犬 ペロペロ 止まら ない。 【カーミングシグナルは犬の気持ちを知る手段】愛犬が考えていることを知りたいので、カーミングシングナルを調べ尽くしました

犬が舌を出す・ペロペロする理由と意味、考えられる病気は?

犬 ペロペロ 止まら ない

トイプードルを飼っています。 この犬は、ペロペロが止まらない時があって、ちょっと心配だったこともあるんですよね。 現在でも半分くらいは解決せずそのままです。 この記事では、犬のペロペロが止まらなくなった実例を、我が家のトイプードルについてご紹介したいと思います。 人によってペロペロが変わる 妻の鼻の穴をペロペロして止まらない うちのトイプードルは、家族の中で私の妻が一番好き。 遊んで遊んでとまとわりついたり、何かをねだったり・・・そういう対象は妻の役割です。 妻が仕事から帰ってくると、 ひたすら顔・・・というか鼻の穴を丹念になめます。 これ、子犬が母犬にやる親愛の情らしいんですよね。 ただ、ペロペロと舐められすぎたせいか、最近は、妻はくしゃみが出てしまいます。 犬アレルギーとかではないらしいんですが、ワンコにペロペロされるとすぐにクシャミが出て、止まらなくなっています。 叱ったり無視したりしていたらペロペロされなくなった 私の場合は、 ペロペロされるのは嫌だったので、叱りました。 ペロペロ始めると、「ダメっ」て言って叱る。 それでも舐め続けたら顔を背けて無視、または抱っこをやめてしまいました。 同時に、舐めない限りは、耳の裏(ここが一番気持ち良いらしい)を撫でてあげたり、「いい子、いい子」と背中をさすったりしてました。 そのせいか、私が抱っこした時には、挨拶程度にひと舐めすると、そのあとは ペロペロしなくなっています。 我が家の犬のペロペロが止まらない事件 ここからは、うちのトイプードルがペロペロが止まらなかったことに関して起こった、ちょっとした事件について書きたいと思います。 吸いだこ事件 ある日、 自分の前足をペロペロしていて全然止まらない時がありました。 そのうち、時々前足の肉球の部分を口の中に入れてしゃぶったりもしているんです。 さすがに心配になって、 やめなさい! と言って、前足を見た時・・・・ えっ?肉球がピンク? という状態になっていました。 これは心配。 病気じゃないか?病気だったからずっと舐めていたんじゃないか? って思って、あわてて獣医さんに診てもらったところ、 吸いだこですよ〜! といって笑われました。 獣医さんいわく、理由がわかならいのだそうで・・・ ストレスですか? と聞いたものの、 それが原因でこういうことをするわけないんですけどね〜 という返答。 結局、薬をもらって、1週間くらい毎日塗っていました。 床をペロペロして、ウンチが絡まって出てこない!? うちのワンコは、日々、 フローリングの床をペロペロしてて止まりません。 で、床には、妻や娘の髪の毛が結構落ちているんですよね。 これが原因で、今でも時々 ウンチに髪の毛が絡まって、お尻から落ちない! という事態になっています。 これ結構大変で・・・お尻からウンチをぶら下げたまま家の中を歩いていたり、トイレの外側で落ちていたりと、ぎゃーというような事態になっています。 髪の毛が引っかかっているから、無理矢理取ろうとすると痛いらしく、キャイン!って鳴きます。 獣医さんに相談した時には、 マメに床を掃除する ぶら下がってしまっていたら、無理しないで少しずつ引っ張る というアドバイスをもらいました。 ペロペロしていたと思ったら、歯槽膿漏で歯が抜けていた 何かを舐める訳ではなく、ひたすら口から舌を出して「ペロペロ」してたことがあります。 自分の鼻を舐めているのではなくて、口からまっすぐ舌を突き出す感じです。 なんか変だな〜と思っていたら、今度は、くちゃくちゃと何かを食べているようです。 あれ?何もあげていないんだけど・・・まさか拾い食いか? と思い、口を開けさせました。 すると、舌の上に歯が1本のっかってます。 歯が抜けてたんですね。 獣医さんに連れて行ったら、歯槽膿漏だということ。 歯槽膿漏で歯がぐらついて・・・それでペロペロしているうちに歯が抜けたらしいです。

