誹謗中傷対策 株式会社ニャース。 ニャースの風評被害対策とは?

逆 seo 対策 株式 会社 ニャース 相談 vivi

誹謗中傷対策 株式会社ニャース

別名、 オートコンプリート・検索補助機能とも呼ばれています。 Googleがサジェストを表示させる目的は、ユーザーが探している情報を効率的に見つける手助けを行い、ユーザーの利便性を高めることです。 大体の目安として、 2週間〜4週間程度でGoogleはサジェストの更新を行なっており、その更新タイミングでキーワードが入れ替わるようになっています。 もちろんGoogleアルゴリズムの更新となるため、更新タイミングでキーワードが入れ替わらないこともあります。 Googleサジェストの仕組み Googleサジェストが表示される仕組みは様々ありますので、1つずつ解説していきます。 検索回数の多いキーワード Googleサジェストは、Googleアルゴリズムによって自動で生成され、入力したキーワードに付随したキーワードが表示されます。 そのためGoogleがサジェストキーワードを表示させる目的を考えれば、 検索ユーザーが多く検索するキーワードが表示されるようになっています。 例えば「結婚祝い」と検索窓口に入力した場合、 上記のサジェストキーワードが表示されます。 Web上の情報量 Googleは、ユーザーが効率的に求めている情報に辿り着けるためにサジェストキーワードを表示させます。 そのため検索回数と同じぐらいに Web上の情報量が必要になってきます。 どれだけ検索回数の多いキーワードであってもWeb上に情報が存在しなければ、検索エンジンの利便性が低いことに繋がるため、Web上の情報量もサジェストキーワードが表示される大切な要素となっています。 地域や言語 Googleサジェストは、 検索ユーザーが検索する地域や言語によっても変わります。 上記は「脱毛」について東京都杉並区と沖縄県那覇市のIPアドレスで検索したサジェストキーワードです。 このような機能をパーソナライズといいますが、地域や言語に合わせた適切なサジェストキーワードを表示させることにより、Googleは検索行動の利便性を高めています。 話題性のあるキーワード また、ニュース性・トレンド性のあるキーワードが主な対象となりますが、1日の中で変化する人気キーワードもサジェストに影響します。 ニュースサイトに取り上げられ、一時的に検索回数が多くなったり、関連ページが増えることが要因と考えられます。 Google関連ワードもGoogleサジェストと同様で、ユーザーが効率的に探している情報を見つけるための手助けをしています。 Googleサジェストと大きく違う部分は、更新期間がGoogleサジェストよりも長い点です。 最近では1ヶ月に1回程度の更新がありますが、少し前までは1年半ほど更新されない期間が続いたこともありました。 Google関連ワードの仕組みとは Google関連ワードもGoogleサジェスト同様に仕組みが様々ありますので、1つずつ解説していきます。 検索回数の多いキーワード Googleサジェスト同様、Google関連ワードも 検索回数の多いキーワードを表示されやすい仕組みになっています。 Web上の情報量 Googleサジェスト同様、Google関連ワードも Web上に関連する情報が多いキーワードが表示されやすい仕組みになっています。 地域や言語 Googleサジェスト同様、Google関連ワードも 検索される地域や言語によって表示されるキーワードが変わる仕組みとなっています。 そのため、PCでは表示されているけどスマホでは表示されていないなどのケースも出てきますので、各デバイスを確認するようにしてください。 ネット風評被害で気を付けたいGoogleサジェスト・関連ワードのこと Googleサジェスト・関連ワードは、ポジティブなキーワードが表示されればブランディングに繋がりますが、 逆にネガティブなキーワードが表示されてしまうとマイナスブランディングに繋がってしまいます。 視認性が高いからこそネガティブなキーワードが表示されていないかをチェックする必要があります。 Googleサジェスト・関連ワードが表示される危険性 Googleサジェスト・関連ワードが表示される要因は、 検索回数が多いキーワードや関連情報がWeb上に多いキーワードです。 つまり、 Googleサジェスト・関連ワードにネガティブな情報が表示されているということは、そのネガティブワードの検索回数が多いことや関連する情報がWeb上に多いということに繋がります。 そのため、Googleサジェスト・関連ワードにネガティブキーワードが表示された場合、サジェスト・関連ワードに影響を与えるような情報がWeb上に存在しないかを確認する必要があります。 ネガティブ情報が存在する場合は、それぞれのWebサイトに合わせた対応を行なっていく必要があります。 また、サジェストや関連ワードはユーザーの目に付きやすく視認性が高いため、表示されたまま放置しておくと悪い印象を持つユーザーが増加し、根も葉もない情報が膨脹する危険性がありますので、早期に対策することをお勧めいたします。 