高齢出産 二 人目 45歳。 経産婦の高齢出産! 2人目・3人目産める? 育てられる? [妊活・子作り・妊娠準備] All About

高齢出産で二人目のリスク

高齢出産 二 人目 45歳

35歳以上で二人目は高齢出産?リスクと対処法は? 高齢出産は何歳から? 一般的によく聞くのは、高齢出産は35歳以上からですね。 高齢出産の定義としては、 日本産科婦人科学会は、 35歳以上の出産としています。 それに対して、 国際産婦人科連合は、 35歳以上の初産婦、40歳以上の経産婦としています。 どちらも40歳以上は高齢出産となるのですね。 35歳以上でも二人目以降なら心配ない? 基本的に高齢出産で注意が必要なのは、35歳以上の初産婦です。 35歳以上でも、二人目三人目の経産婦の場合は産道がやわらかくなっているので 出産に関してはそれほど心配しなくても大丈夫です。 それほど出産と言うのは、初産と二人目以降で変わってくるのです。 しかし、初産婦でも経産婦でも共通して言えるのが、 卵子は老化するという事実です。 あなたが生まれた時には、すでに身体の中に卵子の元になる細胞があります。 そして加齢とともに卵子も年をとっていくのです。 卵子が老化することで、卵子の質が悪くなり妊娠率が低下し、反対に流産率が高くなってしまうのです。 35歳以上で二人目を妊娠する場合のリスクとは? それでは、経産婦にも言える高齢出産のリスクにはどんなものがあるのでしょうか。 妊娠高血圧になりやすい 妊娠高血圧とは、何らかの原因で高血圧になり、尿蛋白や血管障害、臓器障害などを発症します。 重症化すると母子ともに命の危険にさらされることもあり、昔は妊娠中毒症と呼ばれることもありました。 しかしその確率は年齢が上がるごとに高くなり、 35歳以上では14~18%、45歳以上では29%にもなってしまいます。 流産しやすくなる 流産の確率は、35歳を境に急激にアップします。 20代は10%なのに対し、 35歳以上では20%、40歳以上では40%以上にもなります。 帝王切開になりやすい 年齢が上がると、骨盤や筋肉の可動域が狭くなってしまいます。 すると赤ちゃんが生まれる時に、時間がかかったりなかなか出てこなかったりします。 あまりにも時間がかかると母体や赤ちゃんへ悪影響なので、 帝王切開になりやすいのです。 帝王切開の場合、出産の負担は軽いですが、手術後の傷や体力の回復に時間がかかります。 障害児の確率が増える 35歳以上になると、卵子の染色体異常が増えます。 するとダウン症などの障害児が生まれる確率がグンと増えます。 20歳は1667人に1人に対し、30歳は952人に1人、 35歳は385人に1人、40歳は106人に1人、45歳は30人に1人という高確率になってしまいます。 高齢出産でのリスクを減らすために、日常生活で気をつけたいことは? 高齢出産でのリスクを減らすには、卵子の質を良くすること、 母体の健康を保つことがとても大切です。 規則正しい生活をする 睡眠不足や不規則な生活は、卵子の質が悪くなり妊娠率が低下します。 バランスの良い食生活をする あなたの身体はあなたが食べた物でつくられます。 子供の為にも、バランスの良い食生活を心がけましょう。 ストレスを溜めない ストレスは妊娠に大敵です。 時には一人でリラックスする時間を大切にしましょう。 身体を温める 冷え性や低体温は、妊娠率を低下させてしまいます。 衣服を工夫したり、ゆっくりお風呂に入りましょう。 軽い運動をしよう 一人目の出産はかなりの体力を使いましたよね? 二人目の場合は、一人目よりも確実に体力が落ちていることでしょう。 二人目を出産するには、高齢出産に耐えうる身体づくりが必要です。 あまり激しい運動よりも、ヨガやウォーキングなどの軽い運動がオススメです。 葉酸サプリは必須! 葉酸サプリは妊娠初期だけでなく妊活中から摂取することで、 高齢出産の障害のリスクを減らすことができます。

