アイフォン アプリ アン インストール。 iPhone11/ iOS13でアプリを削除・アンインストールする方法

iPhoneアプリをアンインストール(削除)する方法

アイフォン アプリ アン インストール

iPhone6sアプリをアンインストールする方法 アンインストールとはアプリ自体を削除することです。 アプリを削除するとこれまでデータは基本的に 削除されることになりますよ。 しかし、LINEなどのアカウントを引き継ぐ場合は別と 考えて下さいね。 ここから iPhoneでアプリをアンインストールする方法 をご紹介していきます。 どのアプリでも大丈夫なので 長押しをアプリを長押しして下さい。 すると 『削除』の確認を求められるので 『削除』をポチッと押してください。 これでiPhoneアプリのアンインストールは完了です。 もう一度、触れさせていただきますが 画像にも記載されているように 『その全てのデータも削除されます』のでご注意を!! 基本的には削除したデータは戻りませんよ〜。 iPhone6sでアプリを切替と完全終了のやり方 iPhoneではホームボタンを一度押すと ホーム画面へ戻ることが出来ます。 このホームボタンを2度押すことで アプリの切替やアプリを完全終了させることが出来ます。 このホームボタンを2度連続で押しましょう。 するとこのような画面が表示されます。 左側に表示されているアプリがバックグラウンドで 起動されているアプリなので これらを切替えることでアプリを切替が行えます。 完全に削除したいアプリ 『上にスライドさせる』ことでアプリを 完全に終了させることが出来ます。 ホームボタンを2回押して 左側になにもアプリが表示されていなければ 全てのアプリが完全に終了されている証拠です。 iPhoneのアプリを完全に終了させる理由は? iPhoneのアプリを完全に終了させる方法を ご紹介したのには 重要な理由があるんです。 iPhoneはアプリを完全に終了しない限り バックグラインド(ホーム画面には表示されない所) で常に起動され続けiPhoneがずっと働き続けている状態なのです。 バックグラウンドがアプリで一杯になると 電池の消耗も早くなり iPhoneの起動や動きが遅くなるんです。 iPhoneを使用していなくて電池の消耗が友人と比べて 早いって感じている方は 2日〜3日に一回はアプリを完全に終了させて iPhoneのメモリの消耗を最小限にしてあげましょう。 まとめ iPhone使用者なら絶対に知っておくべき アプリのアンインストール方法と切替・完全終了 の方法をご紹介させて頂きました。 最低でも2〜3日に一回はアプリを完全終了させて iPhoneのメモリをセーブして電池消耗対策 iPhoneの動きをサクサクさせましょう。

次の

iPhoneでアプリをアンインストール(削除)する方法

アイフォン アプリ アン インストール

もくじ• アプリを削除(アンインストール)する際の注意点 iPhoneでアプリを削除する際に注意しておきたいのが、アプリを削除してもデータが残ってしまうものもあることです。 例えば、あなたがTwitterを止めたいので、Twitterのアプリを削除したとします。 あなたのiPhoneからTwitterのアプリを削除しても、Twitterアカウントはそのまま残っており、あなたがツイートした内容はTwitter社のサーバーにそのまま残っている状態になります。 完全にあなたがTwitterを止めたいのであれば、Twitterアカウントをあらかじめ削除してから、Twitterのアプリを削除しなければなりません。 いわゆる「運営元のサーバーにデータを保存するタイプ」のアプリの場合はアプリを削除しても、データは削除されない点に注意してください。 一度削除(アンインストール)したアプリは再インストールできる? 一度どころか、何度削除してもアプリは再度インストールすることが可能です。 とりあえず使わない、不要であるというアプリは、削除しておいても大丈夫です。 ただし、アプリの発行元がApp Storeでそのアプリの公開を終了してしまった場合は、もちろん再度インストールすることはできません。 有料のアプリを再インストールするときにはまた課金が必要? App Storeで一度課金してインストールしたアプリを削除して、再度インストールする場合、再度課金する必要はありません。 一度課金すれば、無料のアプリと同じように再度インストールすることができます。 ただし、アプリ内での課金状況については、アプリによって異なります。 例えば、ゲームアプリなどで以前課金して手に入れたアイテムなどは、そのまま引き継がれるのか、再度課金して手に入れなければならないのかについては、アプリのサポートやヘルプであらかじめ確認しておくべきです。 アプリを削除(アンインストール)する方法 iPhoneでアプリを削除するには、 iPhoneの「ホーム」画面を開き、「表示されているアイコン」を長押しします。 「削除」をタップすると、アプリが削除されます。 アプリが削除されたら、ホームボタンを押すことによって、通常のホーム画面に戻ります。 設定からアプリを削除(アンインストール)する方法 iPhoneでは、設定からアプリを削除することも可能です。 iPhoneの「ホーム」画面を開き、「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「一般」をタップします。 「一般」画面が表示されるので、「iPhoneストレージ」をタップします。 「iPhoneストレージ」の画面が表示されるので、「削除したいアプリ」をタップします。 「Appを削除」をタップします。 この操作は取り消せません。 」と確認のメニューが表示されるので、「Appを削除」をタップします。 これでアプリの削除が完了です。 関連記事 iPhoneの使い方の詳細については、こちらをどうぞ。

