バットマン シリーズ。 全22作品。「バットマン」シリーズの映画ランキング

バットマンの映画作品

バットマン シリーズ

本項目では、の出版物に登場する架空のスーパーヒーローである を題材とした について記述する。 バットマン映画の歴史は1940年代の連続活劇『 』および『 』から始まる。 1966年にはテレビシリーズの劇場版で、初めての長編映画『 ()』が公開され、がバットマンを演じた。 1980年代後半にはが『バットマン』シリーズの製作を開始し、1989年に監督、主演による第1作『』が公開された。 1992年にはバートンとキートンによる続編『』、1995年には監督を、主演をに替えた『』が公開された。 シュマッカーは主演がに替わった1997年の『』でも引き続いて監督した。 しかし『Mr. フリーズの逆襲』は酷評されてしまい、その後いつくもの脚本開発を経て、2005年に監督、主演の『』でシリーズはされた。 ノーランとベールは2008年公開の続編『』でも続投した。 2012年夏には同監督、同主演によるリブートシリーズ3作目で最終章となる『』が公開された。 バットマンのアニメ映画も数多く作られているが、劇場公開されたのは1993年の『』のみであり、そのほかはすべてとなっている。 DCコミックスキャラクターの映画としては初めてとなる長編映画である。 により公開され、監督はテレビシリーズ第1シーズンのエピソード"The Penguin Goes Straight"、"Not Yet, He Ain't"を手掛けたが務めた。 元々はテレビを売り込む為の物で先に製作されたがTVが爆発的なヒットになった為本作もヒットした。 1991年に「バットマンリターンズ」の公開に会わせテレビ放送された。 役名 配役 ビデオ版 テレビ版(旧) テレビ版(新) バットマン ロビン ジョーカー リドラー(日本語版ではナゾラー) ペンギン キャットウーマン(日本語版ではミス・キャット)• ビデオ版:2月発売のやに収録。 テレビ旧版:8月20日 『3時の指定席』などで放送。 テレビ新版:7月15日 TBS『』にて放送。 ティム・バートンとジョエル・シュマッカーのシリーズ [ ] 1970年代後半になるとバットマン人気は衰えていた。 は『 Batman in Outer Space』の映画の製作に興味を抱いていた。 1979年4月、とがDCコミックスからバットマンの映画化権を購入した。 ウスランはダークでシリアスなバットマンを作ることを望んでいた。 を脚本、を監督とするために近づいたが、2人はオファーを断った。 また、映画スタジオはのような『バットマン』を求めていたため、ウスランの売り込みは難航した。 映画化を断ったものの中にはとも含まれていた。 失望したウスランは映画界に対し、自分のバットマン映画のビジョンを理解してもらうために『Return of the Batman』と題した脚本を書いた。 ウスランはその脚本のトーンと後に出版された『』を比較した。 1979年11月、プロデューサーのとがプロジェクトに参加した。 4人のプロデューサーたちは『』(1978年)の後に映画を開発するのが最善であるとした。 ウスラン、メルニカー、グーバーは『バットマン』をに売り込んだが、スタジオは断った。 スタジオは決まらなかったが、1981年末、プロジェクトが1500万ドルの製作費で発表され、そしてが受けることに決まった。 1983年6月、は、バットマンとのオリジンに焦点を当て、ジョーカーと ()がヴィランとなり、 ()が恋人となる『The Batman』の脚本を完成させた。 マンキーウィッツのそれは ()によるリミテッドシリーズ『Batman: Strange Apparitions』()からインスパイアされている。 『Strange Apparitions』でエングルハートと共同したコミック画家の ()がのために雇われた。 『The Batman』は2000万ドルの製作費により、1983年末から1985年半ばのあいだに公開されると発表された。 元々ウスランはバットマン役には無名の役者、役に、役にを希望していた が、ホールデンが1981年、ニーヴンが1983年に死亡し、実現不可能となった。 マンキーウィッツの脚本は、を含む多くの映画製作者に紹介された。 9名の脚本家がそれぞれ脚本を書き直したが、そのほとんどが『Strange Apparitions』に基づいていた。 しかしながらプロジェクトを動かすのに使われていたのはマンキーウィッツの脚本であった。 バットマン 1989年 [ ] 詳細は「」を参照 1986年にが1作目の監督に就任した。 ()が最初の脚本を執筆する前に ()と ()が映画のトリートメントを書いた。 バットマン役はに決定する以前に多くの ()が検討されていた。 キートンに決まった際は、彼がバットマン役に適格か否かで論争を引き起こした。 役には高額の出演料、の一部、そして厳しい撮影スケジュールと引き換えにが抜擢された。 ニコルソンの最終的な報酬は5000万ドル以上であると報じられている。 主要撮影は1988年10月から1989年1月までにで行われた。 製作費は3000万ドルから4800万ドルまで増大し 、また、 ()によってハムは降板した。 脚本の書き直しは ()、 () 、 ()が行った。 『バットマン』は好意的な評価を受け、興行的にも成功し、さらにを受賞した。 最終的な興行収入は4億ドルにのぼり 、現代のスーパーヒーロー映画の認識に影響を与えた。 バットマン リターンズ 1992年 [ ] 詳細は「」を参照 バートンは元々前作に対する複雑な心境のために続編を監督することを望んでいなかった。 サム・ハムによる第1稿ではとが隠された宝を探していた。 はバートンが納得するような脚本を彼のもとへ届け、再び監督するよう説得した。 また、がノンクレジットで脚本に参加しており、との出番を削除し、クライマックスの部分を書き直した。 多くのAリスト女優の中からキャットウーマン役の候補が選ばれた末、最終的にに決定し、がペンギン役に決まった。 撮影は1991年6月よりで始まった。 『バットマン リターンズ』は興行的には成功したものの、前作よりは最終興行収入は少なく終わり、ワーナー・ブラザースは失望した。 また、多くの批評家には好意的な評価を受けたが 、暴力的かつ性的な要素が子供向けとしてはふさわしくないと批判もされた。 