ビルダー バーグ 会議 日本 人。 ビルダーバーグ会議2020年の参加者メンバーは誰?

日本人の参加が拒否された裏のサミット「ビルダーバーグ会議」と、「三極委員会」の違い

ビルダー バーグ 会議 日本 人

6月下旬に大阪で開催されたG20に出席するため、訪日する各国要人の姿や厳しい交通規制を受ける街の様子が大きく報じられていた。 一方、筆者と欧米の友人たちはその頃、スイスのモントルーで開催されたビルダーバーグ会議に関して意見交換を行なっていた。 ビルダーバーグ会議とは、欧米の要人たちが胸襟を開き、自らの発言が社会的反発を招くことを恐れず、自由闊達に話し合うための極秘の会議だ。 この11のテーマの中で筆者の目に留まったのは「ソーシャル・メディアの兵器化」だ。 なぜなら、昨年米国で発売された本の表題と同じであったからだ(ちなみに先月中旬、日本で訳本が発売された)。 同書は2人の専門家による"警世の書"で、主張を簡単に述べると次の通り。 ソーシャル・メディアは真偽が混じり合った情報を瞬時かつ広範に拡散させる力を持っている。 悪意を抱く人々がこの情報拡散能力を利用すると、偽情報や極端に誇張された情報で、人々の心に敵意や憎悪を容易かつ瞬時に忍び込ませる危険性が全世界的に高まってしまう。 もちろん偽情報の巧みな操作は政治的手段として昔から利用されてきた。 だが、高度情報化の時代、情報拡散能力の高いソーシャル・メディアが兵器化されれば格段の破壊力を持つだけに恐ろしい。 しかも問題が深刻なのはサイバー攻撃との違いだ。 サイバー攻撃は敵や標的にした組織のネットワークを破壊する一方、兵器化されたソーシャル・メディアは"人の心"を幻惑するだけに"たち"が悪い。 善良で信じやすい人が、たまたま正確な知識を持っていない時に直撃されると、誤った正義感から湧き上がる激情で攻撃的排外主義に染まる危険性が生じる。 しかも人々が善良かつ純真であればある程、こうしたメディアの犠牲者となり、彼らを疑わない家族や友人までが偽情報にたちまち感染してしまう。 かくしてソーシャル・メディアは涙もろい純真な人々を短期間で筋金入りの"兵士・戦士"に変え、その帰結として様々な摩擦の火種を発生させてしまうのだ。 先に触れた本の中には、「偽情報は正しい情報よりも、より遠く、より速く、より深く、より広く伝播する」というMITの研究や「優れた知識人であっても、多角的・多面的に情報を検証しなければ、偽情報を簡単に信じてしまう」というスタンフォード大学の研究という大変興味深い知見も紹介されている。 こうした理由から筆者は友人たちと、トランプ大統領が活用しているツイッターが持つ影響力の"表"と"裏"について語り合っている。 ソーシャル・メディアの兵器化により、いわゆる"情報リテラシー(情報を適切に活用できる能力)"は、単なる教育問題ではなく、安定した国内の社会秩序や国家安全保障上の課題へと変わりつつある。 こうして突然入ってきた情報が魅力的でたとえ琴線に触れたとしても、うのみにせず、妄信を避けて十分吟味するという知的武装が我々に求められているのだ。 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2010. 2010. 2010. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009.

