トイレ 掃除 おすすめ。 トイレの床掃除が楽になるおすすめの掃除道具3つ

住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

トイレ 掃除 おすすめ

トイレの床掃除が楽になる!便利な掃除道具とは? 掃除したくないNO. 1がトイレ掃除。 掃除したくないのにやってる。 だけど、すぐに汚れちゃうんですよね、トイレって。 そんなトイレの床掃除が楽になる!おすすめの掃除道具は、次の3つです。 フローリングワイパー• 赤ちゃん用のおしりふき• 100均の粘着テープ「コロコロ」 どんな時に使うのか?どんな風に便利なのか? これから1つずつ説明していきますね。 トイレの床掃除はクイックルワイパーがおすすめ! スポンサーリンク トイレの床掃除で、いちばん手っ取り早くておすすめなのは、 クイックルワイパーを代表とするフローリングワイパーで掃除することです。 トイレの床の面積が小さいので、フローリングワイーパーで掃除すれば、1分もかかりません。 ホコリや砂などのゴミから髪の毛まで一掃してくれるのでとっても便利です。 雑巾だったら、中性洗剤で洗った後、漂白して雑菌を殺さないと洗濯機にはいれずらいですよね? その点、クイックルワイパーなどのフローリングワイパーは使い捨てなので、洗う手間も必要なし! クイックルワイパーは、トイレの床を掃除し終わったら、捨てることができるので便利です。 ただ使い捨てとなると、掃除するたびにコストがかかるのがネック・・・ですよね? なので、トイレ掃除をするだけで捨てるようなもったいないことはしません! リビングなどトイレ以外の床を掃除したあと、捨てる前についでにトイレ掃除をするだけでOKです。 100均のダイソーやセリアでもフローリング用のシートやフローリングワイパーが売られていますが、ななおのおすすめはクイックルワイパーです。 100均してしまうとクイックルワイパーは割高です。 そこに登場するのが、赤ちゃん用のおしりふきです~。 雑巾だとぬらす手間、洗う手間、除菌する手間、洗濯する手間がかかるけど、おしりふきでれば取り出して使うだけ。 使い終わったら捨てるだけ。 めちゃめちゃ簡単だけどキレイになるのでおすすめです。 クイックルワイパーより安いので、気づいた時にこまめに掃除できますよ。 トイレの髪の毛は、100均のコロコロで掃除 髪の毛やホコリに気がついてイラッとした時には「粘着テープのコロコロ」がおすすめ。 髪の毛やホコリを直接手で触らなくても、コロコロっと転がすだけでトイレの床がキレイになります。 しかも、粘着シートをベリっとはがして捨てるだけなので、便利ですよ。 トイレの床を掃除するだけなら、100均のコロコロで十分。 トイレは狭いのでミニタイプがおすすめです。 スポンサーリンク トイレの床をついでに掃除できる仕掛け3つ トイレの掃除道具は使い捨てがおすすめ トイレをお掃除を繰り返し、試行錯誤する結果・・・ななおは基本的に、使い捨てのものしか使わないようになりました。 なぜかというと、トイレ掃除をしたものをそのまま違う場所に使う気になれないし、二度三度使う気になれないからです。 なので、ななおは・・・ トイレの床には、必要最低限「コレだけいる」と思うものしか、置いていません。 それは、便器を掃除する「流せるトイレブラシ」と「トイレ用のスリッパ」だけです。 サニタリーボックスも、マットもありません。 本当は、流せるトイレブラシも置きたくないんですが、柄の部分が長いので収納ボックスに入らないんですよ・・・。 ここしか置き場所がないので、置いているというかんじです。 トイレの床に物がないとお掃除しやすいのでやる気になります。 トイレの掃除道具はすぐ近くに置く 掃除道具はトイレの中に。 さっと取り出せてすぐ掃除できるところに配置しています~。 いちいち取りに行くのが面倒なので、たぶんやらない・・・。 トイレ専用だと割り切ると、気持ち的にも楽ですよ。 トイレの床掃除がイヤになる!失敗した掃除道具 つぎに、これを使ったらトイレの床掃除がイヤになった・・・という掃除道具を紹介します。 掃除機 いくら毎日掃除しているといっても、トイレは汚れやすく汚い場所。 そこをリビングやダイニングで掃除している掃除機で掃除するのは、なんか抵抗があるんですよ・・・。 1日の掃除の最後に、トイレ掃除をしても、次の日にはまたリビングや他の場所を掃除するので、トイレのばい菌をあちこちに広げているような気がしないこともない・・・。 なので、トイレ掃除の床を掃除機で掃除するのはやめました。 雑巾 床を雑巾でふくと、めちゃめちゃキレイ。 ピッカピカになるので心までスッキリします。 なので、床を雑巾がけするのは、嫌いじゃないです。 むしろ好きなほう。 だけど、さっきも書いたとおり、トイレの床だけは汚れの度合いが別格なのような気がするんです。 目には見えないけど、ばい菌がいっぱいいるんだろうな~と思うと、漂白や除菌を毎回してからじゃないと、洗濯機に入れられないと思ってしまう。 そうすると、手間が増えちゃうし、洗濯機をするタイミングもトイレ掃除をした後、といった具合にタイミングを見計らってからじゃないとできなくなります。 手間がかかる上に、面倒だ・・・と思ってしまうので、雑巾がけは続きませんでした。 クリックルワイパー• 赤ちゃんのおしりふき• トイレの床の上には、最低限のものだけにとどめる• トイレ掃除の道具は使い捨てにする• 掃除機• 雑巾 トイレ掃除に限らず、ゴミやホコリがあったら、すぐ取る。 汚れを見つけたら、気づいた時に掃除をしたほうがいいことは分かっています。 だけど、それがなかなか出来ないんですよね・・・。 でもトイレの床だったら、狭いので1分もあればできちゃいます~。 気が付いたときに、ちょこちょこお掃除していけば、トイレに入るたびに、小さなイライラを積み重ねることもなくなります。

