イボコロリ し みる。 イボコロリの使い方。液体タイプと絆創膏タイプでの違いは?

イボコロリでほくろ除去できる?【噂の真相】

イボコロリ し みる

成分・分量 本品1g中 サリチル酸:0.1g 添加物としてコロジオンを含む。 用法及び用量 1日4回、キャップ付属の棒で、1滴ずつ患部に塗布してください。 【使用方法】 1.キャップ付属の棒の先に薬液をつけ、患部に少しずつ塗布してください。 2.薬液はすぐに乾いて白い被膜となり、有効成分が患部に浸透していきます。 薬液が乾いた後は、そのまま入浴や水仕事をしてもさしつかえありません。 次に塗布するときは、白い被膜をはがしてから塗ってください。 無理な場合は重ねて塗布してください。 3日から4日間塗布を続けますと患部が白く変化してきます。 3.白く軟化しはがれ始めた患部を、被膜と共にピンセット等で痛みを感じない程度に取り除いてください。 患部をお湯につけると取り除きやすくなります。 4.患部が完全に取れるまで、「1.-3.」の要領で繰り返しご使用ください。 患部が取れた後、皮ふは自然に再生されます。 【用法・用量に関する注意】 1.定められた用法及び用量をお守りください。 2.目に入らないように注意してください。 万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けてください。 3.本剤は外用にのみ使用し、内服しないでください。 4.小児に使用する場合には、必ず保護者の指導監督のもとに使用してください。 5.本剤が健康な皮ふに付着すると、その部分も白く軟化し、痛んだりするので、患部の周りの皮ふにつかないよう、よく注意して使用してください。 もし、ついた場合にはすぐにふきとってください。 特に、指の間に塗布する場合は薬液が乾くのを確認してください。 6.イボが多数出来ている人は、一度に全部の患部に使用せず、1ヶ所又は2ヶ所ずつ使用してください。 一度に全部の患部に多量の薬液を使用しますと皮ふを荒らします。 剤型・形状 液剤 使用上の注意点 1.次の人は使用しないでください。 ・乳幼児(7歳未満) 2.次の部位には使用しないでください。 (1)顔面、目の周囲や唇、粘膜など。 (2)首などの皮ふのやわらかい部分。 (3)炎症又は傷のある患部。 3.次の症状には使用しないでください。 (1)水イボ (2)老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ) (3)尖圭コンジローム(肛門周囲や外陰部にできたイボ) (4)一列に並んだイボ、群生したイボ、身体に多発したイボ。 使用上の相談点 1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。 (1)本人又は家族がアレルギー体質の人。 (2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (3)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (4)糖尿病の治療を受けている人。 (5)医師の治療を受けている人。 2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。 (1)本剤の使用により、次の症状があらわれた場合 関係部位:症状 皮ふ:発疹・発赤、かゆみ (2)本剤を使用しても症状の改善がみられない場合 3.本剤をイボにご使用の場合、本剤が有効なのは表面がザラザラした硬い角質化したイボです。 他のイボについては医師又は薬剤師に相談してください。 4.塗布した患部の周囲にシミ状の跡形がつく時がありますが、これは一時的で、塗布を中止すればもとの皮ふにもどります。 ながびく場合は、医師又は薬剤師に相談してください。 保管および取扱上の注意点 1.小児の手のとどかない所に保管してください。 2.本剤は揮発性ですので、キャップの締めがゆるいと薬液が固まってしまいます。 ご使用後は、瓶の口・ネジ山に白く固着した薬液をよく拭き取った上、キャップをしっかり締めて、直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。 3.本剤は引火性ですので、火気に近づけないでください。 4.誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないでください。

次の

「イボとの戦い。①」PTNACarのブログ | PIANOCar

イボコロリ し みる

そして、眼科医に診療を受けに行ってください。 実際に使用してみる ご覧ください。 これは僕の右手人差し指にできたイボらしき物体です。 触ると硬くて若干痛みました。 もしかしたら、魚の目の可能性もあります。 イボか、魚の目か、判断は付きませんが、とにかく指に異常がでていることには間違いないでしょう。 では、実際にイボコロリの薬剤をイボか魚の目かわからない物体に塗布していきましょう。 薬剤は透明で1分ほどで乾いていくと思います。 イボコロリの薬剤を指に塗布してから、数分が経ちました。 見てください、指の先に真っ白な物体が付いていますね。 これは先程塗ったイボコロリが自然の空気に触れ、固まった状態を示しています。 こうなればイボコロリの塗布は成功したと言えますね。 すると、患部が白く変化していきます。 白くなった患部が軟化して剥がれ始めたら、ピンセットなどで取り除いていきましょう。 それから、ハサミ等の刃物は自己責任でご利用ください。 ご覧ください、ハサミで切り刻んだ部分にイボコロリの薬剤を塗布しました。 とても、白く月面のようになりましたね。 終わりに 薬剤を塗布してから1日経ちましたが、いい感じに固まってきました。 薬剤が固まってひび割れなどが生じますが、気にせずにそのまま薬剤を上塗りしていけば大丈夫だと思われます。 イボがコロッと剥がれ落ちるのが楽しみですね。 それでは、そろそろイボコロリの使い方について説明する記事を終わりたいと思います。 ありがとうございました! アーカイブ• 10 カテゴリー• 1 新着記事•

