エアコン 掃除 仕方。 エアコン掃除は意外と簡単!自分で真似できるプロのやり方を徹底解説|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

ダイキンエアコンのクリーニング方法をご紹介|自分で分解・掃除をするときのポイント 【ファインドプロ】

エアコン 掃除 仕方

エアコンの吹き出し口に黒いポツポツしたものが!• 手の届かない部分とか、どうやって拭けばいいの?• 家庭で出来る「簡単なお手入れ方法」を知りたい。 汚れがチラッと見えただけで背筋がゾゾッとしますよね。 でも、恐ろしいのは見た目だけじゃありません。 放出された「カビ・ちり・埃など」を吸い込めば、アレルギーの発症や風邪のような咳が続くことも・・・。 思わぬ病いを引き起こさないためにも、定期的に「エアコンのお掃除」をすることが大切です。 そこでこの記事では、「フィルターの洗い方」や「吹き出し口についた黒カビの落とし方」をご紹介します。 洗浄剤を使わない、簡易掃除の方法。 普段の「お手入れ」としてお役立てください。 そのまま水で洗ってしまうと、汚れがドロドロになって目地にこびりつく恐れあり。 ホコリは、洗う前に丁寧に取り除くのがポイントです! フィルターを洗う ホコリを除去したら、水をかけて洗います。 ブラシなどでやさしく擦り落とすといいでしょう。 乾燥 風通しのよい日陰で、しっかり乾かします。 ホコリは、掃除機で吸い取ります。 もしも掃除機を使えない場合は、ハンディモップなどで吸着させましょう。 羽を外さずに掃除する方法 吹き出し口にある 羽を外さずに掃除するには、 お掃除棒を使います。 羽の隙間を通して拭けるので、ささっと拭きたい時に便利です。 お掃除棒の作り方 お掃除棒の作り方は簡単です。 【作り方の手順】 割りばしに、ハギレを挟みます。 くるくると巻きます。 飛び出た部分を、折ります。 さらに巻きます。 ウエットティッシュを被せます。 輪ゴムで止めたら、できあがりです。 ウエットティッシュがない場合は、ハギレを湿らせればOK。 すいすい・ふきふき 羽の汚れは、手で拭き取ります。 羽を外して洗う方法 「吹き出し口や羽に、カビがいっぱい付いている!」 そんな時は、羽を外してお掃除した方が手っ取り早いです。 ただし、エアコンが古い場合は、劣化により「羽が破損する恐れ」があります。 壊れそうな時は、そっと扱うか、無理に動かさないようにしましょう。 (私は折ってしまいました・汗) 外したら、ブラシ(古歯ブラシ)で汚れを取りながら「羽」を洗い、乾かします。 吹き出し口は、ウエットティッシュで手拭きすればOKです。 吹き出し口の奥のカビを拭きたいとき 見えるけど拭けない場所ってありますよね。 手やお掃除棒が届かない ファン裏側のカビを拭きたいときは、お掃除棒ならぬ「 お掃除板」を使います。 お掃除板の作り方 作り方は簡単。 やわらかい まな板(100均)を細長くカット。 湿らせた古靴下をかぶせる。 見えるけど手の届かない「吹き出し口奥」の拭き方 靴下をはかせた板を、ファンの裏側部分の隙間にゆっくり挿入。 上下左右に動かし、汚れを落とします。 最後は、乾いた靴下で仕上げ拭きをすればOK。 くにゃっと曲がるので、フィットしやすいのがいいところです。 拭き心地はどうでしょうか?? 今度買ってみるので、試したら追記しますね。 外したフィルターや羽を戻し、カバーをおろして。 30分ほど送風運転をすれば、お掃除終了です。 エアコンのカビを防ぐ2つの方法 さて、次はエアコンのカビ予防についてお話しします。 ある事をするだけで、カビの発生をぐんと抑えることが可能ですよ。 「2つの予防法」はこちら。 散布は1〜2か月に1回を目安に。 かなり効果があります。 冷房を付けた後にスイッチを切ると、内部に結露ができ、カビ発生の原因に。 なので、冷房を切った後は「送風運転」をして中を乾燥させることが大切です。 このひと手間で、カビの発生をぐんと抑えることができますよ。 (冷房を切ると、自動で送風運転をする機種もあるようです) エアコンがカビだらけのときは「中を洗浄しよう」 また、エアコンの内部「ファンやフィン」にカビが付着している場合は、簡易掃除ではなく中を洗浄することをお勧めします。 中の洗浄は、業者に依頼するか自分でするかの2通りあります。 自分で洗浄する 我が家では、過去に3台洗浄しました。 機械好きの主人はとことん分解!興味津々で楽しそうでしたが、私は心配でヒヤヒヤしました。 自分ですると節約できます。 しかしながら「故障のリスク」もあるし、「労力」もいります。 プロに頼む 機械を触るのが得意でない、もしくは不安な方は、プロにお任せした方がよいかと思います。