次の

トイレ用洗剤おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

トイレ 掃除 おすすめ

トイレ掃除業者を探すと数多くの会社がありますよね…• トイレ掃除を業者に依頼したいけど、どこがいいの?• トイレ掃除の相場はいくら?• トイレタンク内やウォシュレットは分解掃除される?• 定期清掃はある? ここでは、 トイレ掃除業者の選び方や料金相場、おすすめ会社を紹介していきます。 トイレ掃除は毎日していても、どうしてもとりきれない汚れが蓄積するもの。 しかし トイレ掃除を業者に代行すると、そんな頑固な黒ずみや尿石、悪臭などの悩みがサクッと解決します。 手が届かないところの細かい掃除や、お手入れがラクになるようコーティングしてくれるトイレ業者も。 トイレクリーニングをしてトイレを清潔な空間に変えましょう! トイレ掃除業者の選び方 トイレ掃除を行ってくれる業者はたくさんあり迷ってしまいますが、これからご紹介する6つのポイントに気をつけて選んでみましょう。 安心して任せられるトイレ掃除業者が見つかりますよ。 トイレ掃除の料金相場 自分ではどうしても落とせない尿石、黒ずみやニオイをとるために、トイレ掃除業者に依頼した場合どのぐらいの費用がかかるか調べました。 ダントツに安いのが個人業者の多いくらしのマーケットです。 カジタクは高い料金に見えますが、洗面所とのセットになります(トイレ単体だと6,000円。 ただし単体申込はできない)。 安いトイレ掃除業者の場合、別途交通費や駐車場料金などを請求されることがあります。 基本料金だけでなく、交通費など追加で必要な費用やオプションなどを考慮し、比較する際はトータルの料金で考えましょう。 ちなみに作業の質と料金のコスパで考えるとがおすすめです。 清掃範囲を確認 トイレ掃除業者を選ぶときは、トイレ本体のみでなく、トイレ室内の空間全体をクリーニングするところがおすすめです。 たとえば、トイレの天井や壁、洗面台、換気扇、窓など。 またトイレ本体に関しても、タンク内や温水洗浄便座(ウォシュレット)の分解掃除を行うか、なども確認しておきたいですね。 トイレ内のニオイが気になる場合は、便器以外に壁にも尿が飛び散り染みついている可能性があるため、消臭サービスがあるかどうかもポイント。 オプションに注目 トイレ掃除業者によくあるオプションには、壁紙の塗り替えや床ワックス塗布、汚れ防止コートなどです。 また業者により、基本料金の作業にトイレタンクや温水洗浄便座(ウォシュレット)の掃除が含まれないところがあるので、その場合はオプションメニューを確認しておきましょう。 せっかくプロの業者にトイレを掃除してもらったら、その状態を長くキープしたいもの。 損害賠償保険に加入しているか トイレを掃除してもらう際に、万が一の故障や破損に備えて損害賠償保険に加入している業者であれば安心です。 定期的にトイレ掃除を依頼しようと考えているなら、トラブル防止のためにも保険に加入している業者を選ぶのがおすすめです。 実績が多い業者がおすすめ トイレの黄ばみ・尿石・黒ずみ・水垢は、ふつうの掃除ではなかなか落ちません。 経験豊富なプロの業者であれば、汚れに合わせた掃除ができるので、実績が多い業者を選ぶのが第一のポイントです。 トイレの構造もメーカーによってさまざま。 トイレの種類や掃除方法を熟知したスタッフに任せると安心です。 