ミッキー マウス アニメ。 【No1~5】ミッキーの短編アニメあらすじと感想

あなたは知ってる?ミッキーマウスの誕生秘話

ミッキー マウス アニメ

ミッキーマウスの声はウォルト自身の声? ミッキーマウスの声を ウォルトディズニー自身が演じているというのは有名な話だが、これは 約20年続いたそうだ。 その後はジムマクドナルドという方に引き継がれ、現在では数えて4代目の方が演じているらしい。 ミッキーマウス主演映画としては最新作となった「 ミッキーのミニー救出大作戦」では、なんとアーカイブからウォルトディズニーの声を1音ずつ切り出してコンピュータ合成して吹き替えを行ったそうだ。 Sponsored Link 日本語版の方はというと、これは知る人ぞ知る東京成徳大学日本伝統文化学科の 青柳隆志教授が、1988年以来演じている。 その前だと声優や女優、アイドル歌手の方も演じていたそうで 榊原郁恵さんもその一人だ。 榊原さんはクラブ33の会員でもある。 ( クラブ33に関しては別記事で紹介しよう)なお、 青柳教授がミッキーマウスの声を吹き替えている理由はどこにも公表されていない。 ミッキーマウスの指は何故4本しかないのか? これに関しては2説あり、両方とも都市伝説に沿って紹介しよう。 1.アニメ技術説 ミッキーマウスのアニメーション映画が作られていた当時は「 リミテッド・アニメーション」といって、1秒のコマ数が24コマではなく 12コマや8コマだった。 そのため5本にすると動きがおかしく見えるために、 1本削って4本にしたという説だ。 日本でも1980年代以前はキャラクターの指は4本だった。 2.デザインワーク説 アニメの主人公は「 5本」にすると現実感がありすぎて、その世界観に支障が出るとされる。 昔の日本アニメ(お子さん向けが主流)は4本だし、 海外では最新アニメでも未だに4本なのだ。 逆にディズニー作品でも 「等身大」のキャラクターは5本で表現されている。 都市伝説では1が多いが、2も説得力があるので真相は不明だ。 案外両方とも正解かもしれない。 ディズニーのどこかに黄金のミッキーマウス像が隠されている? 東京ディズニーランドで「 黄金」と言えば、ゴールドラッシュに沸く「 ビッグ・サンダー・マウンテン」だ。 ここには錠前や岩、サボテンや分銅に隠れミッキーがいる。 気になる方は探してみると良いだろう。 しかし、それ以外に「黄金のミッキーマウス像」、つまり ゴールドミッキーが隠されているという都市伝説があるのだ。 Sponsored Link 都市伝説によると、その場所は 3つあるトンネルのどれかだという。 確かに岩が崩れそうになっているところでは天井に黄金を見つけることが出来る。 実は、岩が崩れてくる地点で真後ろを振り返るとそこにゴールドミッキーが見えるらしい。 そして、ここで見つけたことをキャストに伝えると 記念品がもらえるという。 ただこれはあくまで都市伝説らしく、記念品に関しては アトラクション内のシカの数を数えて申告すると記念品が出る時期などはあった。 天井の隠れた黄金に関してはキャストがアナウンスしていた時期があったり、 隠れミッキーも多くあるのでこれらが混ざって都市伝説化したようだ。 ミッキーマウスは何体用意されているのか? 都市伝説では 約30体と言われている。 だが、普通に考えると東京ディズニーランドでエントランス用1体、トゥーンタウンの「ミート・ミッキー」用が4体、パレード用が2体くらい。 さらにショー用が6か所だが、着替えるのでもっと多いはず。 それ以外に季節イベント用が数体、東京ディズニーシーでも同じくらいなので 30体では足りない。 また、周辺施設の分も含めると相当な数が用意されているはずだ。 これらは皆、無線で オペレーションされていて、アトラクションの外では なるべく同時に目撃されないよう調節済みだ。 ミッキーマウスにもやはり控室はあるが、それはキャストの衣装を準備する棟の最上階らしい。 そんなミッキーマウスの凄いところは、バックヤードでも「 ミッキーマウス」のまま。 同じような仕草でキャストにも愛想を振りまいていたのだ。 また、ミッキーマウスに「中の人」がいると仮定した場合の話だが… 小柄な男性か多くは女性だということだ。 水没事件の真相は? Web上では動画が拡散しているので有名な話だが、2008年のカウントダウンの際にディズニーシーのショーで ミッキーマウスが水没したことがある。 この時は無事に上がってきて、その様子も記録されている。 しかし、都市伝説では 沈んだまま浮かんでこなかったなどという酷い情報も見かけられるが、そんな事実はない。 動画をよく見てもらうと分かるが、ミッキーマウスは水没 しても頭が上に浮くようになっているのだ。 さらに身体に水がしみ込んだ様子もない。 つまり、水上ショーに出ているミッキーマウスは「 水泳も得意」だったというわけだ。 恐怖のミッキーマウスがいる? これはまさに都市伝説らしい都市伝説だが、ディズニーに「 恐怖のミッキー」と呼ばれる異相のミッキーマウスが存在するという話がある。 また、このミッキーマウスを見たとキャストに告げると 拉致されて帰って来れないというが、こんなことをしても運営上の利益はないのであるはずがない。 ただ実話として、まれにミッキーマウスを怖がるお子さんがいる。 例えば アメリカのミッキーマウスは、瞬きや口を動かしたりする。 タイミングによっては「半白目」だったり、怖い表情に見える場合もあるだろう。 日本のミッキーマウスは常に決め顔で 身振り手振りだけで感情表現をするが、見方によっては怖いかもしれない。 ミッキーマウスの都市伝説は他にもあるが、とりあえずこの記事ではこれが限度だ。 ディズニーに関する都市伝説は数が多いので、他の記事でも色々と紹介や検証をしていきたいと思う。

