タイ カラオケ 再開。 21歳カラオケラウンジ嬢と念願のブンブン。大当たりの夜。

タニヤ夜遊びが再開出来ない時のバンコクの過ごし方 薬編 お土産にもOK!

タイ カラオケ 再開

現地!タイのニュース!パタヤの活気が再開? 夜遊び場は?いつから? さて、本日二発目は・・・ 女の子のUPではないっすね! タイの今日現在?のニュースとなります。 本日から解禁! タイのチョンブリ県は、本日、2020年6月1日からホテル業に再開を許可する事を発表しました。 タイでは武漢ウイルスの感染防止のため、非常事態宣言が出されており、チョンブリ県ではこれまでホテル業に対しても 新規の顧客のチェックインは禁止されていました。 ってか今更知った・・・ チェックインが出来なかったって事。。。 しかしながら、本日から タイ全土で規制緩和第三段階が行われた事を受けて、チョンブリ県でも 追加の規制緩和の命令が出ました。 チョンブリ県では、本日の2020年6月1日から ホテル業も再開が許可されました。 また シーチャン島への立ち入りなど、複数の再開が許可されました。 また、公的な役所も多くは再開が実施されます。 この再開は、チョンブリ県のパタヤやシラチャなどで有効となりますので、本日からは パタヤもさらに活気が戻りそうです。 との事ですね! いい感じ! 日本からはまだタイには来れませんが、 現地にいる日本人も今日からパタヤって人も多くなるのかな? 僕も行ってみたいんですが、なかなか・・ 見知らぬ土地だし、ちょい怖い。

次の

【タイ・現地情報】タイ政府7月末まで非常事態宣言延長。7月1日より新型コロナウィルス対策規制緩和第5段階を発表。パプやバーなども営業再開へ。

タイ カラオケ 再開

非常事態宣言は7月末日までの延長が決定 パブ、バー、カラオケ店等の営業再開 規制付き 24時閉店 グループは5人まで テーブル間の距離は2m離す必要有。 マッサージパーラーの営業再開 規制付き 入浴時間を除き、施術者及びスタッフがフェイスマスクを着用 上記の施設等では、体温検査、マスクの着用、社会的距離の維持、定期的な清掃が必要です。 防犯カメラの映像は1ヶ月間の保持 感染拡大防止の為 チェックインとチェックインのための、タイチャナアプリの使用を推奨されます。 6月15日より下記の規制が緩和されます。 〇 夜間外出禁止の解除 〇 レストラン、飲食店、ホテルでのアルコールの提供の再開。 5月17日より規制解除の第2フェーズが開始される 〇 外出禁止時間の1時間短縮 23:00~04:00迄 〇 商業施設の営業再開 ショッピングモール・デパート 映画館・マッサージ店・ゲームセンターやイベント会場以外 は営業再開可能。 この状況が続けば、規制緩和策第2弾が5月17日より施行される模様 明言は避けたが、商業施設等の営業が再開される見通しです。 8〜12日まで最新の状況調査・データ収集 13日調査とデータの検討 14日緩和策草案作成 17日緩和策実施の予定。 5月3日より営業再開許可が出た業種。 市場やウィークエンドマーケット 商品の販売許可 3. 公園 運動や休憩に利用できるが、座って話したり食事をすることは不可 5. 美容室 予約のお客様は利用可能。 店内で待つことは不可、2時間ごとの消毒と洗浄が必要 6. ペットクリニック・トリミングサービス 1匹ずつ院内に持ち込むことで可能 2時間ごとの消毒と洗浄が必要 7. 病院・クリニック・特別養護老人ホーム 8. ゴルフ場・ゴルフの練習場 商業施設・デパート・百貨店、スタジアム、映画館、夜のパブ、居酒屋はまだ解除せず。 ロックダウン解除は以下の4グループ(4色)の白、緑、黄の順で行われ、赤は解除することが難しい。 営業再開日 5月4日 白:日常生活に必要がある業種で戸外にある小規模な店舗や公園など。 営業再開日 5月18日 緑:エアコンのあるなしに関わらず小規模な店舗や屋外ジムなど。 小・中規模レストランも含まれる可能性有 営業再開日 6月1日 黄:大勢の人が訪れるエアコンを完備した店舗など。 大規模レストランが含まれる可能性有 営業再開日 6月15日 赤:ボクシング場やクラブなどの大勢の人が集まる感染リスクが高い場所。 2週間ごとに状況を見て段階的に解除していくようです。 プラユット首相によると、ロックダウン解除できる店舗は地域別ではなく、仕分けした店舗のグループ別に全国一斉にロックダウン解除したいという。 より詳しい情報は今週中にも発表されるとの事。

次の

タニヤ夜遊びが再開出来ない時のバンコクの過ごし方 薬編 お土産にもOK!

タイ カラオケ 再開

緊急事態宣言が出されてセミロックダウン状態だったバンコク。 人々の我慢と努力が実を結び、国内の新感染者数が激減、最近では一桁やゼロ人という良い傾向にあります。 それを受けて、政府もいろんな規制を解除し始め、街が復興に向かいつつあります。 日本人の夜遊びの聖地であるタニヤの現在はどうなっているんでしょうか?タニヤ通りを歩いてみました。 ナイトクラブやバーなどはまだ再開の目途が立っておらず、シャッターを閉じたままの店が多いです。 現在のタニヤ通りで目立つのは、改装中のタニヤプラザの大きな看板です。 「フューチャー・オブ・タニヤ」という勇ましいキャッチコピーが書かれています。 お洒落なショッピングモールに生まれ変わろうとしているのでしょうか? レストランは店内での飲食が OK になったので、タニヤ通りの日本食店でも再開営業している所があります。 でもアルコールの提供は NG ですから、経営的には辛いでしょうね・・・。 また、閉鎖して新しいお店に改装中の場所もあちらこちらで見かけました。 オープン前の「剣心」という怪しい名の居酒屋、オーナーは日本人ではなさそうですね。 またバブルティーのお店が新規にオープンしていました。 台湾発だそうで、中国本土からの店でないだけ良いですが、日本人街であるタニヤですからちょっと違和感があります・・・。 理髪店も営業可能になったので、ドアを開けているお店もありました。 シーロム通りを挟んで向かい側のシーロム・コンプレックスは、基本クローズで、地下の飲食店のみが限定的に営業していました。 タニヤの再開、早く実現して欲しいですね!.

次の