デュエマ ブラック ロータス 買取。 【デュエルマスターズ】ブラックロータスの買取価格が2万円に到達|デネブログ デュエマの速報・環境

BL・乙女向け宅配買取専門店 ブラックローズ

デュエマ ブラック ロータス 買取

MTGのブラックロータスとは ブラックロータス(Black Lotus)はMTGにおける歴史の中で、並外れた強さをもつカードだと言っても過言ではないとされるカードだ。 ブラックロータスのもつ効果を簡単に述べると、ブラックロータスを生贄にすることで好きな色のマナを1色3点加えられる。 MTGの世界では基本的に1ターンに1マナまでしか増えないので、ブラックロータスを使用すれば3ターン行動が早くなるのだ。 強力な強さゆえに、 ブラックロータスは基本的に一部のルールを除いて、使用できない禁止カードとなっている。 また、MTGの世界にはパワー9と呼ばれる9枚のカードが存在し、強力な力をもちすぎることから呼ばれるようになった。 パワー9のカード9枚あるうちの1枚がブラックロータスだ。 では、ブラックロータスが過去に収録されたパックとそれぞれのカードの違いについて解説していく。 過去に収録されたパック ブラックロータスの代表的なカードは3種類あり、過去にMTGで3つのパックだけに収録された。 まず、最初にブラックロータスがMTGで収録されたパックは1993年8月に発売された Limited Editionの Alpha版だ。 しかし、パックの生産数が少なく、すぐさま完売。 次に収録されたMTGのパックは同じ年の10月に発売された Limited Editionの Beta版だ。 しかし、Alpha版と同様にパックの生産数は少なく、こちらもすぐさま完売した。 そして、最後にブラックロータスが収録されたパックは同じ年の12月に発売された Unlimited Editionである。 Unlimited Editionのパックは前述にある2つのパックに比べれば生産数は圧倒的に多いものの、25年以上たった現在では希少性が高い。 ちなみにブラックロータスのカードは、 3種類以外にも存在するが通常のカードとは異なるため、鑑賞用になっている。 カード3種類の違い 上記でMTGのブラックロータスが3種類のパックに収録されたことを紹介したが、すべてのパックでまったく同じブラックロータスが収録されたわけではなく、3種類ともカードに違う特徴をもつ。 まず、大きな違いとしてLimited Edition Alpha・BetaとUnlimited Editionでは、 カードの枠が違う。 Limited Edition Alpha・Betaはカードの端が 黒枠なのに対し、Unlimited Editionはカードの端が 白枠になっている。 分かりやすい特徴があるので、Limited Edition Alpha・BetaとUnlimited Editionを間違えることはないだろう。 しかし、問題なのがLimited EditionのAlpha版とBeta版の違いだ。 Limited EditionのAlpha版とBeta版は カードの作りがほんのわずかだけ異なり、とても判別が難しく、MTGを詳しく知らない方であれば同じカードだと錯覚してもおかしくないだろう。 Alpha版はカードの四隅が 丸みを帯びているのに対し、Beta版は 角張った丸みになっている。 Alpha版とBeta版のカードは希少性が全く異なり、見分けがつきにくいからこそ注意が必要だ。 ブラックロータスの最高値段 ブラックロータスの中で最も価値が高いとされているのがLimited EditionのAlpha版で、最高値段は 166,100$、当時の日本円で約 1,900万円だった。 166,100$という金額は、2019年2月にオークションサイトで落札された金額であり、MTG界で話題となったのは有名な話だ。 オークションサイトでは珍しいカードがたびたび出品されており、ブラックロータスも過去に何回か出品されたことがある。 実はAlpha版のブラックロータスに1,900万円という金額がつけられる約半年前に、同じ状態であるAlpha版のブラックロータスには87,672$、当時の日本円で約 970万円という金額がつけられていた。 おおよそ半年間の間に価値が倍増するのはトレーディングカードでよくあることだが、もともとの額が大きいだけにMTG界でもなかなか見ない金額だろう。 ブラックロータスの価値は強さのほかに、イラストや希少さの付加価値も加味されている。 購入する方の中には投資目的で購入する方もおり、今後さらなる高値が更新される日が来るかもしれない。 ブラックロータスの相場 上記でブラックロータスの最高値段を紹介した。 ブラクロータスの相場はカードの種類によって異なり、カードの状態が良いカードほど価値も高い。 