韓国経済危機崩壊特集。 /);`ω´)<国家総動員報 : 日本「韓国経済崩壊!(通貨危機以来」韓国「は?違うぞ休んでるだけだぞ(震え声」日本「237万人も?」韓国「はい(血涙」→

コロナ医療崩壊

韓国経済危機崩壊特集

新型コロナウイルスが世界的に拡散する中、隣国でありながら協力が行われないばかりか距離感ばかりが目立つ日韓関係。 韓国政府への要望をオピニオン記事にまとめた。 原文は筆者(徐台教)が韓国語で韓国社会向けに書いたものだ。 しかし、日本の市民の皆さんにもこういった考えがあるということを知っていただくために、日本語に翻訳した。 ご参考願いたい。 それと共に隣国・日本に対しても防疫物資を支援する考えがあることを示しながらも、「日本政府の公式的な要請がない限りは難しい」という立場を取っている。 これは当然の論理だ。 どの国も対象国の要請なくして支援はできない。 しかし韓国政府が躊躇するもう一つの理由がある。 両国の過去事(歴史)の葛藤が輸出規制とビザ免除の制限いう現実の経済措置にまで飛び火した状況がそれだ。 昨年から未解決のまま続く強い葛藤が、日本に対し先に態度を変える必要がないという韓国政府内の認識と世論を喚起している。 一方、すでに日韓のメディアは日本の地方自治体が駐日韓国大使館や領事館に対し、防疫物資の支援要請を打診していると報じている。 よく知られたように現在、韓国と日本の新型コロナウイルス拡散に対処する姿は対照的だ。 韓国は三か月間の死闘の末、毎日の確診者(検査陽性者)を10人前後に減らすことに成功した一方、日本は依然として毎日数百人ずつ確診者が増えている。 それだけでなく、日本第二の都市・大阪では防護服が足りず市長が直接、雨合羽を支援してくれるよう頼み、医療陣の不足を埋めるために既に新型コロナウイルス陽性判定を受けた看護師を現場に投入する事態となっている。 病床、人手、物資、装備などが全国的に足りず「既に医療崩壊が起きている」という指摘が医療現場の内外から聞こえてくる。 韓国でもよく知られたソフトバンクの孫正義会長のツイッターには、日本の県知事たちが競って支援を要請している。 日本の劣悪な現実を韓国政府の充分に把握していると見られる。 今こそ韓国政府は日本政府に対し、防疫物資の支援のみならず、既に現場で新型コロナウイルスへの対応経験を積んだ医療陣の派遣と各種防疫ノウハウの伝授を積極的に打診するべきだ。 理由は大きく三つある。 まずは人道主義的な側面からだ。 日本の市民はもちろん、韓国の同胞たちも支援の手を待っている。 次に日本国内の世論の変化だ。 安倍政府の未熟な対応に対する失望感が広まる今こそ、強い嫌韓情緒をひっくり返してみる機会と判断できる。 最後は韓国の国益のためだ。 日本における新型コロナウイルスの拡散が早く沈静してこそ、日韓の間で経済的・人的な交流が再開できる。 新型コロナウイルスは「第二次政界大戦以降、最悪の危機(ILO)」である。 隣国と手をつないで乗り越えるべきだ。 今が大きな度量を持って積極的な「防疫外交」を行うに最も適した時期だ。 先に言及したように、日本の安倍政府の呼応なくして韓国政府の支援は現実化しない。 この部分で安倍総理もまた、方針を改める必要がある。 今の日本国内の医療崩壊を招いた責任を直視し、各地方自治体が韓国に今すぐ求めるものが何かを取りまとめるべきだ。 そして窓口を一元化し、韓国政府と真剣な議論に臨むべきだ。 文在寅大統領も首脳間のホットラインを通じ積極的な支援の意思を明かし、国内外の世論を醸成するべきだ。 文大統領は日本との関係において、過去事(歴史)問題とそれ以外の経済・外交問題を分離させ進める「ツートラック外交」をその間強調してきた。 今回こそ、この原則に従い積極的な対日外交を行う時だ。 新型コロナウイルスの拡散は、国際秩序の再編をもたらす可能性があると多くの識者が指摘している。 だからこそ、今の状況を日本社会で忘れたころに降って湧く「旧宗主国と被植民支配国」という枠組みを完全に終わらせる適期とすべきだ。 日本社会はすでに充分に韓国の新型コロナウイルス対策が成功したと感じている。 韓国と日本、両政府の勇断を通じ人々も救い、未来も救う文字通り「ウィンウィン」の日韓関係が現実となることを望んでやまない。 (徐台教).