は『バットマン リターンズ』とののを中止した。 バットマン フォーエヴァー 1995年 [ ] 詳細は「」を参照 『バットマン リターンズ』は商業的に成功したものの、ワーナー・ブラザースの期待には及ばないものであり、スタジオは続編をより向けの内容へ変えることを決めた。 監督はティム・バートンからへ変更され、バートンはプロデューサーとして留まることとなった。 しかしながら、前2作でバットマン役だったマイケル・キートンはシリーズの路線変更を気に入らず 、同役には新たにが抜擢された。 役は、役は、役はとなった。 撮影は1994年9月に始まり 、そしてシュマッカーはキルマーとジョーンズとの問題に直面した。 『バットマン フォーエヴァー』は1995年6月16日に公開され、全世界での興行収入は3億5000万ドルに達し、では3部門で候補に挙がったが、批評家の反応は賛否分かれた。 フリーズの逆襲』の企画が始まり、ワーナー・ブラザースは1997年6月公開を決めた。 ヴァル・キルマーは『』とのスケジュールの都合を理由に降板し 、新たにがバットマンを演じることとなった。 他にが、が、がを演じ、またも引き続いてを演じる。 主要撮影は1996年9月に始まり 、当初の予定より2週間早い1997年1月に完了した。 フリーズの逆襲』は当初の予定通り1997年6月20日に公開された。 本作の玩具的でなアプローチ、そしてシュマッカーが追加したの暗示は観客に不評を買った。 フリーズの逆襲』は興行的には成功したものの 、実写のバットマン映画では最低の成績に終わった。 では9部門でノミネートされ 、今日でも史上最悪のスーパーヒーロー映画のひとつとして挙げられている。 フリーズの逆襲』の撮影の段階で、ワーナー・ブラザースはそのラッシュに手ごたえを感じていた。 フリーズの逆襲』の脚本家であるは脚本執筆を拒否した。 1996年末、ワーナーとシュマッカーはを5作目の『バットマン』の脚本家として雇った。 公開日は1999年半ばになると発表された。 タイトルは『Batman Triumphant』であり、プロトセヴィッチの脚本ではがメイン・ヴィランであった。 また、スケアクロウの恐怖ガスによってバットマンの心の中に現れる幻覚としてが再登場する。 さらにの登場も予定され、父を死に追いやったバットマンに復讐する ()として描かれていた。 ジョージ・クルーニーとクリス・オドネルも再びバットマンとロビンを演じることが決まっていた。 フリーズの逆襲』が酷評され、興行的にも期待外れに終わるとワーナー・ブラザースは『Batman Triumphant』を頓挫させた。 スタジオは『』( Batman Beyond)の実写映画化との『』の翻案を考慮することが最善であると判断した。 ワーナーはいずれかのアイデアが最適となった時にゴーサインを出すことにした。 シュマッカーは「基本に戻って、ダークナイトを暗い描写にする。 」と述べた。 1998年半ば、彼はワーナー・ブラザースに『バットマン: イヤーワン』の製作のためにアプローチした。 Batman: DarKnight [ ] ワーナー・ブラザースとシュマッカーが『イヤー・ワン』に関心を寄せている1998年半ば、コミックのファンである ()とスティーヴン・ワイズがスタジオに『Batman: DarkKnight』というタイトルの脚本を持ち込んだ。 『DarKnight』では、ブルース・ウェインは犯罪との戦いを辞め、ディック・グレイソンがゴッサム大学に通っていた。 そしてはゴッサム大学の心理学の教授で尚且つの精神科医で、恐怖に関する実験を行っているという設定(後にこれは『バットマン ビギンズ』で使われた)で、クレインはドクター・カーク・ラングストームと対立し、そして彼を ()として知られる生物へ変貌させ、ゴッサムの市民は夜な夜な現れるマンバットをバットマンの「血に飢えた」復活であると思いこんでしまう。 そこでブルースは「彼の名前を消す」ために再びバットマンとなり、マンバットの謎を追うという内容である。 しかしワーナーは『Batman: DarKnight』を却下し、『イヤー・ワン』と『Batman Beyond』の案を進めることに決めた。 Batman: Year One [ ] 2000年1月、 ()は『Batman: Year One』の脚本執筆の機会を断った。 2000年半ば、 ()、、が『Batman Beyond』の脚本執筆のために雇われ、さらにイェーキンが監督を務めることとなった。 映画はワーナー・ブラザースのをベースとしている。 しかしながら結局ワーナーは『Batman Beyond』を破棄し、『Batman: Year One』を進めることとなった。 同じころ、ワーナー・ブラザースはシュマッカーが関心を持っていたにもかかわらず、を『Year One』の監督、脚本のために雇った。 未製作である『 』の脚本をと共に書いていたアロノフスキーは、『Year One』にも共同脚本として彼を招いた。 彼らは『バットマン』シリーズのを目標とした。 アロノフスキー作品の常連であるがに決まり 、またアロノフスキーはをバットマン役にするべく接近した。 同じころワーナーは『』のスピンオフを進めていた。 しかしながら2002年6月、スタジオは『Year One』の企画を止め、『Batman vs. Superman』を進めることにした。 Batman vs. Superman [ ] ワーナー・ブラザースはの『』を監督下で進めていた。 しかしマックGが『』を優先させるために降板すると 、ワーナーは『Superman: Flyby』の監督としてに接近し 、さらに2001年8月 、が『Batman vs Superman』のアイデアを売り込んでくるとペーターゼンをその監督とした。 『Superman: Flyby』は一時保留され 、がウォーカーの『Batman vs. Superman』を書き直すために雇われた。 ゴールズマンによる2002年6月21日時点でのドラフトでは、ブルース・ウェインは犯罪との戦いを5年前に辞め、神経衰弱を経験していた。 、、は死亡したが、ブルースの抑うつ感情は婚約者のエリザベス・ミラーによって解消された。 一方ではと離婚したばかりで苦労していた。 クラークとブルースは親しい友人であり、クラークはブルースにとって最高の男であった。 