拝読 いたし ます。 拝読の意味は?読むの謙譲語や尊敬語や類語・メールでの使い方も

ビジネス上での「拝読」の正しい意味と使い方についての解説

拝読 いたし ます

拝読の意味は?拝見との違いも 拝読の意味は「読む」の謙譲語 読むことを、その筆者を敬っていう謙譲語。 引用元: goo国語辞書 拝読とは、簡単に言うと「読む」という意味です。 読むという意味の「読」に、謹んでという意味の「拝」を付けた言葉が、「拝読」となります。 「拝」という漢字は、それ単体でも手紙やメールなど文章の最後に見る事も多いのではないでしょうか。 この漢字は、相手に対して敬いの気持ちを表す際に使われます。 つまり「拝読」という言葉は、自分を下げて相手を立てるという謙譲語として使う言葉となります。 謙譲語であるこの言葉は、先輩や上司など目上の相手だけでなく、敬意を示したい相手全般に使用する事が出来ます。 また、これは謙譲語すべてにおいて言える事ですが、謙譲語は自分の動作をへりくだる事で相手を立てる言葉です。 ですので、主語はいつでも自分自身となります。 自分でない人が読んだ事に対して「拝読」を使うと相手に失礼になりますので、その点に注意して使うようにしましょう。 拝読は執筆者本人に対する敬意の言葉 「拝読」は自分がメールや手紙を読んだ事を伝えたい時に使う謙譲語ですが、あくまでその文章を作成した執筆者本人への敬意を表す言葉です。 何かを読んだ事を目上の人に伝える際にいつでも使ってしまいたくなるのですが、誰に対して敬意を示したいかを考えながら使用する必要があります。 例えば、上司からのメールを読んだ事を社長などの第三者に伝える際に「拝読」という謙譲語を使ったとしても、第三者に対する尊敬語とは成り得ません。 話し相手は第三者であったとしても、あくまで、メールを作成した上司に対して敬意を払っているという意味となります。 拝見の意味は「見る」の謙譲語 「拝読」と混同しやすい言葉として、「拝見」という言葉があります。 これは「見る」という言葉を謙譲語にしたもので、拝読のように自分を下げ相手を立てる言い方となります。 自分が何かを見た事を、執筆者や作者に伝える際に使用します。 この他にも、聞く事を意味する「拝聴」、借りる事を意味する「拝借」などという言葉も頻繁に耳にしますが、すべて謙譲語として使用出来る言葉です。 「拝見」は見る事を意味する言葉なので、メールなどを見た事をへりくだって伝えたい場合に自分を主語として使うといいでしょう。 拝読と拝見は「読むもの」か「見るもの」かで使い分けよう ここで気になるのが、「拝読」と「拝見」をどのように使い分けたらいいか、という事ではないでしょうか。 「拝読」も「拝見」も、目から情報を得たという意味では似ている言葉なので、使い方に悩んでしまうかと思います。 その場合は、単純に「読む」「見る」に置き換えて考えると答えが出てきます。 例えば、目にしたものが絵画や美術品であれば「拝見」が適切です。 小説や手紙など文章がメインのものは、「拝読」がふさわしいでしょう。 文だけでなくイラストやグラフィックなどが含まれたホームページのようなものは「拝見」が一般的です。 仕事において最も目にする事の多いメールは、少し複雑です。 メールは形としては文章のみなのですが、パソコンやスマホなどの電子媒体を通して見るという理由から、「拝見」を使用しても問題はないとされています。 画像添付されている時など、「拝見」の方がよりしっくりくるという場合もあります。 拝読の類語や敬語 拝読の類語:拝誦・閲読・書見 「拝読」の類語には、拝誦・閲読・書見といったものがあります。 すべて自分が何かを読む事を表す言葉ですが、少しずつ意味合いに違いがあります。 拝誦 はいしょう は、拝読と同じ謙譲語ですが、声にして読む、じっくり読むといったニュアンスが含まれています。 手紙や大事な文書に使用するのがいいでしょう。 閲読 えつどく は、書いている内容に関して調べながら読むという意味です。 謙譲語ではないので、同僚や部下に使用しても問題ありません。 書見 しょけん は更に限定され、書物を読む事を表します。 ビジネスにおいては、会社関係の本であったり、資格や勉強にまつわる本を読む際に使用する事が出来ます。 読むの尊敬語:読まれる・お読みになる 「読む」を尊敬語にすると、「読まれる」「お読みになる」といった言葉になります。 尊敬語とは、自分ではなく相手の動作に対して使用するものです。 相手が何かを読む時には、「拝読」ではなくこの言葉を使うのが適切です。 他にも「お書きになる」「お越しになる」など使用する機会は多いので、パターンとして抑えておくと便利です。 尚、「読まれる」も文法としては正しいのですが、受け身の言葉と捉えられる場合もあるので注意が必要です。 読む事をお願いする場合の尊敬語:お読みください 相手に読む事をお願いする場合は、「お読みください」といった尊敬語を使います。 「お〇〇ください」という言葉は、尊敬語として使用出来る言葉ですが、もっと丁寧な言葉を使いたいのであれば、最後に「ませ」を付けると柔らかい印象になります。 また、「お読みいただけると幸いです」とすれば、更に謙虚な印象になります。 また、同じく読む事をお願いする場合の尊敬語として、「ご一読ください」というものもあります。 これは、さらっと目を通してほしいという場合に適した言葉です。 紹介文のような、熟読する必要のないものを読んで欲しい時にはこちらを使ってもいいでしょう。 「拝読」はそれ単体で謙譲語として使える言葉なので、「させていただきます」を付ける事で二重敬語となってしまいます。 