 国難を 自分のフトコロを潤すために利用する副総理、ヒトとしてどうでしょうね。 コメント」より引用 さらには、安倍総理の妻である 昭恵夫人との癒着疑惑も指摘されています。 「ミャンマー 安倍昭恵」でも検索してみてください。 ヤケ酒やら寺子屋教育だの、 昭恵案件が色々出てきます。 最初はなぜミャンマーに発注?と思いましたが 現在は一点の曇りなく理解出来ました。 世界のお友達への優遇も頑張ってほしいですね。 コメント」より引用 もし、ネット上で指摘されている癒着疑惑が事実であれば、安倍政権は「国難を金に換えた」ことになります。 残りの1社を公表しない理由は架空会社だから? 安倍政権はマスクの製造を請け負った4社目の会社について、頑なに 社名の公表を拒んでいます。 さらに驚くべき情報として、アベノマスク調達に係る費用は 「90億円以内に収まる」と発表したのです。 菅義偉官房長官は24日午前の会見で、 布製マスクの家庭への配布予算について、 より安く早い調達を目指した結果、 マスク調達積算額より少ない 90億円に収まる予定だと述べた。 残りの金額は マスク配布には使用しないという。 これが90億円で調達できるのであれば、差額は 376億円となります。 しかし、この376億円については 「マスクの配布には使用しない」と説明されています。 ただ、その使い道については一切言及されていません。 そのため、国民の間では安倍政権への不信感が最高潮に達しており、 利権や 癒着を疑う声が数多く上がっています。 その一例として、4社名の会社を公表できない理由として 「架空会社」の可能性が指摘されているのです。 送料200円なんてあり得ない。 封筒のサイズを少し小さくしたら普通郵便84円で送れるものが、 なぜそれより高くなるのか。 宛名のないものをただ郵便受けに投函するだけ。 日本郵便の配送網を利用して、 迅速に配布なんてよく言ったもんだ。 ヤマトや佐川に聞いてみたらいい。 30円程度で請け負うでしょう。 マスクの単価も200円? カビノマスクは長期保管の在庫一掃セール。 小学生の給食当番用。 処分するにも金がかかるものを引き取ってやったのだから、 原油先物みたいにマイナス単価でもいいくらいだ。 せいぜい10円ってとこでしょう。 差し引き300億円以上が使途不明だ。 岩盤支持層の方たちは、 この期に及んでも安倍政権を支持しますか。 通りすがりですが、、、 ミャンマーで製造されたということで憶測が憶測をよんでいるようですが、、、 まず、縫製工場ですが 日本国内でまとまった数量を扱うだけのキャパシティーを持っている工場は既に日本国内にはありません。 このまとまった数量を扱うには、 最低でも縫製工が500人は必要です。 1日、一人で縫える量は上限がありますし、 服の値段を見れば分かるように工賃なんて たかが知れていますから海外に移転するのは当たり前の話です。 更に日本に一番近い縫製工場があるのは中国ですが、 新型コロナウィルスの影響で税関がストップして全く動かない状況です。 その次に近い縫製工場だとチャイナプラス1で東南アジアになります。 それでいくとインドネシア、ミャンマー、ベトナム、バングラデシュになります。 服が縫えるからといって マスクが縫えるかというと簡単ではありません。 少なくとも医療用ないし、 それに近いものがあるので 工場自体がそうした専用の設備を持っている必要があります。 例えば、 お医者さんや看護師さんが着ているユニフォームを作ることができる工場です。 そんな訳で海外に進出している日系の工場なんて数えられるほどで、 且つ、そうした設備を持っており、 短納期に対応できる工場がどれだけあるのか、、、しれてますよね。 一方で現地の縫製工場に任せるという考えもありますが、 どこも何かあれば自国優先なので、 他国のことまで構ってられません。 更に次にロジスティクスの問題があります。 基本的には、縫製品は船便になります。 今回、中国はアウト ベトナム、インドネシアは分かりませんが、 ミャンマーはまだ、新型コロナウィルスの影響が少なかったのでしょう。 縫製なんてどこで生地を調達し、 どこで生産するのかといった最適地生産の際たる例なんで、 ミャンマーだと確か、片道2週間くらいだったかな。 おまけにベトナム、インドネシアは船便の直行はありますが、 確かミャンマーはシンガポール経由です。 短納期で設備がある最適地が今回、 ミャンマーだったのだと個人的には思います。

