アントニオ マルケス。 NHK ハイビジョン特集「サパテアードは止まらない〜スペインの至宝 アントニオ・マルケス〜」

永遠のライバルに恵まれたヒーロー/(ベビーフェイス・アサシン)マルコ・アントニオ・バレラ

アントニオ マルケス

1969年舞踊団創立以来、東京をはじめ日本各地で公演を行いスペイン舞踊の発展に力を注いでいる。 主な年間活動には日本全国公演、文化庁芸術活動推進事業のアジア、アメリカ、ヨーロッパ公演、2000年に30回記念を迎えた日比谷野外大音楽堂でのフェスティバル「真夏の夜のフラメンコ」及び秋の芸術祭参加公演等がある。 舞踊団員は小松原庸子の指導の下厳しいレッスンを重ねると共に本場のマエストロの指導も受け研鑚に励んでいる。 外国公演では1974年ヘレス市フェスティバルに招かれ、アンダルシア各地で公演。 1984年芸術祭大賞作品「ゴヤ」を世界初の外国人によるスペイン舞踊団の本格的公演として舞踊団一行60名三週間に渡るスペイン公演を行い主要各地で好評を博した。 又1986年マドリッド市とカタルーニャ州政府の招聘によるアンコール公演が行われ、 "こんなにも遠く離れた東の国の人々が 隣人よりもこんなにも深くスペインを理解し、愛していたとは" スペイン紙 "YA" より との絶賛を博した。 1988年フラメンコの最も権威あるスペインのフェスティバルに招かれ、セビージャ王宮野外劇場公演においても絶賛を博した。 1992年コルドバ芸術祭において現代舞踊協会賞作品「コルドバの詩」を上演。 1996年には初のアジア公演で成功を収め、益々その評価を高める。 "日本人のドゥエンデ 妖しい魅力 - 美の儀式 - とりわけ驚異的なのは、日本人がかくも隔たった芸術を理解するその深さ そして舞台での格調の高さであった" スペイン "エル・パイス" 紙より 1998年には創立30周年記念公演としてニューヨークそしてシンガポール公演を成功の内に終え、小松原庸子スペイン舞踊団は次代を担う多くの若手舞踊手を輩出し、我が国のスペイン舞踊界の先導的役割を果たしている。 2000年文化庁芸術活動推進事業に選ばれ、再びニューヨークそして初のサンパウロ公演。 2001年スペイン、マドリッド&セビージャ公演。 2002年はスペイン及びサンパウロ公演を行う。 2004年舞踊団は創立35周年を迎え、記念公演を開催。 世界中の観客から喝采を受けた。 2006年新春公演「女の平和」を上演。 ギリシャ喜劇をフラメンコで演出し、小松原の発想、演出力をも称賛された。 文化庁国際芸術支援事業によりシンガポール、韓国、スペインでも公演を行い、各国で絶賛を浴びた。 2007年浄瑠璃とフラメンコのコラボ「炎とフラメンコ」を上演。 日本とスペインの魂が、美しく融合した舞台と 大好評を得る。 2009年舞踊団創立40周年記念事業が、新春公演「カルメン」「ドゥエンデ・デル・フラメンコ」を皮切りにスタート。 名古屋、和歌山での「フラメンコその神秘と情熱」等、日本各地で活発に公演活動を行う。 2010年新春公演として舞踊団創立40周年記念事業の、千秋楽を飾る「ひびき-西と東」を上演。 林英哲氏の太鼓、 ドランテのピアノ、舞踊団のフラメンコという異色のコラボに、絶賛を博す。 この年、毎夏恒例の「真夏の夜のフラメンコ」は40回目を迎えた。 秋には、スペイン・メキシコ公演を開催。 スペイン公演では、セビージャのマエストゥランサ劇場にて、新春公演で絶賛を浴びた演目「HIBIKI-西と東-」を、またメキシコでは日墨交流400周年を記念し、メキシコ国内4か所で「浄瑠璃フラメンコ」を上演。 各地で大歓迎を受けた。 2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、7月には東日本大震災復興支援チャリティーフェスティバル「第41回真夏の夜のフラメンコ2011」を開催。 マノロ・マリン、クリスティーナ・オヨス、アントニオ・カナレス、クリージョなどスペインフラメンコ界を代表する錚錚たるメンバーが、未曾有の大震災で打ちひしがれた日本人を励ますために特別に来日、圧巻の舞台を展開した。 