アズレン ドロップ限定。 【アズレン】SRドイッチュラントとグナイゼナウがドロップしないときは?

【アズレン】ニコラスがドロップする海域9

アズレン ドロップ限定

最新情報• アップデート関連情報• 新建造追加キャラ• イベント報酬キャラ• 新改造キャラ• 開催中のイベント情報• ランキング• 初心者向け• お役立ち• おすすめ編成• キャラ• レア度別• 艦種別• 前衛艦• 主力艦• 陣営別• 海域攻略情報• システム• アズールレーン アズレン のドロップ周回におすすめのクエストをまとめています。 キャラドロップ周回、装備 設計図 ドロップ周回に関してそれぞれ別々にご紹介しているので、周回時にぜひお役立てください。 関連リンク 目次• ドロップ周回おすすめクエスト はじめに 当ページではキャラ・装備設計図のドロップ周回でおすすめのクエストを掲載しています。 早見表で広くご紹介した上で、特におすすめのクエストをピックアップして詳細にご紹介しています。 当然ですが、メインで運用している艦種によって周回する優先度が変わってきますので、手持ち状況と相談しながら適宜判断いただけると幸いです。 全クエストのレアドロップキャラはこちらでチェック ドロップ周回のポイント 周回時の編成について クエスト攻略とドロップ周回を並行する場合は、 消費燃料を抑える工夫をするか、 キャラ育成と並行して行うことをおすすめします。 レベリングしながら周回を進め、ある程度育ってきたら徐々に編成メンバーを減らすなどで燃費を抑えるといった方法も良いでしょう。 低レア艦のみでの低燃費編成は、専用のキャラを育成した上で強力な装備を揃える必要があるため、序盤から簡単に行えるものではありません。 周回する過程で燃料が追いつかないなどの不便さを感じるようなら低燃費編成キャラの育成を視野に入れましょう。 詳しくは下記リンク先で詳細にご紹介していますので併せてチェックしておきましょう。 設計図周回について ハードモードはノーマルモードよりも設計図のドロップ率が高く設定されていますので周回の際には視野に入れると良いでしょう。 攻略を進めた後に引き返して設計図周回をするといった場合には指揮官レベルの経験値も並行して稼げますのでおすすめです。 周回おすすめクエスト早見表 クエストごとにおすすめのキャラ、設計図をピックアップしています。 特に要チェックのキャラ、装備は赤枠で表示していますので参考にご利用ください。 例外的に、ドロップ限定艦については性能問わず掲載しています。 1-4 2-3 2-4 3-1 3-2 3-3 3-4 4-1 4-2 4-3 4-4 5-1 5-2 5-3 5-4 6-1 6-2 6-3 6-4 7-1 7-2 7-3 7-4 8-1 8-2 8-3 8-4 9-1 9-2 9-3 9-4 10-1 10-2 10-3 10-4 第1章のおすすめ周回クエスト 1-4 キャラクター レアドロップキャラ レナウン 序盤から入手可能な巡洋戦艦です。 性能としてはスタンダードな部類に入りますが、手持ちが揃わない序盤では十分重宝します。 とはいえ、建造入手も可能な上に、7-3でもドロップしますので、ここではレベリングの際に偶然落ちてくれたらラッキー程度に考えておきましょう。 装備 レアドロップ設計図 電気式揚弾機T3 火力と装填を底上げする設備として、6-3ドロップのの数が揃うまでは十分に実用範囲内です。 レア度が同じである自動装填機構T2 星3 よりも、火力の上昇値が大きいため、レベリングと並行して確保できると良いでしょう。 203mm三連装砲T3 序盤で入手できる榴弾重巡主砲です。 次に重巡主砲が手に入るタイミングが4-2のため、メインで重巡を運用する場合は確保しておくと良いでしょう。 