Googleサジェスト・関連ワードの風評被害解決方法 ここまででGoogleサジェスト・関連ワードの仕組みやネガティブワードが表示された場合の危険性は理解して頂けたと思います。 ここからは実際にGoogleサジェスト・関連ワードにネガティブなキーワードが表示されてしまった際の解決方法を紹介します。 Googleに削除依頼を出す 下記のGoogleが定めるに違反するキーワードであれば、Googleに削除申請を依頼することが可能です。 Google で検索する際にオートコンプリート予測キーワードを使用すると、探している情報をよりすばやく見つけることができます。 検索候補が表示されない場合は、ポリシーに違反する可能性のあるコンテンツがアルゴリズムによって検出されたか、検索候補がオートコンプリート ポリシーに違反していると判断され、報告された可能性が考えられます。 Google では、不適切な検索候補が表示されないよう最善を尽くしていますが、常にそれが実現できているとは限りません。 表示された検索候補が以下のポリシーのいずれかに違反すると考えられる場合は、方法をご確認ください。 下記のポリシーは、オートコンプリート機能を利用するすべてのユーザーが、有用な情報を得られ、サービスを快適に利用できるようにするうえで重要なものです。 検索候補のコンテキストが、芸術、教育、歴史、記録、科学の内容に関連する場合、あるいは社会、政治、文化、経済などの時事問題の理解や参加に役立つ内容に関連する場合は、このポリシーの例外として認められることがあります。 コンテンツの削除リクエスト リクエストに沿って、適用される法律のもと、または裁判所命令に応じて、コンテンツを削除することがあります。 法的要請はから送信できます。 暴力的または残虐な内容の検索候補 見る人に衝撃を与えること、世間を騒がせること、または不当に不快感を与えることを主な目的とする、暴力的または残虐なコンテンツに関連した検索候補は認められません。 また、暴力行為や残虐行為を支持、賛美、矮小化したり、その被害者を侮辱したりする検索候補も許可されません。 露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補 露骨な性表現、卑猥または下品な描写を含む検索候補は認められません。 人体の構造や性教育に関連する医学用語や学術用語の使用は認められます。 特定の集団に対して差別的な内容の検索候補 特定の集団に対する憎悪をあおる、容認する、または助長するような検索候補は認められません。 これには、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性自認など、制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいた分類が含まれますが、これに限定されません。 著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補 著名人に対して中傷的または不適切と考えられる検索候補は認められません。 これには、嫌がらせ、いじめ、脅迫、性的内容の不適切な表現に関連する検索候補、または嫌がらせ、身元詐称、金融詐欺の原因となるような方法で個人情報または機密情報を開示する検索候補が含まれます。 危険な検索候補 人や動物に直ちに深刻な危害をもたらす、またはそうした危害を助長するような商品、サービス、情報の宣伝に関連する検索候補は認められません。 逆にオートコンプリートポリシーに違反していないキーワードの場合、• 事実無根の関係ないキーワードが表示されている• 自社・自分に不都合なキーワードが表示されている と権利侵害を申請しても削除されないケースもあります。 実際に申請を行う場合は、オートコンプリートポリシーのどの部分に違反しているのか、法的部分で違反している部分などを詳細に伝える必要があります。 風評被害専門会社に依頼する Googleサジェスト・関連ワードは、表示される仕組みも単純ではなく、更新頻度も限られているため、簡単に削除できるものでもありません。 そのため、ノウハウのあるネット風評被害・誹謗中傷対策を行う専門会社に依頼するのも1つの手です。 Googleのブラックボックスになっている部分も多いのですが、専門スタッフが日々研究を重ねています。 Googleサジェスト・関連ワードの風評被害・誹謗中傷にお困りの方は、相談は無料ですので1度当社にご相談頂けますと幸いです。 まとめ Googleサジェスト・関連ワードの仕組みや風評被害リスク・対策方法までを解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 Googleサジェスト・関連ワードは、ユーザーの検索回数やWeb上にある情報量によって表示されるキーワードが変わります。 仕組みや対策方法を理解していても中々対策が難しいのが厄介なところです。 Googleサジェスト・関連ワードにお悩みの方は、無料で相談頂ける風評被害対策の窓口にご相談ください。