次の

愛犬のペロペロが止まらない?!舐める場所で犬の気持ちを判別できる

犬 ペロペロ 止まら ない

犬は舐めることでしかごまかせないので、その技を最大限駆使しているわけです。 美味しそうな匂いがする 人間が何かを食べた後、 その口の周りに付いている匂いに反応してペロペロしてくることも多いです。 何せ犬は、ニオイにかなり敏感ですから。 特に伝えたい気持ちなどはなく、 これに関してはただ本能で動いているだけですね^^; やめて欲しい 子犬の頃は、何かをやめて欲しい時には甘噛みをすることが多いです。 しかし正しくしつけをしていれば、成犬になる頃には「人間を噛むのは良くない事」と理解しているので、 噛む代わりに舐めることで 「それやめて!」とアピールします。 歯磨きや ブラッシングが嫌いなワンちゃんは、飼い主の手を舐めて「もうやめて!」とお願いしてくるわけです。 いつもと違う忙(せわ)しない舐め方をしているような時は、特にその可能性が高いですね。 注意を引きたい 飼い主がテレビや本などに夢中になって犬を放って置くと、 遊んで~!かまって~! という意味を込めてペロペロしてきます。 かわいいので、そこでつい相手をすることが多いですよね? すると、 犬としてはそれが成功体験としてインプットされ、遊んで欲しい時にはさらにしつこいペロペロが発動したりもします^^; 不安や体調不良 お腹の調子が悪かったり、胃がムカムカしてたり、不安な環境だったりすると、 飼い主さんを舐めて落ち着こうとします。 犬にとって、飼い主は安心の対象。 そんな飼い主をペロペロすることで、自然と心が落ち着き、不快な症状も緩和されやすくなります。 人間の子供が「痛いの痛いの飛んでけ~」とされると気が紛れるのと同じですね。 不安を和らげるためのペロペロは特に心配することもありませんし、犬ならばしょっちゅうやること。 しかし、 苦しそうなのにしつこくペロペロしている場合は要注意。 何らかの体調不良を抱えているかもしれません。 それが何なのかを確かめようとしているわけですね。 犬は、 わからないことや興味があることに対して、口を使って確かめることが多いので。 眠い時 服や毛布などのフワフワしたものを舐める時は、大抵眠い時です。 柔らかいものを舐めて安心しようとしているのでしょう。 人間も、柔らかいものってなんだかホッとしますもんね。 舐めないまでも^^; 特に犬の場合は、子犬の頃に母犬のおっぱいを飲んでいた頃の記憶があるのかもしれません。 おっぱいを飲む時、母犬の毛が顔に当たりますよね。 服や毛布を舐めると、母犬の毛のフワフワとした感触を思い出すことができて安心するのではないかと考えられます。 人間の食べこぼしやエサの香りなどが付いていれば別ですが、 通常は、何もない床や柵をペロペロと舐め続けることは考えにくいです。 こういう行動が目に付いた場合は、 後述する 「しつこくペロペロと舐め続けるのをやめさせる方法」を実践してください。 犬が自分の体を舐める時 落ち着こうとしている ストレスを感じていたり、不安な環境にいる時に、 不安な気持ちを落ち着かせようと自分の体を舐めることがあります。 幼い頃、母犬に舐められて安心した記憶が蘇ってくるのでしょう。 また、自分だけでなく相手を落ち着かせるためにペロペロと舐めることもあります。 例えば、赤ちゃんが泣いている時や、興奮している犬を落ち着かせようとしたりする時など。 毛づくろい 動物全般に見られる行為ですね。 自分の体を舐めて綺麗にしようとする行為です。 当然ですが、毛づくろい目的であれば何も問題はありません。 しかし、 通常の毛づくろいならば執拗に自分の体を舐めたりはしません。 あまりにしつこく舐めるようならば、それはただの毛づくろいではないと考えるべきでしょう。 皮膚に問題がある 通常の毛づくろいではない場合、異常なまでにしつこく自分の体をペロペロと舐め続けることがあります。 何かしらの理由で皮膚病を発症したのか、ストレスなどで舐めすぎて皮膚が荒れたのか。 それは分かりませんが、とにかく皮膚自体に問題が生じている可能性があります。 しつこいペロペロをやめさせる方法 愛犬による可愛いペロペロですが、短時間ならば通常の行為とはいえ、あまりにしつこいとちょっと困ってしまいますよね。 