だが新婚旅行でエリザベスがジョーカーによって殺害されるとブルースは復讐を企てるようになり、クラークは彼を止めようとした。 そしてブルースはエリザベスの死に関してクラークを非難し、二人の友情は崩れて行く。 しかし、の魔の手が忍び寄り、二人再び手を組む。 スーパーマン役には、そしてバットマン役には先の『Batman: Year One』でも候補だったがオファーされていたが断られてしまった。 主要撮影は2003年初頭より始まり、約5か月から6カ月かけて行われる予定であった。 公開予定日は2004年中頃に計画されていた。 ワーナー・ブラザースがゴーサインを出してから1か月もたたないうちに、ペーターゼンが『』(2004年)を優先させるために『Batman vs. Superman』の企画を去り 、ワーナーは『』と『バットマン』のを進めることにした。 ペーターゼンとは、ベールによるバットマンで、将来、本企画を実現させることに関心を持っている。 クリストファー・ノーランの三部作『ダークナイト トリロジー』 [ ] バットマン ビギンズ 2005年 [ ] 詳細は「」を参照 監督・脚本のと共同脚本のによる『バットマン ビギンズ』への取組みは2003年初めに開始され 、ダークでより現実的なトーンで、ヒューマニティとリアリズムに基づいた映画にすることを目指した。 撮影は主にイングランドとシカゴで行われ 、従来のスタントやに依存し、の使用は最小限に抑えられた。 バットマンはが演じた。 またヴィランは、( ())を、をが演じた。 さらにバットマンの恋人として演じる ()が登場した。 またこの映画で新しい(タンブラーと呼ばれる)と ()が作られた。 『バットマン ビギンズ』は商業、批評的に成功した。 2005年6月15日に北米の3858館で公開され、公開初週末に約4800万の興行収入を上げた。 最終的に世界興行収入は約3億7000万ドルに達した。 批評家は恐怖が映画全体に共通するテーマであると指摘し、以前の『バットマン』映画と比べて暗めのトーンを持っていると述べた。 また、『バットマン ビギンズ』はハリウッドにという概念を普及させた。 ダークナイト 2008年 [ ] 詳細は「」を参照 クリストファー・ノーランは再度監督を務め、さらに弟のと共同で脚本を執筆した。 『ダークナイト』でもクリスチャン・ベールがバットマン(ブルース・ウェイン)を演じ、さらにが、がを務めた。 主要撮影は2007年4月にで始まり、そのほかにパインウッド・スタジオやがロケ地となった。 ヒース・レジャーは『ダークナイト』の撮影が完了した後の2008年1月22日、睡眠薬の過剰摂取によりした。 ワーナー・ブラザースは、レジャー演じるジョーカーのスクリーン・ショットを強調する宣伝用ウェブサイトや予告編を作成し、を行った。 『ダークナイト』はオーストラリアで2008年7月16日、北アメリカで7月18日に公開された。 好意的な評価もあり、北米での興行収入は5億ドルを超え、全世界では10億ドルを突破し、その他数々の興行記録を打ち立てた。 では8部門でノミネートされ、と(ヒース・レジャーは死去後)を受賞した。 ダークナイト ライジング 2012年 [ ] 詳細は「」を参照 『ダークナイト ライジング』はノーランの『バットマン』三部作の完結を目的としている。 ノーランは『』に専念し始める2008年12月までにおおまかなストーリーのアウトラインを完成させた。 2010年2月、とは脚本の開発を始めた。 ゴイヤーが『』に取り掛かるために本作から離れると、ジョナサンは兄とゴイヤーによる原案の脚本化を開始した。 新キャストにはの、のが加わり 、さらにがジョン・ブレイク 、 が「ストリート・スマート・ゴッサム・ガール」と説明された役にキャスティングされている。 撮影は2011年5月に始まり、11月完了を予定している。 ノーランはにしないものの、画質とスケールの向上のためにフォーマットを採用し、前2作と一貫性を保ちつつ技術面にも力を入ることを考えている。 『ダークナイト ライジング』では『ダークナイト』よりもIMAX撮影箇所が増える予定である。 また、撮影監督のは全編IMAXでの撮影に関心を示していた。 2012年7月20日公開された。 日本では同年7月28日に公開されている。 DCエクステンデッド・ユニバース [ ] バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年) [ ] 詳細は「」を参照 DCコミックスの実写化映画作品を、同一の世界の群として扱う『』シリーズとしては第2作品目の映画で、2013年のスーパーマン単独作品『』の続編であり、バットマンやワンダーウーマンが登場する。 2016年公開。 『マン・オブ・スティール』に引き続きが監督を務めている。 ジャスティス・リーグ(2017年) [ ] 『バットマン vs スーパーマン』の続編。 『』の第5作品目の映画で、これまで 登場した、、、に加え、、、サイボーグの初登場のキャラクターが登場する作品。 当初、クリストファー・ノーランの三部作の完結後、ワーナー・ブラザースは『』の映画化を計画し、2013年公開を目指していたが、紆余曲折が有り制作が難航。 その間にの成功を見て、現在ではこの様な状況(まずスーパーマン単独作品、その続編で複数ヒーロー共演、さらにその続編でヒーローチーム結成という風に、ヒーロー単独作品からヒーローチーム作品へストーリーを繋げて相乗効果を狙う)になっている。 ザ・バットマン(2021年) [ ] 詳細は「」を参照• 2008年: - のビデオ映画版。 2008年: 『』 - 『』および『』をベースとした全6話の短編映画集。 2009年: - のビデオ映画版。 2010年: - からインスパイアされている。 2010年: Batman: Under the Hood - のビデオ映画版。 2010年: - のビデオ映画版。 2011年: Batman: Year One - 『』のビデオ映画版。 2012年: Justice League: Doom - のビデオ映画版。 2012年: Batman: The Dark Knight Returns - 『』のビデオ映画版。 客演 [ ]• 2014年: - 演:、吹替:。 レゴ商品のラインナップ『レゴ スーパー・ヒーローズ』からのクロスオーバー出演。 2017年: - 演:、吹替:。 