トイレ掃除業者おすすめ6社はここ! トイレ掃除業者のおすすめ6社をピックアップしました。 各社のトイレクリーニング料金や清掃範囲、定額、保険の有無などまとめたので比較しながらご参考ください。 前述のトイレクリーニングの作業手順でもご紹介したように、おそうじ本舗ではトイレ空間全体のクリーニングをしてくれます。 見積もりも無料で見積もり後のキャンセルもOK。 女性スタッフ希望と事前に連絡すれば対応可とのことなので、一人暮らしの女性も安心です。 口コミ 朝から業者 おそうじ本舗 が来てトイレ掃除をしてもらっている。 これで水回り系の掃除は全部終了。 おそうじ本舗あびこ店(我孫子)です。 便器に付着したカビを綺麗に除去致しました。 トイレ室内の一通りの掃除はもちろん、オプションになりますが、タンク内清掃やコーティングなども実施。 また定期清掃も依頼できます。 口コミ トイレのクリーニング致しました。 カジタクのトイレクリーニングは、アンモニアやヌメリなどニオイの原因となる汚れを取り除き、壁や床などもまとめてピカピカに仕上げます。 花王と厳選した人にやさしい洗剤を使用するため、強い洗剤を使用することに抵抗がある方におすすめです。 ダスキン 料金 9,460円~ オプション 汚れ防止コート…3,520円 タンク内除菌クリーニング…3,520円 定期清掃 - 清掃範囲 照明器具・壁面・温水洗浄便座ノズル・換気口の表面・ペーパーホルダー・備品・窓・水洗タンク表面と蛇口・床・幅木・天井・便器・ドア・収納庫表面、収納庫扉枠など 保険 〇 ハウスクリーニング大手のダスキンのトイレクリーニングサービスは、手が届かない便器のふち裏や便器の内部などをキレイに掃除してニオイの原因を除去。 黄ばみ・尿石・カビ・黒ずみなど、ふつうの掃除では落ちにくい汚れを取り除き、最後は除菌して仕上げます。 ベアーズ 定額料金 9,400円 オプション - 定期清掃 〇 清掃範囲 便座・便器内・便器蓋・ウォシュレットタンク・水受け・鏡・床・ドア・換気扇カバー・照明・天井・壁・戸棚扉・洗面台・窓(内側)など 保険 〇 ベアーズは、家事代行がイメージの強い業者ですが、トイレクリーニングも提供しています。 ハウスクリーニングのプロが専用洗剤を使い、トイレを傷つけることなく綺麗に掃除をします。 月1回のリセットプロプラン(定期清掃)もあります。 またベアーズは、日常的なトイレ掃除を依頼したい場合、家事代行サービスを申し込むといいですよ。 トイレ掃除以外にも家中の片付け、整理整頓などもお任せできます。 くらしのマーケット 安い業者が見つかる! 料金 4,000円~(最安の場合) オプション 各業者による 定期清掃 - 清掃範囲 各業者による 保険 各業者による くらしのマーケットは、ハウスクリーニング業者を検索できるサイトで、多くの個人経営の業者が登録しています。 作業実績も口コミや件数が掲載されているので、簡単に確認することができます。 大手よりも個人経営の業者の方が、広告費にお金をかけていないことから料金が比較的安い傾向にあるため、特に大手でないと!というこだわりがない方におすすめです。 価格は4,000円~、地域やサービス内容によって開きがあるため、選び方のポイントを参考にして希望のサービスを提供している業者を選びましょう。 トイレクリーニングの定期サービス 店舗やオフィスなどのトイレ掃除は定期的にお願いしたいですよね。 