次の

【ミッキーマウスの歴史】初期ミッキーは凶暴?プルートとの出会いは?代表8作品でご紹介!

ミッキー マウス アニメ

ディズニーの中で一番有名なキャラクターといえば、 ミッキーマウス Mickey Mouse ただ、ミッキーマウスの アニメって案外みてないんですよね。 近年のミッキーアニメは、 テレビ用、子供向け、 クオリティー低めのイメージがあって、 ちょっと手がのびません。 クラシックで、ちゃんとみてるのは、 ファンタジアの中の一遍、 魔法使いの弟子くらいです。 昔のクオリティー高めの短編で、 何かないかな…と思っていたら、 図書館にちょうどいいVHSビデオが 置いてあったので、借りて観てみました。 スポンサードリンク 【ミッキーマウス短編アニメの感想】 図書館で借りてきた VHSビデオは、 「Disneyゆかいな仲間たち チャレンジ! ミッキー」 という作品。 ミッキーマウスの短編が、 4本入っています。 1本10分程度の4本なので、 かなり少なめです。 ミッキーマウス、 ドナルドダック、 プルートが登場。 ミッキーのライバル大騒動は、1936年公開。 ミッキーマウス、 ミニーマウス、 モーティマーマウスが登場。 ミッキーの造船技師は、1938年公開。 ミッキーマウス、 ミニーマウス、 ドナルドダック、 グーフィーが登場。 ミッキーの捕鯨船は、1938年公開。 ミッキーマウス、 ドナルドダック、 グーフィーが登場。 全部、1930年代後半に公開の作品ですが、 ちゃんとカラーでつくられていて、 今みてもぜんぜん楽しいドタバタアニメです。 第二次世界大戦が、 1939年からなのでその前と考えると かなり時代を感じますが…。 一応ミッキー・マウスが 主役になっていますが、 キャラとしては、弱めの印象。 ミッキーマウスって、 わりと優等生で、 いい子のキャラクターなんですよね。 デザインは秀逸ですが、 キャラとしては…。 ドナルドダックや グーフィーの方が一緒にいると、 個性が強い分、 そっちにもっていかれちゃいます。 ミッキー、ドナルド、 グーフィー(もしくはプルート)が、 3人トリオの芸人だったら、 ミッキーがつっこみ役? ミッキーマウスの アニメーションというより、 おなじみのメンバーの アニメーションとして楽しみました。 スポンサードリンク 【モーティマーマウスとは?】 4本の短編の中で、 一番、印象に残ったのは、 ミッキーのライバル大騒動。 ミッキーのライバル、恋敵?の モーティマー・マウスが出てきます。 モーティマーマウスなんて、 聞いたことも無い人が多いと思いますが、 ミニー・マウスの幼馴染で、 ミニーも好意をよせているという設定。 スポーツカーを乗り回し、 ちょっと気取っている嫌な奴です。 (この話では、牛に襲われそうになり、 ミニーをほっぽって、とっとと逃げちゃいます。 ) こうゆうライバルキャラクターがいたら、 いくらでもお話が膨らますことができ、 もっと出てきてもよさそうなんですが、 ほとんど使われていません。 デザインがダメなんでしょうね。 パッと見、 不快感を感じるようなデザイン。 愛嬌の無いネズミ男? ドナルドダックがいじわるをしても 許せますが、 こいつがいじわるをすると…。 もっとかっこよくて、 やな奴のキャラクターだったら、 レギュラーメンバーに なっていたのかもしれません。 かっこよくて、いい奴という ライバルもアリかも…。 ドラえもんの 出来杉君タイプとか…。 ディズニーが 生み出したキャラクターも 全てが人気者なわけでもありません。 モーティマーマウスのような、 マイナーなディズニーキャラも まだまだたくさんいるんでしょうね。 発掘してみると面白いかも…。 ミッキーがたくさんついているコンバースの靴。 オールスター100周年モデルです。 ミッキーのボストンバッグ。 デザインがオシャレです。 ペットボトル式の加湿器です。 こんなにシンプルなのに ミッキーって分かっちゃいます。 カチューシャとグローブのセット。 ハロウィンなんんかにもってこい?! スポンサードリンク.