9月には西日本16か所で民音主催の「パッション・デル・フラメンコ」を行った。 2012年2月には、フラメンコとオペラのコラボレーションの舞台「フラメンコ オペラを舞う」を新国立劇場で上演、フラメンコとオペラという異色の組み合わせと斬新な舞台に各界から大反響があった。 5月には、民音主催の台湾ツアーを行う。 7月には恒例の「2012真夏の夜のフラメンコ」を開催、前年に引き続き、フラメンコ界の巨匠、アントニオ・カナレスが来日し、会場は興奮の渦に巻き込まれた。 2013年新春公演として、小松原庸子スペインと50年-掉尾を飾る-「私のマエストロに捧げる」「血の婚礼」を新国立劇場で開催、マノロ・マリン、アントニオ・カナレス等、世界のフラメンコ界を牽引する巨匠達が来日した。 また同月、都民芸術フェスティバルに参加し、「La Traviata-椿姫」を上演。 5月には民音主催の「パッション・デル・フラメンコ」を、北海道内8か所で上演、続いて相模原公演、兵庫公演、佐渡公演を行った後、8月には「真夏の夜のフラメンコ」を開催、また翌月9月には、初のコロンビア公演「フラメンコ オペラを舞う」を行った。 帰国後12月には民音主催の「フラメンコ・オーレ!」を横浜と東京で上演した。 2014年3月、スペインの画家フリオ・ロメロ・デ・トーレスが描く世界を舞台化した「遙かなるコルドバ」「スペイン黄金の時」を東京芸術劇場で上演。 エキゾチックで魅惑的な舞台は、高い評価を得た。 8月に行われた「2014真夏の夜のフラメンコ」には、スペインフラメンコ界の巨匠、ラ・ファルーカを招聘。 日比谷野音の会場は興奮のるつぼと化した。 12月、小松原庸子スペイン舞踊団創立45周年記念公演プレ・オープニング「フラメンコ 粋と情熱」-その神髄を杉並に-を地元、高円寺の小劇場、座・高円寺にて開催。 地元の人々にフラメンコの素晴らしさを伝えた。 2015年1月、兵庫県立芸術文化センターで「フラメンコ カルメンを舞う」を開催。 日本のギター界の巨匠、荘村清志氏と小松原庸子との夢のコラボレーションが実現した。 また同公演は、3月、水戸でも上演された。 同月、舞踊団創立45周年記念公演として東京芸術劇場にて「フラメンコ 伝統とモダンを踊る」を開催。 スペインからはフラメンコ・ピアノの名手、ドランテを招聘。 クラシコエスパニョールの珠玉の名品の数々とスペイン内戦の哀しみ、ヒターノの苦悩をフラメンコを通して表現し絶賛を浴びた。 4月、MIN-ON主催の四国ツアー「情熱フラメンコ!!」が行われた。 8月には恒例の第45回野外フェスティバル「真夏の夜のフラメンコ」にフラメンコ界の女王マヌエラ・カラスコを招聘。 その圧倒的な美しさと超絶的なバイレは観客を魅了した。 また同月、栃木市で「FLAMENCO カルメンを踊る in とちぎ」を開催。 スペインからはアントニオ・マルケス、クリージョらを招き、日本の邦楽、中国、スペインという3つの国の音楽とフラメンコとの融合に会場が酔いしれた。 また同公演は各界からも賞賛を浴びた。 11月には東京近郊および北陸ツアー「情熱フラメンコ!!」(MIN-ON主催)が行われ、日本中の多くの人々に、フラメンコの楽しさと感動を伝えた。 2016年4月にはアンドイッツ・ルイバルを迎え、国内ツアー「情熱フラメンコ!!」(Min-On主催)を行い、福島、山形、青森等、東北5カ所を回り、東北のお客様に本物のフラメンコの素晴らしさを伝えた。 7月には、恒例の第46回野外フェスティバル「2016真夏の夜のフラメンコ」を日比谷野外大音楽堂にて開催。 スペインフラメンコ界を代表するエル・フンコをはじめ、サンティアゴ・エランス、オスカル・マニェンザーネ、アレハンドロ・ララ、またイスラエルからはコンパス・フラメンコ舞踊団が来日し、日本・スペイン・イスラエルの3か国の名手達が、国境を越えて日比谷野音の大舞台に華を添えた。 9月には再び「情熱フラメンコ!!」(Min-On主催)の国内ツアーが行われ、愛知、静岡、群馬、宮城、岩手、福島、栃木県、計10カ所の会場で、満員のお客様から喝さいを浴びた。 All Rights Reserved. e-mail:.