356mm連装砲T3 序盤で入手できる榴弾戦艦主砲の一つです。 2-1でも戦艦主砲の356mm三連装砲T3が入手でき、こちらはより発射速度が早く扱いやすい装備言えるでしょう。 2-1以降は6章まで戦艦主砲の設計図ドロップがありませんので、1-4、2-1のどちらかで確保しておくことをおすすめします。 第2章のおすすめ周回クエスト 2-3 キャラクター レアドロップキャラ ネルソン 特殊弾幕の殲滅範囲が非常に広く強力な、ロイヤル陣営のSR戦艦です。 レベリングと並行してドロップしたら育成候補に十分に入るキャラと言えるでしょう。 装備 レアドロップ設計図 消火装置T3 耐久を底上げしつつ、炎上被害・発生率の軽減が可能な設備です。 敵が硬くなり、戦闘が長引くケースが増えてくる後半海域ほど重要度が高くなってきますので、確保しておくと十分な活躍が見込めます。 設計図5枚で作成可能な点も嬉しいポイント。 ただ、直近のクエストで必須レベルというわけではありませんので、攻略を進めた後に引き返して周回を行うという選択肢も有効です。 対空レーダーT3 対空値を大きく底上げできる設備です。 3章や5章など、相手の大規模な航空攻撃がやや緩和されますので、1つでも確保しておくと攻略が容易になります。 2-4 キャラクター レアドロップキャラ レキシントン 初課金報酬のサラトガの姉で、全く同じ性能となるキャラクターです。 一定時間ごとに確実に発動する支援攻撃が強力ですので序盤の主力艦隊の底上げにおすすめです。 ロドニー 主砲発射後、確率で発動する特殊弾幕が強力ですので、雑魚、ボスを問わず序盤のダメージソースとなってくれるでしょう。 どちらのキャラクターも建造で入手可能ではありますが、レベリングも兼ねて入手できると主力艦隊の底上げに繋がります。 第3章のおすすめ周回クエスト 3-2 キャラクター レアドロップキャラ チャールズ・オースバーン 図鑑報酬「ビーバーズ隊」の星17報酬の「ビーバーズエムブレム」を入手するために確保したいキャラです。 手動でもオートでも敵の攻撃を回避しやすくなる非常に有用な設備ですのでなるべくなら早めの入手をおすすめします。 チャールズ・オースバーンなしで「ビーバーズエムブレム」を入手するためには、かなりの時間を費やすためあまりおすすめできず、以降のドロップクエストは4-1、8-3のみ。 3-2の序盤で確保できると、「ビーバーズエムブレム」の恩恵をより長く受けることが可能です。 とはいえ小型建造でも入手可能ですので、後述するヘルダイバーの設計図を集める過程で入手できたらラッキーくらいに考えておきましょう。 装備 レアドロップ設計図 SB2CヘルダイバーT3 全爆撃機でトップクラスの威力を見込め、必要設計図も10枚と量産しやすくおすすめの爆撃機です。 4章では艦載機のT3設計図のドロップがない上に、5章以降にドロップするおすすめの艦載機が大体金装備となりますので、空母を頻繁に運用する場合は、ここで確保しておくと長く使い続けることが可能です。 127mm単装砲T3 127mm単装砲も作れると駆逐艦の主砲として役立ちます。 駆逐艦の主砲では数少ない榴弾だという点も有用で、3-2到達時に装備できると駆逐艦の余ダメージが跳ね上がります。 駆逐艦以外の副砲としても活用できますが、集弾性がやや悪いという性質上、どちらかというと前衛向きだと言えるでしょう。 5章でさらに優秀なものが入手できますが、金装備のため長期戦は必須。 榴弾駆逐主砲は用途が多くあって困ることはありませんので、ヘルダイバーのついでに確保しておくことをおすすめします。 3-3 装備 レアドロップ設計図 76mm砲T3 非常に短い装填時間が特徴の艦砲で、夕立、エルドリッジ他、 全弾発射スキルや主砲発射がトリガーとなるスキルを持つ駆逐艦と相性が抜群です。 