次の

Online 掲載 ■韓国が中国の先端企…|dメニューニュース(NTTドコモ)

韓国経済危機崩壊特集

コメント一覧 20• 名も無き国民の声• 2020年04月21日 06:25• 頑張れよ(言って見ただけ)• 名も無き国民の声• 2020年04月21日 06:37• もう米中で喧嘩してるし、振り向いてもらえないね。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 07:08• 死んでいないよ!!今、ぴくって動いたから!!(死後硬直)• 名も無き国民の声• 2020年04月21日 07:11• IMF「だから財閥解体して内需育てろっつったんだろーがこのクソチョン、もう知らん」• 名も無き国民の声• 2020年04月21日 07:17• つくづく スワップ結んでなくてよかったと思う。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 07:26• 週休7日か、給料満額なら羨ましいけど、無給だと失業と変わらないね。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 07:42• 無いのは運ではなく頭じゃ? 名も無き国民の声• 2020年04月21日 07:46• 韓国人見かけたら言っちゃいそうだ「ケンチャナヨ(笑)」• 名も無き国民の声• 2020年04月21日 07:57• 韓国の感染回復者数が多すぎる。 10,674人の感染累計に対して8,114人回復 重症55人。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 08:06• 運命の女神「日本のとなりにおいて、アメリカの軍隊も付けてやったのに。 その上何を望むのかね。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 08:18• 南朝鮮の統計は基準がめちゃくちゃで当てにならないからね• 名も無き国民の声• 2020年04月21日 08:43• ええぞええぞ。 デストロイヤームンが韓国を破壊するで。 お頭クルクルパーやさかいな。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 08:47• 日本が不景気になったのも、実質は田中角栄が調子に乗って アメリカに叩き潰されたから。 その再現を今、習近平がやってる。 中国や韓国にアメリカの監視の目が向くと日本はフリーになるので 全てが逆流し始めている。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 08:59• さっさと南朝鮮は海の底に消えろよ、もしくはテポドンで消え去れよ• 名も無き国民の声• 2020年04月21日 09:57• インフラさえも敵国日本に頼ろうとして断られた国が、ここまで崩れた国を自力で立て直すのは無理でしょうね。 昨年から嫌韓デビューだけど早く崩壊が見たくて仕方ない。 せっかちでごめん。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 11:09• 選挙も終わり道が決まったので進めば、崖からどうぞ落ちて下さい・ IMFも次回はナイ㋵との話は、聞いていなかったのか㋤・• 名も無き国民の声• 2020年04月21日 11:49• 体力が少ない状態でコロナにかかったらしぬ、それは国も個人も同じ。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 13:24• 反日しか出来ない韓国政府を信じた国民が悪い。 もし、親日の韓国政府誕生だったら、日本は、嬉しくて援助しまくっていただろうから、よかった。 それに、韓国人の反日の異常さに、気づかせてもらったから、よかった。 韓国は、一度潰れた方がいい。 日本は、昔も今も、優しいよい国だから、韓国から日本に来る人が多い。 悪い国が、ダムや、市役所、学校など、建ててあげるはずがない。 韓国は、反日市民団体が反日で儲っている。 韓国を牛耳っている。 韓国とは、関わりたくない。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 13:55• 韓国は、日本の敵国です。 敵には、完全無視で応じるのが最善の策です。 名も無き国民の声• 2020年04月21日 22:21• ざまぁやけど、日本ももうすぐそうなるで。