トイレ掃除業者の中には、トイレの定期清掃サービスを提供しているところもあります。 【店舗、オフィス向け】トイレの定期清掃サービス コンビニやクリニック、オフィスなどの事業者向けのトイレの定期清掃サービスは専門業者が行うことがほとんど。 トイレ定期便を提供するだと、月額12,000円~(1室かつ便器1つ)となっています。 清掃のサイクルは要相談と柔軟に対応してもらえます。 【一般家庭向け】家事代行サービスを活用しよう トイレ掃除の定期サービスは、一般家庭向けのメニューにないことが多いため、利用経験のあるトイレ掃除業者に相談するか、家事代行サービスを利用しましょう。 家事代行サービスならトイレ以外にも、キッチンや洗面所、お風呂場など家の掃除もあわせて依頼できます。 週1回2時間を月に1回や2回など家庭の都合に合った形で利用可能です。 プロが行うトイレ掃除の流れ プロの掃除業者が行うトイレ掃除のやり方をみていきましょう。 ハウスクリーニング業者の大手である「おそうじ本舗」さんのサイトでは、ていねいな作業内容が公開されているので参考にしてみましょう。 トイレの天井や照明、壁、棚など高いところか掃除 天井や照明、壁や棚などの掃除から開始します。 次にタンク、蛇口周り 水垢がつきやすいタンクや蛇口周りを掃除します。 便器・便座の掃除 便器内の水を抜いて便座を取り外し、尿石や黒ずみなどの汚れを徹底的に掃除。 ウォシュレットがある場合は、ノズルの掃除も行います。 便器の外側やネジ部分など細かい汚れも掃除していきます。 最後に床を掃除 便器全体を乾拭きしたあと、床を掃除してワックスをかけて完了です。 作業時間の目安はここまでで大体1. 5時間ほど。 トイレ空間全体を掃除してくれるので、気になる汚れやニオイがなくなるのも納得ですね。 トイレ掃除を業者に依頼するメリット トイレ掃除は自分でできますが、プロの掃除業者が掃除を行うのでは全く違います。 トイレ掃除を業者へ依頼することで得られるメリットは以下のとおり。 自分では落とせない汚れを落としてくれる。 ニオイも消臭できる。 汚れ防止コートを塗布してもらえる(業者による)。 頑固な水垢も落としてピカピカにしてくれる。 手が届かない場所、ウォシュレットも取り外して掃除してくれる。 業者さんはハウスクリーニングのプロなので、トイレの汚れの種類を見極め、適切な洗剤を使って落とします。 素人では手が届きにくいところも道具を駆使してピカピカに。 お手入れがしやすくなるよう汚れ防止コートを施してくれるところもあります。 綺麗なトイレを維持する方法 業者さんにトイレ掃除を行ってもらったら、清潔をキープするためにも自分でお手入れしましょう。 定期的な掃除で尿石や黒ずみなどを予防することができますよ。 以下の記事が参考になるので、ぜひご覧くださいね! (関連記事:) まとめ トイレ掃除をさぼると、あっという間にニオイが気になったり、黄ばみや黒ずみにより不潔なトイレになってしまいます。 定期的に自分で掃除することも大切ですが、取りきれずに残った落ちにくい汚れはプロの業者に依頼するのが手っ取り早いですよ。 料金相場も1万円前後なので、落ちない汚れに何時間も奮闘するよりもプロに依頼してピカピカに仕上げてもらいましょう。 業者選びのポイントや自分でできるお手入れ方法も参考にして、気持ちよいトイレ空間にしましょう!.