次の

【世界政府樹立計画?】ビルダーバーグ会議が陰謀の匂いしかしない

ビルダー バーグ 会議 日本 人

中国を招いたビルダーバーグ 中国を招いたビルダーバーグ 2011年6月13日 田中 宇 6月9日から12日まで、スイスのリゾート地サンモリッツで、ビルダーバーグ会議が開かれた。 同会議は1954年以来、毎年1回、欧米のリゾート地のホテルを借り切り、欧米(米国、カナダ、欧州)の政治家、財界人、外交官、マスコミ幹部、著名学者らが、米国から30人、欧州から80人、国際機関から10人という割合で集まり、世界のあり方について完全非公式で議論する場である。 () 同会議は欧米主要国の首相や大統領らが飛び入りで参加することもあり、今年もドイツのメルケル首相やスペインのサパテロ前首相、米国のゲーツ国防長官、NATOのラスムッセン事務総長らが、おしのびで参加したと指摘されている。 半面、欧米以外の人々は、国際機関の代表として呼ばれる場合以外、出席できなかったので、同会議は「世界を支配する欧米の超エリートたちが、世界の今後の政策を決める秘密会議」と呼ばれている。 () 欧米による世界支配の象徴のようなビルダーバーグ会議であるが、今年の会議は、その欧米支配が崩れていることを象徴する新たな事態が起きた。 中国政府を代表すると思われる2人の要人が、今年の会議に招待されたことがそれだ。 中国当局の関係者が呼ばれるのは初めてのことだ。 () 中国からの出席者の一人は、外務次官(副大臣)の傅瑩(Ying Fu)である。 彼女は中国で2人目の外務次官で、09年まで駐英国大使、それ以前には駐オーストラリア大使をしており、アングロサクソン諸国との関係に詳しいようだ。 モンゴル族の彼女は、温家宝首相の外交面の重要な片腕であり、北朝鮮の核開発問題で中国の外交団を率いて訪朝したこともある。 () 中国からのもう一人の出席者は、北京大学の中国経済研究所の黄益平(Huang Yiping)教授である。 彼は、現在事実上ドルに為替固定(ペッグ)している固定相場制の人民元を、投機に対する制限をつけた変動相場制に移行し、中国が為替維持のため米国債を買わざるを得ない状況をやめるべきだと言っている。 () 彼の主張は5月初めにウォールストリート・ジャーナルで紹介された。 米国の市場関係者の間では「これは、中国の上層部で人民元の為替自由化が公式に検討されていることを示している」ととらえられている。 黄益平は、中国の為替政策を立案する重要人物の一人ということになる。 また、人民元の為替政策を練る北京大学の黄益平が呼ばれたことは、基軸通貨としてのドルの地位がぐらつく中で、人民元の自由化と国際化をいつどうやるか、ドル単独基軸制から人民元やユーロを含む多極型の基軸通貨体制にどう移行するかといった問題が話し合われた可能性がある。 今年の会議には、欧米以外の参加者として、トルコから4人、ロシアから一人が呼ばれている。 トルコ人もロシア人も、数年前から毎年呼ばれており、トルコからは中東の石油ガスを欧州に引っ張ってくるパイプライン構想の関係者など、ロシアからはビジネスマンか、ロシアの人権問題を批判する団体の幹部が呼ばれている。 これらの人選から考えるに、トルコやロシアは欧米覇権体制の周縁諸国と位置づけられている。 外務次官と為替政策立案者が呼ばれた中国とは、位置づけが異なる。 中国の代表は、欧米と別の「次の覇権国」の人として呼ばれている。 こうした方向性は、すでに一昨年に感じられていた。 () 今年のビルダーバーグ会議には、フェイスブックやアマゾン、マイクロソフトの創設者らが呼ばれ、フェイスブック革命と呼ばれたエジプト革命など「中東の春」の行方についてや、インターネット上で言論統制を行うべきだということについて議論されたと言われている。 しかし、中国から外交と人民元について権威ある2人を呼んで、中東やネット関係の議論に参加させるとは思えない。 ビルダーバーグは覇権の今後のあり方を話し合う会議なのだから、覇権をめぐる中国と欧米(米国)の関係が議論されたはずだ。 () 今回の会議では、世界経済の成長鈍化やユーロ圏の国債危機、ドル弱体化にともなう世界的インフレなど、経済問題についても話し合われたという。 人民元の自由化問題は、この中に入りうる。 米国(ドル)の揺らぎと中国(人民元)の台頭という覇権交代の話は、ビルダーバーグにふさわしい議題だ。 フェイスブック革命やらネット言論統制やらの話は、表層的な目くらましという感じがする。 中東の民衆革命は、米中枢のCFRなどで何年も前から構想されており、今さら議論する必要性は低い。 () ビルダーバーグは、覇権のあり方を論じる会議だ。 今後の多極型の世界体制を意味する「新世界秩序」という言葉を敵視する、いわゆる「陰謀論」好きの国際問題の活動家(何でもロックフェラーとロスチャイルドで語りたがる人々など)の中には、ビルダーバーグを「影の世界政府」と呼んで敵視する人が多いようだ。 しかし、覇権というものは元来超国家的なエリートの世界であり、建前上、国家を超える主権勢力が存在してはならないことになっている以上、覇権の話はこっそりとやらざるを得ない。 ビルダーバーグには以前から毎年「ネオコン」の人々が呼ばれ、今年もリチャード・パールが公式出席者のリストに入っている。 ネオコンは、米国の覇権を強化すると言って過剰にやり、逆に米国の覇権を自滅させて覇権構造の多極化に寄与し、中国の代表をビルダーバーグに呼ばざるを得ない状況を実現した立案者だ。 欧米中心の世界体制を維持するための秘密会議であるビルダーバーグの内側に、もっと内密的な、欧米覇権を自滅させる多極化の構想があったことになる。 国連難民高等弁務官だった緒方貞子が呼ばれたことがあるが、それは日本代表としてでなく国連幹部としてであり、90年代に浮上した難民問題について話す説明要員だった。 日本のウォッチャーは「欧米は自分たちの覇権を守るため、欧米人しかビルダーバーグに呼ばれないんだ」と自分たちを納得させる傾向が強かったが、今回中国の代表が呼ばれ、この見方が間違いである可能性が強くなった。 日本から誰も呼ばれたことがないのは、戦後の日本が覇権的行動(他国を傘下に入れて面倒見ること)を全くやりたがらず、米国から頼まれても無視していたからだ。 戦後日本の官僚機構は対米従属の体制下で日本の支配層になったので、対米従属の終わりにつながる覇権的行動を嫌っている。 日本が呼ばれないのは、欧米でなく日本の都合だ。 中国代表のビルダーバーグ出席は、アジアの代表が日本から中国に交代したことを象徴するものでもあるが、イラク戦争の失敗(つまり米国の覇権衰退の顕在化)以来、ビルダーバーグ自体の影響力が低下している感じもする。 昔は完全な秘密会議だったが、2-3年前から英国などのマスコミが会議について報じるようになり、悪い意味で有名になった。 今回の会議では、スイスやイタリアの国会議員が、秘密会議はけしからんので自分も参加させろと言って、相次いで会場の入り口にやってきて警備員と押し問答になって報道された。 ビルダーバーグは「悪いエリートたちの秘密会議」的なイメージを持たれつつある。 () 今後、ドルや米国債の崩壊もあり得る中で、米国の覇権衰退と多極化がますます顕在化し、欧米の世界支配を支えてきたビルダーバーグ会議も、G7などと同様、時代遅れのものになっていくと私は予測している。 胡錦涛や習近平がおしのびでビルダーバーグに来たら面白いが、お堅い彼らはそんなことをせず、公式なおつき合いとして外務次官を派遣した。 G7よりもG20が重要になったように、ビルダーバーグよりも上海協力機構などBRIC系の国際会議で何が議論されているかが大事な状況になりつつある。 だが、欧米中枢よりBRICの方が内幕が見えにくい。