甘え癖が付いてしまい何かと支障が出る場合がありますし、やめて欲しい時にペロペロが延々と止まらないというのも厳しいものがあります。 「最近全然遊んでなかった」・「犬に持病がある」など、理由がはっきり分かっている場合は、その問題を解決するよう動けばいいだけです。 しかし、 特に理由も分からないのに長時間何かを舐め続けるような場合は、やめさせるようにしつけるべきです。 淡々とコマンドを出す 普段のしつけで、落ち着かせるためのコマンドをいくつか教えていると思います。 「おすわり」・「待て」など。 そういったコマンドを 無表情で淡々と出し続けることで、 こういう時に舐めるのをやめれば褒められるんだ! と理解するようになります。 もちろんすぐに出来るようにはならないかもしれませんが、根気よく続けることで段々理解してくれるはずです。 なおこの際に、 決して大声で叱るように言わないでください。 飼い主の手や顔を舐める時の多くは、ただの愛情表現だったりするわけですから、それに対して怒るのはおかしいです。 無表情で無視 普段のしつけでも、悪い事をしたら一旦ケージに連れて行ってしばらく無視をしたりしますよね? これを繰り返すことで、やってはいけないことを理解させるわけです。 無視は、犬にとってかなりきつい罰。 叱られるのと同じか、下手したらそれ以上に。 なので、どれだけ舐められても一切反応せず、目も合わせず、ひたすら無視を続ければ、大抵の犬は心が折れます。 可愛い愛犬の心を折るのは可哀そうですが、 その先の生活のことを考えると「しつこいペロペロはよくないこと」と早めに理解させる方が ワンちゃんにとっても幸せです。 なお、無視の結果一旦ワンちゃんが落ち着いたら、褒めるのを忘れずに。 どんなしつけもそうですが、 「できたら褒める」は基本です。 一旦遊んであげる これは、 犬が自分の体を執拗に舐めている場合限定です。 皮膚病ならば、目視で確認すればある程度判断できると思います。 明らかな異常があれば、すぐに獣医師に診せてください。 しかし皮膚に異常がない場合は、強いストレスを感じている可能性があります。 飼い主に遊んでもらえない、散歩に連れて行ってもらえていない、など。 ワンちゃんからのこうしたサインを感じた時は、出来る限り一緒に遊んであげるようにしてください。 日々の生活で大変な部分もあるかもしれませんが、 かけがえのない愛犬のためなので。 獣医師に相談する 上記のような しつこいペロペロをやめさせるための行動を数か月繰り返しても改善しないようならば、 最終手段として、獣医師に相談に行ってみてください。 皮膚病など身体的な病気がある場合は、どんなにしつけても意味がありませんので。 心の問題の場合でも、獣医師ならばヒアリングからそれを見抜いて指摘してくれることもあるはずです。 口の周りを舐めさせる場合は要注意 濃厚接触は極力控える 可愛い愛犬の可愛いペロペロ。 できれば、全力で受け止めてあげたいところですが・・・ どんなに可愛くても、 犬は人間とは別の生き物。 やはり、最低限気を付けるべきことがあります。 それは、 口を舐めさせるのはできるだけ避けるということ。 場合によっては、 犬が持っている菌に感染してしまうことがあります。 この菌は犬にとっては常在菌で、何か症状を起こすことはほぼありません。 パスツレラ症の症状は 風邪のようなもので、「のどの痛み」・「咳」・「鼻水」などがメイン。 なお、噛まれて発症した場合は、患部が赤く腫れることもあります。 過度の心配は無用 ただ、前述の通り 健康な人ならば発症することはありませんし、仮に発症したとしても重症化することはあまり多くありません。 だからと言って警戒しなくていいわけではありませんが、過度に心配する必要はないでしょう。 犬とのスキンシップも、ワンちゃんと生活する上での大きな楽しみなわけですし。 ただし、念のため口の周りをしつこくペロペロさせたり、ましてや口移しでご飯をあげたりするのは避けましょう。 気付かないうちに免疫が低下していることもあるでしょうし。 ペロペロされるとしても、顎(あご)や頬(ほほ)くらいまでにしておくべきです。 ・・・とわかっていつつも、つい口周りを舐めさせてしまうこともある僕ですが^^;.

