イワシの種類。 ソトイワシ目

イワシの種類について:見分け方や味の違い

イワシの種類

マイワシ イワシの中でも一番大きく成長する魚で、全長30㎝に達する個体もあります。 見分けるポイント• 体の側面に黒色斑列があれば、マイワシです。 黒色斑列は、1~3列ありますが、稀に黒色斑が無い(薄くて見えない)個体もあります。 その場合は、後述のウルメイワシおよびカタクチイワシの特徴から、消去法で判断します。 ウルメイワシ この魚も全長20㎝を超えるサイズになります。 見分けるポイント• マイワシと比べ目が少し大きくて、また目玉が潤んでいるように見えます。 名前の由来は、この目玉の特徴から来ています。 また、 マイワシのような黒色斑はありません。 カタクチイワシ イワシの中で一番小型で、成魚でも10㎝を少し超える程度にしかなりません。 シラス、ちりめんじゃこ、はこの魚です。 また一般的な煮干しもカタクチイワシが使われます。 見分けるポイント• 目が鼻先に近く、下あごが後退しています。 マイワシやウルメイワシと比べ、非常に特徴的な顔付きをしており、容易に見分けることができます。 口を閉じていると片口に見えるので、カタクチイワシと呼ばれるようになりました。 小サバでもサバ特有の「虫食い斑」が背中にありますので、そこで判断します。 また イワシの特徴である鱗が簡単に剥がれることも無く、ヌメリがあるので簡単に見分けることができます。 トウゴロウイワシ 「イワシ」の名が付く、イワシ同様小型の魚ですが、 ボラに近い種類です。 同上、鱗が簡単に剥がれることが無く、また骨格がしっかりしているので、触ればイワシとの違いが分かります。 <関連記事> 見分け方シリーズ.

次の

イワシの見分け方!サビキで釣れる3種類のイワシを知る

イワシの種類

普段何気なくスーパーや市場で眺めるいわし。 マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの三種類ですね。 それぞれについてご説明していきます。 厳密にはいわしというくくりよりも、ニシンの項が正しいのかもしれませんね。 資源の変動が大きいことで有名です。 数十年周期で増減を繰り返すんですね。 昭和の終わりごろには安価な魚だったのですが、 今ではどんどん漁獲量が減って高価になってきています。 マイワシが増えるとカタクチイワシが減って、 マイワシが減るとカタクチイワシが増えるんですって。 群れて密集隊形を作って回遊しているので、 一度にたくさん獲れるんですよ~。 めざしやアンチョビなどに使用されることが多いです。 成魚は全長30cmほどにもなります。 小型のものはカタクチイワシと同様煮干しにされます。 大型個体もほとんどがめざしや丸干しになって、 市場には出回っているんですね。 ですが新鮮なものは刺身や塩焼きで食べられます。 なんといっても塩焼きが美味しいのですが、 刺身の貴重ゆえの新鮮な味は、とても捨てがたいもの。 2.頭から包丁をいれます 頭から胸ヒレの下まで、少し斜めに切り落としましょう。 3.腹を切ります 腹の皮は硬いので一緒に切り落としてしまいます。 4.包丁を腹の中へ 先端を腹の中へ差し込み、ワタをかき出します。 この際、刃を立てすぎると身を損傷してしまうので注意です。 ある程度ワタをかき出したら、肛門の部分で切り離します。 5.水洗いします 血合いもキレイに流しましょう。 しっかりとキッチンペーパーなどで水気をふき取ります。 6.尾ヒレを切り落とします ここまでが下準備です! そしてここから、おろしていきますよ~! sponserd link 1.頭部の骨の部分に包丁を当てます そのまま中骨に沿って尾まで切り、開きます。 2.中骨を取ります 刃を気持ち上に向けて包丁を中骨と身の間に入れて、 少し前後させながら骨を取り除きます。 これで開きが完成です! 次に、お刺身なので皮をむく方法についてです。 3.皮をむいていく 背びれの付け根に入れた切れ目に親指を入れ、 一気に指で皮を剥きとりましょう。 それぞれに料理の役割があって、それぞれが長所を持っていますね。 中でもうるめいわしは大きく、食卓の花になりやすい魚です。