また、ブラックロータスは全部で20,000枚あるとされているが、種類ごとに存在する枚数も異なる。 約1,900万円という金額から想定するに、ブラックロータスの相場はMTGの中でも未知の金額になることが予測できるだろう。 では、ここからはブラックロータスの 相場が高い種類から順に紹介していく。 Limited Edition Alpha ブラックロータスの中で最も相場が高いのはLimited Editionの Alpha版のカードだ。 相場を形成できるほど流通しているカードでないので、推定相場は最高値段の 1,900万円前後。 Alpha版のブラックロータスは1100枚しか存在しないとされており、MTGのカードの中でもとりわけ希少価値が高い。 実際のところ相場はあってないようなものなので、ブラックロータスに出せる最高金額が相場になるだろう。 なお、カードショップによる 買取相場はおおよそ900万円前後となっている。 Limited Edition Beta ブラックロータスの中で次に相場が高いのはLimited Editionの Beta版のカードで、推定相場は 300万円~400万円前後となっている。 Beta版のブラックロータスは、Alpha版よりも存在する枚数が多いとされているものの、希少価値は高い。 なお、カードショップによる 買取相場はおおよそ200万円~300万円前後となっている。 Unlimited Edition ブラックロータスの中で最も相場が低いのはUnlimited Edition版のカードだ。 推定相場は 100万円前後。 Unlimited Edition版のブラックロータスは、上記の2種類と比べれば存在する枚数は圧倒的に多いが、それでも状態が良ければ1枚100万円の価値はあるだろう。 なお、カードショップによる 買取相場はおおよそ60万円~100万円前後となっている。 MTGをmagiに出品してみよう MTGを売れるお店にはカードショップやリサイクルショップなどがあるが、必ずしも近くにお店があるとは限らない。 そんなとき、近くにお店がなくてもスマホ1つでカードを売れるのがフリマアプリの良さだ。 今回紹介するのはトレーディングカード関連の商品だけを出品できるフリマアプリ magiである。 MTGをmagiで売るのにはどのようなメリットがあるのか、2つ紹介していく。 好きな値段で出品できる MTGをmagiで出品するメリットの1つ目は、 好きな値段で出品できることだ。 カードショップでMTGの買取はあらかじめ買取金額が設定されており、査定によって減額される場合があるだろう。 一方、magiを含めたフリマアプリでは自分で商品の価格を設定でき、好きな値段で商品を売れる。 もちろん、トレカには相場があるので、相場からあまりにもかけ離れた金額だと売れることはないだろう。 なお、magiの出品価格は設定できる範囲が決まっており、現在のところ 100円~999,999円まで。 上記で紹介したブラックロータスのような超高額カードを販売できる設定金額にはなっていないが、大抵のカードは設定金額の範囲内に収まるだろう。 お店の買取より高く売れるかもしれない MTGをmagiで出品するもう1つのメリットは、 お店の買取よりも高く売れるかもしれないからだ。 カードの価格には2種類の価格があり、買値と売値がある。 お店で販売している商品の価格は 売値であり、買取する商品の価格は 買値だ。 一方、フリマアプリで販売している商品の価格は売値であり、買値ではない。 さて、買値と売値の関係は売値が大きくないと、お店は赤字経営となる。 お店での買値とフリマアプリの売値は上記の関係から、フリマアプリでカードを売った方が金額上は大きくなるのだ。 ただし、フリマアプリでは取引手数料や送料などの手数料がかかる。 また、フリマアプリで店の売値と同じ金額で販売しても、実物のわかるお店で買った方が良いと感じてしまうので、店の値段よりもお得感を出すことが必要だろう。 なので、必ずしもフリマアプリでカードを売った方が得するとは限らないので注意が必要だ。 まとめ MTGの ブラックロータスにおける最高値段と相場を徹底調査してみた。 ブラックロータスの相場は 時価であり、相場が安定することはない。 当時、20,000枚は存在していたとされているブラックロータスだが、現在はその数が減少しつつあるとされている。 しかし、MTGでパワー9と呼ばれるカードは再録を禁じられたカードたちなので、 この先数が増えることはないだろう。 ブラックロータスは市場でもほとんど流通していないカードだが、稀にオークションサイトで出回ることがある。 しかし、トレカの高額カードには多くの 偽物が出回っており、安易に購入するのは危険だ。 特に、オークションのような素性のわからない相手との取引で、高額カードを購入するのはリスクも大きい。 購入する際は慎重に判断してから購入してほしい。