次の

もうすぐ45歳。2人目をあきらめきれない。

高齢出産 二 人目 45歳

どうぞよろしくお願いします。 45歳で妊娠をしました。 子供は既に2人いて、それぞれ中1と小1です。 妊娠について、夫と子供達は喜んでいるのですが、実家の母に猛反対されています。 超高齢出産なので、合併症で死んでしまうかもしれない、その場合、子供はどうするのか?どうしてむざむざ苦労する道を選ぶのか、と。 病院の先生には、高齢なだけで、普通のお産ですよ、と言われました。 もちろん、きちんと病院に通い、必要ならば入院したり、母体が危険になったなら、早産させるなどの処置を取りますよ、と言われました。 お聞きしたいのですが、超高齢出産だと、そんなに危ないものなのでしょうか?あまりにも母の攻撃が凄いので、よく分からなくなってきました。 アドバイスよろしくお願いいたします。 ユーザーID: 1068203967 1997年、科学誌「ネイチャー」に40歳を過ぎてから出産する女性は100歳まで生きる人が多いと発表が。 最終出産年齢が高い女性は、老化がゆっくり進むそうです。 きちんと病院と連携されコントロール可能ならば(妊娠中毒症などの合併症対策)大丈夫では? 昔の人は子だくさんは多く、医療の向上も相まって長寿になってます。 医師が高齢なだけで普通のお産と言ってくれてるのは心強いですね。 35歳以上の高リスク妊婦は受け入れ不可の産院があるとの情報も小耳にはさむので、主様恵まれているのでは? ネイチャー誌の発表は世の40代妊婦に希望与えますよね。 ユーザーID: 1881736326• 初産じゃなければ大丈夫 何かあったときのために、大きい病因、治療室があり、常勤の麻酔医師のいる病院へ入院したほうがいいです。 いつでも帝王切開にもっていける病院がいいでしょう。 お産は人の問題(きちんと管理体制が整っているのか、手術はできるのか)で無事に出産できるか事故になるか決まります。 よく救急車でたらい回しにされたという人は、そういう病院を選んでいなかったのです。 きちんと病院を選べば、今の医療技術は進歩していますので問題ないと思います。 あとお母さんが気をつけるのは、高齢になると血糖値があがり高血圧になりやすいこと。 食事に気をつけてください。 あと高齢で問題があるとすれば、初産の人です。 これは出産までに長時間かかりますしリスクが高いです。 でもトピさんの場合は二人もうんでいるので、出産時間は早いと思います。 あとお母さんいわれたことを気にする、相談するのではなく、やっぱりお医者さんに相談して決めた方がいいです。 可愛い子がうまれるといいですね! ユーザーID: 8397574504• え・・・? 経産婦さんなので、先生は対処方法も踏まえご説明なさっているのだと思います。 お母様は、純粋にトピさんが心配。 もし、産後の肥立ちが悪ければ、生まれてきた赤ちゃんや小1、中1のお子さんたち、ご主人にも負担がかかります。 お母様も高齢の域でしょうから、サポートも難しいでしょう。 もうひとつ大事な事は、赤ちゃん自身のことです。 36歳で初産でした。 38歳で第2子。 その子が歩きはじめ、意思表示ができるようになったころ、夫は「3人目を」と言いました。 最初から高齢のリスクを抱え、妊娠中は子供の無事ばかり考えていました。 40歳になろうというところで3人目に踏み切る勇気はありませんでした。 私はね。 とはいえ、第1子の幼稚園時代、上の子は大学生と高校生、という方がいらっしゃいましたよ。 ユーザーID: 7704117084• 妊娠・出産・育児ランキング• 初産でないなら普通でしょう。 言えないと思います。 46歳で出産、幼稚園に上がるときに、主さんは50歳。 