対象となる駆逐艦を攻略や演習で頻繁に運用している場合は、ぜひ確保しておきましょう。 610mm三連装魚雷 特に手動時に高い恩恵が期待できる魚雷です。 序盤で入手がしやすい上に、全弾命中時の威力が6-4ドロップの610mm四連装魚雷T3と同じなため、76mm砲と一緒に確保しておくと駆逐艦の性能がさらなる向上が見込めます。 3-4 キャラクター レアドロップキャラ 赤城・加賀 初回の航空攻撃が最大で半分の速度で打てるようになるスキル「先手必勝」が、演習でも周回でも非常に有用です。 赤城と加賀を一緒に編成することで両者の航空性能が大きく上昇するスキルもあるため、粘るのであればどちらも入手したいところ。 しかし、建造入手が不可能な上にドロップ率も非常に低く、半端な周回数ではドロップしませんので、粘るのであれば相応の周回数を覚悟しましょう。 序盤の大きな山場となるレアドロップキャラだと言えます。 装備 レアドロップ設計図 応急修理装置T3 全ての艦種が装備可能な非常に優秀な設備です。 耐久の底上げに加えて持続的に回復まで行ってくれますので、何個持っていても全く損をすることがありません。 赤城加賀と並行してこちらもぜひ確保することをおすすめします。 F4Uコルセア・零戦21型T3 3-3ドロップの「SB2Cヘルダイバー」と同様の理由で、空母を頻繁に運用する場合は最低でもどれか一つは確保しておくと良いでしょう。 第4章のおすすめ周回クエスト 4-1 装備 レアドロップ設計図 バルジT3 魚雷ダメージを軽減してくれる設備です。 魚雷攻撃が激化する7章以降や、オート操作時、演習時に非常に有用です。 こちらも応急修理装置同様、何個持っていても全く損をすることがありません。 攻略途中で立ち止まって周回するほど副産物に旨味はありませんので、ハードモードでの改造図集めやレベリングなどと並行して集めると良いでしょう。 駆逐艦には装備できないため、駆逐艦を運用していて魚雷攻撃が辛い場合は、応急修理装置T3や消火装置T3で対応しましょう。 203mm連装砲T3 重巡の榴弾主砲です。 砲弾が直線上に飛んでいくため全弾ヒットがさせやすく、対単体へのダメージソースとして有用です。 4-3・4-4でドロップする203mmSKC連装砲T2 徹甲弾 も合わせて確保しておくと繋ぎとして重宝するでしょう。 152mm三連装砲T3 貴重な榴弾の軽巡主砲ですが、むしろ 戦艦の副砲としての運用がおすすめです。 6発を扇状に発射する性質上主力艦隊との相性が良く、海域での自爆ボートの迎撃に非常に有用です。 第5章以降のおすすめ周回クエスト 5章以降は難度も上がり、低燃費での周回にも限度が出てきます。 おすすめできるキャラクターもSSR、装備設計図は大体が金 星5 装備。 ほぼエンドコンテンツと言っても良い要素な上にだいたいが金箱からドロップしますので、攻略を中断してまで周回するのはほどほどにした方が無難です。 基本的にはキャラクターのレベリングを行う際に、欲しい設計図がドロップする海域を利用するといった方法がおすすめです。 第5章 番号 項目 ポイント 5-1 【種別:榴弾駆逐艦主砲】 【装備箱:クロキッド】 火力重視の逐艦主砲の決定版。 巡洋艦、戦艦副砲としても非常に有用。 同海域でドロップするT2も十分に実用範囲内。 5-2 【種別:戦闘機】 【装備箱:クロキッド】 威力、航空補正、機銃、爆弾ほぼ全てが高水準で戦闘機の決定版。 最大の難点はドロップ率。 など一部の攻速を求める艦にはも有用。 5-3 【種別:爆撃機】 【装備箱:クロキッド】 DPSに関して3-2ドロップのが抜けているものの、 機体の耐久、航空補正はこちらに分がある。 加えて爆弾ダメージにムラがなく火力が安定する点も魅力。 副産物の空母燃料タンクも非常に美味しいが、の存在から、5章の中では周回優先度は低めか。 