二重敬語は基本的に敬語としては認められず、言葉全体の印象としても少々くどさを感じてしまいかねません。 ただ、現在ビジネスシーンでは特に、この言葉は敬語として比較的頻繁に使われています。 「拝見させていただきます」も同様です。 なお、メールや手紙は文章として残るものでもあるので、文法的に正しい「拝読します」を使用するのが無難でしょう。 会議で資料を配りながら、「お手元の資料をご拝読ください」と言っている人は周りにいませんでしょうか。 一見丁寧な言い回しのようにも感じられますが、前述の通り「拝読」は自分を下げる謙譲語です。 自分ではない人が「読む」という事に対して「拝読」を使ってしまうと、その人を下げてしまうという大変失礼な事になります。 上司などの目上の立場の人に使うのはもちろん御法度ですが、同僚や部下だとしても失礼に当たりますので、読んでほしい時には前述の「お読みください」または「ご覧ください」を使用しましょう。 「拝読」は相手を立てる丁寧なフレーズですが、一方で、必要以上に大げさな印象になってしまう場合もあります。 例えば頻繁に送られてくる社内連絡のような内容に対して、その都度「拝読」を使うのは仰々しい印象です。 「拝読」を使う時は、特に重要な内容の文章や資料や、客先からの要望など、ここぞというシーンに絞るのがおすすめです。 シーンだけでなく、相手との関係性も重要です。 あまりに丁寧過ぎる言葉は時に相手の気分を害する場合がありますので、「読ませていただきました」と併用するとスマートです。 「拝読」は「読む」という動詞の謙譲語ですが、前述の類語「拝誦・閲読・書見」とともに覚えて使い分ける事で、より語彙力も豊かになります。 使い分けの基準は、謙譲語なのか尊敬語なのかももちろんですが、何を読むのかで分けるのがおすすめです。 上司からの指導文には「拝読」、客先からのお礼文には「拝誦」、企画案には「閲読」を使うなど、自分の中で使い方を決めておくといざという時に言葉がぱっと出てくるようになりますよ。 「拝読」という言葉を使うシーンは、何かを読んだという事実を執筆者に報告したい時が最も多いかと思います。 簡単に「読みました」としてももちろん問題はないのですが、「拝読」という言葉を選ぶだけで、相手に対する尊敬の念を伝える事が出来ます。 ビジネスシーンにおいては、上司の作成した資料などを読み、読み終わったという事を伝える場合などが挙げられます。 また、客先からメールや手紙をもらった時にも、「拝読」という言葉を選ぶ事で、謙虚な印象を与える事が出来ます。 また仕事以外でも、本を読んだ事を著者に伝える場合などに使用出来ます。 その他、目上の人やあまり親しくない相手から手紙やメールをもらった際に返事に書き添える事で、より丁寧で、控えめな文章にする事が出来ます。 メール例文:拝読しました 何かを読んだ事を伝えたいときは、「拝読しました」という言葉を使用しましょう。 」という文章を入れます。 ひとまず読んだ事の報告のみをしたい場合には、文の終わりに「まずは拝読のご連絡まで」と付け足しても構いません。 また、もらった企画書などに対しての意見を足したいならば、「頂いた企画書を拝読しましたが、変更をお願いしたいと存じます。 」となります。 これと同様に「~けれど」という意味で、「頂いた企画書を拝読したところ」といった使い方も可能です。 読んだという報告だけでなく、これから読むつもりだという未来形としても「拝読」は使用出来ます。 例えば、もらった資料にこれから目を通すという場合や、現在読んでいる最中だという進行形としても使う事が出来ます。 またビジネスシーン以外でも、読み終えていない本に関しての感想を、作者に伝えたいという場合にも使えます。 偶然作者に出会ったときなどに「いつも作品を拝読しています。 」のように、読むという行為が持続している場合の使い方としても適切です。 メール例文:拝読します 本や資料をこれから読む事を伝えたいときは、「拝読します」という言葉を使いましょう。 例えば取引先から資料が送られてきて、まずは資料到着の連絡をしたいという状況があります。 その際には、「資料をお送りいただきありがとうございました。 これから拝読しますので、少々お待ちいただけますでしょうか」となります。 また、読むという行為が現在進行中である場合は、「現在拝読しております」となります。 例えば、まだ読み終わっていない本に関しての質問を作者にメールで尋ねるなら、「現在拝読しております〇〇に関して質問がございます」となります。 仕事上でも、資料や企画書を読みたいと依頼する機会は多いのではないでしょうか。 そのようなお願いをする場合にも、「拝読」を使う事が可能です。 その他、尊敬している作家に新作を求める時や、読んだ事のない本を読んでみたいと依頼したい場合にも使えますね。 「読みたい」という言葉を使うよりも謙虚な印象になるので、希望やお願いも聞き入れやすくなるかもしれません。 メール例文:拝読したい 本や資料を読みたいと依頼するときは、「拝読したい」という言葉を使いましょう。 メールで完結に希望を伝えるならば、「一度作品を拝読したい所存です」などがあります。 また、「作成していただいた資料を拝読しても構いませんでしょうか」といった、もっと丁寧な言い回しも可能です。 その際、本や資料を送ってほしいという場合もあるかと思います。 こちらからの依頼なので、失礼のないようなメールを作りたいですよね。 「送ってください」に関するおすすめの敬語を以下の記事でご紹介していますので、合わせて参考にして下さいね。