体力的にキツイと思いますよ。 私は45歳で大学生の子供がいますが、今更、赤ちゃんを育てる体力はありません。 先日も友人と、今もし孫が出来ても体力的に自信がないから孫の面倒はみれないと話していました。 大学の学費も年間100万〜160万かかりますが、そこのところも大丈夫ですか? 3人の子供を大学までやるとすると、相当かかりますよ。 主さんはチャレンジャーだな〜と思いました。 もうお腹にいるので産むしかないと思いますが、相当の覚悟で子育てしないといけないと思います。 元気な赤ちゃんを産んでください。 ユーザーID: 5614162492• お母様も一緒に病院に 貴女は何歳? 65歳超えて、末っ子はまだ大学生。 大学卒業が早くて67歳。 浪人とか留年も考えて、経済的にやっていけるのかお母様は心配していらっしゃるのでは?? ご存知かと思いますが、母親の年齢は子供の遺伝子異常を、父親の年齢は子供が自閉症になる可能性を高めます。 45歳の女性がかならずしも健常児を抱けるわけではないのです。 もし末っ子が重い障害をもって生まれた場合、上の子達は進学・就職・結婚で色々制限がかかるわけです。 末っ子の療育や治療に莫大な金がかかれば、私立は諦めざるを得ないかもしれない。 学費すらままならず、就職せざるを得ないかもしれない。 就職先も末っ子の存在が理由で内定でないかもしれないね。 結婚も調査会社で調べられ、将来末っ子への金銭的援助や介護させられる可能性を指摘されて破談になっても文句いえません。 お母様はお子さんの将来への影響も心配なさっているのかもしれません。 出生前診断で全ての障がいを調べることはできません。 そこまで考えてご家族が妊娠を喜んでくださるのなら産んでいいんじゃないでしょうか? 所詮、他所様の子供計画のことなので。 ユーザーID: 0140415018• 心配しているんですよ お母様も、昔よりは歳をとっているんです。 むしろこれからは自分が助けてほしいくらいなのに、初老に近い(失礼、わたしも同年代です)娘が、またしばらく「助けの必要な」状態になってしまう。 それで済めばいいけど、娘にもしものことがあって孫が残されたら? 悲観的に考えるとぞっとしてしまう。 そんな思いも入り混じってのことではないでしょうか。 わたしも、妹が3人目を40代前半で妊娠した時、近居の母がまた大変だなあ…妹にはむしろ母を助けてほしい、と内心思いましたし、母自身も「はぁ…(ため息)とにかく母体だけは無事に…。 」という感じでした。 とはいえ、授かった命、ご家族が喜びドクターが大丈夫というのなら、責任をもって産み育てるの以外に道はないでしょう。 せめてお母様をあまり心配させないよう、妊娠出産で辛いといった話は極力せず、「大丈夫」「お母さんには負担かけないよ」オーラを纏いましょう。 その話題はあまりしない方がいいかもしれませんね。 ご無事な出産を願っています。 お母様も労わってさしあげてくださいね。 ユーザーID: 2329066165• 暴走かあちゃんですねえ 娘が心配なあまり、あれこれ言ってかえて娘を不安にさせる暴走母ちゃん。 私の母にそっくりです。 私も現在40歳で妊娠中です。 暴走かあちゃんの意見はなるべく聞かないようにしています。 まだ妊娠したことを言わないでおこうと思ったのですが、 先日会ったときになんかいつもと違うけど?とさっそく気づかれました。 かあちゃんさすがです。 お母さん、こころからトピ主さんのことが心配なんですね。 まあ、ありがたいことですよ。 心配のあまり攻撃的になってしまっているとお見受けします。 これから妊娠しようとしているならともかく、 もう妊娠しているのにあれこれ言われてもねえ。 