次の

アベノマスク

あべの マスク 製造元

Contents• 【アベノマスク】政府配布の布マスクに汚れなどの不良品1900件超 【配布マスク 不良品1900件超】 厚生労働省は18日、新型コロナ感染拡大によるマスク不足対策として全国の妊婦に配布を始めた布マスクの一部に、汚れなどの不良品があったと発表。 17日時点で80市町村から1901件報告があったという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 報道にあったのは、 政府から配布された2枚のマスクに不良品があったとの内容。 対象のマスクは、全国の妊婦に配布を始めた布マスクのようです。 14日から妊婦用の布マスク計約50万枚を全国に発送。 具体的には、マスクを受け取った市町村から、• 「変色している」• 「髪の毛が入っていた」 といった報告が 1900件以上もあったとのことです。 厚労省によると、市町村に対して不良品を配布しないよう求めるとともに、新品と交換するとしています。 そして気になる製造元 メーカー についてはこのような記述が。 厚労省は、17日から始まった一般世帯向けへの布マスクは、目視による点検を徹底しているため不良品が配られる可能性は減っている、としている。 メーカー4社に対し、生産体制の見直しや検品の徹底を求めている。 引用:yahooニュース これから、配布されている布マスクは とあるメーカー4社が生産していることが分かりますが、この製造元を公表しないことに疑問の声が多く挙がっているようです。 アベノマスクに関わる製造物責任法 PL法 について。 製造元明記なし。 製造責任者の名前は、安倍晋三で宜しいか? 製造事業法人は、日本政府厚生労働省で間違いないか? 何らかの瑕疵が認められた場合の連絡窓口を教えてください。 ・・高額の税金で購入した物です。 — クルマいぬ Inukuluma アベノマスク今度は不良品問題続出なのかい💧100万歩譲って製造者への感謝で中和しようと努力してんのに。 結局製造元の開示もなし。 届いてみれば不良品、マトモに使えても洗えば縮む。 さて、これでいくら中抜きが行われたんでしょうね。 公共発注は談合と裏金の塊ですわ。 アベノマスクの製造元は?興和株式会社は本当? アベノマスクの製造元はどこなのでしょうか。 今回の報道で4社のメーカーが生産していることは分かりましたが、その会社名は公表していません。 しかし、ネットでは医薬品大手の 興和株式会社との声が出ています。 経済産業省HPにおいて興和株式会社で布マスク生産のお知らせ ちなみに、生産は ミャンマーの工場であることが分かっています。 そして、 興和株式会社が生産したガーゼマスクが、今回配布された不良品のアベノマスクかどうか についてですが、これは一概にそうとは言えません。 興和株式会社は以下のように、このガーゼマスクは、• 購入時期• 販売場所 については 「国が買い上げるため分からない」と述べています。 つまりは生産している側がこれらの情報が分からないとのことですので、今回の不良品のアベノマスクであることは断定できません。 まぁ 「国が買い上げる」ということはそういうことなのかもしれませんが…。 実際に届いたアベノマスク 実際にアベノマスクが届いた方もいますので、画像を引用させていただきます。 下のピンクのマスクはFb友の百合子さんから送っていただいたものです。 ちゃんと口元よ用のガーゼも付けて下さっている素敵なマスクです。 — 園部 恭子 ksxc40 友人宅に届いたアベノマスク、不良品かよ。 ただそれを解消しようと、 アベノマスクをリメイクする人もいるようです。 参考になれば幸いです。 ちなみにマスクはこのように重ねてあります。 — nekoneko nekoneko012 自分用に使ってるアベノマスクのリメイクの型紙、参考程度にどうぞ😊結構きっちり大きめに取ってます。 縫い代は5mmノーズワイヤー入れれますゴムが入るところは『わ』で取って生地出来るだけ大きめになるようにしてます。 — アマビエさんにお願い🙏 mi9yu0ki1 マスクカバーを作る方も。 給食マスクがダサすぎる 顎が出る、小さい から、マスクカバー作りました。 給食マスクいらないけど、数百億を無駄にするわけにはいかない。 — saoringo saorin5go5 もはやリメイクしないとまともに顔を覆えないのでは…。 もっと大きめのマスクを配布して欲しかったですね。