次の

天井埋め込みエアコンの掃除方法とは?どこまで自分で掃除できるの?|生活110番ニュース

エアコン 掃除 仕方

夏といえばエアコン(クーラー)をよく使う季節です!もちろん冬でもエアコンで部屋を暖めること多いですよね。 しかしエアコンの掃除はなかなか大変で、後回しにする事も。 高い位置にあるのでフィルター掃除をするのも面倒だし、いろいろ分解するのも大変だから放置気味に… そんな風にエアコンを掃除をしないでいるとエアコンにカビや虫の住処になっている可能性があります! エアコンはカビの温床とも言われており、掃除をしないと大変な事になります。 私も賃貸アパートの住んだ時、エアコンが汚れていて掃除がとても大変だった記憶があります。 エアコンの掃除は業者じゃないとできないと思っている人も多いですが、その前に自分で楽にやれるエアコン掃除の仕方やカビ取り方法のコツをご紹介します。 さらにエアコンの掃除や内部乾燥でのカビの予防の頻度もご説明します。 しっかりエアコンを掃除して綺麗な風にしましょう! 目次• エアコン掃除に必要な道具一覧 まずは自分でエアコン掃除をする為に、必要な洗剤や道具を用意しましょう!• 掃除機• 洗面所• 雑巾などの布• 家庭用中性洗剤• スポンジ• 柔らかいブラシ• ビニール• レジャーシート• クイックルワイパー(ドライシート)• 扇風機 or サキュレーター エアコン掃除の仕方・カビ取り方法 エアコン掃除は下記の順番でおこなっていきます。 今回は市販のエアコンスプレーは使いません。 クーラー周りの養生• 全体のホコリを除去する• フィルターを取り外し掃除機をかける• フィルターに掃除機• フィルターを水洗い• フィルターを干す• 前面パネルを水洗い or 拭き上げる• 吹き出し口を拭き上げる 1. エアコン周りの養生 エアコンは高所にある為、掃除をしているといろいろな汚れが落ちてきてしまいます。 可能な限り、 エアコンの下にある家具などは別の場所に移動しましょう。 移動が不可能な場合はビニールやレジャーシートで家具などに汚れが入り込まないように養生してください。 全体のホコリを除去 掃除対象のエアコンは、外部にも内部にもホコリがついています。 本体の外部周りはクイックルワイパーなどのホコリ取り製品で除去しましょう。 またパネルを開けてフィルターが見えた状態で(取り外し前)、最初に フィルターに掃除機をかけておくことでホコリ等が落ちにくくなりますのでオススメです。 フィルターを取り外し掃除機 エアコンフィルターを取り外し、掃除機をかけます。 掃除機をかけるのは必ずフィルターの外側からにしましょう。 内側からすいこむとつまることがあります。 フィルターの細かいほこりをそのまま水洗いすると、細かいほこりがカタマリとなって取りにくくなる事があります。 水洗い前に掃除機をかけておくことで作業が楽になります。 フィルターを水洗い 掃除機をかけたあとは 水洗いです。 洗面所にぬるま湯をはり、家庭用中性洗剤を溶かしその中にフィルターを入れましょう。 入れた後は 柔らかいブラシやスポンジで優しく洗うことで、汚れが落ちやすくなります。 油汚れがひどい場合は2度洗いをしましょう。 最後にぬるま湯でよくすすぎます。 日陰干し すすぎまで終わったフィルターは、 日陰で干し乾燥させましょう。 軽く布で拭いておき 扇風機やサキュレーターをあてておけば速く乾きます。 下に新聞紙や古くなったバスタオルなどをひくと良いですよ。 