次の

犬がペロペロしてくるのには理由があった!ペロペロする心理を学ぼう

犬 ペロペロ 止まら ない

Contents• それでも、舐める部位によって少し異なる意味を持つことがあります。 信頼しています、大好きだよ、という気持ちを表現しているのです。 それと同様に、飼い主の口元を舐める時にも食事やおやつのおねだりをしていることがあります。 そんな人の手を犬が舐めてくる時は、遊んでほしい、撫でてほしいと甘えているのです。 また、人の足を舐めてくる時も、構ってほしい、散歩に連れて行って欲しいと甘えていることが考えられます。 ちなみに、叱った後に舐めてくる場合には、「ごめんなさい」と甘えていることもあるようです。 そして、その後に手を舐めきてくれるのは、信頼できると思ってくれた証です。 」の忠告 犬が飼い主のことを噛んでしまった後に手を舐めてくる時の意味、それは「ごめんなさい」ではありません。 実は、「もうしないでね!! 」「次やったら許さない」と強さを誇示しているのです。 この行動が見られる場合、犬との上下関係が正しく築けていないことがあるので注意しましょう。 舐めることで香りを味わっているのです。 また、不安や緊張などの気持ちを落ち着かせようと舐め続けることもあります。 犬のペロペロ 止まらくなる理由は? 飼い主が喜ぶと思っている 犬にペロペロされた時の飼い主のリアクションを覚えていて、笑ってほしい喜んでほしいと思ってしつこく舐め続けることがあるようです。 強迫性障害 コミュニケーションや運動不足など何らかのストレスから、ストレスを発散させようと舐め続けてしまうことがあります。 強迫性障害による「常同行動」という、ストレスからくる異常行動の可能性もあります。 運動不足やあまり構ってくれないストレスから起こる現象だと言われています。 日ごろから運動やコミュニケーションを取ってストレスを溜めさせないように気を付けましょう。 分離不安 分離不安とは、飼い主への依存性が極めて高く飼い主と離れて過ごすことができない精神的な病気のことです。 この病気によって、「舐める」という行動に出る犬もいるようです。 甘やかし過ぎず、一人でも平然と過ごせるように育てていかなければなりません。 犬のペロペロ 止まらなくなった時の対処法 犬が顔や口を舐めてくる時の対処法 愛犬が人の顔や口を舐めてくることは、その人のことを信頼しているからです。 無理に辞めさせる必要はありませんが、あまりにもしつこい時には、叱りつけたりはせず、顔をそっと逸らして頭を撫でてあげる、「おすわり」などの指示を出したりして落ち付かせてあげると良いでしょう。 舐められた時に「やめて~」など騒いでしまうと、飼い主が喜んでいると勘違いして癖になってしまうので冷静に対処しましょう。 犬が手足を舐めてくる時の対処法 犬が手足を舐めてくる理由も愛情表現やコミュニケーションのためです。 注意を他のことに向けてあげるようにしましょう。 頭を撫でてあげたり、おもちゃを与えるなどしてあげると良いでしょう。 愛犬からすると、ただコミュニケーションを取りたいと思ってしていることなので、どんなにしつこいからとは言っても、決して叱ったり厳しく当たることはしないようにしましょう。 犬が床や家具を舐めてくる時の対処法 床や家具には、ホコリや汚れ、ワックスなど犬の健康にも良くないものが付いています。 舐めることで嘔吐や下痢を引き起こす可能性もあるため、対処していかなければなりません。 まずは、食べ物などの匂いを残さないようこまめに掃除することや、日ごろのストレスを溜めさせないよう気を付けましょう。 また、ビターアップルなどのしつけアイテムを使って対処する方法もあります。 犬のペロペロ やめさせる方法 犬が人を舐めてくるということは、その人のことを信頼している証でもあります。 苦手だ嫌いだと思っている人のことを犬は舐めようとはしません。 犬の愛情表現の一つですから、あまり過敏にやめさせようとする必要はありませんが、初対面の人に飛びついてペロペロしてしまうようなことも防がなければならないので、舐め癖を助長させないようにしておく必要はあります。 犬のペロペロの危険性「人獣共通感染症」 犬から人に感染する人獣共通感染症があります。 その中でも、人の顔をなめることによって感染する可能性があると言われているのが「パスツレラ症」と呼ばれる感染症です。 犬は、75%もの確率で「パスツレラ菌」を保持していると言われています。 健康な人間であれば発症することはありませんが、免疫力の落ちている人や子供やお年寄りは感染のリスクが上がり気管支炎などを発症してしまいます。 こういったリスクを避けるためには、舐める行為を止めさせなければなりません。 犬のペロペロ やめさせる方法 犬のペロペロをやめさせるには、顔や手をそっと遠ざけて、「おすわり」や「待て」などの指示を出し、気持ちを落ちつかせてあげましょう。 舐めるのを止めて落ち着いて過ごせるようになったら褒めてあげる、これを繰り返していくことでペロペロに対して指示を出すだけで止めさせられるようになるでしょう。 落ち着いて対処すること:リアクションを取るとペロペロを助長させてしまいます。 叱りつけたり厳しく当たらないこと:愛情表現で舐めているのに叱ってしまうことで信用が壊れてしまうこともあります。 ストレスを取り除いてあげること まとめ 言葉の話せない犬にとって、ペロペロ舐めることは感情表現の手段で、ほとんどが愛情表現など相手を信頼しているからこその行動でもあります。 それでも、異常なペロペロ行動には病気が隠れている可能性もあるので、その場合には獣医師に相談してみることをおすすめします。

次の