次の

「ご一読ください」という敬語の正しい使い方〜ご査収ください、ご確認なさってください〜

拝読 いたし ます

誰が動作を行うのかという点がポイントです。 『私』が「見る」のであれば「拝見」ですし、『相手』が「見る」のならば「ご覧」となります。 上の例文では、課長、すなわち『相手』が「見る」のですから「拝見」は使えません。 「ご覧」を用いた文章が正解となるわけです。 余談ですが、バスガイドさんが観光案内する際に「右手をご覧ください」と言いますね。 この場合も『相手』が「見る」わけですから、「拝見」ではなく「ご覧」となるのです。 ちなみに「ご覧」の他に「お目通しください」という表現を用いることができます。 「読む」の謙譲語「拝読」の使い方 「読む」の謙譲語である「拝読」も同様です。 「先生のご本を拝読し、とても感動しました。 」のような文であれば、『私』が本を「読む」わけですから「拝読」を用いても問題ありません。 しかし「読む」のが『相手』であったならば、「拝読」を使うことができません。 「読む」のが『相手』であるなら「拝読」ではなく、「お読み」もしくは「ご覧」を用いましょう。 個人的には、「お手を拝借」のフレーズで覚える方法がおすすめです。 「お手を拝借」のフレーズを頭に思い浮かべてください。 手を「借りる」のは『私』、だから「拝」の文字は使ってよい、というわけで「拝借」はOKと覚えればよいのです。 大丈夫です。 慣れれば自然と「拝」の文字を用いた言葉を理解ができるようになります。 いずれにせよ、「拝」のつく言葉を用いる際には動作の主体が『私』なのか『相手』なのかを、まず最初に考えたいところです。 以上、「拝見」「拝聴」「拝読」「拝借」…「拝」のつく言葉の使い方についての説明でした。 皆さんの参考になれば幸いです。 あらかじめご了承ください。