次の

レゴ ディズニーシリーズにアイコニックなキャラクターが登場 レゴ(R)ディズニー ミッキーマウス & ミニーマウス

ミッキー マウス アニメ

ウォルトディズニーは当初、オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット(しあわせうさぎのオズワルド)という、うさぎのキャラクターを生み出しました。 しかし、当時の配給元であるユニバーサル・ピクチャーズともめた結果、オズワルドの権利を奪われてしまいます。 オズワルドを描けなくなってしまったウォルトは、代わりになるキャラクターを考案することに。 そこで誕生したのが、ミッキーマウスです! 顔の形や半ズボンを履いてるところなど、オズワルドとミッキーの共通点は多いですよね。 ウォルトが考えた名前でしたが、妻・リリアンが反対。 「気取っている感じがする」 「mortify(モーティファイ:悔しがる、恥をかく)という英単語に響きが似ている」 などという理由から、モーティマーという名前は却下されました。 ミニーを誘惑する、高身長で気取り屋のネズミとして描かれています。 ミッキーはモーティマーに対して、悔しい思いをすることが多いみたい。 身長差だったり、ミニーをとりあう恋敵としてだったり…。 モーティマーという名前の、気取っている感じ・mortifyに似ているという要素を、あえて活かしてつくられたキャラクターなのかもしれませんね! 1929年:「プレーン・クレイジー」乱暴なミッキー!? ポップアップ ミッキー ミッキーの短編映画シリーズは、「ミッキーの魚釣り」(1953年)を最後に製作がストップ。 その後、長い間ミッキーの短編映画がつくられることがありませんでした。 1983年に、ようやく新作となる「ミッキーのクリスマスキャロル」が発表。 そして2004年に初のCG作品「ポップアップ ミッキー すてきなクリスマス」がつくられました。 デザインとしては、肌色の肌に白目が特徴的な、1939年以降から80年代にかけて築き上げられてきたミッキーがCGになった、という感じ! コンピューターをつかって描かれたCGのミッキーは、少しすらっとして大人っぽい印象です。 立体的にみえるぶん、より人間味を感じられるようになりました。 2013年:「ミッキーのミニー救出大作戦」初めての3D作品 ここで衝撃の写真を公開します。 なんと、これはれっきとした正式なミッキーマウスなんです…。 今回は、映画作品を中心にミッキーマウスの歴史をご紹介しましたが、パークのミッキーはもっと闇が深い歴史があります…。

次の