関 暁夫。 関暁夫の正体は何者?今現在や情報源も気になる!嘘の可能性は?

関暁夫さんの仰っていることって信憑性高いですか?

関 暁夫

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。 このブログを書いていますミライです。 皆さん、先日のやりすぎ都市伝説はご覧になりましたでしょうかか?放送前に配信されたYouTube生配信は熱かったですね。 やりすぎ都市伝説やYouTube生配信のスピリチュアル的考察をしたいところですが、今日は順を追って引き続きYouTubeのMr. 都市伝説 関暁夫から皆さんへ 天の道【一の音】のスピリチュアル的考察をしたいと思います。 やりすぎ都市伝説2020春スペシャルのスピリチュアル的考察や、放送前のYouTube生配信のスピリチュアル的考察もしますので引き続き読んで頂けたらと思います。 都市伝説に全く興味がない方でも今から見ても古くはない内容ですので是非ご覧頂いて、私のスピリチュアル的考察も読んで頂けたらなと思います。 都市伝説 関暁夫から皆さんへ 天の道【一の音】の考察 Mr. 都市伝説 関暁夫から皆さんへ 天の道【一の音】 今回の動画は、前半は関暁夫さんが経営されているカフェ セキルバーグに飾ってある物に関する意味を話されていて、後半にスピリチュアルな話をされているのでここでは主に後半のスピリチュアルな話の考察となります。 その前に、私から皆さんにスピリチュアルクエスチョンです。 前回の の記事で書いたように、今回の動画にも1ヶ所だけ関暁夫さんに違和感のあるシーンがありました。 そこはどこでしょうか? それは、 「スキャン好きな方は是非是非いい機会だから見てみたら?」 と軽い感じで言っているシーンです。 「スキャン好きな方は是非是非いい機会だから見てみたら?」と仰った関暁夫さんが伝えたいことは、スキャンするのが好きな人が見たり、機会がある時に見ればいい位のものだよという意味ではなく、これを見ろってことです。 めちゃくちゃ大事なこと言ってるからねという意味です。 気が読める方ならわかったことでしょう。 実際にARアプリでスキャンすると、YouTubeでは言いにくい話を固有名詞を使ってはっきり説明されています。 天の道 一の音のスピリチュアル的考察 Mr. 都市伝説 関暁夫から皆さんへ 天の道【一の音】の動画の後半は、とてもスピリチュアルな内容でしたね。 関暁夫さんがYouTubeで「全体を見た時に自分が何を感じて生きて行くのかが大事」と仰っているのは、今世界で始まっていることと日本の世相を見た中で、その激動の流れにただ流されて生きるのではなく、自分の頭でしっかり考えて行動して生きていかなければならないという意味です。 これまでの常識や、固定概念など偽の常識にしがみついている人は、目まぐるしく変化していくこれからの時代を生き残ることはできません。 また、関暁夫さんが「自分自身が他人を助けなきゃいけない時代だよ。 ここにアンテナを張って考察して欲しいよね」と仰っているのは、テレビの情報だけを信じ、真実がわからない人を助けてあげなきゃならないし、自分自身が助けて欲しいならまず他人を助けなさいということです。 第7感を持っている人は、第7感をもたらしている者によって常に導かれています。 ふと思ったことや、ふと感じたことが、人を助け、命を救うこともあります。 今始まったばかりの激動の時代は、まるで被災地に生きているかのように人と人とが助け合って生きていくことが大切です。 他人に労力を使うのは勿体ない、見返りのないことはしない、自分がよければ他人はどうでもいい、そんな損得勘定で生きている人は、今後明らかに落ちていきますし、そういう生き方が通用しない時代になってきます。 ただ心に思っているだけでなく、自分の身の回りの人や関係する人を助け、協力していくことが大事です。 点が線になり線を面にする そして関暁夫さんが度々「点が線になり線を面にする」と仰っているのは、関暁夫さんがこれまでに教えてくれた、テレビメディアでは決して放送しない情報を1人1人が知って感じて、その感じたものを誰にも与えずに1人で抱え込むのでは無く、助け合いや思いやりの心を持って共有し、それぞれが思い思いの色で1つの点が1本の線となって繋がり、その線が増えることで多くの日本人が面となっていくことを意味しています。 関暁夫さんが仰るその面とは、力強く、愛があり、日本人の良いとこ取りをしたような大きな基盤となるものです。 成し得た面を立体にする そして関暁夫さんが、点が線になり線を面にした後に「成し得た面を立体にする」と仰っているのは、その大きな基盤となる「意識(面)」を持ってクラウド上で生きて行くことを意味しています。 そして関暁夫さんが「立体とするには第7感とされるものが必要となるんだよ」と仰っているのは、これから訪れる進化は今の人間の理屈や常識や計算や統計だけでは対応できない未来であることを意味しています。 第7感とは そして関暁夫さんは「第7感は何って言ったら、日本人だったら絶対的に潜在意識の中から絶対蘇るから」と仰っている意味は、日本人の持つ遺伝子が特異であり、第7感が蘇りやすいDNAであることを意味しています。 続いて「そしたら色々なものとコンタクトとってくる・とれる時代がくる」と仰っている色々なものとは地球外知的生命体のことです。 また、「ひらめきとインスピレーションは違う」と仰っている意味は、ひらめきはこれまでの経験の中から生まれるものであり、インスピレーションは天(地球外知的生命体)からもたらされるものであることを意味しています。 また私が関暁夫さんの動画で最も共感した言葉があるのですが、それは、「インスピレーションは外から落とされるもの」と仰ったところです。 私の有料記事に詳しく書いてありますが、本当そうで、外から飛び込んでくるのです。 第7感が欲しいと思っている人が多いかと思いますが、関暁夫さんも仰るように、第7感を高めるには自分の周波数を上げていかなければなりません。 それは単に瞑想をするとかヨガをするとか以前に、人を助ける心や思いやりを持つことで周波数はグンと上がっていきます。 一の音のスピリチュアル的考察まとめ 関暁夫さんは、テレビのニュースで報道されないような様々な情報を、YouTubeであったりやりすぎ都市伝説で教えてくれますが、ああしろ!こうしろ!俺に従え!などとは決して言っていません。 関暁夫さんが何度も言うフレーズですが、あくまでも関暁夫さんは情報という「点」を投げているだけです。 関暁夫さんが投げかけた点を、それぞれがそれぞれの意識でキャッチして思考することが大事でしょう。