次の

「ご一読ください」という敬語の正しい使い方〜ご査収ください、ご確認なさってください〜

拝読 いたし ます

三省堂には、「読むことをへりくだっていう語。 謹んで読むこと。 」と説明されています。 読むことをへりくだっていう語。 謹んで読むこと。 「拝」という漢字の意味 「拝」という漢字には「謹んで」という意味があり、謙遜の気持ちを表すときに使われます。 動作を示す漢字に付けることで「拝」+動詞+「する」で敬意を表します。 なお、「拝読」は「謹んで読む」という意味合いを持っています。 また、ただ「読むこと」を丁寧に表現した言葉ということではなく、その読みものを書いた本人に対してへりくだる意味も含まれています。 敬語の種類 敬語には謙譲語のほかにも尊敬語、丁寧語という3つの種類があります。 それぞれ一つずつご説明していきましょう。 尊敬語 まず敬語においてもっともポピュラーで知られているのはのは尊敬語です。 尊敬語は、話し手が相手(聞き手)に敬意を示す場合に相手の動作に適用し、動作を行う相手を高めて敬意を表します。 丁寧語 また丁寧語は話し手からみて相手(聞き手)への敬意を直接的に表す表現になります。 改まって言葉遣いを丁寧にする時に用いられるもので、口語では「です」「ます」「ございます」で表されることが多いでしょう。 接頭語の「お」をつけて表現される「お酒」や「お弁当」といった表現も丁寧語の一種です。 謙譲語 最後に謙譲語ですが、謙譲語は話し手または話し手の側にあると判断されるものに対して、動作を低めてへりくだった表現をすることで相手(聞き手)を敬う表現です。 従って一般的に自分より目上の人に対してや、ビジネスシーンにおいて先輩や上司、取引先の相手の方などの敬意を払わなければいけない相手に対して使われます。 メールでの「拝読」の使い方 では謙譲語である「拝読」という言葉は、どのような場面でどのように使われる言葉なのでしょうか。 たとえばビジネスシーンにおいて「拝読」を使う場面を考えると、自分が主語で上司や目上の人、取引先の相手の方などに対してメールをする際に、「拝読します」と表現することが多いでしょう。 【例文】 ・先日お会いした際にご紹介いただいた書籍を拝読しました。 あらたな視点でビジネスの戦略を考えるきっかけを与えられ、大変刺激となりました。 厚く御礼申し上げます。 ・前回貼付いただいた資料を拝読しました。 その中で以下の点につき確認がございましたのでメールいたしました。 「拝読」の例文 「拝読」と言う謙譲語に丁寧語である「ます」をつけると「拝読します」となり、一般的には相手に伝える時には「拝読しました」と表現することが多いでしょう。 【例文】 ・先日教授が書かれた論文を拝読いたしました。 ・先生からいただいたお手紙を拝読して感激いたしました。 ・御社からのメールを拝読いたしました。 拝読いたします ビジネス文書においてよく見かける「拝読いたします」という言い回しについては、二重敬語だと捉える人もいるので注意が必要です。 なぜ二重敬語と言われるかというと、「拝読する」と言う言葉が「読む」の謙譲表現のため、そこへ「する」の謙譲語である「いたす」を付けるのは謙譲語が重なることから二重敬語と捉えている方がいらっしゃるためです。 しかし上記のように説明いたしましたが、実際には「拝読いたします」という言い回しもビジネスシーンでも使われていることは少なくなく、「拝読する」は謙譲表現であって謙譲語ではないため二重敬語には当たらないという考えもあります。 これは「承知いたしました」「拝見いたしました」などと同じ考えになります。 上記のように「拝読いたします」という言い回しについては賛否両論あり、相手によってや場面によって柔軟に対応していく必要があることを押さえておきましょう。 拝読させていただく 「~させていただく」という表現は相手から許可をもらって何かをし、それを敬語で報告する表現だと言われています。 前述で、「拝読する」と言う言葉が「読む」の謙譲表現であることから、「する」の謙譲語である「いたす」を付けるのは二重敬語であるという説をご紹介いたしましたが、「拝読させていただく」は「読む」の謙譲語である「拝読する」に「~してもらう」の謙譲語である「いただく」で構成されています。 従って二重敬語となりますので、正しい敬語ではありません。 しかしながら、こちらも「拝読いたします」という言い回しと同じく賛否両論あり、ビジネスシーンにおいて使われている方も少なくないことから問題ないとされる方もいらっしゃいます。 「拝読いたします」と同じく、相手によってやその場面によって柔軟に対応していきましょう。 「拝読」と「拝見」の違い 「拝読」と「拝見」の違いは、「拝読」と「拝見」の元々の言葉である「読む」と「見る」の違いを見ていけば分かりやすいでしょう。 まず本や資料など、文字で書かれたものや文章、図などを見て、その意味や内容を理解することに「読む」と使うのに対して、視覚によってものの形や色、様子などを知覚することには「見る」と使います。 