灰色のセルの部分は情報が無いもの。 A - インフレーション調整版の順位(による換算)。 【初回限定生産】バットマン・アンソロジー コレクターズ・ボックス DVD版(8枚組、2005年10月28日発売)• ディスク1:『バットマン』本編DVD• 映像特典• オリジナル版劇場予告編• 音声特典• オーディオコメンタリー(監督:ティム・バートン)• ディスク2:『バットマン』特典DVD• ボブ・ケインと映画• ダークナイトの伝説:バットマンの歴史• コウモリの影• パート1:ゴッサム・シティーへの道• パート2:嵐を集めて• パート3:伝説の復活• バットマンの裏側• ゴッサム・シティーを作る:バットマンの美術• バットモービルの製作• バットマンの道具• バットスーツのデザイン• ジャックからジョーカーへ• バットマンの音楽• ヒーローたち• バットマン• ビッキー・ベール• アレクサンダー・ノックス• ゴードン署長• ハービー・デント• 悪党たち• ジョーカー• ボブ・ザ・グーン• ストーリーボード• ミュージック・クリップ集• Partyman by Prince• Scandalous by Prince• Batdance by Prince• ディスク3:『バットマン リターンズ』本編DVD• 映像特典• オリジナル版劇場予告編• 音声特典• オーディオコメンタリー(監督・製作:ティム・バートン)• ディスク4:『バットマン リターンズ』特典DVD• バット、キャット、ペンギン• コウモリの影 パート4:暗黒の騎士• ヒーローたち• バットマン• アルフレッド• 悪党たち• ペンギン• キャットウーマン• マックス・シュレック• バットマンの裏側• ゴッサム・シティーの再構築:バットマン リターンズの美術• バットマン リターンズの衣装• ペンギンのメイク・アップ• ペンギン軍団結成• バットマン リターンズの特殊効果• バットマン リターンズの音楽• ミュージック・クリップ Face to Face by Siouxsie and the Banshees• その他特典• 特製BOX付き4枚組トールケース仕様• ディスク5:『バットマン フォーエヴァー』本編DVD• 映像特典• オリジナル版劇場予告編• 音声特典• オーディオコメンタリー(監督:ジョエル・シュマッカー)• ディスク6:『バットマン フォーエヴァー』特典DVD• なぞなぞ:なぜバットマンは永遠か? コウモリの影 パート5:ヒーローの再構築• バットマンの裏側• 闇の中から:バットマン フォーエヴァーの美術• ゴッサム・シティーのいろいろな顔• バットマン フォーエヴァーのスタント• バットマン フォーエヴァーの特殊効果• バットマン フォーエヴァーの音楽• ヒーローたち• バットマン• ロビン• チェイス・メリディアン博士• 悪党たち• リドラー• トゥー・フェイス• 未公開シーン集• アーカムからの脱獄• トゥー・フェイスの憎悪• 美女とバットマン• ディックの痛み• ブルースの悩み• バットケーブの秘密• 終わりは? ミュージック・クリップ Kiss from a Rose by Seal• フリーズの逆襲』本編DVD• 映像特典• オリジナル版劇場予告編• 音声特典• オーディオコメンタリー(監督:ジョエル・シュマッカー)• フリーズの逆襲』特典DVD• コウモリの影 パート6:解放されたバットマン• バットマンの裏側• ヒーローたち• バットマン• ロビン• バットガール• 悪党たち• フリーズ• ポイズン・アイビー• ベイン• 未公開シーン:アルフレッドの恋• ミュージック・クリップ集• The End is the Beginning Is the End by the Smashing Pumpkins• Look Into My Eyes by Thugs-N-Harmony• Gotham City by R. Kelly• Foolish Games by Jewel• 【初回限定生産】バットマン・アンソロジー コレクターズ・ボックス Blu-ray版(4枚組、2009年4月8日発売)• ディスク1:『バットマン』本編Blu-ray• 映像特典• ボブ・ケインと映画• ダークナイトの伝説:バットマンの歴史• コウモリの影• パート1:ゴッサム・シティーへの道• パート2:嵐を集めて• パート3:伝説の復活• バットマンの裏側• ゴッサム・シティーを作る:バットマンの美術• バットモービルの製作• バットマンの道具• バットスーツのデザイン• ジャックからジョーカーへ• バットマンの音楽• ヒーローたち• バットマン• ビッキー・ベール• アレクサンダー・ノックス• ゴードン署長• ハービー・デント• 悪党たち• ジョーカー• ボブ・ザ・グーン• ストーリーボード• ミュージック・クリップ集• Partyman by Prince• Scandalous by Prince• Batdance by Prince• オリジナル版劇場予告編• 音声特典• オーディオコメンタリー(監督:ティム・バートン)• ディスク2:『バットマン リターンズ』本編Blu-ray• 映像特典• バット、キャット、ペンギン• コウモリの影 パート4:暗黒の騎士• ヒーローたち• バットマン• アルフレッド• 悪党たち• ペンギン• キャットウーマン• マックス・シュレック• バットマンの裏側• ゴッサム・シティーの再構築:バットマン リターンズの美術• バットマン リターンズの衣装• ペンギンのメイク・アップ• ペンギン軍団結成• バットマン リターンズの特殊効果• バットマン リターンズの音楽• ミュージック・クリップ Face to Face by Siouxsie and the Banshees• オリジナル版劇場予告編• 音声特典• オーディオコメンタリー(監督・製作:ティム・バートン)• その他特典• 特製BOX付き4枚組ブルーレイケース(リバーシブルジャケット)仕様• ディスク3:『バットマン フォーエヴァー』本編Blu-ray• 映像特典• なぞなぞ:なぜバットマンは永遠か? コウモリの影 パート5:ヒーローの再構築• バットマンの裏側• 闇の中から:バットマン フォーエヴァーの美術• ゴッサム・シティーのいろいろな顔• バットマン フォーエヴァーのスタント• バットマン