次の

政府配布の布マスク、受注3社が判明 計90億円で契約 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

あべの マスク 製造元

スポンサーリンク アベノマスクやアベノブリーフと呼ばれ、466億円の費用を使い「1世帯あたり2枚」の布マスクを配布すという安倍晋三首相のコロナ施策に、またしても批判が集まっています。 届いたマスクに「汚れ付着」「虫が混入されている」「髪の毛が入っていた」等の大量の不良品があるようです! 清潔であるべきマスクが、このような状態では受け取った皆さんが不安になるのは当たり前ですよね… これらのマスクはどこで作られたのでしょう? 政府は、配布したマスクのメーカー名、製造元を発表していませんし… 気になります。 そこで、今回は「アベノマスクはどこのメーカーで作った?製造元や工場と不良品はも」と題して、アベノマスクはどこのメーカーで作ったのか?製造元や工場と不良品についても調べてみました。 Contents• アベノマスクの不良品は アベノマスクじゃなくて アベノブリーフね。 マスクの届いた自治体から指摘があった。 厚労省は自治体に確認徹底を呼び掛けた。 これまでに配布されているマスクについても「不良品」はあったようですが、「不良品」の多くは妊婦向けのもののようで、妊婦向けのマスク配布から「変色している」「髪の毛が混入していた」などの報告が相次いでいます。 報告は80市区町村の1901件で、介護施設や小中学校、国内全戸への発送分でも確認がされています。 マスクは国内メーカー4社から納入していたようですから、今回のマスクを納入したメーカーの製造環境に問題があったのでしょうか? 厚労省は、マスク約50万枚を全国の自治体に発送、14日から各自治体の窓口で配布を始めていた。 マスクは国内メーカー4社から納入されたが、原因は分かっていない。 ちなみに、安倍晋三首相を皮肉って布マスクを「アベノマスク」と呼んでいますが、「アベノブリーフは介護施設に配送されたマスクが 「ブリーフ型」のパンツのようだと報じられたことからと「アベノブリーフ」と呼ばれています。 マスクなので、呼び方が嫌ですね。。 政府はきちんと国民に説明する義務がある(日刊ゲンダイ) — KK Trapelus 政府は、配布するマスクの製造元やメーカー名について公表をしていません。 立憲民主党の蓮舫副代表がツイッター投稿で、安倍政権が400億円以上を投入して開始した1世帯2枚の布マスク配布(俗称・アベノマスク)に関して、どこのメーカーの製品なのか「何度も厚労省に確認していますが、いまだに返事が来ません」とした。 ですから、製造元やメーカー名については分かっていません。 一枚あたりの単価は200円程度。 配布コストはまだわからない。 4月13日から配布がはじまるが、いつまでかかるかは明示的にいえない。 複数の業者から海外から輸入する。 布マスクについて、専門家会議で議論があったわけではない。 とのこと。 — 宮本徹 miyamototooru そして、製造工場は海外のではないかと思われます。 << 追記 >> アベノマスクの製造元が明らかになりました! 受注先は、興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社。 妊婦向けマスクはこの3社のほかに1社加えた4社で、この会社についての情報は未だに発表されていません! 厚労省から回答。 布マスクは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社と契約。 7800枚の不良品が混入していた妊婦向けマスクはこの3社のほかに1社加えた4社。 しかし、「アベノブリーフ」を受け取った方の情報によると、ベトナム製のようです! 厚生労働省からの施設への配布 片方はベトナム製でつけ心地は良い。 片方は給食アベノマスク 400億以上使って送りつけてくるマスクはどちら? — コンドル anaheimelectro1 「アベノブリーフ」がベトナム製という事は、布製の「アベノマスク」もベトナム製の可能性は高いですね。 アベノマスクの不良品は? 厚生労働省は18日、政府が国民に配布を始めた布マスクの一部に、汚れが付着するなどの不良品が見つかったと発表した。 妊婦向けのものが中心だが、学校への発送分では虫の混入なども確認されているという。 同省は不良品を回収し、交換に応じる方針。 厚生労働省は不良品を回収し、交換に応じると言っています。 それは当たりますと思いますが、送料などに、また税金がつかわれると思うと悲しくなりますね… 同省は各自治体に発送前の徹底確認を求め、メーカーには検品強化などを要請した。 担当者は「不良品を見つけたら居住自治体に連絡してほしい」としている。 情報をまとめると、日本国内メーカー4社が海外の工場で製造したマスクを輸入し、それらが国民の元へ届くという事になります。

次の