次の

マルコ・アントニオ・バレラ

アントニオ マルケス

アントニオ・マルケス Antonio Marquez 1982年 スペイン国立バレエ団に入団し、以後'91年迄ホセ・アントニオ・ルイス芸術監督の下で第一舞踊手となり、団在籍中には全ての舞台の主役を務める。 1995年 アントニオ・マルケス舞踊団を設立。 モンテカルロ、アテネ、マドリッド王立劇場の為にオペラ、カルメンの振付を担当する。 1997年 イタリア・ツアーで好評を博し、NUREYEV賞を受賞 1998年 ハバナ・フェスティバル50周年記念に参加。 絶賛されキューバ・バレエ団歴史書に名を残す。 最優秀エスペクタクロとしてタラント賞を受賞。 最も評価された舞踊に捧げられるプロフェシオナル賞を受賞。 1999年 アテネ国立劇場でのオペラ、カルメンを振付。 ブダペスト・国際ガラ・フェスティバルにて最優秀舞踊手賞を受賞。 2000年 スイスのZermatt国際シンポジウムの閉会式をアントニオ・マルケス舞踊団 が飾る。 2001年 ヨーロッパ各地で大成功を収める。 イタリアでは最優秀舞踊手賞を受賞。 ブラジル公演では4万人の観客を動員し、リオ・デ・ジャネイロ市長も絶賛。 観客動員数記録を更新した。 好評を博す。 - 受 賞 歴 - 1997年 イタリア。 その年の最優秀のフラメンコ舞踊団に送られる賞、Nureyev賞を受賞 1998年 スペイン。 最も勝れた舞踊に捧げられるプロフェシオナル賞を受賞 1999年 ハンガリー(ブダペスト・ダンス・フェスティバル)外国舞踊手最優秀賞を受賞 2000年 イタリア。 All Rights Reserved. e-mail:.