前面パネルの水洗い or 拭き上げる 前面パネルが取り外せるのであれば、水洗いをおすすめします。 取り外せない場合はこちらは飛ばして下さい。 ただし前面パネルは大きなものになるので洗面所では行えない場合がほとんどです。 お風呂場でおこなう事もできますが、もし取り外せない場合や水洗いは大変だな…という方は、 薄めた家庭用中性洗剤を布に付け拭きあげましょう。 拭きあげたあとは水拭きと乾拭きで仕上げです。 吹き出し口のを拭き上げる エアコンの吹き出し口も汚れているので拭きあげましょう。 吹き出し口には風の方向を決める羽がついていますが手で動かすことができるものがほとんどです。 ゆっくりと開閉し隙間を作り、 薄めた家庭用中性洗剤をつけた布で拭きあげましょう。 奥のほうまで拭き上げるには 割り箸に布をまきつけて使用すると便利です。 ただしエアコンを傷つけないようにソフトタッチで行いましょう。 また 奥のファンなどは壊れてしまうリスクがあるので触らないように気をつけてください。 外した部品を取り付け「送風」で乾かす 掃除が終わり部品が乾燥したら元通り取り付けましょう。 取り付けたあとはクーラーを30分ほど送風運転して乾燥させればクーラーの掃除は終了です。 部品はしっかり乾燥サせることがポイント! 水滴が残っているとカビの発生の原因になります。 カビが発生するとエアコンから嫌な匂いがでますので、乾燥させてから設置しましょう。 エアコンの主な汚れと原因 エアコンは使うと汚れるイメージがありますが、使わずに放置していて久しぶりに使用しても嫌な匂いがする時がありますよね。 エアコンの主な汚れの原因がこちら。 ホコリ• ヤニ いずれも生活をしていると必ず発生してしまうものばかりですね。 特に空気の循環を行っているので集まりやすいようです。 あまり使用していなくても、ホコリやカビなどはついていきます。 さらにエアコン掃除を長期間していないと エアコンにゴキブリが卵を産み付けることもあります。 こまめに掃除をしゴキブリからクーラーを守りましょう(笑) エアコン掃除の頻度はどれくらい? エアコンの掃除はフィルターや全面カバーの自分でできる 簡単な掃除であれば、1ヶ月に2回くらいが目安です。 直接体内に取り込む空気に直結するので、特に赤ちゃんがいる家庭はこまめに掃除した方が良いですね。 最近のエアコンの中にはお掃除ロボットがついているものもあるので、その場合はお掃除する必要はありません。 エアコンは10年以上使うものなので、掃除の手間を考えると忙しい人にはとても便利です! しかし、外のクリーニングは出来てもエアコンの細かい内部はクリーニングはできないので、その場合はエアコンクリーニングの専門業者に頼みましょう。 エアコンクリーニングの相場は1万~2万円です。 私も実際にエアコンクリーニング業者に頼んだ事がありますが、自分では届かないような場所を完全分解して掃除していたので、やっぱりプロは違うな~と驚きました^^ 完全分解してのエアコンクリーニングの頻度は、業者に確認したところ 2年に1度で十分との事。 新品のエアコンであれば3年は必要ないそうです。 この話を聞くまで、5年以上のエアコンは毎年クリーニングの必要があると思っていました。 エアコンクリーニングをおこなう場合、業者の方にいろいろな疑問を聞くのも良いですよ。 別の記事に夏によく使う扇風機の掃除方法もまとめてあります。 