ベトナム 戦争 枯葉 剤。 ベトナム戦争で使われた「枯葉剤」とはどんな成分だったのですか?

ベトナム戦争の枯葉剤を作ったのはモンサントだった この会社は今、遺伝子組み換え作物でベトナムに浸透している

ベトナム 戦争 枯葉 剤

の一種。 でアメリカ軍が使用したことで知られ,その代表的なものをオレンジ剤(エージェントオレンジ)という。 1962~71年にと北軍の勢力が潜伏していそうな森林地帯で木々を枯死させ,食料となりうる農作物を処分することを目的として低空飛行する航空機から散布された。 成分は,非精製ブチルエステルの 2,4-ジクロロフェノキシ酢酸()と 2,4,5-トリクロロフェノキシ酢酸()がほぼ同量であった。 加えて少量の 2,3,7,8-テトラクロロジベンゾパラジオキシン(2,3,7,8-)もさまざまな割合で含まれていた。 2,4,5-T製造過程の副産物である 2,3,7,8-TCDDは一般にと呼ばれ,有毒である。 ベトナムに散布された約 5000万 lの枯葉剤にはダイオキシン約 170kgが含まれていた。 1970年代以降,ベトナム人の間では枯葉剤にさらされたことが原因とみられる流産,皮膚疾患,癌,先天性欠損症,先天性奇形が異常に高い頻度で発生している。 また,ベトナムで長期にわたって枯葉剤にさらされたアメリカ合衆国,オーストラリアおよびニュージーランドの兵士多数がのちに癌その他の健康被害を経験している。 アメリカの退役軍人らはアメリカ軍向けに枯葉剤を生産した農薬メーカー 7社に対して集団訴訟を起こした。 両者は和解にいたり,約 25万人の被害者と家族のために 1億8000万ドルの補償基金が設立された。 2,4,5-T(トリクロロフェノキシ酢酸)と2,4-Dを混合してつくった除草剤〈エージェント・オレンジ〉の。 2,4,5-T系の2,3,7,8-四塩化ジベンゾダイオキシン(略称TCDD)には,1969年米国で行われた動物実験により,遺伝子に突然変異を起こさせる性質があることが明らかになり,さらに1971年には強力な発癌性のあることもわかった。 このため米軍はただちに使用を中止したが,広大な森林やマングローブ林(カマウ半島の4万4000ha)が失われ,枯葉剤を浴びた人をはじめとする当該地域の人々の多様な症状に加え,結合体双生児や無脳症などの先天異常児の出産や死産などが相次いだ。 また参戦した米国などの〈ベトナム帰還兵〉の中に精神神経障害やリンパ腺癌,腎臓癌などを病む者が多数出現,帰還兵らが原告となり,米国政府と枯葉剤を製造したダウ・ケミカル社など化学会社7社を相手どり損害賠償請求訴訟を起こした。 1984年5月,米国上院は,政府として補償するよう求める法案を全会一致で可決した。

次の

“3世代”にわたり奇形児が生まれ続けるベトナム戦争「枯葉剤」の悲劇写真10選! のっぺらぼう、顔面崩壊… 米国の残酷な戦争犯罪とは?