次の

風評対策の株式会社ニャース

誹謗中傷対策 株式会社ニャース

サジェスト汚染の噂を聞き、自社名で検索してみたら、検索ボックスが大変なことになっていた。 対策があればやり方を知りたい。 このようなお悩みをお持ちかと思います。 サジェストは「関連キーワード」とも呼ばれ、サジェスト汚染を受けると以下のような状況が予想されます。 【サジェスト汚染の例】• 個人の場合も、匿名掲示板などで誹謗中傷の対象となってしまう可能性があります。 そこで今回解説するのは、悪質なサジェスト汚染の対策方法「サジェスト対策」です。 それでは、早速解説していきます。 方法その1:サジェスト汚染対策業者に依頼 サジェスト汚染対策業者とは、クライアントに代わってサジェスト汚染の対策を行ってくれる業者のことです。 この業者に依頼すれば、以下のような流れで対策を行ってくれます。 サジェストの仕組みを利用して、問題の単語以外のサジェストを強化• 他のページの検索順位の押し上げ• 検索結果の悪質なページの順位押し下げ、検索されにくくする• サジェスト汚染のキーワードがサジェストから除外される• 問題の関連キーワードの非表示化が完了 要は、「 特殊なキーワードで悪質なキーワードを塗り替え、表示しないようにしてくれる」ということです。 サジェスト対策は数日間で終わるものではなく、基本的に月単位での対策が必要になります。 しかし、一度この業者に依頼してしまえば、問題のサジェストの対処に悩まされることはありません。 対策に時間や手間をかけることなく、心を落ち着かせて毎日を過ごすことができるのです。 サジェスト対策が依頼できる業者2選「リンクス」「ニャース」 ネット風評対策本舗「リンクス」 参照元: 株式会社リンクスは豊富なサービスを取り揃えており、一社で完結する形式でありながら、低価格で依頼ができます。 ネット記事やブログの削除要請• 各種掲示板対策• 風評被害の監視• 逆SEO対策 このように、「叩かれた」から「個人情報流出」まで様々な悩みをトータルでサポートしてくれる業者となっています。 困ったら、まずは無料で相談してみると良いでしょう。 また、弁護士が必要となる手続きについても、以下のように記載されています。 弁護士が対応を行う案件については、案件ベースごとに特化した専門弁護士を探し、ご紹介する事が可能です。 弁護士との契約は直接行って頂き、費用も直接弁護士にお支払いとなります 引用元: 「非弁行為」(後ほど解説します)のポイントを理解している業者という店でも好感が持てます。 レビュテーション対策&リスクマネジメント「株式会社ニャース」 参照元: 株式会社ニャースではトータルサポートはもちろんですが、「発信者(犯人)の追跡」を行ってくれる点が特徴的です。 ゆえにサジェスト対策だけではなく、誰の仕業か知りたい場合はこの株式ニャースに依頼することをおすすめします。 悪質な場合、特定した発信者に対して損害賠償を起こすことも狩野です。 サジェスト対策の料金 サジェスト対策の料金相場は5~8万円となります。 しかし、毎月サービスを利用するとなると、月ごとにこの料金を支払う必要があります。 1ヶ月:5~8万円• 2ヶ月合計:10~16万円• 3ヶ月合計:15~24万円 このように、毎月のようにかかりますが、サジェスト対策の成功率は8割を超えています。 悪質なキーワードやページは一掃されていると評判ですので、悩んだら利用することをおすすめします。 先ほど紹介した株式会社リンクスの料金は以下の通りです。 料金 逮捕歴・前科歴非表示化 ¥10,000~ サジェスト非表示化 ¥10,000~ 監視サポート ¥4,980~ 株式会社ニャースの方は料金表が提示されていませんでしたので、少なくとも5~8万円はかかると考えておくことをおすすめします。 削除業者とサジェスト対策業者は違うので注意 業者の中には「サジェスト対策業者」以外にも「削除業者」も存在します。 削除業者の場合、「ページの削除を請け負う」と宣伝しているケースが多いです。 しかし、本来ページの削除という行為は、弁護士しか認められていません。 ページ自体の削除には、各サイトへの削除申請の際に法的な手続きが必要です。 この行為は、 弁護士法で「法的代理人」として法的な手続きを許された弁護士にしか許されない行為なのです。 つまり、業者が事業として「ページの削除」を行うと「法律違反」となります(「非弁行為」と言います)。 ゆえに、ページの削除業者は違法な業者です。 どうしても削除業者を利用したい場合、合法と見極めるために弁護士を介していること必ず確認してください。 方法その2:自分でサジェスト対策をする方法 Googleであれば、ポリシー違反の場合に限り、検索候補(サジェスト)を削除できます。 