エアコンは扇風機を併用すると空気の循環がよくなり、部屋が冷えやすくなるので一緒に使うと良いですよ。 あまり力を入れるとパキッと折れてしまうのでご注意を。 特に前カバーなど取り外し、取り付け時には可動部分に注意しましょう。 また内部は精密機械の為、あまり突っ込んで掃除をすると故障に繋がることもあります。 その他にも強力な洗剤も使用しない方が良いです。 電源コードを抜いておく 掃除中に誤ってエアコンが作動すると、汚れが飛び散るだけでなく怪我に繋がる場合もあります。 必ず エアコン掃除をおこなう前には電源コードは抜いておきましょう。 エアコンのセンサー部分・電装・電極部に注意する エアコンにはいろいろな センサー部分や電装、電極部があり、もし濡らしてしまうと故障の原因になることも!エアコン掃除を行うときは濡らさないように注意しましょう。 エアコンに体重をかけない エアコンに体重をかける?あまりピンとこないかもしれませんが、エアコンは自分よりも高い位置にあるため本体の掃除は椅子や脚立を利用することになります。 その際、楽な姿勢を求めたりちょっとした移動などでエアコン本体に寄りかかってしまい、バキッと音がすることも…あまり手をかけたりしないように注意しましょう。 スポンサーリンク エアコンのカビの防ぎ方と内部乾燥の頻度 エアコン掃除をして綺麗になっても、またエアコンの中にカビがはえないか心配ですよね。 そこで簡単にできるエアコン内部のカビの防ぎ方のコツをお伝えします。 そもそも、どうしてエアコンの中にカビがはえるのか。 実は冷房や除湿などエアコンを動かしていると、エアコン内部は濡れた状態になり結露が発生します。 しかし通常のエアコン運転では内部を乾かしたりしないので、クーラーを止めてもエアコンの中は湿気だらけ。 この状態がカビの原因になります。 でも大丈夫!最近のエアコンには 内部乾燥や内部クリーンという機能がついていて、エアコンの内部を乾かすことができます。 機能がついてないエアコンでも送風の機能があれば代用することができます。 エアコンを使用した後、 内部乾燥などを使用すればエアコン内部を乾かし、カビを発生を抑制できます。 エアコンの内部乾燥などの頻度についてですが、1つ注意点!内部乾燥を使うと湿った空気を長時間出すので、部屋がかなり蒸し暑くなります。 夏の暑い時期に、ただでさえ蒸し暑いのにさらに暑くなるのはかえって危険です。 そこでおすすめなのが、 出かける時、もしくはその部屋を数時間使わない時に内部乾燥をおこなう事。 そして終わった後に窓を全開にして空気の入れ替えをおこないましょう。 内部乾燥や内部クリーンの頻度はフィルター掃除と同じく 月に2回程で良いです。 気になる方は1週間に1回でも問題ありません。 エアコン掃除の仕方まとめ• エアコンのフィルターなどはこまめに掃除• 掃除後の取り付けは乾燥してから• 自分でエアコン掃除は月に2回が良い• 必ず電源を抜いて掃除• エアコンのセンサー部分等を濡らすと故障の原因に• 内部乾燥でカビを防ぐ• 完全分解掃除はエアコンクリーニング業者へ エアコンは精密機械なので奥のほうまで掃除をするのはかなり困難。 こまめな掃除を行いカビなどが付きにくくすることが基本となります。 しかしきちんと掃除を行うとカビの抑制にも繋がり、綺麗な空気でエアコンを使用することができます。 ちょっと面倒だなと思いますが、自分の体の健康にも繋がるので、特に使用が多い時や使用する前には掃除を心がけましょう!.