フォーエヴァーの特殊効果• バットマン フォーエヴァーの音楽• ヒーローたち• バットマン• ロビン• チェイス・メリディアン博士• 悪党たち• リドラー• トゥー・フェイス• 未公開シーン集• アーカムからの脱獄• トゥー・フェイスの憎悪• 美女とバットマン• ディックの痛み• ブルースの悩み• バットケーブの秘密• 終わりは? ミュージック・クリップ Kiss from a Rose by Seal• オリジナル版劇場予告編• 音声特典• オーディオコメンタリー(監督:ジョエル・シュマッカー)• フリーズの逆襲』本編Blu-ray• 映像特典• コウモリの影 パート6:解放されたバットマン• バットマンの裏側• ヒーローたち• バットマン• ロビン• バットガール• 悪党たち• フリーズ• ポイズン・アイビー• ベイン• 未公開シーン:アルフレッドの恋• ミュージック・クリップ集• The End is the Beginning Is the End by the Smashing Pumpkins• Look Into My Eyes by Thugs-N-Harmony• Gotham City by R. Kelly• Foolish Games by Jewel• オリジナル版劇場予告編• 音声特典• オーディオコメンタリー(監督:ジョエル・シュマッカー)• 【初回限定生産】バットマン スペシャル・バリューパック(Blu-ray4枚組、2013年8月7日発売)• ディスク1:『バットマン』本編Blu-ray(単品版、コレクターズ・ボックス版と同様)• ディスク2:『バットマン リターンズ』本編Blu-ray(単品版、コレクターズ・ボックス版と同様)• ディスク3:『バットマン フォーエヴァー』本編Blu-ray(単品版、コレクターズ・ボックス版と同様)• フリーズの逆襲』本編Blu-ray(単品版、コレクターズ・ボックス版と同様)• リバーシブルジャケット仕様• 【5,000セット限定生産】ダークナイト コンプリート・トリロジー アルティメット・コレクターズ・エディション(Blu-ray6枚組、2013年11月6日発売)• ディスク1:『バットマン ビギンズ』本編Blu-ray• 映像特典• プロローグ『ダークナイト』への序章• インムービー・エクスペリエンス• 脚本執筆を振り返って• 視覚効果の力• スタント• 『タンクマン ビギンズ』• ジャーニー・ビギンズ• 精神と肉体の鍛錬• ゴッサム・シティー建設• ケープとマスク• タンブラーの製作• 撮影への道• ゴッサム・シティーを救え! コウモリの起源• アート・ギャラリー• インターナショナル• エクスプロレーション• 極秘資料• 戦闘ツール• 万能ベルト• ケープ• バットスーツ• タンブラー• 敵と犯罪者たち• スケアクロウ• ラーズ・アル・グール• カーマイン・ファルコーニ• 友人と仲間たち• ジム・ゴードン• レイチェル・ドーズ• ルーシャス・フォックス• アルフレッド• ヘンリー・デュカード• オリジナル版特報• ディスク2:『ダークナイト』本編Blu-ray• 映像特典• メイキング:フォーカス・ポイント• バットスーツ• ジョーカーのテーマ• 香港大跳躍• 判事の車 炎上• IMAX撮影• SWATチーム 転落• セット撮影• バットモービル• バットポッド• ヘリコプター 激突• トラック大旋回• 重大犯罪捜査班(MCU)の崩壊• 衝突 ランボルギーニ• 病院爆破• マローニの車 横転• スタントの活躍• 撮影秘話• フォーカス・ポイント付き本編(フォーカス・ポイントのアイコン表示箇所でリモコンの決定ボタンを押すと再生可能)• ディスク3:『ダークナイト』特典Blu-ray• バットマンに描かれる技術 〜映画と現実の均衡〜• 仮面の下で 〜深層心理を探る〜• ゴッサム・トゥナイト ニュース• スチール・ギャラリー• ジョーカー・カード• コンセプト・アート• ポスター・アート• プロダクション・スチール• 予告編集• オリジナル版劇場予告編 PART1• オリジナル版劇場予告編 PART2• オリジナル版劇場予告編 PART3• 隠しコマンド• ディスク4:『ダークナイト ライジング』本編Blu-ray• 映像特典• ゴッサム:セカンド・スクリーン• ディスク5:『ダークナイト ライジング』特典Blu-ray• 進化するバットモービル• 製作の舞台裏• ハイジャックシーンの裏側に迫る• バットケイブ、再び• バットマン VS ベイン• 武器庫 奪取• 崩れゆくスタジアム• ストリートを爆破せよ! 映画を奏でる旋律• ウォール街でのアクション・シーン• 爆弾を追って• キャラクターに迫る• キャラクター解析:ベイン• キャラクター解析:セリーナ・カイル• 作品考察• 映像に息吹を 〜IMAXの大カンバスに描く〜• 伝説の終わり• 予告編集• オリジナル版劇場予告編 PART1• オリジナル版劇場予告編 PART2• オリジナル版劇場予告編 PART3• オリジナル版劇場予告編 PART4• スチール・ギャラリー• ディスク6:ボーナスディスク(Blu-ray)• ダークナイト・トリロジー:伝説の始まり• スーパーヒーローを語る:クリストファー・ノーラン、リチャード・ドナーによる対談• ダークナイト:IMAX映像シーン• 大激走• 激突ランボルギーニ• プルイット・ビル• ダークナイト• ダークナイト ライジング:IMAX映像シーン• プロローグ• 酒場での乱闘• バットでの脱出• バットマン VS ベイン• 核融合炉• ゲームの始まり• ベインの演説• 初めての挑戦• クレインの法廷• ゴッサム・シティーでの死闘• 爆弾を阻止せよ• エピローグ• 封入特典• ホットウィールカー(バットモービル、バットポッド、バットの3種)• フォトブックレット(52P)• MONDO特製アートカード(ヘンリー・デュカード、スケアクロウ、トゥーフェイス、ジョーカー、ベインの5枚)• クリストファー・ノーランからのメッセージ• その他特典• 【初回限定生産】ダークナイト トリロジー スペシャル・バリューパック(3枚組、2014年7月23日発売、Blu-rayとDVDでリリース)• ディスク1:『バットマン ビギンズ』本編ディスク(単品版と同様)• ディスク2:『ダークナイト』本編ディスク(単品版と同様)• ディスク3:『ダークナイト ライジング』本編ディスク(単品版と同様)• リバーシブルジャケット仕様• ディスク1:『バットマン』本編ディスク(単品版と同様)• ディスク2:『バットマン リターンズ』本編ディスク(単品版と同様)• フリーズの逆襲 お得な2作品パック(2枚組、2014年11月19日発売、Blu-rayとDVDでリリース)• ディスク1:『バットマン フォーエヴァー』本編ディスク(単品版と同様)• フリーズの逆襲』本編ディスク(単品版と同様) 参考文献 [ ]• Batman-on-Film. 2008年5月4日閲覧。 