函館 から 札幌 飛行機。 函館から札幌までの行き方!高速バスやJRは?車の高速料金や飛行機は?距離は?

函館から札幌までの行き方 JR・飛行機・高速バス・車の時間と料金

函館 から 札幌 飛行機

北海道を代表する2大都市、札幌と函館。 観光の上でも重要なこの2つの街をつなぐ新千歳空港・函館空港線には、ANA(全日空)1社による1日2便が就航しています。 いずれもわずか35分のフライトですが、道内移動の主要路線であるため混雑することが多いです。 スカイチケットにて格安航空券の取り扱いがございますので、早めのご予約をおすすめします。 札幌から新千歳空港まで移動するのが面倒に感じたり、函館までなら鉄道でも近いと思われる方も多いでしょう。 しかし、そこは「でっかいどぉ」。 函館札幌間は特急列車でも4時間かかります。 実は意外と遠いので、新千歳空港から飛行機を利用した方が負担がかかりません。 また、函館空港は市街の湯の川温泉街に近く、湯の川から五稜郭や函館山方面へは市電が通じているという便利さがウリ。 北海道新幹線の新函館北斗駅よりも、ずっと市街地の近くにあるのです。 北海道旅行の際には、札幌から函館へ飛ぶプランをぜひご検討ください。 札幌 新千歳 から函館に就航している航空会社は1社です。

次の

¥6,670

函館 から 札幌 飛行機

1日の運航本数は、JAL(日本航空)が6本です。 最終便は18時40分です。 搭乗手続きに約1時間、函館空港から丘珠空港の搭乗時間は約40分なので、約2時間かかります。 飛行機を利用せずに、函館から丘珠に行く場合は電車とバスを合わせて5時間以上かかります。 飛行機で移動する場合、電車・バス移動と比較して約3時間早いです。 早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。 電車とバスで行く場合、9 660円かかるため飛行機の方がお得です。 北海道の人気グルメ・スポット 北海道にはラベンダーで有名なファーム富田、小樽運河、五稜郭公園、日本3大夜景の1つにも選ばれている函館の夜景など数多くの観光スポットがあります。 また、北海道の回転寿司はネタが大きく新鮮な魚を手軽に食べることができます。 海鮮グルメの他にもジンギスカンや地域ごとに味付けが違うラーメンなどのグルメもおいしくて人気です。 北海道、丘珠空港のお土産 北海道で定番のお土産は白い恋人です。 サクサクとした食感のラングドシャで噛んだ後に柔らかなチョコレートの甘さが口に広がります。 丘珠空港の中にはスカイショップおかだまというお土産屋さんがあり、幻の玉ねぎ「札幌黄」を使った特製ダレに漬け込んだ丘珠ホルモンを購入できます。 函館空港からへの札幌丘珠空港への空港情報 函館空港ー札幌丘珠空港への便 函館空港から札幌丘珠空港間は、日本航空 JAL が就航しており、1日6便で運航されています。 以下は、始発・最終便の函館空港発と札幌丘珠空港着の時刻です。 ・始発便:出発は8時55分、到着は9時35分 ・最終便:出発は18時40分、到着は19時20分 始発便から最終便まで1〜2時間おきに運航されています。 道内の都市間における重要なアクセスとなっています。 函館空港ー札幌丘珠空港を利用する人の目的 北海道内には、函館空港や新千歳空港など数多くの空港があります。 そのうち、新千歳空港は観光の拠点となる空港です。 道内の空の玄関口であり、道内各地の空港への乗り継ぎにも利用されています。 一方で、札幌丘珠空港は道内の都市間のアクセスとして利用されている空港です。 函館空港からのアクセスでは、JRとの比較があります。 鉄道で函館から札幌へ向かう場合は、主にJR函館本線・室蘭本線を経由する特急などを利用することが多いのですが、4時間前後かかります。 これに対して、飛行機を利用した場合は約40分です。 料金はJRを利用した方が安くつきますが、株主優待割引を活用すると、料金の差は縮まります。 また、JRの場合は道内でも雪の多い地域を走行しているため、天候によってはダイヤが乱れることもあり、時間が読めないことがあります。 札幌丘珠空港は、札幌市内にある空港でアクセスの良さも特徴です。 バスの便は、北豊交通1社のみが運行されており、空港の最寄り駅となる地下鉄・東豊線「栄町」駅までは約5分です。 その他、札幌市内の主要なところでみても、札幌駅前までは約25分、大通公園までは約40分でアクセスできます。 これに、函館空港までのアクセスと飛行機の所要時間を足すと、およそ1〜2時間で函館・札幌間を移動することができます。 車での移動では、空港の近くに札樽自動車道が走っており、札幌市内や道内各地への移動も便利です。 札幌丘珠空港の特徴 札幌丘珠空港は、1階にチケットカウンターと到着ロビーがあり、2階に出発ロビーと待合室・売店・レストランがあります。 2階の「スカイショップおかだま」では、空港がある東区のキャラクターを使った同空港限定のサブレなど道内各地の名産品を取り揃えています。 その他、幻の玉ねぎと言われる「札幌黄」を使い、特製のタレに漬け込んだ「丘珠ホルモン」も同空港の名物のひとつです。 インターネットの接続環境の充実にも力を入れ、無料で利用できる「FREESPOT」や、2階には自由に使えるコンセントコーナーも設けられています。 コンパクトな空港ながらも、快適で便利なスペースが揃っています。

次の

函館空港(北海道) ⇔ 丘珠空港(北海道・札幌)

函館 から 札幌 飛行機

函館から札幌までJRの場合 函館から札幌までJRで行く場合には特急列車「スーパー北斗」または「北斗」の利用が一般的です。 北海道新幹線はまだ通ってないので、電車は今のところ特急が一番早い電車です。 函館から札幌へのJR列車(2018年1月時点) 列車名 運行本数 時間 料金 特急スーパー北斗 9往復 約3時間30~50分 指定席8,830円 自由席8,310円 特急北斗 3往復 臨時を除く 約3時間50分~4時間 同じ 運賃は安くありませんが列車内では車内販売限定の「山海いろごはん」などのお弁当を楽しむこともできますし、車窓から大沼公園や噴火湾を眺めることもできます。 青春18切符を使って行く手もありますが、普通列車のみだと少なくても8時間ほどはかかります。 函館から札幌まで車の場合 函館から札幌まで直接行く場合、札幌駅まで車で4時間ほどです。 峠を通るルートもありますが、道幅が狭いですし、雨天の運転は危険です。 ですので不慣れならできるだけ高速を使うルートの方が安心です。 大沼公園IC~札幌南IC(約3時間)• 札幌南IC~北郷IC(約20分)• 北郷IC~札幌駅(約20分) 函館から札幌までの距離というのは東京から名古屋くらいあるので、休憩も必要です。 なので途中で観光をするのもおすすめです。 余市、小樽、白老、登別、ニセコなどを途中の予定に入れてもいいかもしれませんね。 ただし雪に縁がない人は冬の運転は避けるべきですね。

次の