お母さんたら私のことが心配なのねって ありがたく聞き流しましょ〜。 実際なにかあったときは暴走かあちゃんはとても心強い味方ですから、 大人の余裕でうまく付き合いましょう。 お互い最後の(ですよね? 妊娠ライフ楽しみましょうね〜。 ユーザーID: 4906083774• 44歳問題なく出産 私の父方祖母が48才の時、末子叔父を産みましたよ。 そして、88才で天寿をまっとうしました。 医者の言うように、高齢なだけで、必ずしも生命まで及ぶ危険ではないでしょう。 ただ、慎重にあるべきでしょうね。 母のご心配も御尤もなのでしょうが、だからと言って、中絶します? それこそ、後悔しませんか? 出産する・しないはトピ主さんに選択権がありますので、 夫さんと相談して決めても良いと思いますよ。 補足:産むと決めた場合、ストレスの元になる実母さんとは一時疎遠にするのがいいでしょう。 その辺の対策も取られたほうが良いですよ。 ユーザーID: 1433388971• 危険だとしても、あまり選択肢はない。 ご自身が母親なので、おそらくお母様の不安と心配は理解されていると 思います。 前の2回のお産だって、そのたびに心配だったと思いますよ。 何歳だって、お産は女の一大事ですから。 二人の孫が授かり無事成長して、有難い嬉しいと思っていたら 娘が高齢になってまた出産! 動転しておろおろしても無理ない気はします。 かと言って、トピ主さんだって、すでにお腹の子は上二人と 同等に大切な存在ですよね。 ご主人も上の子たちも喜び、健康状態は病院で母子ともに問題ないと いわれているものを、産まない選択などありえないでしょう。 お母様のご心配は受け止めながら、とにかく無事に出産することが 第一です。 母子ともに健康で出産し、健やかに成長していけば、お母様の心配も 消えていくでしょう。 お身体を大切に、頑張って下さい! 画面の向こうで、心から安産をお祈りしています。 ユーザーID: 4277791360• 初産でその年齢で産んでいる人もいますよね? 若いときに比べると、ダウン症などの確率は上がるといわれていますが、若くして産んでもそうなるときもある。 トピ主さんが健康で、経済的にも ここ重要)問題ないならそんなに心配することじゃないと思いますが・・・ 私も40過ぎて母に言われましたよ。 若ければもう一人くらいいたほうがいいのでしょうけど、経済的に何の心配もないならともかく そんなに貧しくないですよ、実際)体力も衰えているのだから、今いる子供を大事に育てなさい、と。 結局実母は娘が心配なんですよね。 でもお子さんが多いのも素敵ですよね。 しかも可愛い赤ちゃん時代をゆとりを持って育てられるなんて。 これで2才位しか離れていないと大変だと思いますが。 ユーザーID: 9300008542• リスクは年齢と共に高まる 高齢になればなるほど様々なリスクが高まる事は事実ですよね。 考えられるリスクは、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病や切迫早産など、赤ちゃん自身には染色体異常、出産時の難産などでしょうか。 それぞれ母子の死に繋がる事があります。 私自身は39歳と41歳での出産でしたが、切迫早産や高血圧などで妊娠中にそれぞれ三ヶ月と一ヶ月入院しました。 また、出生前診断でかなりの高確率だったため羊水検査を受けたりもしました。 (結果問題なしでしたが、当時は苦悩の日々でした) 妊娠するまでは病気知らずの健康体だったのに、妊娠中は辛い思いを沢山しました。 同じ高齢出産で臨月まで元気に遊び回っていた友達がうらやましかった… 20代でも40代でも元気な人は元気だけど、高齢になればなるほど母子の命の危機といった大変な思いをする人が増えてくるということで、きっとお母様も心配なのでしょう。 