まずは問題のサジェストが以下のポリシーに違反していないか確認しましょう。 暴力的または残虐な内容で見る人に不快感を与えるような検索候補• 性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補• 特定の集団を差別するような検索候補• 著名人に対する誹謗中傷、嫌がらせ、身元詐欺などの検索候補• 人や動物に危害をもたらす検索候補 参考元: これらの項目内では、一貫して「権利侵害」を禁止として定めています。 表示された検索候補が以下のポリシーのいずれかに違反すると考えられる場合は、検索候補を報告する方法をご確認ください。 引用元: このように検索候補(サジェスト)の削除を依頼できるとされています。 サジェストの削除前に確認!削除理由は整っていますか? サジェストの削除依頼は簡単に受理されるわけではありません。 Googleは削除に足る真っ当な理由を必要としているためです。 その理由について、「売り上げが減りそうだから」「採用の応募者数が減ったから」「嫌がらせだから」といった理由は弱いとされています。 ゆえに、削除できるだけの理由を準備する必要があるのです。 日本の法律に沿って考えると良いでしょう。 企業に対するサジェスト汚染の場合は、日本国憲法第22条で保障されている「経済的自由」の侵害とされるケースがほとんどです。 ゆえに、サジェストによる悪質な風評の流布は 法律違反となり、刑法の「偽計業務妨害罪」に該当します。 個人に対するサジェスト汚染の場合は、誹謗中傷・名誉毀損とされ、 憲法第13条から導かれる人格権の一つ「名誉権」を侵害しているとみなされるケースが多いです。 このようにサジェスト汚染は、権利侵害を行っている行為であることは留意しておきましょう。 いざという時は以上を根拠にGoogleに削除を要請します。 準備できたら、この方法でサジェスト削除依頼 権利侵害が起きている場合に限り、以下の方法で削除しましょう。 ステップ1 検索ボックス下に表示される候補の右下の「不適切な検索候補の報告」をクリック・タップ• ステップ2 フィードバックの画面が表示されるので、問題のサジェストを選び、サジェスト削除の理由を選択• ステップ3 「送信」して完了 たったこれだけのステップで削除は完了となります。 もし法的に主張したい場合は、「」からコンテンツの削除を要請してください。 よりサジェスト対策が実現しやすくなるのでおすすめの方法ですよ。 「方法その2:自分でサジェスト対策をする方法」では、削除の失敗や法的な知識の不足など限界がありますよね。 そこで最も安心かつ確実な方法は、弁護士に依頼する方法となります。 弁護士に相談する場合は費用がかかりますが、 弁護士にしかできない手続きは多く、メリットも大きいです。 サジェスト削除依頼全体の流れがスムーズ• 法的な手続きに関する知識と経験が豊富• 各種手続きを組み合わせる臨機応変さ• いつ頃削除が終わるか見通しが立つ• 必要な証拠の準備に協力してくれる• 精神的負担の軽減 このようにメリットが大きいとはいえど、飛び込みで法律事務所に向かってはいけません。 弁護士に依頼する際には、費用がかかるためです。 弁護士のメリットや費用については、依頼前によく検討しておきましょう。 そのあたりはケースバイケースであるため、費用が知りたい場合は見積もりを取ってもらいましょう。 サジェスト削除を依頼するならネットに特化した弁護士へ サジェストの削除を弁護士に依頼する場合は、ネットに特化した弁護士に依頼しましょう。 弁護士にはそれぞれ得意な分野があります。 ネットに特化した弁護士の場合ならばITスキル・ネット関連の法律を駆使し、以下のような対応が必要になった際にスムーズにこなしてくれますよ。 問題の投稿・サイトの削除に関する相談・交渉・訴訟• 投稿した犯人の特定• 犯人への損害賠償請求(慰謝料)の請求• 犯人の刑事告訴 サジェストの削除は、ただの弁護士に任せるよりも、ネットに特化した弁護士に依頼した方が効果的です。 ネットに特化した弁護士の探し方を理解して、犯人には然るべき責任を背負ってもらいましょう。 まとめ サジェスト汚染の対策方法は以下の3通りでしたね。 サジェスト汚染対策業者に依頼• 自分でサジェスト対策をする方法• サジェスト対策を弁護士に依頼 まずは無料でできる2番目の「自分でサジェスト対策をする方法」を試しましょう。 様子を見て削除できなそうであれば、今回紹介した内容を加味して、 サジェスト対策業者や弁護士に依頼することをおすすめします。 最も確実なのは弁護士ですが、料金の面ではサジェスト対策業者が現実的です。 もしサジェスト対策業者を探す場合は、違法な業者に依頼しないように十分にご注意ください。 みなさんのサジェスト対策が実現されることを心よりお祈り申し上げます。