次の

ビルダーバーグ会議:ソーシャル・メディアの兵器化~「偽情報」で人心を幻惑/国家安全保障の課題に~

ビルダー バーグ 会議 日本 人

断定しますが、50年どころか30年もしないうちに、米国は影も形もなく消滅しています! 行数が足りないため、詳しく書くことができないのは大変口惜しいのですが、 ビルダーバーグ会議と米国を実質的に運営している陰の政府、 外交問題評議会 CFR グループは、「米国という国家の廃止に向けて」加速度を上げてスケジュールを前倒しにしています! 「米国の終焉」は、それが建国された時点で決まっていたということです。 これは、世界の運営方針を勝手に決めているビルダーバーグ会議で10年以上前に再確認され、合意がとれていることです。 さらに日本でも「永久債」を発行か 満期償還期限の定めがなく、保有者からの償還の要求を受け付けず、場合によっては無利子扱いされる可能性がある債権のことを「永久債」と言います。 永久債の歴史は古く、 280年前のフランスに遡ります。 やや遅れて、1751年に、 英国でも国債の一種であり、永久公債の典型として挙げられている コンソル公債が発行されています。 比較的最近では、 アルゼンチン、 メキシコなどが金融危機を回避するために発行しましたが、今年1月に、 中国の中国農業銀行などの金融機関も、こぞって永久債を発行を決めました。 中国の場合、永久債の90%は国や地方の資本が入っている公的企業によって発行されているので、「永久国債」と呼ぶべきなのですが、投資家たちに説明が不十分のまま見切り発車してしまったためか、さっそく早期償還に応じない企業が出てきたようです。 これは、CDSやレバレッジド・ローン、CLO、ハイ・イールド債と並んで、今後は債券暴落に誘導するほどの大きな問題になるでしょう。 政府が発行する永久国債は、実質的にFRB元議長のバーナンキが日本を実験台にしようとして果敢に推奨している ヘリコプター・マネーと同じような性質を持っています。 永久債とは、国や企業などが資金調達を行うために発行する、あらかじめ元本の満期償還の規定が定められていない債権の総称です。 発行主体 政府や企業 が、満期、あるいは一部の償還を言い出さない限り、 永久債の保有者の側からは償還を要求することができない、という、ほとんど事業体への出資金と同じ株式の性格を帯びていますが、 本質は借金なので、あくまでも債券です。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の