ベトナム 戦争 枯葉 剤

当初、245Tは植物にしか影響がないとアメリカではいわれていたようだけれど、245Tに含まれるダイオキシンの影響で奇形児が生まれる確率があがることからスウェーデンでは使用禁止されていたよう。 ベトナム戦争後、不良在庫となった245Tは沖縄の海に流したり、大地に埋められていたようですが、量が量だけに処分しきれず• アメリカ国内受け入れ拒否のため、除草剤として日本で処分することに• 1960年代後半、選ばれた1道16県で散布開始• 1971年、劇薬であるため散布も取りやめになり埋設投棄される 人口が少ない地域が選ばれたみたいですね。 あと、24Dも東北あたりでは何十リットルか散布されているみたいです。 日本のどこに埋められたか一覧 より引用。 【枯葉剤の埋設処理状況】 1. 北海道夕張市 2. 北海道遠軽町 3. 北海道広尾町 4. 北海道音更町 5. 北海道清水町 6. 北海道標茶町 7. 北海道本別町 8. 青森県中泊町 9. 岩手県久慈町 10. 岩手県野田村 11. 岩手県雫石町 12. 岩手県岩泉町 13. 岩手県宮古市 14. 岩手県西和賀町 15. 福島県会津坂下町 16. 群馬県東吾妻町 17. 群馬県昭和村 18. 山梨県甲府市 19. 愛知県設楽町 20. 愛知県豊田市 21. 岐阜県下呂市 22. 岐阜県下呂市 23. 広島県庄原市 24. 愛媛県西条市 25. 愛媛県久万高原町 26. 愛媛県宇和島市 27. 愛媛県松野町 28. 高知県四万十市 29. 高知県四万十町 30. 高知県いの町 31. 高知県大豊町 32. 高知県安芸市 33. 高知県土佐清水市 34. 佐賀県吉野ヶ里町 35. 長崎県五島市 36. 熊本県熊本市 37. 熊本県宇土市 38. 熊本県芦北町 39. 大分県玖珠町 40. 大分県別府市 41. 宮崎県日之影町 42. 宮崎県西都市 43. 宮崎県宮崎市 44. 宮崎県宮崎市 45. 宮崎県小林市 46. 宮崎県小林市 47. 宮崎県都城市 48. 宮崎県串間市 49. 鹿児島県肝付町 50. 鹿児島県湧水町 51. 鹿児島県伊佐市 52. 鹿児島県伊佐市 53. 鹿児島県南九州市 54. 高知県内では、四万十市(西土佐村)、四万十町(窪川町)、いの町(本川村)、北川村、大豊町、安芸市、土佐清水市、津野町(東津野村)、宿毛市、と県下全域に及んでいます。 (かっこ内は、合併前の行政区分)県土全体が、枯葉剤によって汚染されたと考えるべきでしょう。 スポンサーリンク 枯葉剤がかわうそを絶滅させた? 怖い内容でごめんなさい! でも、知らないなら是非知って欲しいと思って書きました。 そして今回のブログ、引用多くてすみません。 これに関してはぜんぜん掘り下げができてまいません。 この問題を取り扱った本も絶版になっているみたいだし、国会図書館ならあるかもしれませんね。 ・・・が、実際に高知で聞ける人を探してみて、僕が新しく確認できることがあれば事実としてどんどん加筆していこうと思ってます。 以下引用も結構衝撃的な内容なので、みてみてください。 では、また。 最近、農薬の散布に加えて、ベトナム戦争起源の枯葉剤の存在を、カワウソ激減の原因として考えなければならないことに気づきました。 私が、枯葉剤が高知県の国有林野に散布、埋設投棄されていたのを知ったのは、2012年の秋のことです。 『世界』(岩波の月刊誌)からカワウソ取材で派遣されたライターのMさんからそれを聞かされた時は、「えー、そんなことありかよー」と叫んでいました。 しかし、カワウソ激減の時期と枯葉剤散布の時期はおよそ重なります。 また、川や海の魚が10分の1に減ったというおそろしい話もそれと重なります。 アユやウナギの原因不明の大量死が頻発し、「山菜を食べると、ガンになる」という噂が広がったのも、そのころです。 (野生動物への影響) 『世界』のMさんから『日本の枯葉剤』(原田和明・五月書房)という本を紹介されました。 その本には、245Tの散布によって日本の野生動物がどうなったかが少しだけ書かれています。 アメリカは、枯葉剤を「人畜無害」と言ったけれど、そんなことはありません。 その材料の245Tですらはっきり「人畜有害」なのですから。 1970年には、下北半島のニホンザルがエサ不足から南下を始め、多くの奇形が生まれました。 エサ不足というのは、下北半島の動植物の生態系に大変動が起こったということかと思われます。 散布の3日後に、カモシカが口から泡を吹いて死亡しました。 四国では、ニホンカワウソが激減しました。 カワウソの場合、魚やエビ、カニを食べるので、生物濃縮によって、他の野生動物より245Tの影響を大きく受けたということではないでしょうか。 人間にも影響が出ています。 散布した地域では、流産が多くなったというデータがあります。 また、ガン患者が多くなったというデータもあります。 日本人の母乳からはダイオキシンが検出されることがありますが、それも枯葉剤起源であろう、と囁かれています。