Bill "Jett" Ramey 2005年11月11日. Batman-on-Film. 2008年5月4日閲覧。 158—174,• 75—88• : pp. 55—67• Stax 2001年12月1日. 2008年10月24日閲覧。 Taylor L. White 1989年7月. : pp. 33—40• 70—83,• 75—85, 1-58063-162-2• Englehat, Steve. SteveEnglehart. com. 2007年11月25日閲覧。 Cloud, Boss Thorne, and the Joker. Stephen Rebello 1989年11月. : pp. 34—41• Iain Johnstone 1989年8月. : pp. 46—54• Joe Morgenstern 1989-04-09. "Tim Burton, Batman and The Joker",. Retrieved on 26 October 2008. Salisbury, Burton, p. 145• Geoff Boucher 2008年10月15日. Jeffrey Resner August 1992. "Three Go Mad in Gotham", , pp. 39—46. Retrieved on 2008-08-14. Judy Sloane August 1995. "Daniel Waters on Writing", Film Review, pp. 67—69. Retrieved on 2008-08-14. 33—46,• 1991年8月9日. 2008年8月14日閲覧。 102-114• 2008年7月18日閲覧。 Olly Richards September 1992. "Trouble in Gotham", , pp. 21—23. Retrieved on 2008-08-14. 1993年10月1日. 2008年8月16日閲覧。 Jeff Gordinier 1994年7月15日. 2008年8月16日閲覧。 Benjamin Svetkey 1996年7月12日. 2008年8月16日閲覧。 2011年6月6日閲覧。 2009年12月4日閲覧。 Michael Fleming 1997年2月21日. 2008年11月11日閲覧。 Degen Pener 1996年9月13日. 2008年11月11日閲覧。 Anita M. Busch 1997年1月10日. の2012年12月11日時点におけるアーカイブ。 2008年11月11日閲覧。 の2012年9月15日時点におけるアーカイブ。 2008年11月11日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 Dave Karger 1997年7月11日. 2008年11月11日閲覧。 2008年11月14日閲覧。 2008年11月14日閲覧。 David Fear. Movies. 2008年11月14日閲覧。 Michael Fleming 1997年2月21日. 2008年10月17日閲覧。 Brian Linder 2000年7月27日. 2008年10月17日閲覧。 Michael Fleming 1997年11月11日. 2008年11月11日閲覧。 192—211,• 2008年10月17日閲覧。 Batman-on-Film. 2008年10月18日閲覧。 Brian Linder 2000年3月9日. 2008年10月17日閲覧。 2008年10月17日閲覧。 Brian Linder 2000年10月16日. 2008年10月17日閲覧。 Brian Linder 2000年12月6日. 2008年10月17日閲覧。 Andrew O. Thompson 2000年11月8日. 2008年10月17日閲覧。 Adam Smith 2005年7月. : pp. 74—80, 82, 84, 87• Michael Fleming 2001年4月2日. 2008年10月17日閲覧。 Dana Harris 2002年6月30日. 2008年10月17日閲覧。 David Hughes 2003 , Comic Book Movies, , pp. 21—2,• Mike White. Cashiers du Cinemart. の2008年2月16日時点におけるアーカイブ。 2008年2月3日閲覧。 Raftery 2003年3月14日. 2008年2月8日閲覧。 Raftery; Nancy Miller 2002年7月9日. 2008年2月4日閲覧。 Brian Linder 2001年8月9日. 2008年2月4日閲覧。 2002年6月21日. PDF. Daily Scripts. 2007年10月11日閲覧。 Stax 2002年8月13日. 2008年2月4日閲覧。 Brian Linder 2002年7月9日. 2008年2月4日閲覧。 Ferrante 2007年9月18日. If Magazine. の2007年12月12日時点におけるアーカイブ。 2008年2月4日閲覧。 2006年7月7日. Moviehole. の2008年2月3日時点におけるアーカイブ。 2008年2月4日閲覧。 Michael Flemming 2003年1月27日. 2008年10月17日閲覧。 Marc Graser; Cathy Dunkley 2004年2月8日. 2006年11月2日閲覧。 The Kansas City Star. 2004年6月25日• 2007年. 2007年5月14日閲覧。 