次の

小松原庸子スペイン舞踊団 :主な舞踊団員紹介

アントニオ マルケス

シーズンよりMotoGPクラスに参戦。 ロードレース世界選手権125ccクラス()・Moto2クラス()・MotoGPクラス(・・・・・)チャンピオン。 身長168cm、体重59kg。 経歴 [ ] キャリア初期 [ ] マルケスは5歳のときからオートバイに乗り始め、レースで活躍し2001年にはカタルーニャ州の地方選手権でジュニアクラスのチャンピオンになった。 翌2002年からに転向、2004年以降は(1999年125ccクラスチャンピオン)の指導を受けるようになった。 2006年にはスペイン国内選手権 CEV 125ccクラスでシリーズ8位、2007年にはシリーズ9位を記録した。 ロードレース世界選手権 [ ] 125ccクラス [ ] 2008年 [ ] シーズン、マルケスはにレプソル・チームからデビューを果たした。 開幕前のテストで右腕を骨折したため、第3戦からの参戦開始となったが、第4戦で12位に入り初ポイント獲得、第8戦では史上2番目の若さとなる、15歳と126日での表彰台獲得(3位)を果たした。 その後の座をと争ったが、序盤の欠場に加え、第17戦マレーシアGPのフリー走行で右足骨折の重傷を負い 終盤2戦を欠場したことが響いてシリーズランキングは13位、KTM勢の最上位に立つことはできたものの、シリーズ11位のレディングには敗れた。 なおこの年の開幕時点でマルケスの身長は148cmとグランプリライダーの中で最も低く、体重も40kgしかなかったため、125ccクラスの最低制限重量である136kgを満たすために21kgのをマシンやツナギの中に仕込んで戦った。 2009年 [ ] 前年の活躍がKTMに認められ、シーズンはのレッドブル・KTMに移籍することになった。 身体面では1年で大きく成長し、このシーズン開幕時点では身長160cm、体重51kgとなった。 で3位表彰台を獲得、でスペイン人ライダーとして史上最年少(16歳と89日)となるポールポジション獲得を果たすなどの活躍を見せ、シリーズランキング8位と成績を伸ばした。 2010年 [ ] 2010年 カタルーニャGP 2009年をもってKTMがグランプリから撤退したため、スポンサーのと共にチームに移籍。 をチームメイトに、新たにのマシンを駆ってシーズンを戦うこととなった。 マルケスは合同テストでトップタイムを出すなど開幕前から好調さを見せ 、でグランプリ初優勝を遂げた。 その後まで、の以来となる5連勝を果たす快進撃を見せてチャンピオン争いをリード。 ではの転倒に巻き込まれてリタイヤを喫し、とに逆転されて一時ランキング3位に落ちるが、から4連勝を遂げてポイントリーダーに返り咲き、でチャンピオンに輝いた。 この時点でのマルケスの年齢は17歳と263日、これは に次ぐ史上2番目の若さでのタイトル獲得となった。 Moto2クラス [ ] 2011年 [ ] 2011年 アラゴンGP シーズン、マルケスはアルサモラ率いるチーム「モンラウ・コンペティチオン」から、Moto2クラスにステップアップ。 製の最新マシンを駆り、を駆るとのタイトル争いを演じた。 出だしは順調とは言えず、開幕戦から3戦連続で転倒を喫しノーポイントに沈む。 で初優勝を遂げると、中量級のマシンライディングのコツを掴み始めたマルケスは、ここから一気に成績を伸ばしていくようになる。 タイトル争いでは序盤の連続リタイアが響いており、積極的にシーズンをリードするブラドルを追いかけていく展開となった。 マルケスは二度の3連勝を含むシーズン最多の7勝を記録、中盤から終盤にかけて9戦連続で表彰台に立つ怒濤の追い上げを見せ、一時は80ポイント近くあったブラドルとの差を終了時点で僅か3ポイント差まで詰めていた。 しかし、続くのフリー走行中、マレーシア特有の突然の降雨によりクラッシュ、その際に左目の視力にダメージを負ってしまう。 この症状はシーズン中に回復せず、残り2戦を欠場。 これでブラドルのタイトル、マルケスのランク2位が確定することとなり、逆転チャンピオンとはならなかった。 2012年 [ ] 2013年 イギリスGP シーズンは、チームに所属し、ワークス仕様のを駆っての参戦が話題になり、ウインターテストから大型ルーキーとして大きな注目を集め、MotoGPクラスデビューとなった開幕戦カタールGPで3位表彰台に立った。 第2戦アメリカズGPは、初開催となるサーキット・オブ・ジ・アメリカで行われ、予選でを獲得し、決勝では最高峰クラスデビューから2戦目で初勝利を挙げる。 最高峰クラスにおいて20歳62日でのPPと20歳63日での優勝は、共にがに記録したものを上回る最年少記録で、30年ぶりに更新した。 この優勝でポイントリーダーに立ち、第3戦も2位に入りポイントリーダーの座を守る。 第4戦フランスGPは3位に入るものの、ランキング2位のが優勝しポイントリーダーの座を明け渡す。 第5戦イタリアGPは、残り3周となった21周目に2位を走行しながらも転倒しリタイアする。 第6戦カタルーニャGPは3位、第7戦オランダGPは2位に入りポイントを積み重ねていく。 第8戦ドイツGP、第9戦U. GP、第10戦インディアナポリスGP、第11戦チェコGPと4戦連続で優勝する。 がに記録した最高峰クラスでの最年少連勝記録を51年ぶりに更新する。 