次の

マイワシ

イワシの種類

「イワシ」は3種類 「イワシ」は3種類 世界の海には、「イワシ」類は何百種類もいるようです。 日本では、ふだん中央市場に出荷され、小売店やスーパーの売場に並ぶのは、次の3種類です。 ・・・・ 「真イワシ」「ウルメイワシ」「カタクチイワシ」・・・・この3種類について説明しましょう。 「真イワシ」• ふつう、「イワシ」と呼んでいるのは、「真イワシ」の事です。 背が青く、側面に7つか8つの点があります。 (それで、「ななつぼし」と呼ぶ地方もあります。 )これが、他のイワシ類と見分ける特徴点です。 日本を取り巻く海のどこにでもいる魚で、日本を代表する「多獲性大衆魚」ですが、ここ数年はどこでも漁獲量が激減し、加工工場の閉鎖などで社会問題にもなっています。 鮮度落ちが早く、品温の管理を厳しくしなければ、すぐ「エラ」が赤く変色してきます。 煮ても、焼いても、揚げても、刺身でも美味しいので、鮮魚出荷が多いのですが、漁獲量全体の比率で見れば「養殖魚の餌」になる量が最大の比率を占めています。 鮮魚出荷以外では「丸干し」「フライ」「つみれ」などに加工され、食用となっています。 また、稚魚はちりめんじゃこにも加工されています。 (「カタクチイワシ」のちりめんじゃこより評価が低いのです。 「真いわし」は、大きさによって呼び名が変わります。 25センチくらいの大きな魚を「大羽イワシ」、10センチから20センチくらいのを「中羽イワシ」、10センチに満たない小さな魚を「小羽イワシ」と呼んでいます。 また、「小羽イワシ」を「平子イワシ」と呼ぶ場合もあります。 ただし、このサイズ分けは厳密なものではないようです。 京都中央市場の荷受会社の青物(大衆魚---サバ・イワシ・アジ・スルメイカ等)担当の方の話では、「中羽イワシといっても、産地によって大きさがちがうので、1尾あたりのグラム数で注文している。 」と言っておられました。 「ウルメイワシ」• 灰色がかった薄青色の魚体で、ずんぐりしています。 眼に膜がかかっており、潤んでいるようにみえます。 「ウルメイワシ」という名前は、この眼からきたようです。 この魚が鮮魚出荷されることはまれで、加工品になるのがほとんどです。 この魚の小型サイズの丸干しは、「ウルメ丸干し」といって丸干しのなかでは一番評価が高い物です。 大きめの「ウルメイワシ」は、「開き物」に加工されます。 美味しいのですが、一般には、あまり人気はありません。 この魚も漁獲量が減少しており、「うるめ丸干し」の相場は高値に張り付いています。 「カタクチイワシ」• この魚は、背が黒いため「セグロ」「セグロイワシ」と呼ばれます。 また、口が顔の下の方にあるため、「タレ」「タレクチ」とも呼ばれています。 (舞鶴では「タレ」と呼んでいます。 「真イワシ」よりも鮮度落ちが早く、腹のくずれや変色が出やすい魚です。 漁獲された当日でないと鮮魚では売りにくいため、京都市内のスーパーや鮮魚店でこの魚を売っているのを見たことがありません。 この魚を、唯一供給しているのは、京都生協のお店が毎週金曜日に実施している「かもめ直行便」の時だけです。 この時の魚は、原則として「その日の朝、舞鶴の府漁連の市場に水揚げされたもの」ですので、お刺身で食べても大丈夫な鮮度です。 ちりめんじゃことしては、この魚が一級品です。 また、「ごまめ」(田作り)や「煮干し」も、この魚の加工品です。 しかし、この魚も漁獲量が減少しているため、相場は上がりっぱなしで、安くなることはほとんどありません。 年末の「ごまめ」の時期には、「宝物」の様に珍重されています。 10月4日は「イワシの日」です。 また、カルシウムなども豊富で、栄養価の高い魚ですので、たくさん食べましょう!! 投稿をいただきました。 私は北海道の千歳に住んでま〜す!! こっからは苫小牧まで近く、良く釣りに行ってます。 でイワシを釣ったら、真鰯はそのまま刺身(たたき)、 カタクチイワシは腹腸を とってめんつゆ(メーカーは?忘れました。 )に1日位漬けて (時間は人による)、 片栗粉をまぶし、油で揚げてレモン汁をつけて食べれば、 これがまたビーーーーーーール に良く合う!!. Copyright C May 31,1997 by Toshio Yabe. All rights reserved.

次の