Brain, Marshall. 2006年11月5日閲覧。 2006年11月6日閲覧。 2011年6月6日閲覧。 2009年12月4日閲覧。 Shawn Adler 2008年8月14日. Movies Blog. 2008年9月3日閲覧。 Marshall Crook; Peter Sanders 2008年1月24日. : pp. 2008年6月4日閲覧。 2008年1月24日. 2008年7月10日閲覧。 2009年12月4日閲覧。 2011年6月6日閲覧。 Jeff Jensen 2010年11月30日. 2010年12月3日閲覧。 Bowles, Scott 2008年12月7日. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2008年12月8日閲覧。 Finke, Nikki, and Mike Fleming 2010年2月9日. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2010年12月3日閲覧。 Boucher, Geoff 2010年3月10日. 2010年7月5日閲覧。 Jensen, Jeff 2011年1月19日. 2011年1月19日閲覧。 Sneider, Jeff 2011年3月18日. 2011年3月18日閲覧。. Jeff Labrecque 2011年3月21日. Entertainment Weekly. 2011年3月21日閲覧。 Russ Fischer 2011年3月24日. 2011年3月24日閲覧。 de Semlyen, Phil 2010年11月19日. 2010年12月3日閲覧。 Boucher, Geoff 2010年10月27日. 2010年10月28日閲覧。 Weintraub, Steve 2010年12月22日. Collider. の2011年3月21日時点におけるアーカイブ。 2011年11月1日閲覧。 Todd Gilchrist 2010年4月20日. 2011年2月15日閲覧。 Splashpage. mtv. com 2009-09-16. Retrieved on 2010-11-26. 2011年6月6日閲覧。 2011年6月6日閲覧。 2011年6月6日閲覧。 2011年6月6日閲覧。 2011年6月6日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2007年5月17日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2007年5月17日閲覧。 2009年10月23日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2007年5月17日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2007年5月17日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2007年5月17日閲覧。 2009年12月4日閲覧。 2008年7月18日閲覧。 2009年12月4日閲覧。 関連項目 [ ]• 「」 - かつて「バードマン」というスーパーヒーロー映画の主演を務めた後に落ちぶれた俳優役として、バットマン役を務めた後に似たような境遇に陥ったマイケル・キートンが主演。 随所にバットマンを連想させる描写が登場するメタフィクション映画。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

DC映画『ザ・バットマン』新シリーズ製作、若き日のブルース・ウェインを描く

バットマン シリーズ

2005年から2012年にかけてバットマンダークナイトシリーズ 3部作が公開されました。 エンターテインメント作品としてはとても楽しく見れて、多分世の中の男子は夢中になって観るはずです。 ストーリーはちょっと近未来なハイテクな武器を使いながら、なんだかんだで肉弾戦を繰り広げていき悪と戦っていく姿に勇気をもらったし、退屈せずにどの作品も見ることができる。 エンターテインメントとしての映画としては間違いなくお勧めの作品。 ちなみにここに埋め込んでいるyoutubeは特に自分が好きな3部作目のダークナイトライジングだ。 Save yourself. これ以上ゴッサムの住人にあなたにはゴッサムを救う責任はない。 あなたはゴッサムの人たちにすべてを捧げた 的なことを言います。 Not yet. まだだ とだけ言って戦いに向かいます。 このシーンだけでもジーンとしてしまう私はたぶん単純なんだろうと思うが、見ればきっとわかってくれるはず。 リンク エンターテインメント作品としてジョーカーはつまらない ジョーカー あらすじ 貧乏かつ心に病気を抱えて、社会ともうまく折り合いをつけられないコメディアンのアーサー・フレックがいかにしてジョーカーになったかを描く作品。 すごく短いまとめることができてしまったけど、ほんとにこれだけの作品。 口は悪いんだけど、みじめで汚いおっさんが狂ってくのを描くだけである。 ダークナイトシリーズを観て期待してはいけない 自分はダークナイトシリーズを観て、ワクワクして感動して勇気をもらえた。 だからこそこれはきっとワクワク、ドキドキさせてくれる作品に違いないと思って、Amazon Primeで¥399払ってレンタルした。 しかしながら、自分はこんなことを思ってつまんねーなって思った。 ・ワクワク、ドキドキ、勇気をもらう要素が全くない ・主人公に感情移入ができない (仮に感情移入できるとしたらみんなで暴動起こして解決??) ・当然アクションシーンもない ・この映画の主題は何? 完全に自分の主観としての感想でしかないんだけど、この作品は何が言いたいのだ?「みんなでジョーカーになって世界を変えよう!」的な奴なのだろうか? アマゾンのレビューを見ると、評価がめちゃくちゃ高い。 みんな難しいこと書いてるけど、俺にはわからん。 ま、399円でレンタルだからハマる人にはハマるのかなって思った。 だって自分、「アドレナリン」とか「デスレース」とか超絶おバカ作品ばっかり見てるから、私にはきっと理解できないのだろう。 最後、ただの悪口みたいになってしまったが、バットマンダークナイトシリーズ観てワクワクした人は要注意な作品です。 ¥399でヒマだから自分は最後まで見ちゃったけど後味、悪めというか救いようがない作品です。 でもでも、世の中にはそういう作品もたくさんあって評価もされているので、そういうのが好きな人にはお勧めなのかなと思いました。