次の

【デュエルマスターズ】ブラックロータスの買取価格が2万円に到達|デネブログ デュエマの速報・環境

デュエマ ブラック ロータス 買取

一緒に売ってるランキング• 1位 1200円買取中!• 2位 700円買取中!• 3位 1700円買取中!• 10位 400円買取中!• 15位 1300円買取中!• 1位 1200円買取中!• 2位 700円買取中!• 3位 1700円買取中!• 4位 600円買取中!• 5位 900円買取中!• 6位 1200円買取中!• 7位 2000円買取中!• 8位 1200円買取中!• 9位 40円買取中!• 10位 400円買取中!• 11位 150円買取中!• 12位 2300円買取中!• 13位 1100円買取中!• 14位 150円買取中!• 15位 1300円買取中!•

次の

BL・乙女向け宅配買取専門店 ブラックローズ

デュエマ ブラック ロータス 買取

マンガ倉庫と同様にお宝中古市場もブラックロータスの買取価格に 10,000円を提示していることが確認できた。 こちらの買取業者では店舗買取だけではなくWEB宅配買取にも対応している。 この買取方法は、 お宝中古市場に売りたいカードを申請し、宅配するという方法である。 身近にこの買取業者の店舗がなかったとしても、買取の利用をすることができるため、安心してほしい。 ブラックロータスを高く売るテクニック さて、ここまでブラックロータスの買取価格について、10社の買取業者で徹底的に比較をしてきた。 結果として、お宝中古市場やマンガ倉庫では10,000円という非常に高い値段でブラックロータスの買取をおこなっているということがわかった。 しかし、はじめにも述べた通り、こちらのトレカは18個のカードボックスに1枚含まれているかどうかわからないほどに希少価値が高いものだ。 できるのであれば、より高い値段で売りたい。 そこで本コラムの最後に ブラックロータスの買取価格を高めるためのコツを2点紹介しよう。 複数の買取業者へ査定依頼を出す ブラックロータスを買取に出す際には絶対に1社だけに査定依頼を出してはいけない。 貴重なトレカなので手間はかかるが 複数の買取業者へ査定依頼を出すことがおすすめだ。 上記で見た通り、買取業者によって買取価格が大きく異なる。 トレカの買取価格は常に変動しており、買取査定に出す時期によっては、高価買取をおこなっている業者が異なる可能性もある。 そうであるならば、複数の買取業者に出し、最も高い買取価格を提示してくれた業者に査定依頼を出すというのが得策なのである。 キャンペーンの利用をする ブラックロータスも対象となるキャンペーンの利用を考えることもおすすめだ。 時期によっては非常にお得なキャンペーンを展開している買取業者もいるため、トレカを売る時期に合わせて、お得なキャンペーンを探すと良いだろう。 キャンペーンの利用にあたっては、ブラックロータスのようなカードもキャンペーンの対象となるか確認することが重要だ。 その上で該当キャンペーンから最も条件が良いもの、また、通常の買取価格と掛け合わせて結果的に 最高買取額となる業者の利用を検討しよう。 magiを利用する もし買取業者の提示する査定額に納得がいかなければ、 トレカ専門フリマアプリのに出品してみてもいいだろう。 こちらのフリマアプリはトレカだけを専門にしているため、価値の高いトレカをその価値に見合った値段で買い取ってくれるユーザーが多い。 そのため、 買取業者以上の値段で売れる可能性もあるのだ。 まとめ 今回のコラムでは、ブラックロータスの買取価格について、10社の買取業者で徹底的に比較をしてきた。 最も高く買い取っている業者で 10,000円という値段を提示している通り、 こちらのトレーディングカードは非常に価値の高いものであると認識してほしい。 その上で、より高く買取してもらうことができるように、キャンペーンを利用したり、複数の買取業者に査定依頼を出したりする手間を惜しまないでほしい。 その上で値段に納得できなければ、に出品してみてもいいだろう。

次の