私も三人目が欲しいですが、これ以上自分と子どもの命の心配をしたくないのであきらめました。 主さんはもう宿ってらっしゃるのですから、無理をされないよう(自分の体を楽観視しないよう)大事に過ごして頂きたいなと思います。 やはり高齢は怖いですよ。 ユーザーID: 3425789634• 何の合併症!?何か細菌性の持病でも? 確かに、高齢出産なので、心配事は増えることでしょう。 でも、それだけが理由で命を落とす人がそんなにたくさんいるとお考えですか? 循環器や婦人科系の持病でもない限り、そんな簡単に合併症妊娠になんてなりませんよね? もし本当にお母様のご心配がそんなことなら、健診の際お母様を産院に連れていって、一緒に説明を聞いてもらえばどうでしょう? ちなみに、「高齢出産」で検索してみて下さい。 一般的には、「超高齢出産」とは50代の出産のことですよ。 ただ、憶測ですが、お母様はダウン症児の確立が高くなる、などそういうことが心配なんじゃないでしょうか? 最後になりましたが、妊娠おめでとうございます。 かわいい3人目さんが無事産まれますように。 ユーザーID: 7018650103• しっかりして下さい 39歳の2児の母です。 危険かどうか? お産は誰もが危険が付きものではないでしょうか。 私自身も2人目のお産の時は へその緒が絡まったり 出産の時には思った以上の出血で他の病院に緊急搬送されましたが、 これは年齢も、初産か経産婦の区別なく 予想も不可能だったそうです。 自分が子どもを育ててきて思うのは 「妊娠・出産が無事に出来るのは奇跡」ということ。 今の時代は、なるべくリスクを予測してお医者様は検査をして下さるし 家族も迎える準備が出来ます。 子どもの同級生のお母様には45歳や47歳の時に出産したという方がいます。 これまでの出産育児に特別何かあったわけでなく、今も子育てとお仕事を両立してがんばっておられます。 超高齢??? おそらくお母様の年代から考えると「超高齢」と思ってしまうのでしょうが、 実際に学校の参観に行ってみるとそうでもなかったりしますよね。 超高齢で初出産だと、危険も予測しにくく、 リスクが高いかもしれませんが、トピ主様は経産婦。 私が同じ立場なら出産を選びます。 (お子さんが喜んでくれるって嬉しいですよね) ユーザーID: 0238396414• いくつになっても母親は心配性 43歳の時に第三子を授かりました。 もしもに備え、小児科や外科などとの連携が可能な、NICUがある総合病院を選びました。 が、妊婦検診では、「経産婦だから」という理由からの注意 お産が一気に進む傾向にあるから を受けただけで、安産でした。 私のことは一例に過ぎませんし、大変な思いをされた高齢妊婦さんももちろんいらっしゃるでしょう。 超高齢出産の定義は50歳以上ですが、年齢別にカテゴライズされても確率に差が出てくるだけで、100%安心な妊娠なんてありませんよね。 若くても、高齢でも、誰もがリスクを背負っています。 家族みんなが喜んでいる赤ちゃんなのに、実母の危惧だけで諦めようとしてしまうのですか? 高齢出産に対しては、親のエゴ、子供がコンプレックスを感じる、体力的に負担、ママ友との年齢差が…などと言われたりもしますが、個人的には「だから、何?」と思います。 託された命を諦めるに足る理由になるのか?…と。 赤ちゃんの鼓動を聞いたことのあるトピ主さんなら、命の力強さをご存知でしょう。 自分を信じ、赤ちゃんの力を信じてあげてほしいです。 ただ、いつもよりお大事になさってください。 ユーザーID: 9602703091• 危険でしょう.