次の

ベトナム戦争の枯葉剤を作ったのはモンサントだった この会社は今、遺伝子組み換え作物でベトナムに浸透している

ベトナム 戦争 枯葉 剤

当初、245Tは植物にしか影響がないとアメリカではいわれていたようだけれど、245Tに含まれるダイオキシンの影響で奇形児が生まれる確率があがることからスウェーデンでは使用禁止されていたよう。 ベトナム戦争後、不良在庫となった245Tは沖縄の海に流したり、大地に埋められていたようですが、量が量だけに処分しきれず• アメリカ国内受け入れ拒否のため、除草剤として日本で処分することに• 1960年代後半、選ばれた1道16県で散布開始• 1971年、劇薬であるため散布も取りやめになり埋設投棄される 人口が少ない地域が選ばれたみたいですね。 あと、24Dも東北あたりでは何十リットルか散布されているみたいです。 日本のどこに埋められたか一覧 より引用。 【枯葉剤の埋設処理状況】 1. 北海道夕張市 2. 北海道遠軽町 3. 北海道広尾町 4. 北海道音更町 5. 北海道清水町 6. 北海道標茶町 7. 北海道本別町 8. 青森県中泊町 9. 岩手県久慈町 10. 岩手県野田村 11. 岩手県雫石町 12. 岩手県岩泉町 13. 岩手県宮古市 14. 岩手県西和賀町 15. 福島県会津坂下町 16. 群馬県東吾妻町 17. 群馬県昭和村 18. 山梨県甲府市 19. 愛知県設楽町 20. 愛知県豊田市 21. 岐阜県下呂市 22. 岐阜県下呂市 23. 広島県庄原市 24. 愛媛県西条市 25. 愛媛県久万高原町 26. 愛媛県宇和島市 27. 愛媛県松野町 28. 高知県四万十市 29. 高知県四万十町 30. 高知県いの町 31. 高知県大豊町 32. 高知県安芸市 33. 高知県土佐清水市 34. 佐賀県吉野ヶ里町 35. 長崎県五島市 36. 熊本県熊本市 37. 熊本県宇土市 38. 熊本県芦北町 39. 大分県玖珠町 40. 大分県別府市 41. 宮崎県日之影町 42. 宮崎県西都市 43. 宮崎県宮崎市 44. 宮崎県宮崎市 45. 宮崎県小林市 46. 宮崎県小林市 47. 宮崎県都城市 48. 宮崎県串間市 49. 鹿児島県肝付町 50. 鹿児島県湧水町 51. 鹿児島県伊佐市 52. 鹿児島県伊佐市 53. 鹿児島県南九州市 54. 高知県内では、四万十市(西土佐村)、四万十町(窪川町)、いの町(本川村)、北川村、大豊町、安芸市、土佐清水市、津野町(東津野村)、宿毛市、と県下全域に及んでいます。 (かっこ内は、合併前の行政区分)県土全体が、枯葉剤によって汚染されたと考えるべきでしょう。 スポンサーリンク 枯葉剤がかわうそを絶滅させた? 怖い内容でごめんなさい! でも、知らないなら是非知って欲しいと思って書きました。 そして今回のブログ、引用多くてすみません。 これに関してはぜんぜん掘り下げができてまいません。 この問題を取り扱った本も絶版になっているみたいだし、国会図書館ならあるかもしれませんね。 ・・・が、実際に高知で聞ける人を探してみて、僕が新しく確認できることがあれば事実としてどんどん加筆していこうと思ってます。 以下引用も結構衝撃的な内容なので、みてみてください。 では、また。 最近、農薬の散布に加えて、ベトナム戦争起源の枯葉剤の存在を、カワウソ激減の原因として考えなければならないことに気づきました。 私が、枯葉剤が高知県の国有林野に散布、埋設投棄されていたのを知ったのは、2012年の秋のことです。 『世界』(岩波の月刊誌)からカワウソ取材で派遣されたライターのMさんからそれを聞かされた時は、「えー、そんなことありかよー」と叫んでいました。 しかし、カワウソ激減の時期と枯葉剤散布の時期はおよそ重なります。 また、川や海の魚が10分の1に減ったというおそろしい話もそれと重なります。 アユやウナギの原因不明の大量死が頻発し、「山菜を食べると、ガンになる」という噂が広がったのも、そのころです。 (野生動物への影響) 『世界』のMさんから『日本の枯葉剤』(原田和明・五月書房)という本を紹介されました。 その本には、245Tの散布によって日本の野生動物がどうなったかが少しだけ書かれています。 アメリカは、枯葉剤を「人畜無害」と言ったけれど、そんなことはありません。 その材料の245Tですらはっきり「人畜有害」なのですから。 1970年には、下北半島のニホンザルがエサ不足から南下を始め、多くの奇形が生まれました。 エサ不足というのは、下北半島の動植物の生態系に大変動が起こったということかと思われます。 散布の3日後に、カモシカが口から泡を吹いて死亡しました。 四国では、ニホンカワウソが激減しました。 カワウソの場合、魚やエビ、カニを食べるので、生物濃縮によって、他の野生動物より245Tの影響を大きく受けたということではないでしょうか。 人間にも影響が出ています。 散布した地域では、流産が多くなったというデータがあります。 また、ガン患者が多くなったというデータもあります。 日本人の母乳からはダイオキシンが検出されることがありますが、それも枯葉剤起源であろう、と囁かれています。

次の