5-4 【種別:対空砲】 【装備箱:クロキッド】 発射速度・DPSが優秀な対空砲。 金対空砲の中では単発の威力が低めだが、非常に短い発射速度と長めの射程によりどの艦に装備させても優秀なバランスの優れた性能。 【種別:対空砲】 【装備箱:ヴィスカー】 非常に高いDPSを持つ対空砲。 7-1ドロップの同種T3はさらに上位性能となるが、T2でも十分すぎる活躍が見込める。 【種別:攻撃機】 【装備箱:蔵王】 全弾ヒットを狙いやすい攻撃機。 激しく動く敵はやや苦手。 待ち伏せ艦隊の発生率、回避率ともに上昇させることが可能。 1艦隊に1つは装備させたいところ。 6-2 【種別:榴弾軽巡主砲】 【装備箱:蔵王】 通称ベルファスト砲。 軽巡はこの艦砲と4-2ドロップのの使い分けがおすすめ。 【種別:榴弾戦艦主砲】 【装備箱:クロキッド】 全ての要素において高い水準でバランスが取れている。 6-3 【種別:空母】 ドロップでの入手は現状この海域のみ。 航空攻撃時に敵の移動速度を下げる効果を持ち、重桜型攻撃機と相性が良い。 【種別:榴弾戦艦主砲】 【装備箱:クロキッド】 全ての要素において高い水準でバランスが取れている。 【種別:設備】 【装備箱:共通】 空母系を除いて、装填と火力の大きな上昇が見込める。 攻撃強化の設備として非常に有用。 【種別:榴弾戦艦主砲】 【装備箱:蔵王】 総合的な性能ではT3に分があるものの、装填が非常に早いため主砲発射がトリガーとなる艦に有用。 6-4 【種別:ドロップ限定艦】 スキル発動時にトップクラスの雷装と装填値を誇る駆逐艦。 【種別:魚雷】 【装備箱:蔵王】 最大DPSとなるが図鑑 主人公 報酬or全ての箱or7-4ドロップで入手できるため、周回はほどほどに。 【種別:榴弾駆逐艦主砲】 【装備箱:蔵王】 3-2ドロップのよりも攻撃速度が劣るものの、弾が高密度なため前衛巡洋艦の自爆ボード対策としても優秀。 第7章 番号 項目 ポイント 7-1 【種別:対空砲】 【装備箱:ヴィスカー】 最高威力、DPSが優秀な対空砲。 高対空艦に載せることで艦載機の撃墜により貢献できる。 装備箱もあるため周回はほどほどに。 7-2 【種別:対空砲】 【装備箱:ヴィスカー】 4-4ドロップのと同様、最長の射程を持つ対空砲。 主力艦隊を始めとした対空、装填が心もとないキャラの対空砲として有用。 装備箱もあるため周回はほどほどに。 7-3 【種別:徹甲弾重巡主砲】 【装備箱:クラップ】 唯一の星5徹甲弾重巡主砲。 火力補正値が非常に高い。 ほぼ重巡主砲の決定版。 【種別:榴弾重巡主砲】 【装備箱:クロキッド】 拡散型のためオートでヒットさせやすく、自爆ボートの処理にも有効。 とは使い分け。 7-4 【種別:魚雷】 【装備箱:共通】 最大発射数、DPSを備えた魚雷。 図鑑 主人公 報酬や箱からも入手できるため周回はほどほどに。 第9章 番号 項目 ポイント 9-3 【種別:戦闘機】 【装備箱:蔵王】 攻撃速度はトップレベルの戦闘機。 装備させるならなど航空攻撃がトリガーとなるキャラが望ましいが、火力面での貢献は期待薄。 9-4 【種別:通常弾駆逐艦主砲】 【装備箱:蔵王】 攻撃速度が早い通常弾の駆逐艦主砲。 攻撃速度のみならに分があるため、全弾発射の頻度・威力・対空補正を両立したい場合に有用。 第10章 番号 項目 ポイント 10-2 【種別:ドロップ限定艦】 燃費が良く、艦砲による火力に特化した副砲型軽巡。 10-4 【種別:ドロップ限定艦】 駆逐と軽巡の雷撃と装填にバフがかかる非常に強力なスキルを持つ軽巡。 アズールレーン関連リンク ランキング おすすめランキング一覧 レア度別キャラ一覧 艦種別キャラ一覧 前衛艦 主力艦 陣営別キャラ一覧 装備別一覧 初心者向け情報 お役立ち情報.