次の

高齢出産で二人目のリスク

高齢出産 二 人目 45歳

質問:初産が高齢出産になる場合、具体的にどのようなリスクが高くなるのでしょうか?28歳女性です。 パートナーがいますが、結婚はしていません。 お互いの人生設計の関係で、結婚・出産できるのは2年後以降になりそうです。 ある研究結果で初産が30歳を超えるとリスクが高くなると聞きましたが、高齢出産になる場合、具体的にどのようなリスクが高くなるのでしょうか?また、安全に健康な赤ちゃんを産むために、生活面などで注意して行えることはありますでしょうか?海外在住:かれん1986さん 28 回答:「高齢出産」についてお答えします。 高齢出産の定義は諸説あ… いま、1年間に生まれる赤ちゃんのうち、およそ4人に1人が高齢出産によるものだそうです。 35歳以上の出産は、決して珍しくない時代になりました。 それにともなって、流産や早産、染色体異常といった、高齢出産のリスクにも注目が集まっていますが、実はあまり知られていないリスクがまだあるんです。 それが、お金の問題。 高齢出産をすると、30代前半までの出産にはなかった問題が家計を直撃することがあるんです!退職すると、再就職はかなり厳しいかも?産休・育休を取りやすい企業が多くなってきてはいるものの、お勤め先によっては妊娠・出産で仕事を辞めざるを得ないケースも少なくありません。 もし退職した場合、出産後に再就職先を見… 社会で活躍する女性が増え、また医療技術の進歩もあって、第1子出産時の母親の平均年齢は上昇傾向にあります。 平成26年のデータでは30. 6歳となり、30歳を突破しています。 そんな中、35歳以上で出産をする高齢出産も普通のことになりつつあります。 子どもを出産することは社会的にも家庭的にも喜ばしいことですが、高年齢での出産は「家計的」には対策も必要。 家計の中の3大支出のうち、「教育費」と「老後資金」を準備する期間が重なることは無視できません。 この研究では、歳を取ってからの出産や、年の差カップルの意外な点についても言及しています。 どれも知っておくと、ちょっとした自信につながりそうなものばかり。 心身ともに若々しく保つ秘訣を、早速見ていくことにしましょう!大切なのは「思い込み」カットやカラーなど、被験者の女性たちのヘアスタイルをチェンジ、その後どのように感じるかを、主観的及び客観的に判断する実験を行いました。 いわゆるビフォー・アフターですね。 この結果「ヘアスタイルを変えたあとの自分は、以前と比べて若く見… 35歳を超えてからの初産を高齢出産と言いますが、日本では晩婚化の影響により高齢出産をする人が増えてきています。 そんなママたちを不安にさせるのが、高齢出産による胎児や母体へのリスク。 ママであれば、妊娠高血圧症候群や糖尿病にかかる確率が上がり、胎児であれば、流産やダウン症の確率が上がってしまいます。 それでも過酷な条件を乗り越えて高齢出産をしたママには、思わず敬意を感じずにはいられません。 そんな高齢出産ママは芸能界にも数多く存在し、中には50代で出産して世の女性に希望を与えた人もいます。 なんで今結婚したのかと聞くと返ってくる答えは、たいてい同じ。 「子供が生まれることを考えたら今じゃない?」どうやら彼女たちは、これから生きるであろう60年間で「出産」がもっとも大きいライフイベントであると考えて、結婚を決意したようです。 私に言わせてみれば、出産後の人生はどうするつもりなんだろう?と思う訳で。 それはそれでリスクがあります。 そんなふうに感じてしまうのは、私のおばが30代で結婚し、高齢出産を経験しているからかもしれません。 おばは38歳で結婚し、高齢と言われる39歳・43歳で出産を経験しました。 高齢出産は流産する可能性が非常に高いそうです。 彼女も1人目が生ま… ここ数年の間に20代の出産率が低下し、30代の出産率が上昇。 厚生労働省が発表した「H22年度 出生に関する統計の概況」を見ると、平成22年度調査では、出産時の年齢が35~39歳の女性は、1970年には5%弱でしたが、2009年には20%になっています。 「晩産化」という言葉も当たり前に使われるようになり、同時に「高齢育児」も増加しています。 高齢育児をしているママに実際の育児について聞いてみると、「体力がついていかない」「親の介護と育児が同時で疲れる」「兄弟をつくってあげたいけど…2人目を産んで育てられるか不安」「周りのママに比べて老けて見える」「年齢的に子どもの将来きちんとサポートできるか不安」… 2013年のイギリスで、50歳以上の女性から生まれた子供がなんと700人もいることが分かった(Centers for Disease Control and Preventionの調査結果による)。 さらに、2000年から2013年の間に165%増加したことが明らかになっている。 なお、2000年の時点での50歳以上の女性から生まれた子供の数は300人程なので、この10年近くの間にどれだけ増加したかが分かるだろう。 40歳を超えた女性の出産数は2013年に4万人日本ではそもそも、聞くことの少ない50代の女性の出産。 2000年の時点で300人も出産されていたということにも驚く。 この妊娠・出産の内容を見… キーワードからまとめを探す.

次の