次の

バットマンの映画作品

バットマン シリーズ

キャスト• レイチェル・ドーズ :マギー・ジレンホール• アルフレッド・ペニーワース :マイケル・ケイン• ゴッサム・シティーの路上で起きたその事件以来、ブルースの人生は一変したのであった。 のしかかる罪悪感と怒り、日増しに膨れ上がる復讐心、両親が教えてくれた博愛の精神を受け継がなければならないという使命感。 さまざまな思いをかかえた失意の御曹司ブルースは何不自由ない生活を捨て去り、ゴッサム・シティーを離れ、世界中を放浪するようになる。 犯罪者の心理を知るために自ら罪人となったブルースの前にヘンリー・デュカード(リーアム・ニーソン)が現れる。 デュカードの指導の下、悪を倒し、恐怖心に打ち勝つ術を見つけるために、心身を極限まで鍛え上げるブルース。 7年ぶりにゴッサム・シティーへと戻ったブルースは、犯罪と不正にまみれた街の現状を目の当たりにする。 ウェイン家が慈善事業の拠点としていたウェイン・エンタープライズですら、会社の利益のみを追求する社長代理リチャード・アール(ルトガー・ハウアー)が牛耳り、ブルースの両親が掲げていた尊い理念は消えていた。 ブルースの幼馴染で今では地方検事のレイチェル・ドーズ(ケイティ・ホームズ)は、ゴッサム・シティーにのさばる凶悪犯に手を焼いていた。 犯罪組織のトップに君臨するカーマイン・ファルコーネ(トム・ウィルキンソン)らの仕業によって、この街の司法制度は腐敗しきり、法の力は無に近い状態だった。 さらにファルコーネは精神科医ジョナサン・クレイン(キリアン・マーフィー)を懐柔し、係争中もしくは収監中の手下を心神喪失と鑑定させ解放し、一方のクレインもその見返りを受け、自らの野望を達成すべく、着々と準備を進めるのだった。 ブルースは忠実な執事アルフレッド(マイケル・ケイン)、善良な警察官ジム・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)、科学者ルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)らの協力を得て、「もうひとりの自分」を解き放つ。 予告編 キャスト• ジョーカー: ヒース・レジャー• レイチェル・ドーズ :マギー・ジレンホール• アルフレッド・ペニーワース :マイケル・ケイン• ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。 この街を守るのは、バットマン(クリスチャン・ベール)。 彼はジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する。 それでも、日に日に悪にまみれていく街に、一人の救世主が現れる。 新任の地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)だ。 正義感に溢れるデントはバットマンを支持し、徹底的な犯罪撲滅を誓う。 資金を絶たれて悩むマフィアのボスたちの会合の席に、ジョーカーが現れる。 「オレが、バットマンを殺す」。 条件は、マフィアの全資産の半分。 しかし、ジョーカーの真の目的は、金ではなかった。 ムカつく正義とやらを叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅していく様を特等席で楽しみたいのだ。 遂に始まった、ジョーカーが仕掛ける生き残りゲーム。 開幕の合図は、警視総監の暗殺だ。 正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し、デントと検事補レイチェル(マギー・ギレンホール)を次のターゲットに選ぶジョーカー。 しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった…… 予告編 無料視聴方法 紹介 このダークナイトトリノジー2作目のダークナイトは、ラーズ・アス・グールとの対決から8ヶ月が過ぎた後の話です。 2作目にしてとうとうやってきました! ジョーカー参戦! バットマンの宿敵でもあるジョーカーは今回ヒース・レジャーが演じています! 彼の演技は生半可なものでなくすごい演技です! その演技でアカデミー賞助演男優賞を獲得しています! まさに、みんなが知っている、悪のカリスマジョーカーを作り出したのが、このダークナイトになります! このジョーカーを見た後に先日公開されたを見ると、本当に観客を独り占めしているなと思いますね! 実際問題バットマンはこの2作目に限っては、ジョーカーに振り回されて、主役なのに主役じゃない感じがした! この見所だって、ジョーカーっている単語がバットマンより多かった・・・ トゥーフェイスも出てくるのだが、その話はジョーカーによって影に隠れた。 ダークナイトシリーズ3作目:ダークナイト・ライジング 公開日 2012年7月28日 DVD&Blu-ray キャスト• ベイン:トム・ハーディ• ミランダ・テイト:マリオン・コティヤール• アルフレッド・ペニーワース :マイケル・ケイン• ジョン・ブレイク:ジョセフ・ゴードン=レヴィット あらすじ ダークナイト(=バットマン)が夜の闇に消え、一瞬にしてヒーローから逃亡者となってしまったあの夜から8年。 地方検事ハービー・デントの死の責任を一身に背負い、ダークナイトは、ゴードン市警本部長とともに目指した大義のために、すべてを犠牲にした。 その嘘はしばらくの間、うまくいった。 犯罪防止のために制定されたデント法の重圧を受け、ゴッサム・シティーにおける犯罪活動がことごとく潰されたからだ。 そんななか、ひとりの狡猾な泥棒の登場をきっかけにすべてが変わる。 猫のようなしなやかさをもつその怪盗は、その犯罪の真意も謎に包まれていた。 しかし、ゴッサムとダークナイトにとっての真の脅威は、覆面テロリスト、ベインの出現だ。 そして再びケープとマスクを身にまとうのだが、ダークナイトでさえも、ベインを倒すことはできないかもしれない……。 ( ).

次の