次の

「イボとの戦い。①」PTNACarのブログ | PIANOCar

イボコロリ し みる

イボコロリとは? 横山製薬のイボコロリは、サリチル酸の角質軟化溶解作用を利用した医薬品です。 出典 : イボコロリには種類があり、患部に直接塗って治療する「塗り薬タイプ」のもの、絆創膏を数日間貼り付けて取り除く「絆創膏タイプ」もの、服用して身体の内側から治していく「飲み薬タイプ」のものがあります。 固くなってしまったイボや魚の目に最も早く効くとされているのは、「絆創膏タイプ」の薬になります。 イボコロリには、サリチル酸という極めて強い成分で溶かしてイボや魚の目などを剥がしとりますが、イボなどは根元から治療をしないと何度も再発してしまう恐れもあります。 イボコロリを首イボ対策として使っても大丈夫? イボコロリはお近くのドラッグストアなどで手軽に買える為、首イボに使い除去したい!と考える方も多いと思います。 しかし、「塗り薬タイプ」や「絆創膏タイプ」のものは使用上の注意を見ると、• 「顔面、目の周囲や唇、粘膜など」• 「首などの皮膚のやわらかい部分」 などには使用しないでくださいと記載があります。 つまり使うと危険ということがわかります。 なぜイボコロリは首イボに使えないのか? 「塗り薬タイプ」や「絆創膏タイプ」のものは足イボ・魚の目用に作られている為、そもそもの成分が違います。 通常首イボに効果的とされている成分は東洋医学で誕生した漢方の一種で「ヨクイニン」というめて人体に影響の少ない成分を使い治療する成分です。 足のイボに使われる成分は、使用に注意が必要な強力なサリチル酸という成分が配合されています。 足などの皮膚が硬くなりイボや魚の目となった部分には効果的なのですが、この成分を首に使うのは危険とされています。 もし、首に使ってしまった場合は、跡になるなど外傷として残る危険性があるので使わないようにして下さい。 首イボに使えるイボコロリもある? 横山製薬から販売されているイボコロリには上で説明したように種類があります。 その中で、服用タイプの錠剤で「ヨクイニンエキス」を中心として作られたイボコロリがあります。 出典 : この成分は体に優しく作用する為、首や顔、胸元にも安全に効く成分なので首イボ対策として効果が期待できます。 使用上の注意としては、• 医師の治療を受けている人。 妊婦又は妊娠していると思われる人。 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 このような注意点があります。 ヨクイニンエキスは全てのイボに対して改善効果が期待でき、摩擦などの刺激で硬くなってしまった角質を、柔らかくし代謝させる力は、首にも足にも緩やかに作用してくれます。 ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)• 杏仁オイル この2つの成分は、即効性には期待できませんが、体のどの部位にも安全に作用し、改善効果が期待できる成分なので、イボの種類問わずウイルス性のイボや老人性のイボにも使えます。 特に、ウイルス性のイボは塗るタイプではなく服用タイプのものが効果的とされているのでおすすめです。 首イボ除去に効果的な市販薬 イボ対策用の市販薬でも首イボに全て使えるわけではありません。 そこで、首イボに使っても問題のない、安全な薬を紹介しておきます。 ヨクイニンエキス 出典 : 「ヨクイニン」は、中国最古の薬物書「神農本草経」に収載されており、古くからいぼや皮膚のあれにすぐれた効果のある生薬として用いられています。 また、皮膚科などでも処方されることのある薬です。 漢方薬なので全身のイボに安心してお使い頂けますが、妊娠中の方などは医師に相談の上、使用するようにしましょう。 杏仁エキスは老人性イボ改善に高い効果のある成分として注目されています。 ハトムギエキス• 杏オイル• プラセンタエキス• ビタミンC誘導体 これ一つで首イボから肌ケア、ニキビ、シワ対策までできるジェルタイプの商品です。 > まとめ 今回は、イボコロリが首イボ対策に効果的なのかと注意点、その他対策方法について案内してきました。 まとめると、• イボコロリには種類がある• 「塗り薬タイプ」や「絆創膏タイプ」は注意が必要• 首イボ対策に使えるのは「ヨクイニンエキスのイボコロリ」 以上となります。 ヨクイニンエキスなど服用するタイプの物はウイルス性のイボも含め改善効果は期待できますが、長期的に服用する必要性があります。 その為、老人性のイボなどには塗るタイプのものが比較的早く改善効果が期待できるため、自分の首イボの症状に合わせて使うようにしましょう。 自宅での解消法と、基礎知識はこちらから!.

次の