また、第8戦ドイツGPの優勝で再びポイントリーダーに立ち、チャンピオン候補の1人となる。 第12戦イギリスGP、第13戦サンマリノGPは連続で2位に入る。 第14戦アラゴンGPで6勝目を挙げる。 第15戦マレーシアGPは2位に入り、ランキング2位のと43ポイント差まで広げる。 しかし第16戦オーストラリアGPでは、が持ち込んだタイヤの耐久性に問題があり、レース全体を同じタイヤで走破不可能な事が判明する。 主催者は安全面の特別処置として同一タイヤで10周以上走る事を禁止し、レース9周目か10周目にピットインしてニュータイヤ装備したマシンとの乗換が必要となった。 だが、ピットインのタイミングをチームが誤認し11周目にピットに入ったため失格となり、ランキング2位のロレンソと18ポイント差まで迫られる。 第17戦日本GPで1位ロレンソ、2位マルケスとなり13ポイント差とさらに縮まる。 最終戦バレンシアGPでロレンソが優勝しても、マルケスは3位以内に入れば年間チャンピオンが決定する。 そのため無理な走りはせずに3位でゴールし、4ポイント差で年間チャンピオンを獲得する。 マルケスは、最高峰クラスのデビューイヤーにチャンピオンを獲得した2人目のライダーとなる。 20歳266日での最高峰クラスのタイトル獲得は史上最年少記録。 また、最高峰クラスにおけるデビューイヤー6勝は世界選手権発足後初の快挙となった。 2014年 [ ] シーズンは、開幕戦のカタールGPをポールトゥーウィンで飾ると、そこから破竹の10連勝(うち開幕戦から6戦連続PPを含む9度のPP)を飾り一気に選手権をリードする展開となった。 開幕からの連勝は第11戦チェコGPでによってストップされ、第12戦イギリスGPで優勝するものの、続く第13戦サンマリノGP、第14戦アラゴンGPとトップ争いを演じている中で自身のミスによる転倒で優勝を逃す展開を見せる(両戦とも再スタートしてポイントは獲得している)。 あまりいいとはいえない展開の中での第15戦の日本GPではペドロサとの前でゴールすればチャンピオンが決定する状況で、あえてトップを狙わず2位をキープするというクレバーなレースを見せ、2年連続でのチャンピオンをホンダの本拠地ともいえるもてぎで決定した(ホンダのライダーがもてぎで最高峰クラスのチャンピオンを決定させたのは初となる)。 チャンピオン決定後の第16戦オーストラリアGPではこの年唯一のリタイアを喫したものの、続く第17戦マレーシアGPと最終戦バレンシアGPで連勝を挙げた事でシーズン13勝を挙げ、が1997年に記録したシーズン12勝という世界選手権のシーズン最多勝記録を17年ぶりに更新した。 弟であるがこの年のmoto3クラスのチャンピオンを獲得しており、世界選手権史上初となる兄弟で同じ年にチャンピオンを獲得する事となった。 2015年 [ ] 前年に引き続きレプソル・ホンダ・チームより参戦。 シリーズランキング3位に終わる。 2016年-2019年 [ ] 引き続きレプソル・ホンダ・チームより参戦。 4年連続シリーズチャンピオンを獲得。 2018年、2019年シーズン終了後には右肩の亜脱臼を治す手術を受けた。 ロードレース世界選手権 戦績 [ ]• ボールド体のレースはポールポジション、 イタリック体のレースはファステストラップを記録。 年 クラス バイク 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント 125cc DNS 18 12 Ret 19 10 3 Ret 10 Ret 4 6 Ret 9 13位 63 125cc Ret 5 3 Ret 5 5 10 16 15 8 6 4 Ret 9 Ret 17 8位 94 125cc 3 Ret 3 1 1 1 1 1 7 10 1 Ret 1 1 1 1 4 1位 310 Moto2 Ret Ret 21 1 2 Ret 1 1 1 2 1 1 1 2 3 DNS INJ 2位 251 Moto2 1 2 1 Ret 3 3 1 1 5 1 1 1 2 1 Ret 3 1 1位 324 MotoGP 3 1 2 3 Ret 3 2 1 1 1 1 2 2 1 2 DSQ 2 3 1位 334 MotoGP 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 4 1 15 13 2 Ret 1 1 1位 362 MotoGP 5 1 Ret 2 4 Ret Ret 2 1 1 2 Ret 1 Ret 4 1 Ret 2 3位 242 MotoGP 3 1 1 3 13 2 2 2 1 4 3 4 4 1 1 Ret 2 2 1位 298 脚注 [ ]• Dorna Sports S. 2012年4月12日閲覧。 Repsol Honda Team 公式サイト. 2013年3月2日閲覧。 2011年8月9日時点のよりアーカイブ。 2011年5月10日閲覧。 最高峰クラスのデビューイヤーにチャンピオンを獲得した初のライダーは、1978年500ccクラスチャンピオンの。 それまでの最高峰クラス最年少チャンピオンは、1983年500ccクラスチャンピオンので21歳258日。 motorsport. com. 2020年1月23日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - マルク・マルケス公式ウェブサイト•

次の