次の

効果的なスプレーのやり方は?自分でできるエアコン掃除の仕方|ピッタリ住設

エアコン 掃除 仕方

天井埋め込みエアコンは掃除が必要です! 天井埋め込みエアコンは、一般家庭にあるエアコンと同じで定期的な掃除が必要です。 掃除をしないと汚れが溜まってしまい、様々な害を引き起こしてしまいます。 天井埋め込みエアコンの掃除するべき場所として、代表的な部品をみていきましょう。 【フィルター】 エアコンには、ホコリなどのごみを吸い込まないようにするための「フィルター」が設置されているのですが、使っているうちにこのフィルターにホコリなどのゴミがどんどん溜まってしまいます。 この汚れを放っておくと、ホコリが室内に放出されるだけでなく、とても臭い空気が流れるようになってしまうのです。 また、ホコリによってエアコンの稼働効率が落ち、電気代が高くなってしまうこともあります。 【ドレンパン】 また、フィルターよりもさらに内部には「ドレンパン」という水分の受け皿があり、エアコンで発生する結露などの水が溜まります。 このドレンパンの掃除を怠ると、カビやドレンスライムが発生してしまいます。 ドレンスライムを放っておくと、エアコン内部の水分が流れる「ドレン配管」が詰まってしまい、エアコンの水分の行き場がなくなります。 そうなるとカビ発生の悪化に繋がったり、水漏れの原因となったりするので注意が必要です。 紹介したフィルターやドレンパン、ドレン配管以外にも、熱交換器(アルミフィン)やファン、前面のカバー、ドレンポンプなども掃除が必要となる場合があります。 フィルターは素人でも簡単に掃除することができますが、それよりも内部の部品は複雑なため、エアコンクリーニングの業者に依頼するのがいいでしょう。 天井埋め込みエアコンの掃除はフィルターまで!フィルターの洗い方 天井埋め込みエアコンの掃除はエアコンクリーニング業者に任せてしまう人が多い中で、「自分で掃除したい!」と思う人も少なくないでしょう。 ここでは初心者でも掃除することができる「フィルターの掃除方法」についてご紹介します。 【フィルターの掃除方法】 必要な道具 ホコリを取り除くためのブラシや掃除機、表面をきれいにするためのぞうきんなどを用意しましょう。 パネルを開ける 掃除機会の多いフィルターは埋め込みエアコンのパネル部分についていることが多く、まずはパネルの固定の片側を手で外します。 なおメーカー・機種によってははめ込み式ではなく、専用のリモコンでパネル部分を降下させるものもあるため注意が必要です。 パネルからフィルターを取り外す パネルに固定されているフィルターを取り外し、掃除しやすくします。 ホコリを取る ブラシや掃除機などを活用し、フィルターについている大きなホコリを取り除きましょう。 フィルターを水洗いする 細かいほこりなどを落とすため、流水でフィルターを掃除しましょう。 その後水気を拭き取り、十分に乾燥させます。 フィルターの取り付け 掃除したフィルターをパネル部分に戻しましょう。 多くの場合、はめ込むことで固定できます。 パネルを戻す パネルを元に戻し、表面などの汚れをぞうきんで拭き取りましょう。 以上でフィルター掃除は完了です。 なお、パネルやフィルターの取り外し方は製品によって異なります。 事前に取扱説明書を読んでおくといいでしょう。 天井埋め込みエアコンを掃除するオススメ時期とは エアコンを使い始め、「臭いが気になる」と思ってから天井埋め込みエアコンを掃除する人、掃除を依頼する人は多いと思います。 しかし、天井埋め込みエアコンを使い始めてから掃除するのはオススメしません。 それではどの時期に掃除するのがいいのでしょうか?この章では、エアコン掃除のオススメ時期についてご紹介します。 【エアコン掃除のオススメ時期】 エアコン掃除のオススメ時期は、エアコンを使い始めるシーズン前です。 シーズン前に天井埋め込みエアコンを掃除してほうがいい理由は主に2つあります。 1つめの理由は、電気代やエアコン自体の負担を緩和することができるからです。 ホコリやカビなどの汚れを放っておくと、運転効率が悪くなり、電気代が上がるだけでなくエアコンの負荷も増えてしまいます。 2つめの理由は、エアコンクリーニング業者に依頼する場合に混みあわないからです。 多くの人がエアコンを使う時期になってから掃除を依頼します。 そのためシーズン中は業者が忙しくて予定が合わないことも発生してしまうのです。 天井埋め込みエアコンの内部は難しい。 業者を選ぶときのポイント 天井埋め込みエアコンの掃除について紹介してきましたが、フィルター以外の部品を自分で掃除することは難しいです。 また、オフィスやお店など、エアコンの数が多い場合は掃除が大変でしょう。 そんなときは、エアコンクリーニングの業者に依頼してみてはいかがでしょうか。 業者に依頼することで、フィルターよりも内部の部品を基板まで取り外してキレイにしてくれます。 ただ、どのくらいの費用がかかるのか気になる人も多いでしょう。 そこで天井埋め込みエアコンの掃除にかかる費用相場を調べてみたところ、1台あたり20,000~30,000円ほどでした。 高いと感じるかもしれませんが、前述したとおりエアコンの掃除を怠るとホコリやカビの混ざった空気が流れてしまいます。 また、最悪の場合、故障の原因となることもあります。 そうならないための投資と思えば安いと感じることができるかもしれませんね。 まとめ 天井埋め込みエアコンの掃除を怠ると、ホコリやカビの混ざった空気が流れてしまうだけでなく、電気代の上昇・臭いの発生・故障・水漏れなどを引き起こしてしまいます。 まずは定期的なフィルター掃除を始めることからオススメします。 フィルター掃除ならばエアコンの知識が少ない人でも簡単におこなえますよ。 ただ、フィルター以外の部品はエアコンクリーニングの業者でなければ掃除することが難しいです。 少し費用がかかってしまいますが、なるべく定期的に掃除を依頼するのがいいでしょう。 (この記事は2019年11月4日に加筆・修正しています).

次の