次の

Mr.都市伝説関暁夫の1分間【みんな俺を”自由”と呼ぶんだ】旗揚げについて徹底解析してみた!!

関 暁夫

はじめに Mr都市伝説こと、関暁夫さんが2020年1月11日に発信したYouTubeを見ましたか? 『 Q』 という事をテーマで、私達に何やら気づかせるような感じです。 そして、その動画の中で1枚のイルミナティカードについて記載がありました。 まず、イルミナティカードとは… イルミナティ( Illuminati)は、1982年に発売されたスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲーム。 各プレイヤーが、他のプレイヤーと争いながら自分の支配組織(自分の場札)に小組織(カード)を取り込んでいき、一定数を支配したら勝ち、というもの。 近世の秘密組織、イルミナティをゲーム化したものであり、ロバート・アントン・ウィルソンとロバート・シェイが1975年に発表した小説『 『イルミナティ』三部作 (英語版 )』に触発されて作成された。 このゲームのカードに描かれたイラストが、後の重大事件を予言している、として話題になった。 出典: なのですが、2020年1月11日に配信されたYouTubeの中で… 「このイルミナティカードをスキャンして下さい」 という一節があり…それが下記のカードについてです。 出典: このカードの意味は… 研究室の爆発 という意味のカードだそうです。 そこで今回は、このカードをARでスキャンしてみましたので…その内容をお伝えします。 関暁夫さんがスキャンしてと言うイルミナティカードをARで見てみた まず、内容をお伝えする前に… ARとは、下記の内容となります。 拡張現実(かくちょうげんじつ、英: Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ、 AR)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。 英語の Augmented Reality の日本語訳であるため、その発音に基づいた日本語表記「 オーグメンテッド・リアリティ」や省略形の ARも用いられる。 また、 拡張現実感(かくちょうげんじつかん)、 強化現実(きょうかげんじつ)、 増強現実(ぞうきょうげんじつ)とも言う。 上位概念として複合現実 MR がある。 出典: さらに、ARはどうやって見るかというと… スマホに、AR再生用のアプリをダウンロードして起動し、画面に何かをかざします。 すると、アプリが情報を読み込むので…あとは動画が自動的に再生されます。 流れてくるのは動画だったのですが…今回は静止画ベースでお伝えします。 どんな感じの動画かといいますと… 重低音の機械音声が英語で流れてきて、その話している内容の字幕が下に流れている感じですね。 そして、その内容が以下です。 出典: 以上です。 本物のカードじゃなくても、パソコンの画面越しでスキャンできますので… ARのアプリをインストールさてる方は、カードをかざして実際に動画で見てはいかがでしょうか? ちなみに、別のカードにも動画が隠されてて… 3枚あるのですが、そのカードが👇です。 クリスタル・スカル トリノの聖骸布 聖杯 そして👇が流れてきた動画です。 3枚のうち、どのカードをスキャンしても…この動画が流れてくるかと思います。 それと👇のカードをスキャンしても動画が流れてきました。 シオンの長老 内容は以下です。 最後に 以上、Mr. 都市伝説こと…関暁夫さんが2020年1月11日に発信したYouTubeの中で… 「このカードをスキャンして下さい」 っていうイルミナティカードを、実際にARでスキャンした内容と…他のカードもスキャンして、流れてきたものもお伝えしました。 過去にもう起きてる、歴史的大事件や大災害などについて、別のカードでも予言されてたと言われてるので… 今回スキャンした『 研究室の爆発』のカードについても、日本で何かが起こると予言してるのかもしれませんね。 今後どんな展開になっていくのでしょうか? かねてより… 「人の名を借りて批判するのはダメだ!」 と、関さんは常々おしゃってたので… 人を批判せずに…これから色々と起こり得る、信じられないような出来事に備えろ! って意味なのでしょうか… 関心を持った方は…Mr都市伝説、関暁夫さんの今後の発信に注目してみて下さい。

次の

関暁夫の妻も洗脳されている?何者で情報源や生い立ちも調査!