次の

【アズレン】ニコラスがドロップする海域9

アズレン ドロップ限定

【アズールレーン】紅染の来訪者の周回おすすめとドロップ一覧【アズレン】 プリンツ・オイゲンはSSRだが、建造常設SSRな上に勲章での支援でも出てくると 入手機会は多い。 イベントがおわるまでにドロップ限定艦をゲットしましょう! アズールレーン攻略・最新情報まとめ まとめページ随時更新しています。 しかし、やっぱり グナイゼナウ一点狙いならより多く回しやすいB2がオススメです! ドイツイベントもあと少し、頑張りましょう!. 建造でZ46を入手出来ていない方は、この海域を周回することをおすすめします。 全部手動で周回してると本当に気持ちが折れそうになるので注意ですw ステップ1 : ステージが開始されたら主力艦隊を下の位置へ移動させる。 戦艦の副砲として使えば自爆ボートの処理にとても役立つ。 8-4 摩耶のドロップ周回 8-4では、SSR重巡「摩耶」をドロップ入手することができます。 期間限定・フレッチャー掘りとドロップ率 過去に配布されているが また売店でお馴染みに 不知火も一応4章でのドロップでしか手に入らない。 ボス出現までに必要な戦闘数は5-2と変わらず4戦だが、2018年2月現在のハード海域最難関だけあって敵も強い(レベル80ほど) 周回はある程度大変である。 アズールレーンでは、建造 ガチャ では入手できない ドロップ限定艦船が存在します。 SR戦艦って言うこともあり自信の性能は並です。 スポンサーリンク 目次• またドロップ限定ではないが、前衛キャラの速力をアップさせる超強力な設備 ビーバーズ・エンブレムの入手条件を満たすのに役立つ チャールズ・オースバーンも出てくる。 敵の被ダメをアップさせる強力なデバフスキル持ちのSR軽巡洋艦です。 一方、駆逐艦は対空が低いので活躍の機会が少なくなります。 【アズレン】巡洋改造図を掘るならどこがいい?ハード海域のドロップ品まとめてみた! Bクリアでも良いのでなんとかクリアして次に進むと良いでしょう。 それくらい12-3のボス戦は厳しいです。 T1とT2の改造図のみ出てくるが、1-1同様必ず改造図が手に入るわけでもないので個人的には非推奨。 道中はオートでイケますが、ボスはオートで攻略するのが難しいので手動をオススメします。 そこでこの記事では、その落ちないドロップ艦だけを狙う方法を紹介します。 コアデータがいらなかったり、コアデータ以上に欲しいものがあるならそちらでいいと思います。 6-2 主な副産物: T3パーツ、扶桑、山城、白露、エクセター、155mm三連装砲T3設計図、406mm三連装砲MK6T3設計図 ドロップ限定艦の 白露が出てくる。 【アズールレーン】おすすめ周回場所早見表 ついでに紫装備であるT2のヘルキャットの設計図も出てくる。 現状改造図掘りとT3パーツ調達を両立できるのは6章のみ。 B2:グナイゼナウ なお、B3では【シャルンホルスト】と【Z1】のSR艦がドロップします。 また、油圧カタパルトT3の設計図を入手できる初めての海域となっています。 駆逐艦、軽巡洋艦への雷装バフがかなり有用で、 夕立、綾波改、浜風改などの雷装が強力なキャラたちが さらに強化される事になります。 今まで活躍する場があまりなかった対空特化のキャラクターも12章では大活躍します。 みんなのデータで割と信頼できる結果を測定してみたいです! よろしくお願いしますです!. 攻撃速度を活かすことができるやにとっては最適解の1つ。

次の

アズレン ドロップ 限定

アズレン ドロップ限定