上記と同じく「拝読」と「拝見」も、謹んで視覚的に知覚するものやことには「拝見」を使いますが、謹んで文章や図を見て意味や内容を理解する際には「拝読」を使うというように、使い分けすることができるといえます。 ビジネスの上でも、書類などを「見る」「確認する」という意味では「拝見する」と使い、書類の内容をじっくり読んで理解する必要があるものなどについては「拝読する」、または書いた本人に対してへりくだって敬意を表したい時に「拝読する」と使うと良いでしょう。 【例文】 ・先日いただいた企画書を拝見いたしました。 ありがとうございます。 ・この資料を拝見したところ、いくつか確認事項がありご連絡いたしました。 ・この商品はとても魅力的です。 「拝読」の類語 では、ここまで「拝読」という言葉の意味や使い方などのついてご紹介してまいりましたが、正しい日本語や敬語を使いこなせるようになるためには、さまざまな表現や言い回しを覚えておいて損はないでしょう。 そこでここからは「拝読」の類語、意味の似た言葉についてご紹介することとします。 閲読する 「閲読する」とは、書類や書物などの内容を、調べながら読むことを指します。 または読むこと、閲覧することに使われます。 一般的には「閲読する」はすでにできあがった文書、たとえば書籍や文献などを調べながら読む際に使われることが多く、完成前の書類などを「閲読する」とは表現しません。 【例文】 ・どうしても意味を知りたくてたくさんの文献を閲読しましたが、なかなか見つけることができませんでした。 ・大変貴重な書物と伺って、ぜひとも閲読したいと希望しましたが、叶いませんでした。 閲覧する 「閲覧する」という言葉は、意味は上記の「閲読する」という言葉とほぼ同じ意味合いで「書籍や文献などを見る、読む、調べながら読む」という意味ですが、「閲読する」よりも一般的に広く使われることの多い言葉です。 日常生活の上では、図書館や資料館など、特定の場所でのみ見ることができるものに対して使われることが多いのではないでしょうか。 そもそも「閲覧」とは、「調べ見る」という意味がある「閲」という漢字が使われているほか、さらには「覧」は「眺める」という意味合いを持っており、上記の点から「眺めて調べる」という意味を持ちます。 ここから派生して「調べながら読む」という意味合いになったとされており、「閲覧」にはじっくりと読む、という意味合いも含まれているとされています。 【例文】 ・最近では古い書物でも乱雑に扱う利用者が増えているため、今では閲覧禁止となった書籍も少なくはないそうです。 ・久しぶりに図書館へ出向いたので、閲覧コーナーで新しいジャンルの本に挑戦してみることにした。 拝見する 「閲読する」「閲覧する」などの「調べながら見る」というものに対して、「拝見する」は「見る」行為そのものを指します。 使い方や「拝読」との違いについては、先に述べたとおりです。 意味やニュアンスの違いを理解した上で使い分けができるのであれば問題ありません。 「拝読」の反対語 これまでお伝えしてきたことの繰り返しになりますが、「拝読」は自分の行動を表していますので、相手の方が「読む」行為に対しては「拝読」は使われません。 たとえば「課長も拝読されました」とは言いません。 では自分よりも目上の人や上司、取引先の方に対して「読む」という動作を表現するにはどのように表すのが正解なのでしょうか。 目上の人などに対して表現する場合 目上の人や上司、取引先の方に対して表現する場合は、「お読みになる」または「読まれる」が適切です。 「読まれる」も「お読みになる」も「読む」を丁寧に表現した言い方であり、相手に敬意を表す際に用いられます。 なお、「読まれる」などの「れる」で終わるものは、そうでないものに比べて尊敬を表す度合いが少し軽くなりますので、「読まれる」よりも「お読みになる」という表現の方がより丁寧な言い方です。 より敬意を表さなくてはいけない相手に対しては、「読まれる」よりも「お読みになる」と表現するのがベターです。 【例文】 ・部長は今朝の新聞をお読みになりましたか。 ・教授が昇進試験の論文をお読みになったことは確かだが、その後何の音沙汰もないため心配している。 ・先般、面接日程の候補をお伝えしておりましたが、メールはお読みになりましたでしょうか。 その後ご検討状況はいかがでしょうか。 相手が「読む」行為に対する敬語 いかがでしたでしょうか。 今回は「拝読」という言葉にクローズアップして掘り下げてみましたが、改めて敬語は奥が深いということが理解できたのではないでしょうか。 今回のように自分に対して使うのか、相手に対して使われるのか、混同されている言葉は少なくはありません。 たとえば部下が誤った敬語を使っていると気づいた際には、自分のことだけではなく部下の教育の一環として、部下に正しい敬語を伝えることも必要です。 まずはビジネスマンとして間違った敬語は使わずに、正しい敬語や日本語を自ら身につける必要がありますので、ビジネスマナーとしてもこの機会に正しい敬語、日本語をマスターしてラックアップしたビジネスマンを目指しましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の