関 暁夫

のジャケット。 あの有名テーマソングの謎 まず、冒頭の部分から解説していく。 のリズムで鼻歌を歌いながら、ジャケットを着脱する関氏の様子から動画はスタートする。 このジャケットについては以前にも解説したが、 FTA、Esta revolution es eterna。 日本語に訳すと、「 フランス革命は永遠です」という意味になる。 フランス革命は世界でも代表的な市民革命だ。 当時、絶対王政国家であったフランスは「弱者が何人束になってかかって来ようが何の問題もない」と油断していたところを足元救われ、最終的には市民の数に屈した。 これからの時代は、国民一人一人が立ち上がり、個人の重要性や皆の団結し、何か大きな的に立ち向かえと言いたいのだろうか? そして、この鼻歌のリズム、どこかで聞き覚えはないだろうか? 私は最初、ザ・ドリフターズ「8時だよ全員集合」のリズムかと思っていた。 しかし、よく、耳を凝らすとこれは全く別の曲であることがわかった。 曲名の意味は「風に靡く旗」。 2010年 FIFAワールドカップ南アフリカ大会テーマ曲にも選曲されており、世界規模で考えても、かなり有名な一曲だ。 ケイナーンの楽曲には、自らの戦争や貧困の経験からか、自由と喜びを求める気持ちが強く現れている楽曲が多く、希望に溢れたビートがたくさん刻まれている。 今回の動画のタイトルにもあるように、「旗揚げ」。 コカコーラと言えば、そのロゴに「666」という数字が潜んでいることで有名だ。 わざわざ言い換えるのには必ず意味がある。 そう考えると、これにピンときた方も多いだろう。 私が言いたいのは、この鼻歌はただの鼻歌ではなく、 関氏からの重要なメッセージで、ある組織を表しているということだ! ワン=one。 これはコロナウイルス蔓延により、世間により深く認知され始めた言葉で、やはり今回もコロナウイルスについての話題を関氏は動画に残した。 コロナウイルスは、世間的に、運悪く、偶然世界中に蔓延してしまったウイルスという認知があるが、ただそれだけのことで、関氏がわざわざ、この話題についてピックアップするだろうか?それも何度も・・・ 前回の私の徹底解説で、コロナウイルスは 第三次世界大戦の始まりの合図であると私は解説した。 これまでの、関氏の動向から言って、この仮説は、ほぼ確定未来事実と言っても過言ではなくなってきたように思える。 関氏の後ろにあるガラスに注目してみて欲しい。 何やら、反射した文字が映り込んでいるように見える。 注意深く凝視すると「 THE END」という文字であることが判明した。 単純に考えると、動画のタイトルにもある、「関暁夫の1分間」 これを意味し、この動画が終わりですよというメッセージとして解釈もできるが、私はそんな単純な話ではないと解釈した。 わざわざ関氏が動画に残すメッセージには毎回必ず意味がある。 今回もそれは例外ではない。 なぜかというと、その「THE END」の文字がフリーメイソンの勲章に被さって出現したからだ。 ここからはあくまで私の憶測であるが、これはもしかすると、 フリーメイソンの終わり(解散)を意味しているのではないだろうか。 それゆえ、もし、フリーメイソンが我々の仲間だとするならば、もう国民を守ってくれる団体はないんだぞ。 これからはお前ら国民一人一人が自意識を持って、団結して、本気で生きていかなければいけない時代が来るよ、という、半分忠告、半分脅しのようなメッセージのようにも読み取れる。 これまでの動画から見て、関氏はフリーメイソンの会員であることには間違いない。 それゆえ、関氏本人がフリーメイソンを除籍したという解釈もできる。 ここはいろんな解釈ができるため、是非、己の信念に基づき、いろんな考えに頭を巡らせてみてほしい。 正面から見ると、何を書いているのか全く読めない文字の羅列。 しかし、この画面を全画面表示にし、下から覗き込むように見ると、ある文字が浮かび上がってくる。 「本気で生きる!この革命は永遠です!団結せよ!」 この言葉で、この動画で解説してきたこと、関氏が視聴者に伝えたかったメッセージが集約され、明らかとなった! では、何のために、「本気で生きて、団結しなければならないのか?革命とは何だ?」という疑問が生じる。 その目標とする敵は何か?我々は何と戦うべきなのか? その答えは、今、世界中を賑わせている、コロナウイルスであると私は断言する。 コロナウイルスは戦いの狼煙だ!!第三次世界大戦の幕開けだ!! 戦いはもうすでに始まっている!逃げることなど許されない・・・ 今こそ、国民一人一人が手を取り合い、旗を掲げ、団結し、戦うべき時がきたのだ!! Raise your flag!!皆さんの検討を祈る!!•

次の