2月12日のアップデートでポートランドや平海寧海の改造が実装されますね! 管理人は平海をまだ持っていないので、平海寧海の改造に関しては正直他人事みたいに思っている部分もあるのですが、 ポートランドの改造は前々から楽しみにしており、この為に巡洋艦改造図も溜めてました! とはいえ当然ながら改造で使えばまた改造図は減ってしまうので、近頃は巡洋艦の改造図を集めています さて、そこでハード海域を回して改造図を稼ぐわけですが ふと 「どの海域で改造図を集めるのがいいんだろう…?」と疑問に思いました。 このコアデータによってハードモードは基本的に 出来る限り高難度の海域をクリアするのがベターとなりました。 スポンサーリンク 目次• はじめに 改造図は ハード海域で出ます(勲章での交換や一部の任務や委託でも入手出来ますが、今回はひとまず置いておきます) ハード海域は通常のストーリー海域を少し難しくして、ボスドロップに改造図を加えたようなものです。 なお今回扱う「巡洋改造図」は、 各海域の第二ステージでドロップします。 基本的に攻略する海域の選び方は 改造図の出やすさや 改造図以外で手に入るものを吟味して考えるのがいいと思います。 コアデータのことを考えるとなるべく自分がクリア出来る中で最も高難易度のステージをクリアするのがいいです。 せっかくまとめたものですので副産物等のデータは残しておきます。 コアデータがいらなかったり、コアデータ以上に欲しいものがあるならそちらでいいと思います。 1-2 主な副産物: 無し 第一章のハード海域。 序盤も序盤なので目ぼしいドロップ品は無いが、ハードとはいえ第一章なので敵はめちゃくちゃ弱い。 言うまでもなく ハード海域で最も簡単(燃料を減らしたり経験値目当てのキャラも出撃出来る) だが、 改造図の入手自体がランダムである。 高難度の海域では少なくともボス戦でS評価を取ってクリアすれば、何かしらの改造図が必ず手に入るのだが、 低難度のハード海域では クリアしても改造図がドロップしないことがある ハード海域の攻略に1日6回までの回数制限がある中で改造図が出ないのはめちゃくちゃ痛いので、ハードの低難易度海域を回すのは正直オススメできない ちなみに出てくる改造図はT1改造図とT2改造図のみ。 改造をしていくなかで一番不足しがちな改造図はT2(どのレア度の改造でも大量に消費されるから)であり、T1も6枚集めて合成すればT2改造図となるので、T2集めという観点で見れば一応無駄のない構成ではある。 2-2 主な副産物: 祥鳳 ドロップ限定キャラの 祥鳳(軽空母)がドロップする数少ない海域の一つ。 祥鳳は改造が可能であり、同じ軽空母のユニコーンのように前衛キャラの耐久を回復させるスキルを持つ。 まだ持っていなかったり、完凸がまだなら狙ってみてもいいかもしれない。 改造図に関しては1-1とほぼ同じ。 T1とT2の改造図のみ出てくるが、1-1同様必ず改造図が手に入るわけでもないので個人的には非推奨。 3-2 主な副産物: 蒼龍、飛龍、チャールズ・オースバーン、SB2CヘルダイバーT3設計図 第三章のハード海域。 比較的序盤の海域だが、 ドロップ品には恵まれている まずドロップ限定艦の 蒼龍、飛龍が手に入る数少ない海域の一つ。 Sレアなのでドロップ率は低いが、持っていないならついでに狙ってみてもいいかも。 またドロップ限定ではないが、前衛キャラの速力をアップさせる超強力な設備 ビーバーズ・エンブレムの入手条件を満たすのに役立つ チャールズ・オースバーンも出てくる。 彼女がいなくともビーバーズ・エンブレムは取れるが、オースバーン自身も味方前衛艦の速力を上昇させる珍しいスキルを持っているので、育ててみてもいいかもしれない 設計図では強力な爆撃機である SB2Cヘルダイバーの設計図が掘れる。 