次の

特集:日本に迫る医療崩壊 2020年4月28日号

韓国経済危機崩壊特集

景気急落の可能性に「超スーパー予算」予告した政府 景気活力のバロメータの役割をする投資が2000年以降、18年ぶりに4ヶ月以上連続的に減少するなど、下半期に入って景気が悪化する可能性が大きいと判断した政府が最終的には実質的にSOC(社会間接資本)投資を増やすに方針を発表した。 方針転換により 鉄道、道路、港湾などの土木SOC予算を大幅に削減するという当初予算編成計画も修正される可能性が大きくなった。 昨年急増した半導体投資が調整局面に入っている状況で、政府がSOC予算削減基調を固守する場合、投資萎縮による景気下降が本格化するという民間の専門家らの指摘を受け入れたものと思われる。 これにより、来年の予算規模も今年(428兆8000億ウォン)より大幅に増額されるものと予想される。 今年より10%近く増加した470兆ウォンに達する可能性も排除することができなくなった。 キム・ドンヨン経済副首相兼企画財政部長官は9日、これと関連し、 「来年の予算の総支出の増加率を当初考えていた7%より増やす計画だ」と明らかにした。 低所得層の支援予算に加えて景気萎縮に対応するための各種SOC予算によって超大型スーパー予算編成が避けられないようだ。 7%と計画した。 今年428兆8000億ウォンである予算規模を、来年には453兆2000億ウォンまで増やすのが当初の計画であった。 しかし、政府は5月末に行われた国家財政戦略会議で、来年の 予算の総支出の増加率を7%に高め460兆ウォン台の予算編成を策定した。 所得下位20%と40%に属する低所得層の所得が今年第1四半期に13. 3%、2. 9%ずつ減少したことで、財政支出拡大の議論に火をつけた結果だ。 低所得層と最低賃金引き上げのために困難を経験している小商工人などを支援するための財政支出を増やすことに、政府内コンセンサスが集まったものである。 ところが、状況が変わった。 第2四半期以降、製造業の生産と投資などの指標が悪化し、景気が著しく下降局面に進入したのである。 先月31日に発表された6月の産業活動動向で設備投資が4ヶ月連続で下落して、建設既成(既に施工した実績・-3. 6%)と建設受注(-18. 3%)が深刻な不振に陥っていることが表示され、財政投入を行ってでも、急激な景気減速を守る必要があるという議論に拍車がかかった。 金副首相が来年の予算の総支出の増加率を「7%より高く」と提示して超スーパー予算編成を予告したのは、このような議論の結果である。 総支出の増加率が「7%以上」となった場合来年度予算案は、466兆ウォン〜470兆ウォンに達するものと予想される。 予算増加率が8〜10%に達するという仮定の下で推定した規模だ。 8%という予算案総支出の増加率は、世界的な金融危機を克服するために、翌年の本予算を10. 6%拡大した2008年以来、10年ぶりに高い数値だ。 去る5月、6月に建設業就業者数は、前年同月比で1万人の増加にとどまった。 昨年5月と6月に16万9000人と、15万4000人増えたことと比較すると、1年の間に10分の1と極めて低水準である。 専門家は、今年に入って継続的に日雇い・臨時労働者が減少していることも、建設景気不振だと見ている。 このような状況では、雇用誘発効果が大きい政府SOC事業を過度に小さくすると、雇用干ばつがさらに深刻になる。 このため、当初計画していた「 7%半ば」に比べて約5兆〜8兆ウォンほど増えるものと予想される予算の増加額は、ほとんどが建設投資事業に投入されるものと思われる。 金副首相は「来年鉄道、道路などの伝統的なSOC(社会間接資本)の予算は、昨年、政府が国会に提出した規模である17兆7000億ウォン以上で組織し、都市再生・住宅に関する生活革新型SOC予算は今年度予算8兆ウォンより大幅増額する」とし「伝統的なSOC予算と生活革新SOCを合わせた(建設投資関連)光のSOC予算は今年より大幅に増える様子になるだろう」と明らかにした。 建設業界では、来年の予算案でSOCなどの建設投資関連予算が今年より少なくとも5兆ウォン以上増えると見通しを出している。 多目的ジム、地域コミュニティ施設などの生活の投資型SOC予算が今年6兆ウォン内外で7兆ウォン以上に増え、道路と土木関連の伝統的なSOC予算が18兆ウォン以上で編成されるという仮定を前提とした推定値である。 キム・ドンヨン副首相が言及した都市再生などの生活革新型SOCは、今年の予算(8兆ウォン)よりどれだけ多く増えるかが、建設投資予算の増加の規模を決定する見通しだ。 イホンイル建設産業研究院室長は「住宅景気が規制のためなら良くなり、政府SOC予算が大幅に減り、建設景気萎縮速度が過去に比べて2倍以上速くなったが。 政府は、建物建設に投入される生命体SOC予算を増やすことは、建設投資萎縮をある程度防御してくれるだろう」と述べた。 韓国が景気対策として大幅に公共投資を増やすという記事です。 これった日本も過去散々やってきた手法です。 日本の場合、結果的に大した効果が得られず、こうした公共投資による景気対策は近年では下火傾向にあるように思います。 因みに私も公共投資で得をするのは企業トップだけ、ここに金をいれたところで内部留保が増えるだけ何一つ効果はないと思っています。 これを言い出すと長くなりそうなので止めにします。 韓国はどうかと言えば、結果はよくわかりません。 ですが、日本との違いは「財源どうするの?」です。 おそらく、国債を大量に発行することになりそうですが、その場合、買い手がつくのか?という疑問が残ります。 また、韓国は海外勢が持つ国債を買い支えることができません。 なんせ、外貨準備は日本とはけた違いに少なく、そのくせ日本とほぼ同じの額の国債を海外が持ってます。 いざ、海外勢が韓国国債をうりに出されるとたちまち財政破たんがおこるのです。 そんな、韓国が公共投資の大幅増額? 結局、ウォンを大量に発行する事態におちいりそうです。 そうなると・・・・ 通貨危機の再現が起こる可能性があるような気がします。

次の