次の

トイレ用洗剤おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

トイレ 掃除 おすすめ

トイレの床掃除が楽になる!便利な掃除道具とは? 掃除したくないNO. 1がトイレ掃除。 掃除したくないのにやってる。 だけど、すぐに汚れちゃうんですよね、トイレって。 そんなトイレの床掃除が楽になる!おすすめの掃除道具は、次の3つです。 フローリングワイパー• 赤ちゃん用のおしりふき• 100均の粘着テープ「コロコロ」 どんな時に使うのか?どんな風に便利なのか? これから1つずつ説明していきますね。 トイレの床掃除はクイックルワイパーがおすすめ! スポンサーリンク トイレの床掃除で、いちばん手っ取り早くておすすめなのは、 クイックルワイパーを代表とするフローリングワイパーで掃除することです。 トイレの床の面積が小さいので、フローリングワイーパーで掃除すれば、1分もかかりません。 ホコリや砂などのゴミから髪の毛まで一掃してくれるのでとっても便利です。 雑巾だったら、中性洗剤で洗った後、漂白して雑菌を殺さないと洗濯機にはいれずらいですよね? その点、クイックルワイパーなどのフローリングワイパーは使い捨てなので、洗う手間も必要なし! クイックルワイパーは、トイレの床を掃除し終わったら、捨てることができるので便利です。 ただ使い捨てとなると、掃除するたびにコストがかかるのがネック・・・ですよね? なので、トイレ掃除をするだけで捨てるようなもったいないことはしません! リビングなどトイレ以外の床を掃除したあと、捨てる前についでにトイレ掃除をするだけでOKです。 100均のダイソーやセリアでもフローリング用のシートやフローリングワイパーが売られていますが、ななおのおすすめはクイックルワイパーです。 100均してしまうとクイックルワイパーは割高です。 そこに登場するのが、赤ちゃん用のおしりふきです~。 雑巾だとぬらす手間、洗う手間、除菌する手間、洗濯する手間がかかるけど、おしりふきでれば取り出して使うだけ。 使い終わったら捨てるだけ。 めちゃめちゃ簡単だけどキレイになるのでおすすめです。 クイックルワイパーより安いので、気づいた時にこまめに掃除できますよ。 トイレの髪の毛は、100均のコロコロで掃除 髪の毛やホコリに気がついてイラッとした時には「粘着テープのコロコロ」がおすすめ。 髪の毛やホコリを直接手で触らなくても、コロコロっと転がすだけでトイレの床がキレイになります。 しかも、粘着シートをベリっとはがして捨てるだけなので、便利ですよ。 トイレの床を掃除するだけなら、100均のコロコロで十分。 トイレは狭いのでミニタイプがおすすめです。 スポンサーリンク トイレの床をついでに掃除できる仕掛け3つ トイレの掃除道具は使い捨てがおすすめ トイレをお掃除を繰り返し、試行錯誤する結果・・・ななおは基本的に、使い捨てのものしか使わないようになりました。 なぜかというと、トイレ掃除をしたものをそのまま違う場所に使う気になれないし、二度三度使う気になれないからです。 なので、ななおは・・・ トイレの床には、必要最低限「コレだけいる」と思うものしか、置いていません。 それは、便器を掃除する「流せるトイレブラシ」と「トイレ用のスリッパ」だけです。 サニタリーボックスも、マットもありません。 本当は、流せるトイレブラシも置きたくないんですが、柄の部分が長いので収納ボックスに入らないんですよ・・・。 ここしか置き場所がないので、置いているというかんじです。 トイレの床に物がないとお掃除しやすいのでやる気になります。 トイレの掃除道具はすぐ近くに置く 掃除道具はトイレの中に。 さっと取り出せてすぐ掃除できるところに配置しています~。 いちいち取りに行くのが面倒なので、たぶんやらない・・・。 トイレ専用だと割り切ると、気持ち的にも楽ですよ。 トイレの床掃除がイヤになる!失敗した掃除道具 つぎに、これを使ったらトイレの床掃除がイヤになった・・・という掃除道具を紹介します。 掃除機 いくら毎日掃除しているといっても、トイレは汚れやすく汚い場所。 そこをリビングやダイニングで掃除している掃除機で掃除するのは、なんか抵抗があるんですよ・・・。 1日の掃除の最後に、トイレ掃除をしても、次の日にはまたリビングや他の場所を掃除するので、トイレのばい菌をあちこちに広げているような気がしないこともない・・・。 なので、トイレ掃除の床を掃除機で掃除するのはやめました。 雑巾 床を雑巾でふくと、めちゃめちゃキレイ。 ピッカピカになるので心までスッキリします。 なので、床を雑巾がけするのは、嫌いじゃないです。 むしろ好きなほう。 だけど、さっきも書いたとおり、トイレの床だけは汚れの度合いが別格なのような気がするんです。 目には見えないけど、ばい菌がいっぱいいるんだろうな~と思うと、漂白や除菌を毎回してからじゃないと、洗濯機に入れられないと思ってしまう。 そうすると、手間が増えちゃうし、洗濯機をするタイミングもトイレ掃除をした後、といった具合にタイミングを見計らってからじゃないとできなくなります。 手間がかかる上に、面倒だ・・・と思ってしまうので、雑巾がけは続きませんでした。 クリックルワイパー• 赤ちゃんのおしりふき• トイレの床の上には、最低限のものだけにとどめる• トイレ掃除の道具は使い捨てにする• 掃除機• 雑巾 トイレ掃除に限らず、ゴミやホコリがあったら、すぐ取る。 汚れを見つけたら、気づいた時に掃除をしたほうがいいことは分かっています。 だけど、それがなかなか出来ないんですよね・・・。 でもトイレの床だったら、狭いので1分もあればできちゃいます~。 気が付いたときに、ちょこちょこお掃除していけば、トイレに入るたびに、小さなイライラを積み重ねることもなくなります。

次の