紫装備なので設計図10枚で作れる上に、最終装備候補にもなる爆撃機である。 3章のハードからT3改造図(金改造図)がドロップし始める。 しかしこの海域でもまだ ボスから確定で改造図が落ちない 改造図以外のドロップ品が魅力的なので、改造図に余裕がある人が副産物目当てにその日のハードを消化するにはいいといった印象。 過去に配布されているが また売店でお馴染みに 不知火も一応4章でのドロップでしか手に入らない。 しかし4-2はなんと言っても 手に入る設計図が優秀 120mm連装砲は重装甲の相手以外に対しては高い攻撃力を誇る駆逐艦主砲。 152mm三連装砲は広範囲に弾をばら撒く軽巡主砲。 戦艦の副砲として使えば自爆ボートの処理にとても役立つ。 4-2では軽巡の改造図が掘れるので、そういう意味でマッチしているのも〇 また、4章から少なくともSランクなら ボス戦で何かしらの改造図が確定でドロップするようになる。 敵レベルも60レベル程度と完凸したキャラを複数抱えているなら少人数でも十分攻略できて、 ボスまでに必要な戦闘数もたった三戦と回しやすいので 改造図だけを狙うなら個人的に4章が一番オススメ 5-2 主な副産物: クイーン・エリザベス、ジュノー(軽巡)、F6FヘルキャットT3設計図 五章のハード海域。 言わずと知れた「ロイヤル艦隊」の要、 クイーン・エリザベスがドロップする。 もし持っていないなら是非とも手に入れておきたいキャラである。 また「真珠の涙」を持たせることでやられた時に味方艦隊の耐久を回復して演習で活躍している 軽巡のジュノーもついでに出てくる。 設計図は戦闘機の F6FヘルキャットT3の設計図も手に入る。 金装備なので設計図集めは大変だが、現状設計図で作れる戦闘機としては最強クラスである。 ついでに紫装備であるT2のヘルキャットの設計図も出てくる。 T2はそこまで突出して強いわけではないが、繋ぎとしては十分な性能ではある。 この辺りから敵も相当強くなり、出撃条件も厳しくなってくる。 またボス出現までに必要な戦闘数も4回になっているので、改造図だけを目当てにするなら4-2の方が圧倒的に早く終わる。 5-2はQEやジュノーはどちらかと言えば演習向きのキャラなので演習での戦闘要員が欲しかったり、戦闘機が不足している場合なら行ってみるのもいいでしょう。 6-2 主な副産物: T3パーツ、扶桑、山城、白露、エクセター、155mm三連装砲T3設計図、406mm三連装砲MK6T3設計図 ドロップ限定艦の 白露が出てくる。 扶桑、山城も一応ドロップ限定艦だが、夕立掘りに手を出すと嫌と言うほど出てくるので正直気にしなくていい あと5-2の項で書いたジュノーと同名の駆逐艦も出てくる エクセターは建造でも出てくるが 中国版の方では改造が追加されている(重巡洋艦なので巡洋艦改造図が必要)のでやがて来る改造に備えるならばと思い一応記載。 装備の設計図では 155mm三連装砲T3(通称:ベルファスト砲)と 406mm三連装砲MK6T3が強力。 155mm三連装砲はベルファストの最適装備である軽巡洋艦主砲であり、ベルファスト以外でも榴弾が使いたかったり、金装備特有の高い火力補正を受けたいなら候補となる。 406mm三連装砲MK6は紫装備ながら戦艦主砲としては最強とも言われる武器。 いくつあっても困らないはず。 また、6章以降のステージなので、装備強化に必要な T3パーツが出てくる。 現状改造図掘りとT3パーツ調達を両立できるのは6章のみ。 ボス出現までに必要な戦闘数は5-2と変わらず4戦だが、2018年2月現在のハード海域最難関だけあって敵も強い(レベル80ほど) 周回はある程度大変である。 まとめ コアデータが多く貰えるので6章推奨。

次の