次の

Macでソフトやアプリをアンインストールする3つの方法

アイフォン アプリ アン インストール

iPhoneのアプリを完全にアンインストールするには!? iPhoneのアプリをアンインストールする手順は一昔前に比べてとても簡単に行うことができるようになりました。 これもひとえにiosの度重なるアップデートのおかげなのですが、ただ、アンインストールする際には注意しなくてはいけないこともあります。 それは 「LINEアプリ」や「Facebookアプリ」、「Twitterアプリ」の様なSNS関係のアプリはたとえiPhoneのホーム画面上でアンインストールしたとしても アカウントが残っていますので、完全に削除したとは言えません。 どういうことなのかというと、「LINEアプリ」や「Facebookアプリ」、「Twitterアプリ」の様なSNS関係のアプリは各サーバーがあって、そこにあなたの個人情報でもある個人アカウントが登録されています。 その為、SNSの入り口の役目を果たしているiPhone上のアプリアイコンを削除したとしても、各SNSのサーバー内には登録アカウントが残っているということです。 この個人アカウントを削除する為には、一度各SNSにアクセスして 自分のアカウントを削除する必要があります。 それを行った上でiPhoneのアプリアイコンを削除することによって、「完全にアンインストールする事が出来た!」ということで私は認識しています。 (アカウントを必要としないアプリにおいてはこの限りではありません) では、各アカウントの削除ができたものとしてiPhone上のアプリアイコンを削除する手順を解説していきたいと思います。 [ad co-1] iPhoneのアプリを完全にアンインストールする手順 まず iPhoneのホームボタンを長押しします。 そうすると「削除しますか?」といったダイアログが表示されますので、問題なければ「削除」をタップして削除してください。 この手順で各アプリを削除していくことができます。 そして「削除」が終了しましたら iPhone下部にある「ホームボタン」を押すことで終了です。 ちなみに知っているとは思いますが、「ホームボタン」はこんなやつです。 この丸いボタンがホームボタンです。 まとめ いかがでしたでしょうか?今回はiPhoneのアプリを完全にアンインストールする手順ということで紹介してみたわけですが、簡単にできますね。 これもiosのアップデートが定期的に行われているからこそだと思います。 また、再度伝えますが「LINEアプリ」や「Facebookアプリ」、「Twitterアプリ」などのアカウントを要するものを完全にアンインストールする為には、 アカウントを削除したのちにiPhone上のアプリアイコンをアンインストールするようにしましょう! 「いやいや、いつか使うかもしれないし出来ることなら、使っていないアプリをまとめときたいんだけど。。。 」 こういった人には使用していないアプリをフォルダにまとめておく方法がとても便利です!是非、アプリのフォルダ分けを使用してみてください。

次の