次の

逆SEO・ネガティブサイト降退対策

誹謗中傷対策 株式会社ニャース

逆SEO・ネガティブサイト降退対策とは、その名の通り、検索順位を上げるSEO対策とは対照に「閲覧されたくないサイト」「不適切なサイト」の検索順位をダウンさせる対策です。 企業・会社名で検索したとき、検索結果のトップページに不適切な情報が表示してしまうと、会社のブランドイメージをダウンさせてしまいます。 ブランドイメージを守る為には、検索上位に信頼性・信憑性の高い情報の掲載されたサイトを表示させることがポイントであり重要になります。 株式会社ニャースでは、ブランドイメージを守るべく、ネガティブサイトの降退である逆SEO対策をすることができます。 具体的な内容は、悪評・批評・中傷が書かれたサイトの検索キーワードに対して、新たにサイトを制作し、それらのキーワードにSEO対策をおこない上位表示させます。 これによって閲覧して欲しくないサイトの検索順位を相対的に後退させ非表示へと導くことが可能です。 自社の悪評が書かれたサイトを閲覧されたくない!などありましたらお気軽にご相談下さい。 企業名を検索し、ネガティブな情報が掲載しているサイトが表示している時には、株式会社ニャースが対策を行いますので、ご相談ください。 見込み客に対して 提携先企業に対して 就職希望企業に対して ネット上の風評被害・誹謗中傷については、サイトや掲示板などの書き込まれたサイトごとに、講じるべき対策が異なるため、しっかりとした知識とノウハウが必要です。 しかし最近では、SEO対策会社やHP制作会社が、片手間に誹謗中傷・風評被害対策に参入しており、最悪の場合は対策をしたつもりが、被害をより悪化させてしまった、という例も数多く出ております。 放っておくと負の連鎖によって、対処ができない状態になるかもしれません。 そうなる前に株式会社ニャースをご検討ください! 弊社ではインターネットや法律の各分野のエキスパートとタッグを組み、プロフェッショナルな風評対策をトータルご提供できるよう常に心がけております。 確実な対策をしないと風評被害は、状況を悪化させてしまい逆効果になってしまう可能性があります。 また局地的な対策だけではなく、広く長く確実な対策が必要となってきます。 そのために、必ずしも即効性を求める対策ではなく、インターネットをとりまく環境、その時々の時事、そしてさらに法律の側面において考慮された最適な対策を専門的な知識のもと行う必要があります。 株式会社ニャースでは、風評被害、ネガティブサイトに関して適切なプランをご提案致します。 逆SEO対策だけではなく、SEO対策、ライティング、サテライトサイト制作なども行っておりますので、様々なサービスをご提案することが可能です。 「求人応募してもなかなか連絡がこない」「新規の取引がうまくいかない」原因は、ネガティブサイトかもしれません!株式会社ニャースが調査いたしますので、ご連絡ください.

次の